FC2ブログ

サッカーダイジェスト 上海上港戦寸評

【ACL採点&寸評】鹿島 3-1 上海上港|鈴木が2得点に絡む活躍ぶり。1失点の守護神は…
広島由寛(サッカーダイジェスト)
2018年05月09日


安西は鋭いクロスでチーム3点目を演出


【警告】鹿島=鈴木(65分)、西(88分) 上海上港=シー・クー(47分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】鈴木優磨(鹿島)


[ACLラウンド16①]鹿島 3-1 上海上港/5月9日/カシマ

【チーム採点・寸評】
鹿島 6.5
前半は主導権を握りながらも攻めあぐねたが、セットプレーのチャンスに鈴木のゴールで先制に成功する。2点を追加した後半は、相手にボールを持たれる時間が増え、1点を返されたものの、それ以上の失点は与えずに勝利を収めた。

【採点・寸評】
GK
1 クォン・スンテ 6.5
9分、74分の決定的ピンチは好セーブで凌ぐ。ハイボールの処理も問題なし。1失点を喫したものの、及第点以上の働きぶりだった。

DF
3 昌子 源 6.5
止められなくてもシュートコースを限定するディフェンス、ボックス内でのハードなタックル、的確なカバーリングも光った。71分のカウンター阻止はさすがだった。

5 植田直通 6
エアバトルでの強さは相変わらず。クロス対応も危なげなく、サイドの選手をスピードに乗らせるロングパスも。

22 西 大伍 6.5
流れを切るパスミスもあったが、通れば決定機になるクロスも供給。遠藤のCKから貴重な追加点を決めた。

32 安西幸輝 6.5
攻撃に横幅をもたらす位置取りでパスを引き出す。素早く戻り、素早く前に出るなど精力的なプレーも、クリアが雑になる時もあった。ただ鋭いクロスでチーム3点目を演出。

MF
6 永木亮太 6.5
不用意に飛び込まず、中盤で身を挺したディフェンス。12分には相手GKを慌てさせる強烈なミドルを放ち、周囲へのコーチングでも貢献した。CKから鈴木のゴールをお膳立て。

MAN OF THE MATCH
9 鈴木優磨 7
前半終了間際にセットプレーの流れからチームを勢いづける先制点をゲット。敵を背負っても簡単に奪われずボールをつないでみせる。75分には安西のクロスに飛び込み、相手のオウンゴールを誘うなど2得点に絡む。守備も手を抜かず、攻守両面でフル稼働した。

20 三竿健斗 6
巧みにスペースを見つけてパスを受け、マイボール時も高いキープ力を発揮。果敢なプレスバックやシュートブロックも効いていた。

25 遠藤 康 6.5(90+1分OUT)
多彩なパス出しで局面を打開。サイドで起点となるだけでなく、中に絞ったり、ギャップを突く動きも良かった。CKから西の追加点を生み出した。

金崎はゴールがなくても存在感あるパフォーマンス


安西のクロスに飛び込んで相手のオウンゴールを誘うなど、2得点に絡み勝利の立役者となった鈴木。フィジカルの強さを活かしたプレーも際立っていた。写真:徳原隆元

FW
8 土居聖真 5.5(76分OUT)
細かい連係によく絡みながら、前線を活性化。ただ、大事な場面でコントロールミスなど、見せ場をあまり作れなかった。

10 金崎夢生 6(87分OUT)
周囲を活かすダイレクトプレーと素早い攻守の切り替えで攻撃のテンポアップを図る。ゴールはなかったが、存在感あるパフォーマンス。

交代出場
FW
7 ペドロ・ジュニオール ―(76分IN)
金崎と2トップを組む。84分には右サイドで粘ってグラウンダーのクロスを放り込んだが、ゴールにはつながらなかった。

MF
40 小笠原満男 ―(87分IN)
クローザー役を全う。限られた出場時間のなか、求められるタスクを最大限の力で示し、勝利を確実なものとした。

DF
39 犬飼智也 ―(90+1分IN)
守備固めのために投入される。右SBに入り、ファウルで止めることもあったが、失点は許さなかった。

監督
大岩 剛 6.5
流れの中で迫力ある攻撃を作り出せたとは言えないが、セットプレーで効率良く点を奪い、1失点も連動性ある守備も盤石だった。

取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。


サッカーダイジェストの広島記者による上海上港戦の寸評である。
快勝に良い評価が与えられた。
その中で優磨に最高評点とMOMが与えられておる。
2得点に絡み、デュエルに勝利し続けた姿に納得の評価と言えよう。
頼れる9番の活躍で第1戦をものにした。
とはいえ、まだ180分の半分が過ぎただけである。
次節も同様の内容にて勝ち上がりたい。
優磨を含め、チーム全員の奮起を期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

上海上港戦コメント

AFCチャンピオンズリーグ2018 ラウンド16 第1戦




鹿島アントラーズ:大岩 剛
2試合のうちのホームで戦う1試合を、勝利で終えたことを非常に評価している。しかし、第2戦は上海に乗り込んで戦うので、非常に難しい試合になる。しっかりと勝ち切る準備をしたいと、気持ちは切り替わっている。

Q. リードした後半、試合をコントロールしきれていなかった。そういう試合が続いていると思うが?

A. リードしてからのゲームコントロールは、現在の課題だと感じている。今日は特に、2点をリードしてからのコントロールが非常に難しかった。選手たちは、少し後ろに重たくなることを自分たちで認識しながらも、前に出ていく力がなかった。ボールホルダーに対してのアプローチ、最終ラインの押し上げ、その両面でパワーがなかったと感じている。ここは第2戦に向けてしっかり改善しなくてはいけない。しっかり意思統一をして試合に臨みたい。

Q. コントロールが難しい状況で、経験のある小笠原選手を早く入れることは考えなかったか?

A. 後ろを重たくするか、前を増やすかという選択になるが、小笠原の経験と統率力は非常に頼りにしている。もう少し早い段階で入れていれば、試合を落ち着かせることができたと感じている。次の試合では生かしたい。

Q. 選手にどのような声をかけて試合に臨んだか?

A. 試合の立ち上がりも我々の課題であり、しっかり入ろうと話して選手を送り出した。相手のストロングポイント、ウイークポイントを踏まえて、狙うところを伝えていた。選手がセットプレーでのポイントをしっかり把握して、自分たちで判断して得点に結びつけてくれた。

Q. 第2戦のポイントはどこにあると考えるか?

A. 同じ相手であり、選手を代えるなど、いろいろなことを踏まえたうえで、分析したい。狙うところ、注意しなくてはいけないところをもう一度洗いなおして、しっかり準備して臨みたい。





【クォン スンテ】
今日は勝てたけど、油断を見せてはいけない。中国での試合は独特な雰囲気がある。相手より走らないといけないし、今日と同じ運動量では勝てない。満足せずにやっていきたい。

【鈴木 優磨】
ホームなのでアグレッシブに行こうと思っていた。立ち上がりから非常にいい試合ができたし、いい時間帯で得点を取れたことが良かったと思う。

【西 大伍】
ゴールの場面はニアに入るのが遅れたと思ったけど、ボールがこぼれてきた。前半はある程度はボールを持てたけど、本当はこれを90分、ある程度はできるようにしたい。相手はホームとアウェイで全然違うと思う。また新たな気持ちでやりたい。

【植田 直通】
自分たちで試合を苦しくしてしまった。失点するまではいい形で試合を運べていた。後半は引く形になった中で守りきれればいいと考えていたけど、相手に勢いを与えてしまった。次に活かしていきたい。まだ前半が終わったばかり。2戦目はアウェイなので別物として考えないといけない。

【永木 亮太】
3点を取れたことは良かった。バイタルエリアで相手のプレッシャーが来なかったのでボールを回せたし、ミドルシュートを打てると思っていた。3点を取ると重心が後ろになりがちだけど、無失点で終わらないといけなかった。中国のクラブはホームになるとガラッと変わる。声援を力に変えるし、ホームに強い印象。集中してやりたい。

【三竿 健斗】
3点を取れたのは大きいけど、アウェイゴールはもったいなかった。今日のことは早く忘れて、0-0として考えるように切り替える必要がある。中国でのアウェイは観客も多く入るし、相手は勝たないといけないので圧力もある。相手を上回る形で臨まないといけない。

【昌子 源】
まだ前半が終わっただけ。次はアウェイなので、相手は勢いに乗ってくる。3-1という結果をどう捉えるか、メンタル面でどのように受け止めるかにが大事になってくると思う。

【安西 幸輝】
攻撃面ではある程度の手応えは掴まている。でも、自分のミスから失点しそうになった場面もあったし、修正しなければいけない。

【遠藤 康】
相手の個人技にやられた部分もあったけど、周囲の選手がうまくカバーし合えていた。それが機能したことが良かったと思う。

上海上港戦


本日行われたACL ラウンド16 第1戦 5/9(水)上海上港戦は3-1で勝利しました。

AFCチャンピオンズリーグ ラウンド16 第1戦
2018年5月9日(水)19:00KO カシマ

[ 大岩 剛監督 ]
2試合のうちの1試合をホームで戦うことにおいて、勝利で終えたことは非常に評価しています。ただ、第2戦、当然のごとく上海に乗り込んで戦うわけですから、非常に難しいゲームをしっかりと勝ち切る準備をこの1週間でしたいと気持ちは切り替わっています。

--リードした後半、試合をコントロールし切れず、7本連続のCKもありました。そういう試合が少し続いているような気がしますが?
おっしゃるとおりですね。リードしたあとのゲームコントロールというのは、いまのウチの課題だと感じています。

今日は特に2点をリードしてからのコントロールが非常に難しく、中にいる選手は少し後ろに重たくなることを自分たちで認識しながらも、前に出ていく力がありませんでした。ボールホルダーに対してのアプローチもそうですし、最終ラインの押し上げもそうだと。両方のところで少しパワーがなかったんじゃないかと感じています。これは第2戦に向けてしっかり改善しなければいけないですし、いろんなシチュエーションを考えた上で選手たちに落とし込む、自分たちでコントロールするということを意思統一した上で試合に臨みたいと思います。

AFCチャンピオンズリーグ ラウンド16 第1戦
2018年5月9日(水)19:00KO カシマ

[ 三竿 健斗 ]
3点取れたのは大きかったし、アウェイゴールをすぐに与えてしまったのはもったいなかったですけど、今日の試合は忘れて、0-0の気持ちで次の試合に臨むように切り替える必要があると思います。

--連戦が終わって1週間空くということについては?
たぶんもっともっと良いプレーができるんじゃないかと思います。(連戦は)回復する前に試合が来るので、1週間空くというのは元のサイクルに戻る感じがします。

--押し込まれた時間帯はどういうふうに立て直そうと思った?
もっとボールを持っている人にプレッシャーを掛けたり、サイドのところでもっともっと行かせるように意識はしていました。

[ 鈴木 優磨 ]
入りから非常に良いゲームができましたし、今日に限っては良い時間帯に点が取れたということが、勝利の大きな要因じゃないかと思います。

--第2戦に向けた意気込みをお願いします。
第2戦は相手のホームですし、違う試合になると思います。ウチが守りにいけば必ず負けてしまうと思うし、予想ですけど、フッキ選手が出てくると思うので、また違うゲームになると思うし、第2戦守りにいっては勝てないと思うので、ウチも0-0の気持ちで、点を取りにいく気持ちで戦いたいと思います。

--得点を取るイメージというか、チームとしてどういうことを狙っていたのでしょうか?
セットプレーがチャンスになるというのは事前のミーティングでも分かっていたし、そのセットプレーから2本取れた。最近の試合ではセットプレーで取れていなかったし、やっぱり良いときの鹿島というのはセットプレーから点が取れると思うので、今日はその良い部分が出たと思います。

[ クォン スンテ ]
結果よりも失点が残念。3-0で勝っていれば少しはラクになると思っていた。前半は優位に進められたが、後半は押し込まれた。そこは修正しないといけない。

ACLはJリーグのチームのスタイルと違って、当たりも強いし、審判の判定も違ってきたりする。次の試合が一番難しいと思う。優勝は、難しいけれど必ずしないといけないと思っている。

猛追に耐えた鹿島。鬼門突破へ、まずは2点をリード
冷たい横風が吹きすさび、風に乗った小雨が顔を濡らす。鹿島悲願のアジア制覇に向けて、鬼門であるラウンド16突破を目指す第1戦は、5月初旬とは思えない寒さの中で始まった。上海上港のメンバーには、中国超級リーグの前節・北京国安戦で負傷退場したフッキの名前はなく、ブラジル国籍トリオの一角を欠いた構成となった。

試合は序盤から激しい展開となった。2分、自らのCKのこぼれ球を拾った遠藤 康がもう一度シュート気味のクロスをゴール前に入れると、ボールはポストを強襲、はじかれたところに昌子 源がボレーシュートを狙ったがうまくヒットしない。さらに、4分には高い位置でボールを奪った鈴木 優磨が金崎 夢生とのワンツーでペナルティーエリア内に進入するチャンスを迎えたが、切り返そうとしたところをディフェンスに防がれてしまった。

上海上港もチャンスを迎える。7分、オスカルがミドルシュートを狙ったのを皮切りに、9分には鹿島のパスをカットしたところから速攻を仕掛け、ペナルティーエリア内でオスカルがゴールを狙うも、飛び出したクォン スンテがこれを防ぐ。どちらも得点に結びつけられなかったが、序盤からゴール前のシーンが多い展開となった。

しかし、中盤以降になると、上海上港のプレスがそこまで組織的でないことを見抜いた鹿島の選手たちが落ち着いてボールを回し始める。右サイドで作りながら左SBの安西 幸輝をスペースに走らせるなど、相手のスキを突く攻撃を見せ始めた。

なかなかゴールを奪えない時間が続いたが、43分、ついに上海上港のゴールをこじ開ける。左CKから永木 亮太の蹴ったボールがこぼれると、それを鈴木が右足で蹴り込み、鹿島が良い時間帯に待望の先制点を奪って前半を終えた。

後半、互いに交代選手がないまま入ると、幸先よく鹿島が追加点を奪う。49分、右CKを遠藤がニアサイドに蹴ると、こぼれたところを西 大伍が押し込み、いきなり追加点が入った。

だが、このゴールで上海上港も攻めに出る。オスカルが低い位置まで下がって落ち着いてボールをさばくようになり、前半とは打って変わって上海上港がボールを握る時間が圧倒的に増えていった。70分前後にはCKが続くなど、鹿島はボールを奪えない苦しい展開に持ち込まれてしまう。

それでも、苦しい時間を耐え抜くとチャンスが舞い込んだ。75分、安西が左サイドからボールを持ち込みクロスを上げると、逆サイドから走り込んでいた鈴木がディフェンスと競り合い、相手に当たってゴールに吸い込まれる。これで鹿島は3点のリードを奪うことになった。

ところが、上海上港も反撃。76分、鹿島のゴール前で混戦に持ち込むと、エウケソンがゴールを決めて1点を返す。その後もロングボールを蹴り込んでくる上海上港の攻撃に押し込まれたが、なんとかゴールを守り切り、鹿島が第1戦を3-1でモノにした。

[ 文:田中 滋 ]

日本勢最後の砦、鹿島が“鬼門”突破へ上海上港に3発先勝!!
18/5/9 20:54


鹿島は前半43分、FW鈴木優磨が先制ゴール

[5.9 ACL決勝トーナメント1回戦第1戦 鹿島3-1上海上港 カシマ]

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)は9日、決勝トーナメント1回戦第1戦を行った。日本勢で唯一、グループリーグを突破した鹿島アントラーズはホームで上海上港(中国)に3-1で先勝。過去5回、進出している決勝トーナメントはいずれも初戦で敗退しているが、“鬼門”突破へ大きなアドバンテージを得た。第2戦は16日に上海上港のホームで行われる。

 鹿島は5日のJ1浦和戦(1-0)から先発2人を変更。GKは曽ヶ端準に代わってクォン・スンテが公式戦3試合ぶりの先発となったほか、FW鈴木優磨が公式戦2試合ぶりに先発した。現在、中国リーグで首位を走る上海上港はFWフッキは負傷欠場したが、MFオスカル、FWエウケソンらが先発した。[スタメン&布陣はコチラ]

 上海上港は前半7分、FWリュ・ウェンジュンのスルーパスにオスカルが抜け出し、PA内に持ち込んで右足でシュートを打ったが、GKが正面でキャッチ。同9分にはオスカルのパスから左サイドを突破したリュ・ウェンジュンがグラウンダーのクロスを入れると、DF昌子源がカットしたこぼれ球をオスカルが拾う。決定的な場面だったが、オスカルのシュートは至近距離でクォン・スンテがスーパーセーブで弾き出した。

 背番号1のビッグプレーで勢いづく鹿島は前半12分、MF永木亮太の右足ミドルはGKイエン・ジュンリンがセーブ。その後もボールをしっかりつなぎながらゲームを優勢に進めるが、なかなか決定的な形をつくれない。スコアレスのまま膠着状態が続いたが、前半終了間際の43分、セットプレーを生かして先制した。

 左CKから永木が右足でゴール前に放り込むと、昌子と相手選手が競り合ったボールがゴール右隅へ。GKはゴールラインぎりぎりでかき出したが、こぼれ球を鈴木が右足で蹴り込み、豪快にゴールネットを揺らした。

 前半を1点リードで折り返すと、後半立ち上がりに加点する。後半4分、MF遠藤康の右CKからニアサイドのこぼれ球をDF西大伍が押し込み、追加点。前半終了間際と後半立ち上がりという絶好の時間帯で得点を重ね、2-0とリードを広げた。

 2点ビハインドとなった上海上港も反撃に出るが、鹿島守備陣が体を張って跳ね返す。後半24分、DF安西幸輝のクリアが昌子に当たり、こぼれ球をFWウー・レイに拾われるも、ウー・レイのシュートは左ポストを直撃。同29分には右サイドでボールを持ったオスカルが縦に仕掛けて遠藤をかわし、ゴール前にクロスを入れたが、エウケソンのヘディングシュートはクォン・スンテが好セーブで弾き出した。

 すると後半30分、鹿島は左サイドを安西がドリブル突破。クロスに鈴木がファーサイドから飛び込むと、競り合ったDFユー・ハイに当たったボールがゴール左隅に吸い込まれた。相手のオウンゴールで3-0と突き放したが、わずか1分後の後半31分、上海上港はゴール前混戦からユー・ハイの横パスを受けたエウケソンが右足で叩き込み、1点を返した。

 アウェーゴールを許し、3-1と追い上げられた鹿島は後半42分、金崎に代えてMF小笠原満男、後半アディショナルタイムには遠藤に代えてDF犬飼智也を投入し、逃げ切りを図る。後半アディショナルタイムの4分間をしのぎ、そのまま3-1でタイムアップ。2点のリードを手に、敵地での第2戦に臨むことになった。

(取材・文 西山紘平)

先制弾にOG誘発の鈴木優磨、3発先勝にも「0-0の気持ちで」
18/5/9 22:23


後半30分、クロスに競り合ったFW鈴木優磨が相手のオウンゴールを誘う

[5.9 ACL決勝トーナメント1回戦第1戦 鹿島3-1上海上港 カシマ]

 “鬼門”突破へ前進した。鹿島アントラーズはホームでの第1戦に3-1で先勝。貴重な先制点を決めたFW鈴木優磨は3点目となるオウンゴールも誘発し、勝利に貢献した。

「(試合の)入りからいい試合ができた。今日の試合に関して言えば、いい時間帯に点が取れたのが勝利の大きな要因だと思う」。スコアレスで迎えた前半43分、MF永木亮太の左CKからDF昌子源が競り合ったボールがゴール右隅に飛ぶと、ゴールラインぎりぎりでGKがかき出したが、鈴木がすかさず右足で蹴り込んだ。

 1-0で折り返した後半4分にもMF遠藤康の右CKからこぼれ球をDF西大伍が押し込み、追加点。前半終了間際と後半立ち上がりの得点で試合を優位に進めた。後半30分にはDF安西幸輝の左クロスに鈴木がファーサイドから飛び込み、競り合ったDFユー・ハイに当たったボールがゴール左隅に吸い込まれた。

「オウンゴールになったけど、あそこに詰めなければオウンゴールにならなかった」。そう胸を張った鈴木だが、そのわずか1分後に失点。アウェーゴールを許し、3-1となったことに「本当は3-0で終わりたかったけど、最低限の結果」と悔しさを隠さなかった。

 過去5回、進出している決勝トーナメントはいずれも初戦で敗退している。2点リードのアドバンテージを手にしたとはいえ、16日に敵地で行われる第2戦に向け、「違った試合になると思うし、守りに行けば負ける」と表情を引き締める。この日、負傷欠場した上海上港のFWフッキについても「予想だけど、フッキ選手も出てくると思う」と警戒し、「0-0の気持ちで、点を取りに行く気持ちで戦いたい」と力説した。

(取材・文 西山紘平)

勝利呼び込むビッグプレー、オスカルを止めたクォン・スンテ「どうにかして手に当てようと」
18/5/9 22:37


試合後、笑顔を見せる鹿島GKクォン・スンテ

[5.9 ACL決勝トーナメント1回戦第1戦 鹿島3-1上海上港 カシマ]

 ビッグセーブが勝利を呼び込んだ。鹿島アントラーズのGKクォン・スンテが立ち上がりのピンチで立ちはだかった。上海上港(中国)は前半9分、MFオスカルのスルーパスからFWリュ・ウェンジュンが左サイドを抜け出し、ゴール前にクロス。DF昌子源がカットしたこぼれ球をオスカルが拾い、シュート体勢に入った。

「ピンチがあってはいけない」。そう前置きしたうえで「その中でオスカル選手のシュートをどうにかして手に当てようという守り方で出て行った。うまく当たって良かった」と、至近距離で防いだスーパーセーブの場面を振り返った。立ち上がりのピンチをしのぎ、試合の主導権を握った鹿島は前半終了間際と後半立ち上がりにセットプレーから得点。ホームでの第1戦に3-1で先勝した。

 4月28日のJ1横浜FM戦に0-3で大敗すると、それ以降のリーグ戦2試合はGK曽ヶ端準にポジションを譲り、ベンチに座った。公式戦3試合ぶりの先発となった大舞台で好セーブを連発。あらためて存在感を見せた背番号1だが、3-0とした直後に1失点したことに「結果より失点したことが残念。ホームでは失点しないことが大事。3-0で勝てば、少し楽な展開になると思っていた」と唇をかんだ。

 悲願のアジア制覇を目指すうえで、前回4強の上海上港は、乗り越えなければならない壁の一つだ。「優勝しないといけない。難しいと思うが、しないといけない」。そう力説するクォン・スンテは「難しい試合が続く。(ACLで対戦する相手は)Jリーグとまったく違ったスタイルのチームで、当たりも強いし、レフェリーのジャッジも変わってくる。優勝のためには一歩一歩進まないといけない。その第一歩が次の第2戦になる」と、16日に敵地で行われる第2戦を見据えた。

(取材・文 西山紘平)

「2点差はひっくり返せる点数」昌子は敵地での第2戦へ引き締め
18/5/9 22:58


高い打点で競り合うDF昌子源

[5.9 ACL決勝トーナメント1回戦第1戦 鹿島3-1上海上港 カシマ]

 自分の得点という感覚もあったようだ。前半43分の先制点の場面について鹿島アントラーズのDF昌子源は「俺の点やった」と冗談交じりに指摘した。MF永木亮太の左CKに競り合いながら頭を振った。「全然ボールが見えなくて。“ボールどこ?”みたいな瞬間に当たった」。混戦の中、右こめかみの上あたりに当たったというボールはゴール右隅に飛んだ。

 相手GKがゴールラインぎりぎりでかき出し、こぼれ球をFW鈴木優磨が右足で蹴り込んだが、その前にゴールラインを越えていたようにも見えた。鈴木も「(昌子のシュートの時点で)入ったと思ったけど、自分の前に転がってきた」と振り返った。

 前半終了間際にセットプレーで先制したチームは後半立ち上がりの4分にも右CKからDF西大伍が加点。後半30分には相手のオウンゴールで3-0と突き放した。ところが、そのわずか1分後に失点。アウェーゴールを許し、3-1と追い上げられると、試合終盤は上海上港に押し込まれる時間が続いた。

 後半アディショナルタイムには相手のロングボールからFWウー・レイがゴール前に抜け出したが、決定機にシュートミス。からくも2失点目を免れた。16日に敵地で行われる第2戦を見据え、「(第1戦は)前半戦という位置づけ。後半戦が終わってから試合の感想は言いたい」と話す昌子だが、「3-2にならなくて良かったのか、1失点がいらなかったのか。3-2になってもおかしくない展開で、3-1で終わって良かったと思いたい」と指摘した。

 必要以上にネガティブになる必要はないが、決して安心できる点差でないことも分かっている。「2点差はひっくり返せる点数。サッカーでは2-0が一番怖いと言われるし、そういう展開みたいなもの」。そう気を引き締めると、「まだ前半戦なだけ。後半戦が終わって喜べたら」と力を込めた。

(取材・文 西山紘平)

鹿島がACL8強に一歩前進!上海上港から鈴木優磨が会心の先制点

こぼれ球に詰めた鈴木が先制点を叩き込んだ。写真:徳原隆元

鹿島がACLラウンド16で上海上港に先勝!鈴木優磨が2ゴール!3-1でアウェーの第2戦へ

鈴木(9番)が少ないチャンスをしっかりとモノにしてチームを勝利に導いた。写真:徳原隆元

鹿島は"鬼門"を突破できるのか⁉2得点の鈴木優磨は「また違ったゲームになる」と"上海決戦"を警戒
サッカーダイジェストWeb編集部
2018年05月09日

「アウェーでは必ず相手は勝ちに来る」


2ゴールを挙げた鈴木。試合後はアウェーでの第2戦に向けてすぐさま気持ちを切り替えた。写真:徳原隆元

[ACLラウンド16第1戦]鹿島3-1上海上港/5月9日/カシマ

 鹿島がACLベスト8進出に王手をかけた。9日に行なわれた上海上港との決勝トーナメント第1戦に3-1で勝利。2ゴールを挙げて勝利に大きく貢献した鈴木優磨は、「2点目がオウンゴールなんで」と謙遜しつつ、「でも、勝てて良かった」と喜びを語った。

 とはいえ、鈴木に油断はない。鹿島はACLで過去5回、決勝トーナメント1回戦で敗退している。そうした苦い経験をしてきただけに、この若きストライカーも気を引き締めているのだろう。

「非常に素晴らしいゲームでしたが、できればゼロ点に抑えたかった」。76分にエウケソンに奪われたアウェーゴールを悔やんだ背番号9は、続けて「アウェーでは必ず相手は勝ちに来ると思うので、そこで引けを取らずに戦いたい」と気持ちを切り替えていた。

 2点のリードを奪って第2戦を迎えられるのは、間違いなく好材料だ。しかし、フッキやオスカールといったワールドクラスのタレントを揃える上海上港が相手では、セーフティリードとは言い難い。さらに上海では、アウェーの洗礼も待っているだろう。まさに正念場だ。

 果たして、鹿島は”鬼門”を突破し、アジアの頂点に向けて歩みを進められるのか。鈴木本人も「アウェーはまた違ったゲームになると思う」と分析する運命の一戦は、16日に行なわれる。


「しっかりと勝ち切る準備をしたいと、気持ちは切り替わっている」と語る指揮官、そして西は「相手はホームとアウェイで全然違うと思う。また新たな気持ちでやりたい」、植田は「まだ前半が終わったばかり。2戦目はアウェイなので別物として考えないといけない」、永木は「。中国のクラブはホームになるとガラッと変わる。声援を力に変えるし、ホームに強い印象。集中してやりたい」、「まだ前半が終わっただけ。次はアウェイなので、相手は勢いに乗ってくる」、スンテは「次の試合が一番難しいと思う」と勝利の余韻に浸ることなく、アウェイの第2戦を見据えておる。
これは一安心。
相手はホームの地の利を得て、圧力を増してくると思われる。
2点差はあってないようなもの。
気持ちを強く挑まねばなるまい。
準備を怠らず戦うのだ。
緊張感を持って1週間を待ちたい。
楽しみである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

ACL Round16 第1戦 上港上港戦



スンテ様々。

ヤス、みんなでうまく守れれば全然守れる

鹿島、内田欠場濃厚も強敵上海上港に敵地弾許さない
[2018年5月9日6時55分 ]


東京V時代に間近で見ていた上海上港FWフッキとの対戦を楽しみにした鹿島DF安西(右)(撮影・今村健人)


鹿島のACL決勝トーナメント初戦の成績


 アウェーゴールは絶対阻止! 日本勢で唯一、ACL決勝トーナメント(T)に進んだ鹿島アントラーズは9日、ホームで上海上港(中国)との1回戦第1戦に臨む。中国リーグで現在、最多得点で首位を走る上海上港は超強力攻撃陣を擁する強敵。進出した過去5度とも阻まれた鬼門の1回戦突破へ。DF内田、MFレオ・シルバは負傷欠場の見込みだが、昨年の反省を生かしてアウェーゴールは許さない。

 誰も忘れてはいない。昨年の悔しさを。公式会見に臨んだMF三竿健が図らずも口にした。「昨年、僕たちはアウェーゴールの差でこの(1回戦の)舞台で負けている。ホームだし、得点を与えずにしっかりと勝って、次につなげたい」。

 17年5月30日だった。広州恒大(中国)とのアウェー第1戦を0-1で折り返して迎えたホームでの第2戦。ロスタイムの得点で2-1で競り勝ったものの、アウェーゴールの差で敗れた。5度目の挑戦で、またしても越えられなかった初戦の壁。直後に、石井前監督の解任が決まった。

 重みは嫌というほど味わった。今回は初戦をホームで戦う。上海上港はJリーグでも活躍した元ブラジル代表FWフッキこそ、けがで出場が微妙だが、元同国代表MFオスカルを司令塔に、対日本勢12得点を誇るFWエウケソン、中国リーグで現在得点王のFW武磊を擁する。無失点に抑えるのは至難の業。それでもMF遠藤は「攻撃はすごく強力だけど、みんなでうまく守れれば、全然守れる」。

 自信は、コンパクトな形で堅守を取り戻せた5日の浦和戦で生まれた。「1対1では抑えられない相手もいるっちゃ、いる。でも、みんなの距離が近ければ、誰が抜かれようがカバーできる。浦和戦の戦い方をもっと良くすれば、勝つチャンスはどんどん増える」。DF内田の欠場濃厚は痛いが、最終ラインは浦和戦から変わらない予定。堅守継続で勝機を-。Jリーグ代表の思いとクラブの歴史を背負い、鬼門突破に挑む。【今村健人】


ACL・上海上港戦を前にした鹿島を取材したニッカンスポーツの今村記者である。
昨季、ホームで喫したアウェイゴールにて敗退した記憶を、そしてその敗退が元で解任の憂き目を見た石井監督について記す。
1年経っても悔しい試合であった。
個人的には、チケットが売れたからといって、アウェイゴール裏を広州恒大に全解放するという判断をしたクラブに対して、この判断は良くなかったと感じておる。
これほどの重要な試合であれば、席は絞るべきあったと言えよう。
ホームが、ホームである意味を考えて欲しかった。
とはいえ、これは既に過去。
1年経って、経験を積んだメンバーは、強い気持ちで挑む。
ヤスは、「攻撃はすごく強力だけど、みんなでうまく守れれば、全然守れる」、「1対1では抑えられない相手もいるっちゃ、いる。でも、みんなの距離が近ければ、誰が抜かれようがカバーできる。浦和戦の戦い方をもっと良くすれば、勝つチャンスはどんどん増える」と語る。
チーム全体で連携した守備でアウェイゴールを許さなければ、勝機は見えてくる。
CWC・マメロディ・サンダウンズ戦を思い出して戦うのだ。
完封を信じておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

上海上港戦公式記者会見

上海上港戦前日トレーニング(公式練習&公式記者会見)
2018年05月08日(火)

AFCチャンピオンズリーグ2018 ラウンド16 第1戦 上海上港戦を明日に控え、選手たちはクラブハウスで午前中に公式練習を行いました。メディアには冒頭15分間のみ公開されました。

公開された練習では、パス練習やポゼッショントレーニングを行いました。



午後にはカシマスタジアムで公式記者会見が行われ、大岩監督と三竿健斗選手が出席しました。



大岩剛監督:
「当然、日本の代表として戦うという思いは気持ちの中にある。ただ、アントラーズというクラブの歴史において、ラウンド16をいかに突破するか、この壁をいかにして乗り越えるか。そのことにフォーカスして、この2試合に集中して臨みたいという気持ちの方が強い」

三竿 健斗選手:
「昨季はアウェイゴールの差で敗退している。相手に得点を与えずにしっかりと勝って、第2戦につなげたい。(上海上港の外国籍選手対策については)まずは1対1の局面で、球際や予測の部分で相手の前に入ることが大事だと思う。1対1で勝てなくても、周囲の選手と協力してチャレンジ&カバーをする中でこぼれ球を拾ったりして、賢い守備をしていきたい」

上海上港からはヴィトール ペレイラ監督とエウケソン選手が出席しました。

ヴィトール ペレイラ監督:
「アントラーズ戦で我々の日になればという思いでいる。全体的な組織をしっかり整えて、アントラーズという素晴らしいチームが対戦相手としているし、チームとしても選手としても素晴らしいクォリティの選手が存在するので、我々にとって簡単な試合にはならないと思う。決定機を多く作り、それを決めて自分たちのいい結果につながればと思っている。難しい試合になると思うが、自分たちがやるべきことをやって、アントラーズの攻撃陣をコントロールしながら、自分たちのゲームができればいい。我々のサポーターにとっても、いい結果が届けられればと思っている。我々にしてもアントラーズにしても、ボールを保持しながらの戦いが主体なので、お互いに出せて自分たちが有利な形で試合を終わらすことができればと思っている」

エウケソン選手:
「日本で再びプレーするのをうれしく思う。僕も日本サッカーファンの一人。オズワルド(オリヴェイラ元監督の写真を見たが、僕が以前に所属していたチームの監督。彼が素晴らしい功績を残したチームと対戦するのを光栄に思う。ただ僕の現在の指揮官であるヴィトール ペレイラ監督と何をすべきか、ミーティングで言われている。それをしっかりやっていきたい。相手をリスペクトし、自分たちがやるべきことを試合で整理して、試合中にも修正をかけて、良いアドバンテージで次を迎えたい。ACLに引き続き残れるようにがんばりたいと思う」

公式会見後、上海上港がカシマスタジアムで公式練習を行いました。公開された練習ではウォーミングアップ後、ボール回しを行っていました。

鹿島三竿健斗、鬼門1回戦突破へ「壁を乗り越える」
[2018年5月8日19時14分]


上海上港(中国)とのACL決勝トーナメント1回戦第1戦を前に会見する鹿島の大岩監督(左)とMF三竿健

 J1鹿島アントラーズは9日、カシマスタジアムで上海上港(中国)とのACL決勝トーナメント1回戦第1戦に臨む。

 8日に行われた公式会見で、大岩剛監督は「180分の中の前半という位置づけですが、しっかりとホームで勝つ、勝ちきる。しっかりとした準備をして、明日の試合に臨みたい」と話した。

 鹿島の決勝トーナメント進出は6度目だが、過去5度はいずれも初戦敗退。鬼門になっている。それだけにMF三竿健斗は「今年、クラブとして(1回戦の)壁を乗り越える目標を持っている。ホームだし、得点を与えずにしっかりと勝って、次の試合につなげたい」と誓った。

鹿島 ACL決勝T初戦、内田&シルバ欠場が濃厚に…
ACL決勝トーナメント1回戦第1戦 鹿島―上海上港 ( 2018年5月9日 カシマ )


上海上港戦に向け記者会見する鹿島の大岩監督
Photo By 共同


 鹿島は上海上港とのACL決勝トーナメント1回戦第1戦で、元日本代表DF内田とMFレオ・シルバの欠場が濃厚になった。

 両者とも8日の練習を欠席。大岩監督は「ケガもしくはコンディション不良」と説明した。「準備ができていれば出場する」と明言は避けたが、ベンチ外とみられる。右サイドバックにはDF西、2ボランチには三竿健と永木の新旧代表コンビを起用するもようだ。チームは過去5回の決勝トーナメント全て初戦敗退。悲願のアジア制覇へ、指揮官は「壁を突破することにフォーカスして、集中して臨みたい」と気合を入れた。


上海上港戦に向け調整する鹿島・植田(右)と金崎
Photo By スポニチ


[ 2018年5月9日 05:30 ]


ACL・上海上港戦に向けた公式会見に出席した大岩監督と健斗である。
「今年、クラブとして(1回戦の)壁を乗り越える目標を持っている。ホームだし、得点を与えずにしっかりと勝って、次の試合につなげたい」という健斗の言葉を受け止める。
チームを後押しするためにスタジアムに向かう。
気合いの入る一戦である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク