FC2ブログ

ACL GS 上海申花戦

優磨・レアンドロの今季初ゴールでグループステージ突破。

源、決死のカバーリング



鹿島DF昌子源、走る走る!チームを救った決死の「カバーリング」を見たか
2018/04/02 18:00
Written by 編集部S
Image by DAZN


先週末に行われたJ1第5節の中で、唯一スコアレスドローに終わった鹿島アントラーズ対北海道コンサドーレ札幌戦。

日本代表帰りのDF昌子源は試合終了間際、持ち前の読みの良さでチームを救った。

※03:03から



88分、カウンターからチャンスを掴んだ札幌。

ヘイスからのパスを受けたチャナティップ・ソングラシンが軽やかなターンで対峙していた植田直通をかわすと、シュートモーションへ。

しかし昌子が全速力でカバーに入り、スライディングでこのピンチを阻止!股を痛めるほど足を伸ばしており、ボールへの執着が窺える。

この試合では他にもチームを救うプレーがあった昌子。ハンド疑惑もあるが、こうした読みの良さは強みの一つと言えるだろう。

※画像は『DAZN』の許諾を得て使用しています


札幌戦での源のプレイを記すQoly誌の編集部S氏である。
決定的場面をシュートブロック、ピンチをしのいだ。
DFとしての真骨頂を魅せてくれた。
この試合、誤審でのハンド見逃しばかりがクローズアップされておるが、あのシーンも故意に手に当てたわけではないように見える。
決定機を潰し続けているのは、それだけ集中しておる証拠。
日本を代表するCBとして鹿島のDFラインを牽引しておることは紛れもない事実。
この先も鹿島にタイトルをもたらせるべく活躍してくれよう。
楽しみである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

ジャンケンFK



和む!鹿島の金崎と永木、「じゃんけん」でフリーキッカーを決めていた
2018/04/03 06:50
Written by 編集部S
Image by DAZN


先週末に行われたJ1第5節の鹿島アントラーズ対北海道コンサドーレ札幌戦。

キックオフ直後にはこんなシーンがあった。

※01:36から



6分、鹿島はペナルティエリアの少し手前で安部裕葵が倒され、フリーキックを獲得。

すると金崎夢生と永木亮太が近寄り、なにやらひそひそ…。そう、じゃんけんでキッカーを決めていたのだ!これは和む!

試合中にじゃんけんでフリーキッカーを決めたケースと言えば、2001年のコンフェデレーションズカップで中田英寿と小野伸二がやっていた。しかし、この時は口頭でのものであり、これだけ堂々とやる例は珍しいかも?

結局じゃんけんに勝った金崎が蹴る権利を獲得するも、壁の上を狙ったキックは都倉賢のクリアに阻まれ得点にはならなかった。

※画像は『DAZN』の許諾を得て使用しています


札幌戦の1シーンを伝えるQoly誌の編集部S氏である。
安部裕葵が倒され、PA前にて大きなチャンスとなるFKを得た。
スタジアムにおった者は誰もが永木が直接狙うものと期待を持った。
ところが、夢生がボールに歩み寄り蹴る姿勢を魅せたことには驚きを隠せなかったことは事実である。
この記事にあるようにジャンケンにてキッカーが決まり、夢生が蹴ることとなった。
編集部S氏は「これは和む!」と評するが、試合結果を知る今となっては、そのような気持ちになれぬ事も事実と言えよう。
夢生は、気持ちの強さと責任感から出たと思われる。
とはいえ、我らとしては、昨季、リーグ戦唯一の直接FKを決めておる永木に任せて欲しかったとも思うところである。
攻撃力の低下が囁かれる今季の鹿島に於いてセットプレイは重要な得点源でと言えよう。
大事にしたい。
次回、このような位置にてFKを得た際には誰がキッカーに名乗り出るのであろうか。
注目である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

敵地での勝利で2年連続の16強入りを決め、リーグ戦の巻き返しにつなげる

【ACL展望】上海申花×鹿島|引き分け以上でGS突破! コロンビア代表の大型アタッカーに要警戒!
サッカーダイジェストWeb編集部
2018年04月03日


前回対戦ではホームで1-1の引き分け。


故障者/鹿島=内田、三竿健、安西
出場停止/鹿島=なし


ACLグループステージ5節
上海申花(中国) - 鹿島アントラーズ(日本)
4月3日/21:00(日本時間)/虹口スタジアム

【最新チーム事情】
●リーグ5節の札幌戦は不甲斐ないゲームにブーイングも。
●その札幌戦でレアンドロが復帰する。
●ボランチの三竿健が帯同せず。

【担当記者の視点】
 グループステージ(GS)首位突破に向け、鹿島は5節で上海申花(中国)と敵地で対戦する。引き分け以上で決勝トーナメント進出が決まる一戦を前に、大岩監督は「GS突破に向けて、勝点3を奪う。90分間挑戦し続ける気持ちを示したい」と意気込んだ。

 2月のホーム戦では1-1で引き分けた上海申花とは、過去6試合を戦って通算対戦成績は2勝3分け1敗(9得点・6失点)と実力伯仲だ。第1戦ではコロンビア代表のジョバンニ・モレーノに苦戦。開始4分に、同選手に先制点を許して流れを悪くしただけに、第2戦はこの190センチ超の長身アタッカーを警戒しなくてはいけない。

 鍵となるのは中盤の守備。ボランチと最終ラインで連係し、相手の武器を抑えることになるが、今回は三竿健が遠征に帯同しなかったため、永木と小笠原で中盤のかじを取ることになりそうだ。

 チームは3月31日のリーグ5節・札幌戦で引き分けた。不甲斐ないプレーを見せた選手たちにサポーターからブーイングが飛んだが、この試合では左膝蓋じん帯負傷で長期離脱していたレアンドロが戦列復帰を果たすなど今後へ向けた好材料も見られた。昌子も「切り替えてやるだけ。しっかりと勝って突破を決める」と意気込みを見せる。敵地での勝利で2年連続の16強入りを決め、リーグ戦の巻き返しにつなげる。


「三竿健が遠征に帯同しなかったため、永木と小笠原で中盤のかじを取ることになりそうだ」と記すサッカーダイジェストのプレビューである。
満を持して永木と満男が組むこととなる様子。
世界を知るこの二人が中盤を仕切れば、勝利を呼び込むことが叶おう。
また、前線にはPJが起用される見込み。
この起用法であれば、札幌戦にてあれほど悪かった夢生をフル出場させた采配も納得がいく。
過密日程を睨んで長期視点にて戦略を練っておることが伝わってくる。
このメンバーにて勝利を掴み、GS突破を決めたい。
チームを信じておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

安部裕葵、全然不安はない

【鹿島】植田「勝つことしか考えていない」上海申花戦に引き分け以上でACL決勝T進出
2018年4月2日19時50分 スポーツ報知


笑顔でリフティングを行う土居

 鹿島は2日、中国・上海でACL1次リーグ第5節上海申花戦(3日・上海)に向けた前日調整を行った。

 報道陣に公開された冒頭15分間ではフリーランニングでピッチの状態を確かめ、ボール回しや2人組のパス交換で調整した。

 日本代表DF植田直通は「相手の10番(コロンビア代表MFモレノ)を起点にいろいろな攻撃が始まる。マークを徹底したい。勝つことしか考えていない」と気合を入れた。大岩剛監督は「連動してゴールに対して動き出す。今季ずっとやってきているが、徐々に少なくなってきている。自分たちがやるべきことを再確認したい。ボールホルダーを追い越す動き、前に行く動きを引き続き追い求めていきたい」と語った。

【鹿島】昌子、三竿健欠場で上海申花戦へ “ゴール欠乏症”攻撃陣の奮起不可欠
2018年4月3日6時0分 スポーツ報知


全体練習に参加を見送り、大岩監督(右)と話し込む昌子

 【上海(中国)2日=岡島 智哉】引き分け以上で日本勢1番乗りとなる1次リーグ突破が決まる鹿島は、会場の上海虹口足球場で冒頭15分のみ公開の公式練習を行った。大岩剛監督(45)は「勝ち点3を奪うために上海に来た。90分間チャレンジし続ける姿勢を持って戦いたい」と力を込めた。

 日本代表のベルギー遠征から合流直後に発熱の症状を訴えたMF三竿健斗(21)は遠征に帯同せず。札幌戦(3月31日、0△0)にフル出場した同DF昌子源(25)も練習参加を見送り、欠場が濃厚となった。リーグ戦5戦1失点の守備の要2人を欠く一戦。同5戦2得点と“ゴール欠乏症”に陥っている攻撃陣の奮起が求められる。

 先発が有力なMF土居聖真(25)は「あまり考えすぎてもよくない。シンプルに狙っていきたい」、MF安部裕葵(19)も「今はもがいている状態だけど、成長できるチャンス。全然不安はない」と言い切った。


ACL・上海申花戦を前に前日練習を行う鹿島を現地取材した報知新聞の岡島記者である。
放映権が読売グループにあるということで、報道にも力が入っておる。
今季のACLでは今一歩振るわぬJリーグ組の中で鹿島だけが奮闘しておることも影響しておろう。
その期待に応えねばならぬ。
是非ともこの試合にてGS突破を決め、明日の紙面を大きく飾りたいところ。
重要な一戦である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク