FC2ブログ

Jリーグ屈指の「矛」と「盾」の対決から目が離せない

【J1展望】川崎×鹿島|昨季は優勝を争った両チーム。鹿島はリベンジを果たせるか!?
サッカーダイジェスト編集部
2018年04月20日


川崎――小林、大島は欠場する見込み


故障者/川崎=小林、大島、赤﨑、登里 鹿島=安西、P・ジュニオール、町田、安部、山本、L・シルバ、レアンドロ
出場停止/川崎=なし 鹿島=なし


J1リーグ9節
川崎フロンターレ - 鹿島アントラーズ
4月21日(土)/16:00/等々力陸上競技場

川崎フロンターレ
今季成績(8節終了時):6位 勝点12 3勝3分2敗 9得点・5失点

【最新チーム事情】
●水曜日のACL・蔚山現代戦ではターンオーバーを採用。鹿島戦での先発陣のコンディションに問題はなさそう。
●小林、大島ら数人の怪我人が出ているのは懸念材料。
●リーグ戦ではここ4試合で2分2敗。決定力に課題を抱える。

【担当記者の視点】
 水曜日のACL・蔚山現代戦はすでにグループリーグ敗退が決まっていただけに、これまで出場機会が限られていたメンバーで臨んだ。その分、中2日で迎える鹿島戦へ先発陣のコンディションは心配なさそうだ。

 もっとも小林と大島が負傷欠場する見込みで、ベストメンバーを組むことは難しい。キーマンふたりを欠いて、直近の課題である決定力を改善できるか。

 昨季は最終節で鹿島を逆転して優勝しただけに、相手はリベンジに燃えているはず。ただし川崎もここ4戦で2分2敗と足踏みが続くだけに勝利がほしい。お互いの意地がぶつかる熱い試合になりそうだ。

鹿島――頼れるのは日本代表の両CB

鹿島アントラーズ
今季成績(8節終了時):8位 勝点11 3勝2分3敗 6得点・5失点

【最新チーム事情】
●前節のダゾーンのベストイレブンに、内田と小田が選出された。
●3節・広島戦で右膝内側側副じん帯を損傷した安西が、復帰目標を10節・神戸戦か、その翌節の横浜戦に設定した。


【担当記者の視点】
 雪辱を果たすべき相手だ。昨季は最終節で逆転優勝を許し、選手たちは涙を飲んだ。

「昨年は悔しい想いをしている。そういった意味でも大事な試合になる。優勝するためにはひとつも落とせない。気合いは入っている」と植田が力強く話した

「攻撃」の川崎に対し、「守備」の鹿島の注目の一戦となる。昨季は鹿島の守備が機能せず、本拠地でのリーグ戦最初の顔合わせ(12節)は0-3で負け、二度目の対戦(22節)でも1-3で敗れ、2戦で計6失点と後塵を拝した。

 怪我人が多く、不安要素は少なくないが、頼れるのは日本代表の両CB、昌子と植田だ。このふたりが出場する試合は安定感が増す。両サイドはベストメンバーではないが、小田は成長著しく、川崎相手にも「(自分は)戦う姿勢で勢いをもたらすのが持ち味。ガツガツ行きたい」と気負いはない。

「川崎は去年と同じサッカーをしている。しっかり準備して臨みたい」と大岩監督。川崎の流動的な攻撃にどう対応するか。Jリーグ屈指の「矛」と「盾」の対決から目が離せない。


「頼れるのは日本代表の両CB、昌子と植田だ。このふたりが出場する試合は安定感が増す」と記すサッカーダイジェストのプレビューである。
日本代表にも選出される二人が揃った試合は安心して観ていられる。
この川崎戦は名古屋戦に続いて並び立つ模様。
これは朗報と言えよう。
攻撃に特徴を持つ川崎を封じるには、この二人の尽力が必要である。
昨季のお返しをするためにも完封劇を演じて欲しいところ。
鬼門である等々力にて勝利の雄叫びを上げるのだ。
高ぶる気持ちでスタジアムに向かう。
楽しみな一戦である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

鹿島アントラーズノルテ・天坂陸斗くん、JFAエリートプログラムメンバー選出

2018 JFAエリートプログラムU-13フューチャーキャンプ東(4/27~30@福島) メンバー・スケジュール
2018年04月20日

スタッフ
監督:遠藤 善主 エンドウ ヨシムネ(日本サッカー協会 ナショナルトレセンコーチ)
コーチ:西川 誠大 ニシカワ セイダイ(日本サッカー協会 ナショナルトレセンコーチ)
コーチ:上田 大貴 ウエダ ダイキ(青森山田中学校)
GKコーチ:川俣 則幸 カワマタ ノリユキ(日本サッカー協会 ナショナルトレセンコーチ)

選手
GK
及川 初 オイカワ ハジメ(松本山雅FC U-15)
ピサノ アレクサンドレ幸冬堀尾 ピサノ アレクサンドレコウトホリオ (FC.フェルボール愛知)

FP
稲垣 禅太郎 イナガキ センタロウ(カターレ富山U-15)
渡部 凪斗 ワタナベ ナギト(会津サントスFCジュニアユース)
濱野 加成 ハマノ カナル(JFAアカデミー福島U15)
花城 琳斗 ハナシロ リント(JFAアカデミー福島U15)
追川 飛羽 オイカワ トワ(松本山雅FC U-15)
衣川 藍斗 コロモガワ アイト(塩釜FCジュニアユース)
飯野 珠央 イイノ ジュオ(北海道コンサドーレ札幌U-15)
吉荒 開仁 ヨシアラ カイト(東京武蔵野シティFC U-15)
小日山 滉生 コヒヤマ コウセイ(FCあきたASPRIDE)
相馬 理玖 ソウマ リク(ジェネラーレ室蘭U-15)
工藤 葵柊 クドウ アシュ(ジェネラーレ室蘭U-15)
佐々木 悠磨 ササキ ユウマ(MIRUMAE・FC・U-15)
天坂 陸斗 テンサカ リクト(鹿島アントラーズノルテ)
村本 柊生 ムラモト シュウ(DOHTOJrユース)
三森 太陽 ミツモリ タイヨウ(昭和FC U-15 VOLARE)
石川 柊翔 イシカワ シュウト(ジェフ千葉U-15)
羽根 成千加 ハネ ナルチカ(SQUARE富山FC U-15)
塚田 喜大 ツカダ ハルト(JFAアカデミー福島U15)
石田 然 イシダ ゼン(JFAアカデミー福島U15)
戸祭 博登 トマツリ ヒロト(FC東京U-15むさし)

スケジュール
4月27日(金) PM トレーニング
4月28日(土) AM
PM トレーニング
練習試合 vs 鹿島アントラーズアカデミー
4月29日(日) AM
PM トレーニング
練習試合 vs いわきFC U-15
4月30日(月・振休) AM トレーニング
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

「エリートプログラムフューチャーキャンプ」とは
従来からあるエリートプログラムは参加選手の誕生月がその学年の前期に集中する傾向があるため、2005年9月1日以降に生まれた選手のみを招集して行うトレーニングキャンプです。2018年新設。6月は東西にわかれて活動を行い、12月には東西合同の活動を予定しています。


JFAエリートプログラムU-13フューチャーキャンプ東のメンバーに選ばれた鹿島アントラーズノルテの天坂陸斗くんである。
若き世代に有望な人材が現れたことを幸せに思う。
順調に成長し、将来の鹿島を背負う選手となって欲しい。
期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

小田逸稀、ガツガツ行きたい

鹿島小田、初の連勝へ「戦う姿勢で勢いもたらす」
[2018年4月20日7時29分 ]


ミニゲームを行う鹿島DF小田(左)とDF西

 宿敵に勝って今季初の連勝を。

 鹿島アントラーズの21日の相手は昨季最終節で逆転優勝をさらわれた川崎フロンターレ。リーグ戦の対戦で4戦勝ちなし(3連敗)と苦しむ相手だけに、リーグ初出場の第8節名古屋グランパス戦でDAZN週間ベストプレーヤーに選ばれたDF小田は「ハンパない相手。1人1人の質が高い。でも、勝てば自分もハンパなくなれる。戦う姿勢で勢いをもたらすのが持ち味。ガツガツ行きたい」と若者らしく誓った。


小田逸稀を取材したニッカンスポーツである。
「ハンパない相手。1人1人の質が高い。でも、勝てば自分もハンパなくなれる。戦う姿勢で勢いをもたらすのが持ち味。ガツガツ行きたい」と語る。
とても高いモチベーションを持っておることが伝わってくる。
今、ノリにノっておる2年目の左SB、ここで更に結果を残し、レギュラーへの道を切り開くのだ。
期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

優磨、みんなで乗り越えられれば

鹿島・鈴木「借り返す」 21日因縁川崎戦
 アジア・チャンピオンズリーグの水原(韓国)戦から中3日で敵地、川崎戦(21日)に臨む鹿島は19日、約30分の軽めの調整を実施した。昨季は最終節で逆転Vを許し、ホーム、アウェーともに黒星を喫した相手。FW鈴木は「借りを返さないといけない。勝てば(流れが)くると思う。得点という結果を出したい」と雪辱を誓い、ゴールを宣言した。(鹿嶋市)

鹿島“因縁”撃破へ優磨が燃える「みんなで乗り越えられれば」
明治安田生命J1第9節 鹿島-川崎F ( 2018年4月21日 等々力 )

 鹿島は21日、敵地で川崎Fと対戦する。

 昨季リーグ最終節で逆転Vを許した因縁の相手。チームで唯一、公式戦8戦連続先発のFW鈴木は「もう負けられない。勝ったら気持ち的にも乗れる」と気合を入れた。

 5月20日の仙台戦まで残り8試合続く過密日程。「(疲れを)ちょっとは感じているけど、試合に出続けられていて楽しいし、充実感がある。まだ半分!ケガ人も戻ってくるのでみんなで乗り越えられれば」と力を込めた。

[ 2018年4月20日 05:30 ]


川崎戦に向けて意気込みを語る優磨である。
「借りを返さないといけない。勝てば(流れが)くると思う。得点という結果を出したい」とコメントする。
川崎は唯一の通算対戦負け越しチーム。
ここは勝ちたいところ。
優磨のゴールに期待が集まる。
また、連戦については、「(疲れを)ちょっとは感じているけど、試合に出続けられていて楽しいし、充実感がある。まだ半分!ケガ人も戻ってくるのでみんなで乗り越えられれば」と言う。
身体よりも頭の疲労がどの程度なのかが気になるところ。
アイデア・発想が乏しくなると攻撃が停滞してしまう。
その不安については、「楽しいし、充実感がある」という精神的充足を述べ、吹き飛ばしてくれる。
優磨を中心に攻撃的に戦おうではないか。
期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク