Jリーグ 第17節 柏レイソル戦



アウェイにて大逆転勝利。

アツ、どんな相手でも変わらずやる

今節の顔 MF・中村充孝
巧みな技術でアシスト

直近のリーグ戦は3戦連続で先発出場。巧みな技術で多彩な攻撃を繰り出し、計8得点のうち4ゴールに絡む活躍を見せている。

2013年に京都から鹿島に加入。ボールを扱う技術は一級品だが、主力に定着できず、今季前には移籍も考えた。しかし「足りないものを身に付けるにはここがいい」と悩んだ据えに残留。ボールを持っていないときの動きに磨きをかけたことで、持ち味を生かせるようになった。今節は首位柏との大一番。「どんな相手でも変わらずやる」と闘志を燃やした。


今節の顔として報じられるアツである。
シーズンイン前には移籍も考えたと報じられる。
アツほどの才能があれば、オファーは山のようにあろう。
多くのクラブに狙われておる。
しかしながら、アツは鹿島残留を決めた。
「足りないものを身に付けるにはここがいい」と、より成長できる場所を選んだと言う。
ここにきて、攻撃のキーマンとなっておる。
ダイアゴナル・ランで守備を混乱させ、持ち前のテクニックでゴールに迫る。
アツの活躍で柏を倒す。
楽しみにしてスタジアムに向かう。
勝利を信じておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

夢生を信頼

鹿島金崎&レオ・シルバ柏戦先発へ、大岩監督期待
[2017年7月2日7時46分 紙面から]


練習でパスを受ける鹿島FW金崎(撮影・鎌田直秀)

 両足首痛を抱える鹿島アントラーズFW金崎と、左膝半月板損傷から前節アルビレックス新潟戦で試合復帰したMFレオ・シルバが、今日2日の柏レイソル戦で先発することが確実となった。

 セットプレーの連係確認では、ともに主力組でプレー。就任後初の2人のそろい踏みに大岩監督は「経験ある2人なので、スピードアップしたり落ち着かせたりできる」と期待した。レオ・シルバも「楽しみだし、うれしい」と笑顔を見せた。

鹿島・金崎、2日柏戦で先発復帰の可能性 大岩監督「経験ある選手」
 鹿島は2日のアウェー柏戦でFW金崎の先発復帰の可能性が出てきた。1日、「経験ある選手。(接戦の)ゲームになればいろいろなことが起こり得る」と大岩監督。今季は左膝半月板や左膝を負傷。慢性的な両足首痛も抱える。先発すれば5月4日の浦和戦以来。勝ち点34で首位を走る柏とは、1試合未消化ながら同3差だけに「彼が先頭に立って(仲間が)それを見れば、みんなが反応してくれる」と指揮官は1日、期待を込めた。 (鹿嶋市)

鹿島・金崎、2日柏戦先発へ 監督期待「信頼度は変わらない」
明治安田生命J1リーグ・第17節 鹿島―柏 ( 2017年7月2日 柏 )


2日の柏戦での先発出場が濃厚となった鹿島・金崎
Photo By スポニチ


 鹿島FW金崎が2日の柏戦でリーグ戦6試合ぶりに先発することが濃厚となった。両足首に不安を抱えてベンチスタートが続いていたが、FW土居に代わりFWペドロ・ジュニオールと2トップを組むとみられる。

 大岩監督からは「信頼度は変わっていない。試合になれば当然先頭に立ってゲームに入っていくだろう」と期待されている。6戦ぶりの得点で首位撃破へ貢献する。
[ 2017年7月2日 05:30 ]


夢生の先発復帰がニュースになっておる。
それだけ待望論が多かったということである。
やはりエースは夢生、負傷を抱えベンチに控えておっても何か起こしてくれるであろうと期待が集まっておった。
そして、それは指揮官にとっても同様であった様子。
「経験ある選手。(接戦の)ゲームになればいろいろなことが起こり得る」、「彼が先頭に立って(仲間が)それを見れば、みんなが反応してくれる」、「信頼度は変わっていない。試合になれば当然先頭に立ってゲームに入っていくだろう」と語る。
チームを牽引し、そしてゴールを決めるのだ。
信頼しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

湘南・ジネイ、ヘディング弾

【湘南 vs 名古屋】お見事!サインプレーから島村毅のゴールで先制!
2017年7月1日(土)



1年でのJ1復帰を目指す両チームの対決は、前半45分、CKからのサインプレーを島村毅がシュートを決め湘南が先制点を奪う!

写真=ゴール後、ジネイと喜ぶ島村。湘南は本日の試合七夕記念ユニホームを着用して臨んだ。

【湘南 vs 名古屋】ジネイのハートマーク
2017年7月1日(土)



前半1のリードで折り返した湘南は、50分にも奈良輪のクロスにジネイが頭で合わせ追加点を奪う。

写真=ゴール後、メインスタンドに向かってハートマークを作るジネイ。

昇格争いライバル対決に勝った湘南は2位、名古屋はPOギリギリ6位で折り返す
17/7/1 21:23


J1復帰を目指すライバル対決は湘南に軍配

[7.1 J2第21節 湘南2-1名古屋 BMWス]

 湘南ベルマーレがホームで名古屋グランパスに2-1で勝利した。3連勝の湘南は勝ち点を43に伸ばして、首位・福岡と同勝ち点の2位。名古屋は2戦ぶりの黒星で、勝ち点34の6位で前半戦を折り返した。

 昨年はJ1最終節で対戦。1年でのJ1復帰を目指すライバルチーム同士の今季初の対戦に、BMWスタジアムには今季最多の1万1070人が詰めかけた。

 湘南が決めた先制点は前半終了間際の45分、右サイドでCKを獲得すると、遠いサイドからフリーで走り込んだDF島村毅が右足で合わせる。島村も「サインプレーだった。今日練習していて、うまくやれたと思う」と胸を張った。

 そして湘南は後半に入り、すぐに突き放す得点を奪う。後半5分、MF奈良輪雄太が右サイドから上げたクロスをFWジネイが頭で押し込み、リードを2点に広げた。

 2点ビハインドの名古屋は後半12分にMF田口泰士の縦パスからMF杉森考起が決めて1点を返す。その後もFWフェリペ・ガルシアやFW杉本竜士ら攻撃的なカードを切って攻め込むが、あと一歩及ばなかった。名古屋は昇格プレーオフ出場ラインぎりぎりの6位で前半戦の戦いを折り返すことになった。


結果的には決勝弾となる追加点を決めた湘南のジネイである。
右からのクロスにヘディングで決めた。
高さを活かしたヘッドはジネイの得意技の一つ。
その頭でチームを勝利に導いたことは、本人も嬉しいであろう。
ハートマークも飛び出した。
このゴールで湘南は自動昇格圏にて前半を折り返した。
後半戦も同様にゴールを積み重ね、来季はJ1での戦いに戻ってくるのだ。
期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

町田・中島、ドッペルパック

【山形 vs 町田】中島は2ゴールの活躍!
2017年7月1日(土)



8分にPKを沈めた中島裕希(#30)は、29分にもクロスに合わせてニアサイドに走り込み、ゴールをマーク。
前半のうちに2点のリードを奪った。

町田がFW中島の恩返し弾2発などで5戦ぶり勝利! 山形はホーム2戦9失点と守備崩壊
17/7/1 20:24

[7.1 J2第21節 山形1-3町田 NDスタ]

 FC町田ゼルビアが敵地でモンテディオ山形に3-1で勝利した。5試合ぶりの白星で順位を1つ上げ、16位に浮上。山形はホーム2連戦で計9失点と、今後に不安を残す敗戦となった。

 山形は前節の徳島戦(1-6)から先発3人を変更。MF風間宏希が4試合ぶり、MF荒堀謙次が7試合ぶりにスタメン復帰し、DF宇佐美宏和が今季初先発で初出場を果たした。一方、町田も前節の東京V戦(2-4)からの変更は3人。DF増田繁人が6試合ぶり、MF森村昂太が2試合ぶり、MF戸高弘貴が今季初のスタメン出場となった。

 ホームの山形は開始早々にラッキーな形からビッグチャンスを創出。前半2分、ロングパスに反応したMF汰木康也がPA内右に抜け出すと、副審のフラッグが上がるも、ボールには関与せず右横のMF瀬沼優司に託す。隙を突いて瀬沼からのリターンを受けた汰木は右足で切り返して相手DFをかわし、PA内中央から左足でシュート。しかし、低い弾道のボールはゴール右にそれてしまった。

 失点を免れた町田は前半8分に先制する。FW中島裕希が高い位置で宇佐美の横パスをカットし、PA内に進入。追走した宇佐美に後ろから倒され、PKを獲得する。自らキッカーを務めた中島は右足で確実にゴール右へ沈め、先にリードを奪った。

 続けて前半29分、森村のスルーパスに走り込んだ戸高が右サイドの深い位置からグラウンダーのクロスを供給。マークを振り切ってゴールエリア右に入った中島が右足でニアを破り、古巣を相手に2点目を挙げた。

 中島の今季7ゴール目で2-0とした町田は、前半37分にDF大谷尚輝が負傷交代するアクシデントに見舞われたが、代わって投入されたMF土岐田洸平ら守備陣が集中力を保ち、無失点のまま前半を終了。迎えた後半も主導権を握って試合を進める。

 立ち上がりの後半12分、敵陣でのボール奪取から右サイドの中島が折り返し、PA内中央で受けた戸高が鋭いターンとフェイントから右足でシュート。これがゴール左隅に決まり、早い時間帯にリードを3点に広げた。戸高は2試合連続となる今季3得点目。今季初スタメンの期待に応えてみせた。

 前節に続いての大量失点となった山形。後半35分に自陣左サイドのMF荒堀謙次が敵陣中央までドリブルで運ぶと、右から攻め上がった途中出場のFW鈴木雄斗にパスを出す。ワントラップでPA内右に進入した鈴木は迷わずに右足でシュートを放ち、ゴール左に決めた。

 負傷からの復帰戦となった鈴木の14試合ぶりとなる今季3ゴール目で1点を返した山形だったが、反撃はここまで。町田が前節の大敗を払拭する3-1の勝利を飾った。


2ゴールを決めた町田の中島である。
自ら得たPKにて先制、クロスの合わせて追加点と前半のうちに勝負を決めた。
まさにエース。
風格も感じさせる。
これからも、多くのゴールで町田に勝利を呼び込んでいくのだ。
良い報を待っておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク