FC2ブログ

Jリーグ 第9節 川崎フロンターレ戦



こうもジャッジが偏っては…
夢生が不憫で仕方がない。

今季初の前節同様のスタメン

鹿島植田が闘志、因縁川崎F戦で悔しさ「ぶつける」
[2018年4月21日7時20分 ]


鹿島DF植田直通(18年2月撮影)


リフティングする鹿島DF内田


 鹿島アントラーズが因縁の川崎フロンターレ戦へ今季初めて前節と同じメンバーで臨む可能性が高まった。これまでけが人や体調不良で毎節、先発が入れ替わっていたが、DF内田、MF小笠原らが変わらず出場する見込み。

 昨季は2試合とも3失点して敗れた上に、逆転優勝もさらわれた。DF植田は「昨年負けた相手だし、優勝を譲ってしまった相手でもある。悔しさは確実に残っている。ぶつけたい」と力を込めた。


前節同様のスタメンがニュースになっておる。
ミッドウィークのACLにメンバーを落としたとはいえ、今季のリーグ戦はメンバーを固定することが叶わずに来た。
負傷者続出がこの状況を生んでおる。
これでは、不安定な成績も仕方の無いことと言えよう。
ここでスタメンを替えずに挑めるということは、怪我人が増えなかったという事でもある。
小さな事ではあるが、今季に於いては大きな事とも受け止められる。
これを機に前節同様に快勝したい。
期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

植田、1対1の局面で負けないようにしたい

【鹿島】植田、「悔しさが確実に残っている」西野監督&関塚技術委員長も視察へ
2018年4月21日7時0分 スポーツ報知


談笑する鹿島の大岩剛監督(左)と昌子源

 鹿島は20日、茨城・鹿嶋市内で川崎戦(21日・等々力)に向けて調整した。川崎は昨シーズンの最終節で勝ち点を並ばれ、得失点差で優勝をさらわれた因縁の相手。直接対決でも2戦2敗6失点と苦戦した。大岩剛監督(45)は「当然、あの悔しさはチームみんなが持っている」と語り、DF植田直通(23)も「(悔しさが)確実に残っている。相手を自由にやらせず、1対1の局面で負けないようにしたい」と誓った。

 また、同戦には日本代表の西野朗監督(63)、関塚隆技術委員長(57)の“二大巨頭”が駆けつける予定。DF昌子源(25)、植田直通(23)、内田篤人(30)、MF三竿健斗(22)、FW金崎夢生(29)ら先発予定の代表候補勢をチェックする。


昨季、優勝をさらわれた事に関して口にする大岩監督と植田である。
それぞれ、「当然、あの悔しさはチームみんなが持っている」、「(悔しさが)確実に残っている。相手を自由にやらせず、1対1の局面で負けないようにしたい」と言う。
これはメディア側からの質問があったため応えた格好であろう。
悔しいことは事実であるが、過去は過去。
ここは目の前の試合集中しておるはず。
今季の川崎の戦術を丸裸にし、勝利を掴み取ってくれよう。
気持ちを高めてスタジアムに向かう。
楽しみである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

聖真、去年知ったその悔しい気持ちが薄れてはいけない

鹿島“原点回帰”で今季初連勝へ!土居「一瞬でも隙見せない」
明治安田生命J1第9節 鹿島―川崎F ( 2018年4月21日 等々力 )

 鹿島が21日、敵地の川崎F戦に臨む。

 昨季は終盤の2戦で1得点でも決めていれば川崎Fを上回って優勝できていた。FW土居は「去年知ったその悔しい気持ちが薄れてはいけない」と言い「一瞬でも隙を見せた方が苦しい展開になる」と試合を見据えた。「一人一人がやるべきことをやろう」と選手ミーティングで話し合った後に4試合ぶりの白星を挙げた14日の名古屋戦と同じ11人で臨むことが濃厚。“原点回帰”の姿勢で、今季初連勝へ挑む。

[ 2018年4月21日 05:30 ]


川崎戦に向けてコメントを発した聖真である。
「一瞬でも隙を見せた方が苦しい展開になる」と言う。
お互いに高いモチベーションで挑むこともあり、集中力を維持することこそ肝要である。
上位浮上への重要な試合、聖真の活躍を期待する。
楽しみな一戦である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク