凜々しき4人



ロシアW杯を終えた日本代表の4人を投稿したアントラーズ公式Instagramである。
凜々しく、そして格好良い。
素晴らしい戦いをありがとう。
4年後もこの4人が活躍することを望む。
楽しみにしておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

昌子力さん、自立していく我が子を見ながら子育ての終了を痛感しました

ピッチで号泣…昌子源の姿に父「子育ての終了を痛感した」
2018年7月5日


エースキラーとして奮闘したDF昌子(C)Norio ROKUKAWA/office La Strada

 ベルギーのMFシャドリ(28=ウェストブロミッジ)の放った逆転弾直後に試合終了の笛が鳴った瞬間、国内組でただひとり先発したDF昌子源(25=鹿島)は、ピッチに倒れ込んで号泣した。

 対戦した相手ストライカーの「エースキラー」として奮闘した25歳のDFは「もっと日本を守れる男になりたい」と4年後の飛躍を誓った。

 未知なる8強へあと一歩と迫った日本を支えたのは、DF吉田麻也(29=サウサンプトン)と昌子が担う守備陣だった。

 とりわけ昌子はW杯初出場にもかかわらず、恐ろしいほどの度胸と驚くべき冷静沈着さを前面に押し出し、エースストライカーを次々と封じた。

 ベルギー戦後には「ルカク選手は試合前からとてつもなく高い能力を持っているイメージを抱いていたけど、実際はそれ以上だった。ホントにいっぱいいっぱいでしたね」と苦しみ抜いた90分間を振り返る。

 首尾よくルカクを抑えたものの、日本は結果的に3失点。「3回目のW杯の先輩たちが8強の景色を見れなかった。そのことがすごく悔しい。自分が足を引っ張ったと思う」と昌子は号泣した理由を切々と吐露した。

 この大一番を日本から見守った兵庫県サッカー協会技術委員長の父・力さん(姫路独協大サッカー部監督)は「悔しいのと何もしてやれない思いが交錯して不思議な感覚に陥りました。日本代表のサッカーを見ていたはずなのに、自立していく我が子を見ながら子育ての終了を痛感しました」と話してくれた。JFA(日本サッカー協会)公認S級コーチという立場を超え、父親として息子の勇敢さと頼もしさを強く感じたという。

 ロシアの大舞台で世界中にアピールした昌子には目下、欧州クラブのスカウトが熱視線を送っているといわれる。


 現在、日本代表CBの欧州組は吉田ひとり。この大会も彼の経験値と戦術眼に支えられた部分は大いにあった。昌子も4歳上の先輩に続いて海外にプレーの場を移すことになれば、4年後のW杯で再び8強を目指す日本代表にとっても、大きなアドバンテージになる。

 西野朗監督は、ベルギー戦前日の公式会見にDF長友佑都(31=ガラタサライ)ら年長者ではなく、あえて昌子を出席させるほど彼の統率力を高く評価している。今大会限りでMF本田圭佑(32=パチューカ)ら30代選手の多くが第一線を退くとみられるだけに、昌子に次世代のリーダーになってほしいという期待も大きいはずだ。

「明日もう1回ベルギーと試合をしたい」と悔しい逆転負け直後に世界トップレベルへの飢えと渇望を口にした昌子。彼には爆発的成長を止めてほしくない。「海外へ行くなら自分次第」と父・力さんも言うように、自ら厳しい環境へ身を投じるべきではないか。日本守備陣を堂々と担える人間になるべく、一気に突き進んでもらいたい。

(サッカージャーナリスト・元川悦子)


源の父・昌子力さんのコメントを獲った元川悦子女史である。
「悔しいのと何もしてやれない思いが交錯して不思議な感覚に陥りました。日本代表のサッカーを見ていたはずなのに、自立していく我が子を見ながら子育ての終了を痛感しました」と語る。
素晴らしい息子の巣立ちに感動を覚える。
そして、「海外へ行くなら自分次第」という言葉からも欧州移籍へ加速しておるように感じさせられる。
もしそうなるのであれば、きちんと環境と条件を考慮することである。
もっともサッカー選手として脂ののるこの時期に、下手な移籍はして欲しくない。
逆に言えば、鹿島の在籍しても良い経験と成長はあるというもの。
それはそれとして、父の目線、考え方には大いに共感する。
素晴らしい選手を育てきった力さんを賞賛したい。
ありがとう。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

優磨、やっていることは間違っていない

J1鹿島 札幌と練習試合 3バック対応で課題

鹿島-札幌 練習試合の1本目、ヘディングで先制点を挙げる西(左から2人目)=カシマスタジアム

J1鹿島は4日、カシマスタジアムで札幌と45分3本の練習試合を行い、合計5-1で勝利した。得点者は1本目の西、鈴木(PK)、3本目の山本、山口、小田。いずれもセットプレーからの得点だった。

1本目は相手3バックにプレスを掛け、パス回しを分断した。攻撃では静岡キャンプで取り組んだビルドアップが機能し、横幅を使いながら奥行きをもたせるボール運びができた。前線は位置取りを変えながら、相手の守備ブロックを崩す動きを繰り返した。

金崎らが入った2本目の10分以降は流れが停滞。特に札幌がゲームメーカーのMF小野を投入してからはボールの奪いどころを見いだせず、失点を喫した。

リーグ中断期間前は苦しむ傾向があった3バック相手の戦いについて、遠藤は「相手は4-4-2を崩すフォーメーション。うまくいかなくても戦える力がないといけない。グラウンドの中で修正する力をつけないと」と改善点を挙げた。

鈴木は「2本目はチームとしてばらばら」と厳しく振り返り、「(天皇杯)町田戦の1週間前にできたのはよかった。やっていることは間違っていない」と課題が出たことを前向きに捉えた。

大幅にメンバーを入れ替えた3本目は山口や田中が果敢な仕掛けを見せるなど、若手がアピールしていた。(岡田恭平)


札幌との練習試合を取材した茨城新聞の岡田記者である。
1本目に関しては「攻撃では静岡キャンプで取り組んだビルドアップが機能し、横幅を使いながら奥行きをもたせるボール運びができた」と評す。
強化キャンプの効果が出ていることを伝えておる。
ヤスは「相手は4-4-2を崩すフォーメーション。うまくいかなくても戦える力がないといけない。グラウンドの中で修正する力をつけないと」と語る。
3バックを攻略する手応えを掴めたであろうか。
奇しくも日本代表は3バックを布いたベルギー相手に2点を先制し、ベルギーに4バックに変更させるという戦い方を見せた。
ここにヒントがあるやもしれぬ。
また、優磨は「(天皇杯)町田戦の1週間前にできたのはよかった。やっていることは間違っていない」と言う。
チームの方向性について言及する。
この方向性で、快進撃を開始したい。
中断明けに向け、良い練習試合が出来た。
札幌に感謝である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

昌子源、オフ延長

昌子“燃え尽き症候群”回避へオフ延長「クラブに理解していただいた」
2018年7月5日6時0分 スポーツ報知


カザンの合宿所を引き揚げる昌子は関係者と記念撮影(カメラ・竜田 卓)

 DF昌子が“燃え尽き症候群”回避へ、鹿島にオフの延長を申し入れたことを明かした。クラブからはセンターバックに負傷者が出ている影響もあり、11日の天皇杯3回戦・町田戦前の合流を要請された。しかし「気持ちを切り替えるのに時間がかかる。味わったことのない感情。もう少しいただけませんか、とお願いした。クラブに理解していただいた」と、数日間オフを延長したことを明かした。

 ベルギー戦の3失点目は、スライディングがあと一歩届かなかった。目の前で決勝点を奪われ「頭の中でずっとあのシーンが流れている。見たくないのに。しんどい。ほんまにしんどい」と大きなショックを受けている。今大会で主力としての大きな可能性を見せただけに、一日も早いメンタル面の回復が期待される。


クラブにオフの延長を申し出た昌子源である。
「気持ちを切り替えるのに時間がかかる。味わったことのない感情。もう少しいただけませんか、とお願いした。クラブに理解していただいた」とのこと。
クラブとしては、町田が別メニュー、犬飼も故障箇所を抱えており、札幌との練習試合では、西や順天堂大学の村松航太くんを起用せざるを得ない状況だったことを考えると、すぐにでも合流して天皇杯に備えたいところ。
とはいえ、ここは源の心境を大事にするところ。
あれだけの大舞台・大きなプレッシャーの中で戦い、そしてショッキングな敗退を経験しては、そう簡単に気持ちを切り替えることは難しいであろう。
源自身も「頭の中でずっとあのシーンが流れている。見たくないのに。しんどい。ほんまにしんどい」と語る。
休養を取り、気持ちをきっちり切り替えて合流するのだ。
リーグ戦再開には背番号3の勇姿があることを楽しみにしておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

金沢・垣田、抜け目ないゴール



【甲府 vs 金沢】追加点は垣田!
2018年7月4日(水)

先制した金沢は32分、白井裕人のキックに抜け出した垣田裕暉(写真)が決めてリードを2点に広げる。




ゴールを決めた金沢の垣田である。
味方GKのキックを相手DFが処理ミスしたのを見逃さず抜け出して冷静にチップキック。
痛快な一発であった。
この抜け目なさは大きく評価すべきであろう。
得点力を更に上げ大きく成長せよ。
期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク