FC2ブログ

遠藤、鈴木が起点となりワイドな攻撃で揺さぶりをかけたい

【ACL展望】鹿島×上海上港|悲願の大会制覇へ、難敵と激突! 強力ブラジル人トリオを迎え撃つ2ボランチの組み合わせは?
サッカーダイジェストWeb編集部
2018年05月08日


遠藤、鈴木が起点となりワイドな攻撃で揺さぶりをかけたい


2ボランチは永木、三竿健の組み合わせと予想。相手のキーマンに自由を与えない守備が必要だ。

ACL決勝トーナメント1回戦
鹿島アントラーズ(日本) - 上海上港(中国)
5月9日(水)/19:00/県立カシマサッカースタジアム

【最新チーム事情】
●強力なブラジル人アタッカー陣を2ボランチと最終ラインが連動していかに封じ込められるかが鍵。
●5日の浦和戦を欠場した内田は7日の練習に参加したが、上海上港戦の前日練習(8日)は屋内で別調整。
●昌子が浦和戦の出場でJ1通算150試合出場を達成した。

【担当記者の視点】
 悲願の大会制覇へ。鹿島が難敵に挑む。

 リーグ戦では苦戦が続いていた鹿島だが、日本勢で唯一、決勝トーナメント進出を果たした。今回で6度目のグループリーグ突破となるが、過去5度の決勝トーナメント挑戦は、いずれも初戦敗退。アジア制覇を狙うチームにとって初戦は“鬼門”となっている。

 「唯一取れていないタイトル。リーグ戦と大会は別だけど、絶対に勝たないといけない」と昌子。発する言葉に重みが増す。

 警戒すべきは爆発力ある攻撃陣で、植田、安西ら守備陣は声を揃えて「前の外国人には注意しないといけない。連係もそうだし、個人で打開してくる力がある」とFWエウケソン、フッキやMFオスカールのブラジル人3選手を警戒。予想される永木、三竿健の2ボランチと最終ラインが連動して、3人をいかに封じ込めるかが守備面の鍵となる。

 攻撃では「意外とサイドが空いてくる。サイド攻撃やセットプレーにも弱いので、そういうところを突きたい」(安西)。遠藤、鈴木が起点となり、中から外へ、外から中へと、ワイドな攻撃で相手に揺さぶりをかけていく狙いだ。

 一方で、浦和戦(5日)を欠場した内田や、同戦で左腿裏を痛めたレオ・シルバの欠場が濃厚。依然としてベストメンバーを組めない苦しい台所事情が続くが、大岩監督は「選手はこの連戦のなか非常によく頑張っている。総力戦で、目の前の試合を勝っていきたい」とリーグ戦の復調を機に、ACLの上位進出を狙う構えだ。


「遠藤、鈴木が起点となり、中から外へ、外から中へと、ワイドな攻撃で相手に揺さぶりをかけていく狙い」と記すサッカーダイジェストのプレビューである。
再度攻撃やセットプレイに弱いとのスカウティング情報がインプットされておる様子。
ヤスと優磨の2列目が、運動量豊富に動いてチャンスを作り出してくれよう。
また、セットプレイのキッカーとしては、永木とヤスの両足が揃う。
強力攻撃陣を封じ込めれば勝機は見えよう。
重要な一戦である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

源、先勝は必須

鹿島ACL初の1回戦突破へ 昌子「先勝は必須」
[2018年5月8日7時31分 ]


笑みを交えながらジョギングする左から鹿島GK曽ケ端、MF永木、DF安西

 ACLで日本勢で唯一、決勝トーナメント(T)に進んだ鹿島アントラーズは7日、上海上港(中国)とホームでの1回戦第1戦に向けて茨城県鹿嶋市内で練習した。

 決勝T進出は6度目だが、過去いずれも1回戦敗退。初戦が“鬼門”なだけにDF昌子は「先勝は必須。アウェーゴールを与えなければどれだけ有利かも分かっている」と昨年、その差で敗れた経験を踏まえ無失点を誓った。相手FWエウケソン(ブラジル)には広州恒大(中国)にいた15年に計2得点を許しており「自分が成長したタイミングでまたできるのは楽しみ」と雪辱にも燃えた。

上海上港FWフッキ、鹿島戦欠場も…足を引きずりながら来日“鬼門”ACL決勝T初戦
2018年5月8日7時0分 スポーツ報知


右足を引きずりながら来日した上海上港FWフッキ。ファンのサインに応じる


ボール回しで汗を流す(左から)鹿島の内田、安部ら選手たち


 鹿島と9日に対戦する上海上港の元ブラジル代表FWフッキ(31)が鹿島戦を負傷欠場する可能性が浮上した。チームは7日夜、成田空港に到着したが、フッキは5日の中国リーグ・北京国安戦で右太もも裏を痛め途中交代した影響からか、右足を引きずりながら他のチームメートから大きく遅れて到着ゲートに登場。チーム関係者は「プレーできる状態か分からない」と話した。

 フッキは代表通算48試合11得点で、14年ブラジルW杯にも主力として出場した。05~08年途中まで川崎や札幌など日本でプレー。16年に約68億円とされる移籍金でゼニト(ロシア)から上海上港に加入した。昨季のACLでは浦和から2得点を挙げた推定年俸約23億円の点取り屋だ。

 2日の中国杯で頭部を負傷し、5日の試合を欠場したブラジルW杯で2得点の司令塔・ブラジル代表MFオスカル(26)は「もう問題ない」とコメントした。

 日本勢唯一の16強入りとなった鹿島は同日、鹿嶋市内で過去5度(09~11、17年)全て敗退した“鬼門”の決勝トーナメント初戦へ向け調整。日本代表DF昌子源(25)は「1戦目で先勝しないと厳しくなる。個人ではなくチーム全体を警戒していきたい」と気を引き締めた。(岡島 智哉)


ACL・上海上港戦を前に口を開いた昌子源である。
「先勝は必須。アウェーゴールを与えなければどれだけ有利かも分かっている」、「1戦目で先勝しないと厳しくなる。個人ではなくチーム全体を警戒していきたい」と言う。
まずはホームで勝利を掴むこと、そして完封することこそ肝要と言えよう。
その為にも源の活躍がカギを握る。
DFラインを統率し、チーム全体で勝利を掴み取ろうではないか。
また、上海上港の助っ人であるオスカルとフッキは、負傷により出場が危ぶまれておるが、揃って来日しておる。
何事もなかったように出場してこよう。
この二人に加え、元広州恒大のエウケソンがいる強力攻撃陣を封じ込めて勝利を掴みたい。
楽しみである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク