FC2ブログ

安西幸輝、風のごとく駆け抜ける

PICK UP PLAYER


「アントラーズにはうまい選手がたくさんいるけど、試合を作っているだけでは怖さはないと思うんです。ボールを取られてもいいから、仕掛ける選手がいてもいい。縦に突っ込んで、取られてもいい。そう思っています」

「縦に突っ込んでいって抜き切ってクロスまで行けば勢いが付くし、相手にしても怖いはずですから。これだけうまい選手がたくさんいるんですから、その役目ができるなら、それは自分がやります」

 悪夢の負傷に見舞われ、ピッチからの離脱を余儀なくされた日々。安西幸輝は来たるべき復活の時へ向けて、プレーイメージを膨らませ続けていた。「積極性をなくしてしまったら、それはもう俺じゃないんで」。ボールを持ったら、前へ、前へ――。その強気なベクトルこそ、若武者が歩む日々を支える推進力であり、フットボーラーとして刻んできたキャリアそのものでもある。

「伝統あるクラブに来ることができて幸せです。自分の持っている力を出してタイトル奪回へ向けて頑張っていきたいです」

 1月10日、新体制発表会見。少し緊張した面持ちで、安西は新天地での第一声を発した。生まれ育った地と愛する緑のエンブレムに別れを告げ、アントラーズレッドを纏う決断――。既にJ2で150試合もの出場記録を残している若武者は、尽きぬことのない上昇志向を胸に、新たな挑戦を求めたのだった。「まだ少ししか練習をしていないですけど、レベルも違いますし、何より勝利への執念をすごく感じます」。さらなる高みを目指す22歳、その表情に決意と期待感が滲んでいた。

 そして臨んだ、宮崎キャンプ。持ち前の明るさ、先輩にも臆することなく声をかける積極性で、安西は瞬く間にチームに溶け込んだ。到着2日目のインターバル走で抜群のスタミナを披露し、戦術練習では力強い対人戦と鋭い突破で存在感を示していく。プレーエリアに応じた的確な判断、その体現を可能とする確かな技術と瞬時のスピード、そして正確なクロス――。「安西はいい。レギュラーを狙える」。そんな声が記者席からも聞こえてきた。トレーニングマッチでは正確なクロスで得点を演出。「一番、緊張しました」と本人は述懐しているが、高水準の切磋琢磨にあって、安西が見せたパフォーマンスは出色のものだった。「スキルや戦術理解度が高く、非常に評価している選手の一人」。指揮官はそう言って、全幅の信頼を寄せていることを明かしていた。

 果たして、安西はアントラーズに不可欠な存在となってみせた。2月14日のACL初戦で先発メンバーに名を連ねると、5試合連続で公式戦のピッチへ。左右のサイドバックを務め、試合途中からはミドルゾーンに位置を上げてギアチェンジの任務を担うこともあった。縦横無尽、まさに大車輪の活躍。「連戦を突き進むアントラーズの推進力として、背番号32は日々着々と評価を高めていた。

 だが、好事魔多し。3月10日の広島戦、若武者をアクシデントが襲う。右膝内側側副靭帯損傷。ハードタックルを受けてピッチへ叩き付けられ、時計の針は止まることとなってしまった。

「開幕から試合に出られて、うまくチームに馴染んできたところでのケガでした。もっとやりたかったし、自分が離れている間の左サイドは脩斗くんがずっと一人でやっていて、ケガをしてしまいました。本当に申し訳ないと思っていたんです」

 次から次へと試合が待ち受ける過密日程。仲間たちが苦しみ続ける中、ピッチに立って貢献できないもどかしさ。安西の離脱後、フル稼働を続けていた山本も4月11日のFC東京戦で負傷してしまった。「もし、自分がケガをしていなければ…」。自責の念を抱えながら、安西はトレーニングに打ち込み続けてきた。「毎日ありました」という焦りを振り払うかのように、若武者は復活の時を待ち続けていた。

「ケガは不安でしたけど、応援してもらえる中で試合ができることは幸せなことですね。改めて考えさせられました。久しぶりにピッチでサッカーができて、楽しかったです」

 4月25日、待望の瞬間が訪れた。神戸戦、プレータイムは約20分。「やれるということを示すために、勢いを出せればと思っていました」。アントラーズを逆転へ導くことはできなかったが、ピッチへの帰還を成し遂げた安堵が表情に滲んでいた。「ケガをしなければ、もっと自分の良さを分かってもらえる時間があったと思います。でも、それは過ぎてしまったことなので。ここから自分の武器を出していきたいです」。視線は、常に前へ――。ピッチを疾走する日常が、ついに帰ってきた。



「場面によっては良いプレーもありましたけど、修正点は多々あると思います。次の試合に向けてしっかりと取り組んでいきたいです」

 ピッチへの帰還から3試合目。ついに掴んだ復帰後初勝利も、若武者の心を満たすものではなかった。だが、課題や反省と向き合いながら歩みを進める日々への回帰が、安西の表情に充実感を漂わせていたことは確かだ。そして見据える先には、浦和との90分。「隣の駅が浦和美園で、ヴェルディの練習から帰る時も浦和のサポーターの人がいたりして。気になっていたんですよね」。埼玉県で育った若武者はそう言って、いたずらっぽく笑顔を見せた。

「満員のスタジアム、たぶん初めてですね。やってみないとわからないですけど、自分のプレーができればいい。積極性が自分の中で一番大事だと思っていますし、積極性がなくなったら俺じゃないんで。“破天荒”ではないですけど、そういう奴がいてもいいと思うので」

 安西幸輝、22歳。鹿のエンブレムを纏い、歩み始めた1年目。アントラーズレッドで埋め尽くされたカシマスタジアムを、疾風のごとく駆け抜ける。聖地のピッチを、前へ、前へ――。


安西幸輝をピックアップするfreaks+である。
移籍初年度のここまでと、浦和戦への抱負を伝える。
「満員のスタジアム、たぶん初めてですね。やってみないとわからないですけど、自分のプレイができればいい。積極性が自分の中で一番大事だと思っていますし、積極性がなくなったら俺じゃないんで。“破天荒”ではないですけど、そういう奴がいてもいいと思うので」と語る。
積極性にて浦和の守備を切り裂くのだ。
安西の躍動にて勝利を掴む。
期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

大岩監督、恩師みたいなもので、影響は非常に大きい

鹿島大岩監督「勝たないと」恩師オズワルドに恩返し
[2018年5月4日18時30分]


かつての〝恩師〟オリベイラ監督率いる浦和戦を前に、選手に話をする鹿島の大岩監督。右はDF昌子


かつての〝恩師〟オリベイラ監督率いる浦和戦を前に、並んでPK練習を眺める鹿島DFの内田(手前)と昌子


かつての〝恩師〟オリベイラ監督率いる浦和戦を前に、レクリエーションを兼ねたミニゲームで笑顔を見せる鹿島DF内田(左)とMF遠藤


 J1鹿島アントラーズは5日にホームのカシマスタジアムで浦和レッズと対戦する。

 4日は茨城・鹿嶋市内で調整し、DF昌子源は「今季は連勝がなくて次に勝てば(初の)連勝というのと、相手が浦和だということ、(浦和の)監督がオズワルド(オリベイラ)ということ…。勝ってうれしい要素がより一層、多い試合。そういう相手にこそ勝たないといけない」と話した。

 オリベイラ監督は07~11年の5年間、鹿島を率いて、リーグ3連覇など数多くのタイトルをもたらした名将。当時を知るDF内田篤人は「シーズン通しての勝負どころというのを分かっていた」監督だと明かす。

 4勝3分け5敗で、下位に位置する両チーム。浮上するのはどっちか。オリベイラ監督の下で現役を引退して指導者の道に入った大岩剛監督は「恩師みたいなもので、影響は非常に大きい」と尊敬の念を示した上で「個人的な接点が非常に強い方。楽しみにしています」と、勝利で成長した姿を見せる。


浦和戦に向けた前日練習を取材したニッカンスポーツである。
源は「今季は連勝がなくて次に勝てば(初の)連勝というのと、相手が浦和だということ、(浦和の)監督がオズワルド(オリベイラ)ということ…。勝ってうれしい要素がより一層、多い試合。そういう相手にこそ勝たないといけない」と語る。
いくつもの要素が重なり、どうしても勝ちたい・勝たねばならぬ一戦となったことが伝わってくる。
鹿島の歴史に大きく名を刻んだ名将から勝利を得ることは、本当に重要である。
また、そのオリヴェイラ監督の下で選手として活躍し、引退後は指導者の第一歩を歩み始めた大岩監督は、「恩師みたいなもので、影響は非常に大きい」、「個人的な接点が非常に強い方。楽しみにしています」と言う。
成長した姿を見せたいもの。
恩師と同様に、奇をてらった采配などせず正道にて対戦しようではないか。
気持ちのこもる一戦である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

鹿島――「積極的な守備」と「構える堅守」を併用

【J1展望】鹿島×浦和|“恩師”相手に鹿島・大岩監督が勝利への強い意気込みを見せる
サッカーダイジェスト編集部
2018年05月04日


鹿島――「積極的な守備」と「構える堅守」を併用


故障者/鹿島=山本、レアンドロ、小田 浦和=榎本、森脇、柴戸、ナバウト
出場停止/鹿島=なし 浦和=なし


J1リーグ13節
鹿島アントラーズ - 浦和レッズ
5月5日(土)/17:00/カシマスタジアム

鹿島アントラーズ
今季成績(12節終了時):13位 勝点15 4勝3分5敗 10得点・14失点

【最新チーム事情】
●右腿裏の張りを訴え、横浜戦、長崎戦の2試合を欠場していた土居が、浦和戦でメンバー入りする見込み。
●前節・長崎戦で金崎がJ1通算250試合出場を達成し、53点目を記録した。今季6点目。
●その長崎戦で曽ケ端が今季のJ1初先発&初出場を果たした。


【担当記者の視点】
 巻き返しに向けての上昇気流に乗りたい鹿島に、かつてのチームを率いた名伯楽が立ちはだかる。

 不振が続いていた前節・長崎戦では、課題だった試合への入り方に改善が見られ、鈴木のゴールで開始直後に先制。一瞬の隙を突かれ同点に追いつかれたが、“能動的”な守備ではなく、しっかり構えて受けて立つ“受動的”な守備で相手の反撃を見事にいなし、金崎がチーム2点目を決め、危なげなく4試合ぶりに勝利した。

 大岩監督は、自らが指向する「積極的な守備」に加え、先人が築いてきた伝統の「構える堅守」を再び用い、状況に応じて併用していくつもりだ。

 今節の相手は、かつての指揮官で、鹿島で史上初の3連覇を遂げたオリヴェイラ監督率いる浦和。「彼の下で引退して、スタッフに入った。恩師みたいなもの。影響は大きい」と大岩監督だが、「選手が迷わないように、はっきりとやり方を示すのが私の仕事」と恩師相手に勝ちにいく気概を見せた。

浦和――古巣の鹿島戦に向け、「監督は気合いが入っている」(柏木)

浦和レッズ
今季成績(12節終了時):11位 勝点15 4勝3分5敗 12得点・12失点

【最新チーム事情】
●川崎戦は2-0の完勝。新体制初勝利で手応え。
●柏木は指揮官の想いを明かす。
●西川は大分時代の同僚である金崎を強く意識。

【担当記者の視点】
 前節の川崎戦で、守備戦術の整備がハマって2-0の完勝を収めた。昨季は4試合して1勝3敗だった相手に無失点で勝利と、手応えは大きい。

 オリヴェイラ監督にとっては就任3戦目での初勝利となった。2011年まで率いた古巣の鹿島戦に向け、「監督は気合いが入っているし、強いチームに勝つことで僕らは次につながっていく」と、柏木は指揮官の想いを明かしている。

 懸念材料は、興梠との2トップで好プレーを見せていたナバウトの負傷交代。前線に迫力をもたらす存在だけに、最低でもベンチ入りできるところまで回復したい。

 また、西川は大分時代の同僚である相手FW金崎について「個人的に思い入れが強い。彼をしっかり押さえたい」と決意を語った。


「大岩監督は、自らが指向する「積極的な守備」に加え、先人が築いてきた伝統の「構える堅守」を再び用い、状況に応じて併用していくつもりだ」と記すサッカーダイジェストのプレビューである。
前節の長崎戦にて採用された早めに戻ってブロックを作る守備は、安定感を与えたと思われる。
それを継続し、前からのプレスと併用する様子。
このあたり、状況判断を間違うと非常に危険になるが、それはミーティングと練習にて身に付けておると考えたい。
また、先発予想は、長崎戦からボランチが変更されレオ・シルバが起用される見込み。
個人技にて、攻撃にひと味加えてくれよう。
攻守に手が加わったこの編成・戦術にて勝利を目指す。
楽しみな一戦である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

優磨、変わらなければ次にはいけない

鹿島の窮地を救うのは、鈴木優磨!?
「ブーイングがないのは心に来る」

posted2018/05/04 17:00


11節終了時点で、鹿島アントラーズの得点数はJ1最少。鈴木優磨のゴールに期待は集まっている。

text by
池田博一
Hirokazu Ikeda

photograph by
Getty Images


 ピッチの中と外で、これほど表情が異なる選手も珍しい。

 ピッチの中では、最前線から相手DFを追いかけてチェイシング、マイボールになればポストプレーで起点となり、ときに大きなサイドチェンジを届ける。ゴール前では、頭でも体でもなんとかシュートまで持っていって貪欲にゴールを目指す。

 その存在感は、今季の出場数にも表れる。公式戦17試合を終えた時点で、すべての試合に出場。そのうち15試合でスタメン出場し、今やチームにとって欠かせない存在に成長した。

 金髪ガニ股、相手DFに詰め寄られても、詰め寄り返す負けん気の強さ。その一方で、ピッチを離れれば、周囲からこう言われることが多いという。

「意外と普通なんですね」

 鹿島ユース時代、熊谷浩二監督に“当たり前のことを当たり前に”と厳しく指導されたことが、ピッチ外でも真摯にサッカーへ取り組む姿勢に表れていると言えるだろう。

「ピッチ上と同じだったら、俺、やばい人ですよね」

 それについて、今年22歳を迎えた背番号9は、はにかみ笑う。人は意外な一面に惹かれるものである。

幼稚園のサッカー教室で才能を見出され。

 鈴木優磨は千葉県銚子市で生まれ、幼稚園からサッカーを始めた。

 幼稚園のサッカーの時間に、短期で研修に来た先生にサッカーを教わる機会があった。帰り支度をしていると、その先生に母が呼び止められた。

「この子は才能がある。サッカーを続けた方がいい」

 小学校へ上がるとその言葉通り、アントラーズのスクールに入ってサッカーを続けた。3つ上の兄(鈴木翔大・ソニー仙台)とともに、片道1時間をかけて鹿嶋に通った。送り迎えは主に祖父母だった。

「今思えば、本当に大変だったと思う。兄がいたからとはいえ、やっぱり遠いじゃないですか。それを毎日送り迎えしてくれて。本当に感謝しています」

王様だった子ども時代から、初めての挫折。

 練習がある日もない日も、いつもボールを蹴った。小さいころからボールを離さないドリブラー。「とにかくボールを持つのが好きだった」から、ボールを持てばいつもゴールまでドリブルで進んだ。

「王様だった。小6のとき、全国大会のベスト16の試合では5人抜きしてゴールを決めたこともあります」

 スクールからジュニア、ジュニアユース、ユースと順調にステップアップした。ユースに上がっても、変わらずエースとして活躍し、高校2年の終わりにトップチームのキャンプに参加。意気揚々と参加したが、待っていたのは初めての挫折だった。

「サッカーやっていて、こんなの初めて。終わった、と思いました。何も通用しなかった。どうやっても差は埋まらない。プロになるのは無理だと思った」

 ユースからともに参加していた田中稔也(現鹿島)と「早く帰りたい」とぼやき合い、苦しい日々を過ごした。

サッカー観もいつしか「みんな」に。

 ここで鈴木はプロの道を諦めなかった。キャンプ後、とにかく必死で練習した。また、サッカーへの意識も「自分1人でやっている王様」から「みんなで戦って勝利を目指す」という考えに変わった。

 そして2015年にトップへ昇格。新加入会見では熊谷ユース監督をはじめ、周りで支えてくれた家族、これまで指導してくれたアントラーズアカデミーの監督やコーチへ感謝の言葉を繰り返した。

 プロ入り後は天性の勝負強さで、今の位置まで上り詰めてきた。

 1年目から2ゴールを挙げる。初ゴールは'15年9月12日J1セカンドステージ第10節のガンバ大阪戦。0-2のビハインド、残り16分の場面で登場してカイオのクロスを頭で流し込んだ。2ゴール目は同14節の柏レイソル戦で、残り7分の場面で登場して終了間際に左足でゴールを決め、3-2の劇的な逆転勝利の主役になった。

 2年目には、いきなり開幕戦でG大阪を相手に決勝ゴールを挙げて、勝負強さを見せつけた。2年目にして31試合8ゴール。高卒新人2年目での8ゴールは、日本代表にも選出されW杯にも出場した柳沢敦以来の、クラブトップタイ記録だった。シーズンクライマックスとなるチャンピオンシップ第2戦では、決勝点へとつながるPKも獲得した。

C・ロナウドのドキュメンタリー映画は8回観た。

 その活躍はクラブW杯へ続いていく。アトレティコ・ナシオナルとの準決勝では、チームを決勝進出に導くゴールを挙げ、両腕を広げるクリスティアーノ・ロナウドのゴールパフォーマンスを披露して、世界中から注目された。

「僕自身、大好きな選手。クラブW杯はテレビで見ていた世界で、その舞台に出場して、憧れの選手と対戦できるなんて、ものすごいことですよね。彼はいつもチームを勝利に導くゴールを決めている。僕も大事な場面で結果を残せる選手になりたい」

 C・ロナウドは、ドキュメンタリー映画『RONALDO』を8回も観るほど大好きな選手だ。

「派手なイメージがあるけど、とんでもない努力をしている。そうでないとあそこまで活躍はできない」

 派手な活躍やパフォーマンスだけでなく、プロフットボーラーとして最大限の努力を怠らない。今も目指す憧れの選手の1人だ。

海外のサッカーをフルで見る。

 研究熱心な男である。日々、より良いサッカーを見て学ぶことを欠かさず、特に「プレミアリーグをよく見る」。結果を知っていても、90分すべて見るタイプだ。

「よく結果を知ってしまったら試合を見れないという人もいますよね。でも、僕は違います。結果を知っていても、90分を見る。結果だけではなく、その90分には濃密なプレーが詰まっているんです。ひとつひとつのプレーが勉強になる」

 ビッグゲームがあれば、睡眠を優先して朝ごはんのときにダイジェストだけチェック。結果は知っていても、どんな内容だったのか、時間を作って落ち着いてテレビで見返すという。

 最近、注目している選手はハリー・ケイン(トッテナム)だ。

「なんでもできるのがすごい。ポストプレーもミドルシュートもFWとして必要なプレーすべてができている。僕自身、見習っていきたいと思っています」

 今シーズン、特に意識しているのは体のキレだ。

「昨季は、パワーをつけようと思って筋トレをやった。とにかく当たり負けしない体を作ることを意識していました。でも、昨年は最後の最後に本当に悔しい思いをしましたから。結果を残せなかったのはすごく悔しかった。それがあってというわけではないですけど、何か変えようと思って、今年のオフはずっと体を動かしていました。今年はキレを意識しています」

チームを救うゴールを自分で。

 昨季終盤には出番を失い、チームとしても最後の最後でリーグ優勝を逃した。

「変わらなければ次にはいけない」

 その思いが行動につながり、プレーとして表れた。ゴリゴリのドリブル、圧倒的な個人技で相手を打開するC・ロナウドに、万能型FWハリー・ケインを理想像に加えて、鈴木は変わった。ゴール前で仕事をするだけでなく、サイドで起点になったり、相手をタイミングで抜いてPKを奪ったり。今年はさらに存在感を増している。

 今、チームは不調のときを迎えている。そんなときこそ、チームを救うゴールを取りたいと強く思う。

「これだけ結果が出ていないのは本当に申し訳ない。サポーターの皆さんは負けた後でも、力強くアントラーズコールをしてくれている。ブーイングがないのは心に来るんですよね。本当に感謝しかない。早くみんなで喜びたい」

 小さい頃からゴール裏でアントラーズの試合を見てきた。アントラーズサポーターの熱さは誰よりもわかっている。ゴールを決めれば真っ先にゴール裏へユニフォームのエンブレムを指し示して気持ちを伝える。ゴール裏のサポーターを大いに沸かせるパフォーマンスを見せてくれるのもまた、鈴木の表情の1つである。

「ゴールを奪うために、いろんなプレーができるようになりたいんです。そのためにはもっとやれることがある。毎日、必死です」

 熱く、真摯にサッカーへ取り組む男は、金髪の頭をかきながら、またふっと真剣な表情を見せた。


優磨について取材したNumberWebの池田氏である。
優磨の“今”が伝わってくる。
イングランド・プレミアリーグを参考にし、一時話題となったR・マドリーのC.ロナウドよりもトッテナムのハリー・ケインを注目しておるとのこと。
この万能型FWが如く優磨がゴールを決めれば、鹿島は上昇気流に乗ろう。
背番号9の更なる飛躍を応援しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

植田、いつもどおりです

【鹿島 vs 浦和】 ウォーミングアップコラム:今季リーグ戦全試合フル出場。植田直通の視線の先
2018年5月4日(金)



互いにJリーグを代表するチームは、まさかの順位での対戦となった。鹿島が13位であるのに対し浦和も11位と低迷する。共に成績は4勝3分5敗と負けの数より勝った数の方が少ない状態だ。首位広島と勝点16の差を付けられており、リーグ優勝を目指すためにはこれ以上負けることは許さない。両チームにとって勝負の一戦と言えるだろう。

ただし、前節から中2日という厳しい連戦が続き監督が選手起用を苦心するなかで、ここまでの12試合で連続フル出場を続けている男がいる。CBの植田直通(写真)だ。

チーム全体の練習は強度が落とされている。中2日ではやれることも限られ、主眼が置かれるのは疲労回復だ。屈強なCBは「中2日の連戦続きなのでまずは体のケア。コンディションとどれだけ回復できるかだと思う」と、余念がない。しかし、厳しい連戦の経験はプロになる以前からずっと続けてきた日々の一環でもある。この試合を迎える前も「いつもどおりです」と涼しい顔で準備を進めていた。

試合前日の練習ではサイドからのクロスボールに合わせる練習が繰り返された。186cmの巨体がスピードに乗ってゴール前に飛び込んでいく。昨季3得点とセットプレーの決定力に成長の兆しを見せたCBも、今季はまだ無得点。眼光で鋭い眼差しで、虎視眈々とチャンスを狙っている。

文:田中滋(鹿島担当)

明治安田生命J1リーグ 第13節
5月5日(土)17:00KO カシマ
鹿島アントラーズ vs 浦和レッズ


植田をピックアップするJ's GOALの田中滋氏である。
過密日程が続き、疲労回復に余念がない。
植田は、「中2日の連戦続きなのでまずは体のケア。コンディションとどれだけ回復できるかだと思う」と語る。
コンディションを整え、オリヴェイラ監督が率いる浦和の攻撃を弾き返すのだ。
植田の躍動にて完封勝利を目指したい。
楽しみにしておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

ジュビロ・宮崎、先発へ

【磐田】MF宮崎、8戦ぶり先発「連携しながらやる」
2018年5月4日8時0分 スポーツ報知


柏戦で8戦ぶりの先発が濃厚な宮崎

 J1ジュビロ磐田は5日、柏と対戦(午後2時・三協F柏)する。3日は磐田市内で調整。DFギレルメ(30)が柏戦出場停止となったことを受け、MF宮崎智彦(31)が8戦ぶりに先発することが決まった。名波浩監督(45)は「宮崎で行く。柏FW伊東純也に、ミヤの頭脳でストレスを与えられれば」と話した。

 柏戦の後、中3日で行われる9日のルヴァン杯GS第5節・清水戦(ヤマハ)も起用予定。宮崎は「伊東選手は日本を代表するサイドアタッカー。連携しながらやる」と意気込んだ。


先発起用されるジュビロの宮崎である。
助っ人であるギレルメが非道な行為にて次節だけでなくしばらく出場出来ぬ状況となり、機会が巡ってきた格好となった。
指揮官は「宮崎で行く。柏FW伊東純也に、ミヤの頭脳でストレスを与えられれば」と宮崎のブレインに期待しておる。
左サイドを守りきれるのか、注目である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク