現在首位に立つ柏を相手に王者としてのプライドを見せつけられるか

【J1展望】柏×鹿島|首位の柏が昨季王者を迎え撃つ。鍵はサイドの攻防にあり
サッカーダイジェスト編集部
2017年07月01日


柏――“キム・ボギョン効果”が早くも表れるか。


故障者/柏=なし 鹿島=植田、町田
出場停止/柏=なし 鹿島=なし


J1リーグ17節
柏レイソル-鹿島アントラーズ
7月2日(日)/18:30/日立柏サッカー場

柏レイソル
今季成績(16節終了時):1位 勝点34 11勝1分4敗 24得点・14失点

【最新チーム事情】
●6月30日、全北現代からキム・ボギョンが合流。Kリーグはシーズン中だったこともあり、「コンディションは非常に良い」と下平隆宏監督も太鼓判を押す。
●トレーニングでは攻守に分かれて細部に渡り戦術をチェック。鹿島との大一番に向け入念に準備した。
●甲府時代のJ初得点と柏移籍後の初得点を、鹿島から挙げている伊東は、昨季のホーム&アウェーの鹿島戦2試合で1得点・2アシスト。「良いイメージがある」とサイド攻略に自信を窺わせる。

【担当記者の視点】
 6月30日、キム・ボギョンが合流。出場は7月30日の仙台戦からとなるが、新戦力の加入は早くも現有戦力たちに大きな刺激を与えている。

 この韓国人MFとポジションを争うと見られる中川、伊東、武富は、定位置確保のために結果を強く意識。鹿島戦でのアピールに燃える2列目の選手を中心に、鋭いサイド攻撃を仕掛けられるかが、勝敗を分けるポイントとなる。チーム内競争をさらに活性化させる“キム・ボギョン効果”は、早くも結果となって表われるだろうか。

 また、前節の札幌戦で、途中出場から決勝ゴールを決めたD・オリヴェイラも調子を上げている。この助っ人FWの起用法にも注目したい。

鹿島――大岩アントラーズの真価が問われる一戦だ。
鹿島アントラーズ
今季成績(15節終了時):3位 勝点30 10勝0分5敗 22得点・15失点

【最新チーム事情】
●6月30日は非公開で練習。柏との決戦を前に集中力を高めた。
●植田は前節・新潟戦で痛めた足首の状態が良くないため、先発は難しい状況だ。
●昌子は「昨年のアウェーの柏は強い相手だった。今年は勝てるように」と意欲。

【担当記者の視点】
 大岩アントラーズの真価が問われる一戦だ。

 監督就任から、ここまで3連勝。盤石の戦いぶりを見せているが、現在首位に立つ柏を相手に王者としてのプライドを見せつけられるか。

 左膝の怪我で離脱していたL・シルバが前節に復帰を果たすも、今度は植田の負傷欠場が濃厚で、戦力的な不安は拭えない。とはいえ、柏の勢いを上手くいなしながら、徐々にポゼッションを高めていき、相手の両サイドの裏に深く侵入する回数が増えれば、勝機は高まるはずだ。


「戦力的な不安は拭えない」と記すサッカーダイジェストのプレビューである。
それほどに植田の欠場は痛い。
今季の開幕時からCBの層の薄さは指摘されておったが、町田の長期離脱で決定的なものになっておった。
そこに植田が離脱となり、ブエノが外国人枠の関係で起用できぬとなり、三竿健斗を回す非常事態となっておる。
とはいえ、軸となる源も、健斗も、共に声を出すタイプの選手であり、コーチングにて補完し合えるのではないかと思える。
不安に思うよりも、健斗の選手としての幅の広がりに期待したいところ。
また、レオ・シルバの相棒には永木が起用される見込み。
前節・新潟戦ではベンチ外であったが、大岩監督の信頼は厚い様子。
この大一番では、永木を使ってきた。
このWボランチにて中盤を制圧するのだ。
そして攻撃陣にボールを渡し、ゴールに繋げよ。
楽しみな一戦である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

夢生、鋭い視線

柏戦前日練習


明日の柏戦に向け、セットプレーやレクリエーションゲームなどで最終調整しました。


柏戦に向けた前日練習を行った夢生である。
鋭い視線は明日の活躍を予感させる。
野獣のように柏ゴールに襲いかかり得点を奪うのだ。
久しぶりの先発起用に結果で答えてくれよう。
期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

夢生とレオ・シルバ、先発起用へ

鹿島金崎が先発復帰へ、大岩監督「彼が先頭立って」
[2017年7月1日13時11分]


練習でパスを受ける鹿島FW金崎(撮影・鎌田直秀)

 鹿島アントラーズは1日、茨城・鹿嶋市内で柏戦(2日、柏)に向けた最終調整を行い、FW金崎夢生(28)の先発復帰が有力となった。セットプレーの連係確認では主力組でプレー。慢性的な両足首痛などケガにも悩まされており、先発出場となれば5月4日のアウェー浦和戦以来6試合ぶりとなる。

 大岩剛監督(45)就任後はリーグ戦初先発となるが、指揮官は「彼の経験は臨機応変に対応しなくてはいけない中で、スピードアップしたり落ち着かせたりできる。試合になれば彼が先頭に立ってゲームに入っていく。監督ではないですが、グラウンドの中で指揮をとってほしい」と期待を寄せた。

 また、5月14日のホーム神戸戦で左膝半月板を損傷して離脱し、前節ホーム新潟戦で途中出場したMFレオ・シルバ(31)も先発起用されそうだ。レオ・シルバは「楽しみだし、うれしい」と笑顔を見せた。


先発復帰が濃厚となった夢生である。
満を持してこの大一番に起用されることとなった。
これは朗報。
大岩体制になり、ベンチ外から始まり、徐々に出場時間を増やしてきた。
そして、この首位攻防戦を夢生に託すこととなった。
大岩監督は、「彼の経験は臨機応変に対応しなくてはいけない中で、スピードアップしたり落ち着かせたりできる。試合になれば彼が先頭に立ってゲームに入っていく。監督ではないですが、グラウンドの中で指揮をとってほしい」と言う。
試合展開を含め、夢生がコントロールすることとなろう。
また、前節の新潟戦にて実戦復帰したレオ・シルバも先発に名を連ねる様子。
中盤を制圧し、勝利見導いてくれよう。
戦力が揃った明日の柏戦、必勝体制が整った。
柏の地で歓喜に酔いしれようではないか。
楽しみな一戦である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

優磨、銚子ふるさと大使就任

【吐玉泉】

銚子ふるさと大使を委嘱された鹿島アントラーズの鈴木優磨選手(左)と越川信一銚子市長=鹿嶋市神向寺

▲千葉県銚子市出身のJ1鹿島アントラーズの鈴木優磨選手(21)がきのう、同市で22人目の「銚子ふるさと大使」に就任した。鈴木選手は「本当にうれしい。サッカーで銚子を元気づけられるように頑張る」と抱負を述べた。
▲鹿嶋市神向寺のカシマスタジアムで大使委嘱の交付式があり、越川信一銚子市長(55)から委嘱状と伝統的工芸品「銚子ちぢみ」で織られた名刺入れなどが手渡された=写真。越川市長は「鈴木選手は子どもたちの憧れで銚子の誇り。知名度を生かし、銚子の魅力を伝えてほしい」と期待。
▲鈴木選手は、鹿島ユース(鹿島学園高)から2015年にトップチームに昇格した。昨年のクラブワールドカップで活躍するなど注目の成長株だ。銚子のお薦めを尋ねられると、「地元の魚を食べて、この体ができた。家ではよくスズキが出ていた」と出世魚を挙げた。


「銚子ふるさと大使」に就任した優磨である。
優磨は「本当にうれしい。サッカーで銚子を元気づけられるように頑張る」と語る。
水揚げ量日本一を誇るも、街は少々寂しい。
以前のような活気をもたらせるため優磨が躍動して欲しいところ。
お勧めの鱸を食べて元気な銚子の将来を期待したい。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

三竿健斗、無失点で勝ちたい

鹿島三竿健CB抜てき「守備は持ち味」首位柏封じだ
[2017年7月1日7時31分 紙面から]


鹿島DF三竿(17年4月7日撮影)

 21歳の鹿島アントラーズDF三竿健が、日本代表DF昌子の相方として首位柏レイソルを封じる。

 大岩監督の就任後、ボランチ起用が続いたが、DF植田の離脱によりセンターバックに抜てきされた。6月30日、2日の対戦に向け「プレーの幅が広がると思う。守備の部分は持ち味。同じクオリティーで自分の良さが出せれば」。柏のDF小池は小学時代のチームメートで「プロの舞台で負けられない。無失点で勝ちたい」とライバル心をのぞかせた。


柏戦に向けてコメントを発した三竿健斗である。
「プレーの幅が広がると思う。守備の部分は持ち味。同じクオリティーで自分の良さが出せれば」と語る。
この大一番にCBとして抜擢され、モチベーションが高まっておることが伝わる。
また、杉本太郎と共に出場した2013年のU-17W杯にてCBとして躍動したことが良い経験となっておる。
世界を相手にした実績で、柏攻撃陣を封じ込めよ。
楽しみにしておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク