FC2ブログ

「勝ちを楽しむ」ことを再認識してほしい

乗り切れない鹿島、ジーコの「サッカーを楽しむ」再確認を

来訪したジーコ氏(中央)と鹿島・小笠原(左)と内田(右)が記念撮影

 【No Ball,No Life】J1鹿島が依然として暗闇を脱しきれずに苦しんでいる。

 16日の敵地で行われたアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)決勝トーナメント1回戦、上海上港(中国)の第2戦で1-2で負けたものの、2戦合計4-3で競り勝った。

 過去5度挑戦して阻まれてきた1回戦という『壁』を初めて越えたまではよかったが、その勢いをリーグ戦につなげることはできなかった。20日の仙台戦では、序盤から“らしさ”を欠く内容に終始し、1点を追う展開で前半を終えた。 

 ハーフタイムの更衣室。大岩監督は「情けない45分だ。迷ったり、びびったりしているぞ。球際にいかないと試合には勝てないんだ」と選手たちに発破をかけた。

 この前半の戦いぶりは今季の鹿島を象徴している。昨季、優勝を争っていたときは、勝っていてもピッチ上で意見をぶつけ合っていた。試合が終われば、それぞれが笑顔を見せていたが、今季はそれが見られず。意見をいっても一方通行となり、それぞれのアイデアが極端に狭い。難しく考えすぎている感があった。

 昨季は最終節で川崎に逆転で優勝を持っていかれた。選手たちは「昨年は昨年のことでそれを糧にして今季をみなければいけない」(日本代表DF昌子)と開幕前に口にしていたが、やはり選手たちは一様に覇気はない。本人たちは切り替えている“つもり”でもあの悔しさを引きずっている。スタンドから見ているサポーターの方がそれに気付いているかもしれない。

 11日にジーコ氏が昨年8月に続いて約9カ月ぶりにクラブハウスを訪問。「サッカーはいいときも悪いときもある。常に笑顔でいればいいことが巡ってくる」と話した。練習場を訪れ、その雰囲気を察したのだろう。勝負にこだわる「カシマイズム」をあらためて訓示しながらも、「サッカーを楽しむ」という基本的な姿勢を選手たちに教示した。

 ACLで壁を乗り越えたが、上昇気流に乗りきれない鹿島。この中断期間で気分をリフレッシュし、「勝ちを楽しむ」ことを再認識してほしい。(一色伸裕)


今季、ここまでの鹿島について記すサンケイスポーツの一色記者である。
「昨季、優勝を争っていたときは、勝っていてもピッチ上で意見をぶつけ合っていた。試合が終われば、それぞれが笑顔を見せていたが、今季はそれが見られず。意見をいっても一方通行となり、それぞれのアイデアが極端に狭い。難しく考えすぎている感があった」と仙台戦の前半を評す。
上手くいってないときには、その原因に何かがあると探すもの。
昨季との違いは何なのか、ピッチ上で意見をぶつけ合うことなのか、笑顔なのか、不思議に思う。
とはいえ、今季の鹿島が調子に乗っておらぬことは紛れもない事実である。
それは、ACLを勝ち上がったとしても覆せぬことであろう。
この中断期間に、何を変えるのか、何が変わるのか。
心して待つ以外に無い。
勝てるチームに変貌していて欲しい。
渇望しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

ブーイングも飛び出すほどの不甲斐なさでブレイク突入

鹿島、ブーイングも飛び出すほどの不甲斐なさでブレイク突入… 中断後の巻き返しは?
サッカーダイジェストWeb編集部
2018年05月22日


ACL上海上港戦から中3日で仙台戦。その結果は…


ゴール前で競り合う鹿島と仙台の選手たち。ホームチームには球際でのいつもの力強さが欠けていた。写真:徳原隆元

[J1リーグ15節]鹿島1-2仙台/5月20日/カシマ

 どこか力の抜けた冴えない戦いぶり。試合後、サポーターに一礼する選手たちに、スタンドの一部からブーイングが浴びせられた。

 前半を終えたロッカールーム。「情けない45分。迷ったり、びびったり。球際にいかないと試合には勝てない」と大岩監督から檄が飛ぶほどの不甲斐ない内容だった。

 4日前のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)決勝トーナメント1回戦。敵地に乗り込んだチームは上海上港(中国)に1-2で敗れたものの、2戦合計4-3で8強入り。今まで越えられなかった1回戦という『壁』を初めて突破した。

 この勢いをリーグ戦につなげたかったところだが、強豪相手の張り詰めた空気感での試合を終えてメンタル面にマイナスに作用したのか、チームは闘争心、精彩を欠くプレーに終始した。

「集中して試合に入ったけど」と永木が振り返る。しかし、そうした気持ちとは真逆な出だしであったことは、結果が如実に示している。開始2分、ボールが自陣右サイドに運ばれた時の伊東は、相手への寄せが遅く、クロスに対しても足を出さず。得点を決めた石原を見ていた昌子も、本来であれば身体を寄せて対応できるところが、完全に一歩出遅れ、簡単にゴールを許してしまった。

 反撃を期待するスタンドのサポーターたちの期待とは裏腹に、選手たちにゴールへの意欲がほとんど見られず。個々の選手が淡々とプレーし続けた結果、ただただ時間だけが流れ続けた。

 ハーフタイムに指揮官が発破をかけたことで目を覚ましかけたが、それも十分ではなかった。指揮官は前半混乱していた相手のマークをはっきりさせるために、後半は3バックを採用。これにより最終ラインはそれぞれの役割が明確になったが、攻撃は依然として仙台の堅固な守りを攻略できず。単調な攻めを繰り返した。

 16日に上海上港戦を戦い、翌17日に移動。中3日での試合だが、長距離移動、そして試合のレベルを考えても、通常のJリーグでの中3日の試合とでは、選手にかかる負担もより大きくなものとなる。そこに安堵感が加わるのだから、張り詰めていた緊張の糸が緩んでもおかしくはない。

 勝って中断期間に入りたかったが、結果として1-2で敗戦。ただ、「この中断をチームとしてプラスに変えないといけない」と昌子が話したように、前向きに捉えれば、ここで中断期間に入ったことですべてをリセットできる。目標は「全タイトル獲得」。それを再確認して、後半戦の巻き返しにつなげたい。


仙台戦を評するサッカーダイジェストである。
「長距離移動、そして試合のレベルを考えても、通常のJリーグでの中3日の試合とでは、選手にかかる負担もより大きくなものとなる。そこに安堵感が加わるのだから、張り詰めていた緊張の糸が緩んでもおかしくはない」と擁護する。
サッカーは改めてメンタルのスポーツであると考えさせられる。
この試合を終えれば中断期間ということ、一部選手はW杯へという気持ちがプレイに影響を及ぼしたとは思いたくない。
とはいえ、緩んだプレイが試合開始早々の失点に繋がってしまったように見えてならぬ。
それこそ、観る側として憤りを感じさせるところである。
ただ、ここまでの戦いを思い起こすと、PSM水戸戦からこの兆候があったように感じさせられる。
不用意で“安い”失点が、この水戸戦当時からあったのではなかろうか。
このあたりに今季の戦いが集約されているのではなかろうか。
長いオフ、きちんとしたキャンプ直後にこのような状態であったことを顧みると、この中断期間でリセットされるようには思えないところが苦しい。
これが杞憂に終わることを望む。
守備を整備し、攻撃を構築して、強い鹿島を復活させて欲しい。
心からの願いである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク