FC2ブログ

鹿島――指揮官は「やり続けよう」とチームを鼓舞

【J1展望】FC東京×鹿島|魅惑の“新ホットライン”で鹿島の守備網を打ち破れるか
サッカーダイジェスト編集部
2018年04月10日


FC東京──D・オリヴェイラと東の新ホットラインは必見


故障者/FC東京=なし 鹿島=遠藤、安西、P・ジュニオール、町田、安部
出場停止/FC東京=なし 鹿島=なし


J1リーグ7節
FC東京-鹿島アントラーズ
4月11日(水)/19:00/味の素スタジアム

FC東京
2018年成績:4位 勝点10 3勝1分2敗 10得点・8失点

【最新チーム事情】
●前節はアウェーで長崎に5-2と快勝
●その長崎戦でD・オリヴェイラがハットトリック
●これで今季J1で初の3連勝

【担当記者の視点】
 4節の湘南戦から今季初の3連勝で4位に浮上。好調のチームを力強く牽引するには、2トップの一角を担うD・オリヴェイラだ。直近の長崎戦では素晴らしいフィニッシュワークでハットトリックを達成し、得点ランキングのトップ(5ゴール)に立っている。

 そしてもうひとつ、東の活躍も見逃せない。長崎戦でもゴールにアシストと大暴れ。例年以上に気迫のこもったプレーで中盤を支えているのだ。D・オリヴェイラ&東のホットラインは今やFC東京の最大の武器になりつつある。鹿島戦でもこのふたりがキーマンになることは間違いない。

鹿島――指揮官は「やり続けよう」とチームを鼓舞

鹿島アントラーズ
2018年成績:12位 勝点8 2勝2分2敗 3得点・3失点

【最新チーム事情】
●右腿裏の張りを訴えて欠場していた内田が、9日の練習から完全合流。
●8日より鹿島限定「アントラーズテディベア」の販売受付が公式オンラインショップでスタート!

【担当記者の視点】
 前節・湘南戦は、終了間際の失点で1-2の敗戦。早くも今季2敗目を喫し、大岩監督は「非常に悔しい。最後に失点して敗れたことの責任を自分が負って、次に活かしたい」と唇を噛みしめた。

 連敗は許されないFC東京戦。リーグ戦の通算対戦成績は19勝8分7敗で相性の良さはあるが、昨季は1分1敗と白星を挙げられなかった。

 湘南戦から大きな変更はないが、右腿裏の張りを訴え前節を欠場した昌子が戦線に復帰予定。連戦の疲労などが考慮され、ボランチの1枚を小笠原から永木に代えて臨みそうだ。

 指揮官は「(湘南戦で)守備のところも意図したことはできた。『やり続けよう』と選手たちに話した」と明かし、FC東京戦に向けて気持ちを切り替えた。


「右腿裏の張りを訴え前節を欠場した昌子が戦線に復帰予定」と記すサッカーダイジェストのプレビューである。
ACL・上海申花戦、リーグ戦・湘南戦と2試合を欠場した代償は大きかったように感じる。
ここは、DFリーダーの復帰で守備を立て直して、巻き返しを図りたいところ。
また、全体練習に合流した篤人が故障者リストから名が外れておる。
ベンチ入りの可能性もあろう。
西を中盤にあげるオプションが試されるやもしれぬ。
どのような采配をするのか注目したい。
ミッドウィークの夜、気持ちを高めてスタジアムに向かいたい。
楽しみな一戦である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

三竿健斗、簡単には解決しない

三竿健斗「簡単には解決しない」。
鹿島が悩む昨季終盤からの停滞感。

posted2018/04/10 16:30


中盤のアンカーとして期待が集まる三竿健斗。鹿島では試行錯誤の時を迎えているようだ。

text by
佐藤俊
Shun Sato

photograph by
Getty Images


 地を這い、糸を引くような美しいパスだった。

 J1第6節の湘南ベルマーレvs.鹿島アントラーズ、前半7分でのことだ。オウンゴールで先制された鹿島は、その直後にカウンターを仕掛ける。左サイドでボールを受けた三竿健斗はフリーとなり、前を向く。

 戻り切れていない相手の陣地にはスペースがあり、前に走り込む金崎夢生、土居聖真、そして鈴木優磨へのパスコースが見えた。

「その中で、あのコースが空いているのが正直、びっくりした。浮き球だと時間的に相手が戻ると思ったんで、できるだけ早く優磨に届けようと思って」

“決めてくれよ”と言わんばかりの適度なスピード、絶妙なタイミングで、グラウンダーのパスが鈴木の足元に入った。鈴木は倒れ込んできたGKの動きを見て、浮かしたシュートで同点ゴールを決めた。

「イメージ通り。今、いい感覚を持っていると思います」

 三竿は、小さな笑顔を見せた。

日本ではプレッシャーを感じなくなった。

 ここに来ての“いい感覚”は、3月の日本代表ベルギー遠征で得たものだという。

 マリ戦、三竿は後半15分から長谷部誠に代わってプレーした。1点ビハインドの状態で攻撃的にプレーしたが、アフリカ勢特有のスピードやフィジカルの強さに最初は戸惑ったという。だが、後半アディショナルタイムに右サイドからクロスを上げて中島翔哉の同点ゴールをアシストした。

 続くウクライナ戦では後半36分に途中出場。欧州中堅国のプレッシャーの強さや球際の激しさを肌で感じたと言う。

「代表で2試合出たんですが、プレッシャーとかスピードとかは日本にはないものだった。そういうのを経験して戻ってきて、その感覚が今も残っている。なので日本ではあまりプレッシャーを感じなくなっています。そういう意味ではベルギー遠征で、いい感覚を持って帰って来れたかなと思います」

シュートに対する意識が高まれば。

 帰国後に風邪を引いたこともあり、この試合が復帰戦となったが、ボールを自ら刈り取り、攻撃ではパスを左右に振り分け、攻守にほとんどミスがなかった。

 あえて課題を挙げるとすれば、シュートを1本も打たなかったことぐらい。

「シュートは、ずっと狙っていたんです。前半1回打てるチャンスがあったんですけど、自分の中で周囲を使いながらという意識があったので……。その後、ボックスの角でサイドハーフが持った時にボールを要求したんですけど、タイミングが合わなかった。でも、イメージを持っていれば、またチャンスがくると思います」

 ここぞという時に効果的なシュートを打てるのは、より怖いボランチになるための条件の1つだ。湘南戦のようにいい形を作りながらも決められないのなら、ミドルやロングシュートで攻撃の形を変える必要性があるからだ。

チーム全体について聞かれると表情が。

 代表から戻ってきてから100%ではないにしろ、自分のイメージ通りのプレーがいい感覚で出来ている。それもあってか三竿の表情は比較的明るかった。だが、チームのことになると途端に表情が曇った。

「シーズン通して、いつもいい時ばかりじゃない。その時期が昨年はシーズン終盤に来て、今年は今がそういう時期だと思います」

 三竿の言葉からは、課題が解消されていないことを感じさせる。特に左サイドハーフのレアンドロが中に入る傾向があり、左サイドバックの山本修斗の前に広大なスペースが空いていた。攻撃は中央から右サイドに偏り、相手に読まれた。結果的に得点をなかなか奪えず、逆に左のスペースを突かれることが増えて失点を重ねた。

 湘南戦でも似た状況が散見された。相手の先制シーンでは、守備陣が右から中央に寄り、左サイドには大きなスペースが広がっていた。そこから岡本拓也にフリーでクロスを入れられ、オウンゴールを招いたのだ。

 試合後、湘南の選手は「相手の攻撃は真ん中だけで恐さはなかった」と話していた。押し込んでいたように見えた鹿島だったが、相手に攻撃を見切られていたのだ。

攻撃面にアイデアが出てきてはいるが。

 実際、攻撃の停滞感は数字にも明確に表れている。開幕後のリーグ戦5試合で失点は1のみに抑えていたものの、得点はわずかに2しか奪えず、複数点を挙げた試合が一度もない。これでは勝点3を得るのは厳しい。

「前の札幌戦よりも、ゴール前での崩しはみんなアイデアがあったし、流動的に3人目を使えている。そういう場面を90分通して増やしていきたい」

 こう話す三竿だが、まだまだ満足のいくレベルには至っていないのが現状だろう。

 大岩剛監督の采配にも少々迷いが見られた。後半24分、土居聖真に代えて安部裕葵を、後半34分には西大伍に代えて永木亮太を投入した。ボランチが本職の永木を右サイドバックで起用し、最後の交代カードは小笠原満男に代えてサイドハーフの金森健志が送り出された。ただ最終的にはアディショナルタイムに決勝ゴールを奪われた。

「もっとお互いに厳しく要求していく」

「あれだけ押し込んでいたのに、最後の最後にやられるのはもったいない。今、何かひとつの刺激でチームが変わるかどうかは分からない。そう簡単に切り替えることができないし、簡単には解決しないと思う。みんな苦しいけど、ここをみんなで乗り切らないといけないし、もっとお互いに厳しく要求していく必要があるんじゃないかなと思います」

 三竿は、厳しい表情でそう言った。

 鹿島は現時点でまだ2勝2分2敗、湘南戦では金崎が献身的なプレーを見せたように、チーム全体の士気は保たれている。だが三竿の「簡単には解決しない」という言葉を踏まえれば、楽観してはいられないだろう。

 19冠を誇る常勝・鹿島が大きな試練に直面している。


三竿健斗について取材したNumberWebの佐藤氏である。
健斗は、湘南戦でのアシスト、そして日本代表欧州遠征にて得たものについて語る。
大きく成長し続けておることが手に取るようにわかる。
さらに素晴らしいプレイをしてくれよう。
しかしながら、日本代表監督が替わり、健斗のロシアへの道は厳しくなったと言わざるを得ない。
マーケティング的に選手選考をすることが予想され、ネームバリュー、実績のある選手が中心となってロシアを戦うこととなろう。
健斗だけでなく、鹿島の選手は難しくなったように思う。
これもまた仕方のないところ。
スポンサーの顔色をうかがい、代理店の言うことを聞くことが監督の仕事と日本サッカー協会は決めたということである。
とても残念ではあるが、これが極東のサッカー事情と諦めざるを得ない。
それはそれとして、チームの不調に関して健斗は、「あれだけ押し込んでいたのに、最後の最後にやられるのはもったいない。今、何かひとつの刺激でチームが変わるかどうかは分からない。そう簡単に切り替えることができないし、簡単には解決しないと思う。みんな苦しいけど、ここをみんなで乗り切らないといけないし、もっとお互いに厳しく要求していく必要があるんじゃないかなと思います」と語る。
チーム状況は悪い。
それを払拭するには、チーム全体でコミュニケーションを取り、お互いに要求していくことである。
過密日程中ではあるが、言われたことをただするだけでなく、全員が自分の意見を前面に出していくことこそ肝要。
「簡単には解決しない」ことであることは十分に理解しておる。
しかしながら、やまない雨はない。
チーム状況の好転を期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

柳沢敦氏、W杯で、ゴールは大事

柳沢敦氏 “判決”受け、あえて言いたい 代表FWへ「W杯でゴールは大事」
【レジェンドからの言葉(1)】 柳沢敦


02年日韓、06年ドイツの2大会で得た経験について語る柳沢氏
Photo By スポニチ


 6月に開幕するW杯ロシア大会で日本代表が結果を残すためには、何が必要なのか。過去のW杯に出場した代表戦士が、同じポジションの後輩たちへ贈る「レジェンドからの言葉」。連載第1回は、FWとして2大会に出場した柳沢敦氏(40=鹿島コーチ)。ワンプレーで“審判が下された”ストライカーが語る、W杯で求めるべきものとは――。

 柳沢氏にしか伝えられない、柳沢氏だからこそ伝えられるFW陣への言葉だった。

 「W杯で、ゴールは大事」

 センターサークル付近から見上げた16年前の夕刻の空の色は、今も覚えている。最高潮に達した緊張は少し収まり「今ここに立てていることが幸せ」という感情がこみ上げた。気合がみなぎった瞬間に初戦のキックオフを迎えた02年日韓大会。初戦ベルギー戦と続くロシア戦で、稲本への2本のアシストを記録した。「(点を)決めたイナを褒めるべき」と言う2つのパスは紛れもなく日本を史上初の決勝トーナメントに導くプレーだった。

 「FWの仕事は、点を取ることだけじゃない」。ずっとそう思い続けていた。4年後のドイツ大会は、本番の3カ月前に第5中足骨を骨折しながら、24時間態勢のケアで乗り越えて再びピッチに立った。ところが勝利が義務づけられた2戦目のクロアチア戦で、絶好の決定機を外すミスを犯してしまう。

 動きだしのセンスは誰にもまねできない。味方のチャンスを献身的に生み出すプレーは同僚をも虜(とりこ)にするほど。ただ、W杯での一つのプレーだけが象徴的に切り取られ、世間から批判を浴びた。

 「ある意味“判決”が下ったような感覚になった」

 もちろん「自分は信じるFW像を貫き通して現役を終えた」と言い切るサッカー人生には誇りがある。それでも、逡巡(しゅんじゅん)を経て、思い至った。やはり「W杯で、ゴールは大事」と。

 日韓大会で16強入りした日本は、ドイツ大会では1次リーグ敗退。「(突破への)半分以上を占めていると言ってもいいくらい」左右したのは初戦の結果だった。「(日韓は)初戦の引き分けが勢いをもたらしてくれた。自分たちは歴史を変えるんだという強い団結力があった」。個人の準備では緊張感をほぐす精神コントロールも大切な要素だったという。

 「大きな舞台だけに、いい意味でも悪い意味でも与える影響は大きい。結果いかんによっては評価も大きく変わる」。それが柳沢氏の経験したW杯。今大会のFW陣にはあえてこんなエールを送る。「逆に、その舞台を思う存分楽しんでほしい。プレッシャーもあるでしょうけど、最高の舞台だということは間違いないので」


2006年W杯ドイツ大会のクロアチア戦の後半、柳沢が決定的なシュートを外す
Photo By 共同


2006年W杯ドイツ大会のクロアチア戦の後半、柳沢が決定的なシュートを外し、顔を覆う柳沢
Photo By 共同


[ 2018年4月10日 11:30 ]


W杯に向けて先人の声を取材するスポニチである。
日本が生んだ偉大なるストライカーである柳沢敦氏がその第一回のゲストとして登場した。
あのシュートミスがなければと、ファンである我らも思う。
未だに批判的になる者どもが多いことも、あれだけの大舞台での1プレイが印象づけたものがある。
とはいえ、その4年前の日韓大会ではアシストで日本に大きく貢献しておる。
柳沢こそスタジアムで観るべき価値のあるFWであった。
素晴らしい動き出しとポジショニング。
天賦の才はこの男のためにあったもの。
もう映像の中でしか観られぬことを残念に思う。
その柳沢氏は、「大きな舞台だけに、いい意味でも悪い意味でも与える影響は大きい。結果いかんによっては評価も大きく変わる」「逆に、その舞台を思う存分楽しんでほしい。プレッシャーもあるでしょうけど、最高の舞台だということは間違いないので」と語る。
今を生きる現役日本代表選手には、このプレッシャーを楽しんで結果に結びつけて欲しい。
いよいよロシアW杯も近づいてきた。
日本人選手の活躍を楽しみにしておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

鹿島アントラーズユース・杉山眞仁くん、決勝ダイビングヘッド

[MOM2469]鹿島ユースFW杉山眞仁(2年)_決勝ダイビングヘッド! “空中戦”を制した小さなストライカー
18/4/9 20:25


決勝弾を決めた鹿島ユースFW杉山眞仁(2年)

[高校サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ]
[4.8 高円宮杯プレミアEAST 浦和ユース0-1鹿島ユース 味スタ西]

 ボールが上空を行き来する時間が長かった文字通りの“空中戦”は、2015年王者で昨年4位の鹿島アントラーズに軍配が上がった。試合を動かしたのは、メンバー18人で最も身長の低いFW杉山眞仁(2年)。左からのクロスを「飛び込むのは得意」というダイビングヘッドで豪快に叩き込んだ。

 鹿島ユースはともに4-4-2に近い布陣を用いる浦和ユースとの一戦で、互いの長所である『球際』での戦いを選択した。だが、スモールスペースで多くの選手が密集する中、思うようにボールを前進させることができず。相手の3倍以上のシュートを放ちながら、MF前田泰良(3年)のPK失敗もあり、ただただ時間が過ぎていった。

 しかし後半34分、ようやく均衡を破る。自陣でボールを持ったDF増崎大虎(3年)がロングフィードを送り、相手のクリアボールは大きく流れて左サイド奥へ。縦に走り抜けた前田がハーフボレーで左足クロスを配給すると、ゴール前に走り込んだ杉山がダイビングヘッドで合わせた。

「クロスからのチャンスが多かったので、良いボールが来ると思っていた」。そう振り返った165cmの小さなストライカーは「ヘディングが好き」(杉山)。決勝ゴールの場面については「良いボールが来たので、決めるだけでした」と笑顔で謙遜したが、低い弾道で来たボールに頭から飛び込む高難度の一撃だった。

 浮き球の応酬となる試合では、高身長の選手に分があるのがセオリーだが、空中戦ををためらう様子はなかった。「自分は見ての通り背が高くないですけど、身体を当てれば相手の体勢も崩れる。小さいなりの工夫をすれば苦にならない」。自らの個性と真っ向から向き合い、それを長所に変えていこうとしている。

 尊敬する選手は同じく「前から強く行く」という特長を持つFW金崎夢生、FW鈴木優磨といった鹿島の先輩。プロで活躍する身長の低い選手を見習いながら「もっとガタイを良くして、でかい相手でもキープできるようになりたい」と先を見据える。「チームとしては残留が目標。個人としては年間を通して成長して、1点ずつ積み重ねていければ良い」。深紅の元U-15日本代表FWがプレミアリーグの舞台で好スタートを切った。

(取材・文 竹内達也)


高円宮杯プレミアリーグEAST開幕戦を勝利で飾った鹿島アントラーズユースである。
決勝弾は2年生の杉山眞仁くんのダイビングヘッドとのこと。
杉山眞仁くんは「クロスからのチャンスが多かったので、良いボールが来ると思っていた」と語る。
そして、「自分は見ての通り背が高くないですけど、身体を当てれば相手の体勢も崩れる。小さいなりの工夫をすれば苦にならない」とヘディングの極意を口にする。
体格の差をまた武器にも出来るサッカーという球技の奥深さを教えてくれるようである。
工夫を重ねチームに勝利をもたらせていくのだ。
今後の活躍を楽しみにしておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク