FC2ブログ

FC東京戦コメント・報道

2018明治安田生命J1リーグ 第19節
鹿島アントラーズ:大岩 剛
いい形で先制したが、後半、相手に勢いを与えてしまうような失点をしてから、なかなか押し返すことができなかった。選手はアグレッシブな姿勢は見せてくれた。そこは評価して、次に臨みたい。

Q. FC東京と比べて厳しい日程だったが、コンディションの差を感じたか?

A. コンディションの差が出たとは思っていない。相手のアグレッシブさ、ボールへの寄せの速さがあった。そこをいかにかいくぐるかだったが、なかなかできなかった。そこが悔やまれる。もっと自分たちでボールを持ち、精度を上げていかなくてはいけない。

Q. 中盤が間延びしているように感じたが、どうか?

A. さっきも言ったように、ボールへの寄せの速さ、アプローチの一つ一つに相手の勢いがあり、こちらは少し欠けていたのかなと感じている。そこをかいくぐり、ボールの動かし方をもっともっと高めていかなくてはいけない。



【安西 幸輝】
負けてはいけない試合を落としてしまった。室屋選手や東選手を意識してプレーしていた。攻撃に参加する回数が後半に極端に減ってしまった。もっとできるように、次の試合に向けて体のケアをして準備をしないといけない。

【田中 稔也】
呼ばれた時にいいプレーをすることだけを考えていた。短い時間の中でゴールやアシストという結果を残せれば、信頼を得られるのだと思う。悔しいです。

【土居 聖真】
ワンチャンスでやられてしまった。攻撃の流動性を出すことがなかなかできなかった。ボールを追い越して走っていける選手がほとんどいなかった。全員が苦しくなると厳しいので、助け合うということをもっと考えないといけない。

【犬飼 智也】
2失点目の場面は、相手のスピードはわかっていたので、シンプルに外へ出そうとした。自分のミス。責任を感じている。

【町田 浩樹】
相手の2トップに自由にやられ過ぎてしまった。叩いておかないといけない相手だった。本当に悔しい。

第19節
2018年8月1日(水)19:03KO カシマ

[ 大岩 剛監督 ]
良い形で先制したんですけど、後半の途中、相手に勢いを与えるような失点をしてから、なかなか押し返すことができないゲームになりました。ただ、選手はこの中でアグレッシブな姿勢は見せてくれたので、しっかりと評価して次に向かいたいと思います。

--FC東京に比べるとローテーションはしませんでした。選手の体の重さやコンディションの差を感じるところはありましたか?
コンディションの差が出たとは、決して思っていないんですけど、ボールに寄せる速さは相手のほうがあったので、それをいかにかいくぐるかというのができなかったことが悔やまれます。もっともっと自分たちがボールを持っているときの精度を上げていかなければいけないんじゃないかと感じています。

--前節のG大阪戦と今節と、コンパクトさでは相手のほうが上回っている試合が続いていると思います。その点について監督はどうお考えですか?
さっき言いましたボールへの寄せ、アプローチの一つ、スプリントの一つひとつで相手のほうが勢いがあったのかなと。われわれのほうが少し欠けていたのかなと思います。ただ、それをかいくぐる自分たちのボールの動かし方をもっともっと高めていかないといけないんじゃないかと感じました。

第19節
2018年8月1日(水)19:03KO カシマ

[ 犬飼 智也 ]
最初、ラッキーな形で先制して、すぐの失点ももったいないですし、2点目は自分のミスですし、悔しいです。相手のスピードが速いのが分かっていたので、シンプルに外に出そうとしたんですけど、ミスです。責任は感じていますし、後ろの選手は一回のミスでああなってしまう。90分集中し続けることもそうだし、90分納得いくプレーをすることだと思います。

[ 安西 幸輝 ]
ゴールは狙ってないです。まぐれです。中に誰かいればいいという感じでした。

負けちゃいけない試合で落としたのはもったいないです。マッチアップしたのは室屋(成)選手と東(慶悟)選手。意識してやっていましたし、今日は守備に関しては良かったですけど、でも結果的に負けているので。僕が守備から攻撃に参加する回数が後半は極端に減ったので、もっとしっかりできるように、3日間でしっかりケアしたいと思います。

長谷川采配ズバリ。交代2分後のゴールで鹿島に初ダブル


厳しい夏場での連戦の戦い方は難しい。常に同じメンバーでは量や質を維持できず、選手を入れ替えればチーム全体の練度が問われ、場合によっては連係面に不安を抱えることとなる。そのさじ加減は監督の腕の見せどころでもある。前節から鹿島は2人、FC東京は6人を入れ替えた顔触れをそろえた。

前半から流れが大きく入れ替わる激しい試合となった。序盤は互角の展開となったが、徐々に鹿島が流れをつかんでいく。13分に左サイドから安西 幸輝がフワリとしたクロスをゴール前に入れると、林 彰洋の頭上を越えたボールはそのままゴールネットを揺らす。前節、G大阪の米倉 恒貴に同じようなゴールを決められており、その得点を思い起こすような先制点となった。その後も流れをつかみ、相手を押し込む展開に持ち込むが、FC東京の2トップが流れを引き寄せる。

クサビのパスをディエゴ オリヴェイラや富樫 敬真が収めて起点を作っていく。すると19分にディエゴ オリヴェイラのポストプレーから右に展開すると、室屋 成のクロスに富樫が合わせてすぐさま同点に追いついた。

その後はFC東京がゲームを優勢に進めていく。布陣が間延びしている鹿島は選手間の距離が遠く、G大阪戦と同じようにミスの多い前半となってしまった。「攻守の切り替えをもっと速くしよう。もう一回攻撃のスイッチを入れよう!」と大岩 剛監督から指示を受けて後半に向かった。

後半は一進一退の攻防となる。両SBの攻撃参加からチャンスを見いだそうとするFC東京に対し、鹿島のディフェンスが粘り強く対応して決定的なチャンスを与えない。鹿島はボールを奪ったあとに速攻を仕掛けるが、森重 真人を中心としたFC東京のディフェンスも崩れない。どちらも集中力のある守備でゴールを許さない。

こう着した流れを変えるのは交代選手とみられる中、75分に長谷川 健太監督が送り込んだ永井 謙佑とリンスが仕事を成し遂げる。犬飼 智也のクリアミスを拾った永井からのクロスをリンスが落ち着いて決め、交代からわずか2分でFC東京が逆転に成功する。二人は直後にも複数のチャンスを作り、勢いを与える。

その後、鹿島もCKから反撃を試みるが、ゴールを割ることができず、永木 亮太のミドルシュートも林が渾身のセービングではじき出し、そのまま試合終了。アウェイのFC東京が2-1で勝利し、鹿島に対して初めてホームでもアウェイでも勝利を挙げた。

[ 文:田中 滋 ]

鹿島 vs FC東京】安西のゴールで幸先よく先制!
2018年8月1日(水)



4試合負けなしの鹿島は13分、安西幸輝(写真中央)のゴールで幸先よく先制する。

鹿島、過密日程の「ツケが出た」足止まって逆転負け
[2018年8月2日2時14分]


鹿島対東京 後半、指示を出す鹿島大岩監督(撮影・足立雅史)

<明治安田生命J1:鹿島1-2東京>◇第19節◇1日◇カシマ

 疲労が目に見えていた。足が止まる。ボール保持者へのフォローが少ない。15日間で5試合目。鹿島アントラーズの選手の足が止まった後半、FC東京に逆転負けを喫した。

 5試合連続で先発し、最初の3試合で3得点を挙げていたFW土居聖真は「攻撃の流動性が少なかった。追い越して走れる人が、今日はほとんどいなかった。いいときは湧いて出るじゃないけど…今日はなかった。相手の方が出足や切り替えが速かった印象がある」と、疲れは隠せなかった。

 前半13分に、DF安西幸輝が左サイドから中に切り返して放り込んだボールが「まぐれです」と、相手GKの頭上を越えてゴールに吸い込まれる幸運な得点で先制した。

 だが、6分後に失点。後半32分には「自分のミス」と、DF犬飼智也がクリアしきれずに東京FW永井謙佑の突破を許して、中央のFWリンスの勝ち越しゴールを許してしまった。鹿島のシュート数は前半2本、後半は3本だけ。リーグ再開後に見せていたリズム良い攻撃は、影を潜めた。

 この5試合で7人は先発が不動。夜でも30度前後を記録する暑さもあって、最初の3試合で計11点を記録した攻撃は、この2試合ではともに前半に1点を上げるのみ。2位の東京をたたくことができず、鈴木満常務取締役強化部長は「これまでのツケが出た。明らかに疲労でコンディションで悪かった。(交代を含む)14人での戦いを意識してやらないといけない。前半戦よりはサッカーの内容は良いが、こういう負け方をしていると戻る。気をつけないといけない」と話した。

鹿島敗戦もあすジーコ氏来日、神様の助言で立て直し
[2018年8月2日7時54分 ]


鹿島対東京 後半、指示を出す鹿島大岩監督(撮影・足立雅史)


鹿島対東京 前半、ゴールを決めガッツポーズする鹿島DF安西(撮影・足立雅史)


ジーコ氏(18年5月14日撮影)


<明治安田生命J1:鹿島1-2東京>◇第19節◇1日◇カシマ

 鹿島アントラーズがリーグ5試合ぶりに敗れた。DF安西が先制点を奪うも逆転負け。

 15日間で5試合目で、FW土居は「追い越して走れる人が今日はいなかった」と疲れを隠さず、鈴木取締役強化部長も「明らかに疲労でコンディションが悪かった。(交代含む)14人でいかに回すか考えないといけない」と話した。

 3日にはジーコ氏がテクニカルディレクターとして来日予定。神様の助言で立て直しを図る。

鹿島 リーグ5戦ぶり黒星 疲労蓄積で動き重く…ミスから失点
明治安田生命J1第19節 鹿島1―2FC東京 ( 2018年8月1日 カシマ )


ガックリの鹿島イレブン(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ


 鹿島はリーグ5試合ぶりの黒星を喫した。リーグ戦再開後、連戦をほとんど同じメンバーで戦ってきたため、疲労の蓄積が響いたのか、全体的に動きが重かった。

 前半13分にセンタリングが鮮やかな先制点となったDF安西は「(体が)重たい中でもやれることはたくさんある」と悔やんだ。ミスも失点につながり、W杯中断明け後、初の敗戦。後半44分からリーグ戦デビューした20歳のFW田中は「次また出られるチャンスがあれば結果を残したい」と誓った。

[ 2018年8月2日 05:30 ]

【鹿島】シュートわずか5本…F東京に逆転負け 安西「負けちゃいけない試合」
2018年8月1日23時22分 スポーツ報知

 ◆明治安田生命J1リーグ第19節 鹿島1―2F東京(1日・カシマサッカースタジアム)

 鹿島はF東京に1―2で逆転負けを喫した。前半13分にDF安西幸輝のセンタリングでそのままゴールに吸い込まれ先制に成功したが、6分後に同点弾を献上。後半に入ってもギアは上がらず、32分にミスから左サイドを突破され決勝点を許した。シュートはわずか5本にとどまった。

 先制点の安西は「負けちゃいけない試合だった。前半は良かったが、後半にサイドハーフを助けられなかった。(体が)重い中でもやれることはたくさんある」と笑顔なし。DF犬飼智也は「(得点後)すぐの失点はもったいなかった。2失点目は自分のミス。相手のスピードが速いのがわかっていたのでシンプルにと思っていた。責任は感じます」と肩を落とした。

 ●レオシルバ(主将マークで存在感)「まだ自分が納得できるレベルにはいっていない。目の前の試合を1試合1試合戦っていくしかない」

 ●町田浩樹(昌子に代わり2戦連続先発)「相手の2トップを自由にさせすぎた。結果を出したかった」

 ●田中稔也(後半44分から投入されJリーグデビュー)「短い時間で結果を出せればと思っていた。次にまたチャンスがあれば結果を残したい」

鹿島、逆転負け
鹿島 1-2 F東京


鹿島-FC東京 前半、ボール奪取を狙う鹿島・鈴木(9)=カシマスタジアム、高松美鈴撮影

明治安田J1第19節の鹿島は1日、県立カシマサッカースタジアムで2位のFC東京に1-2で逆転負けを喫した。鹿島のリーグ戦黒星は5月20日のホームで行われた仙台戦以来5試合ぶり。通算成績7勝5分け7敗、勝ち点26のままで暫定ながら9位に後退した。

鹿島は前半13分、DF安西が左サイドから右足でカーブをかけたクロスがゴール右隅に吸い込まれ、幸先良く先制した。しかし、19分の失点で追い付かれると、後半32分にDFのクリアミスから右サイドの突破を許し、折り返しを押し込まれた。

次節は5日、ホームで清水と対戦する。


疲労蓄積について大きく報じられる。
真夏のこの時期に過密日程は厳しい。
聖真は「攻撃の流動性が少なかった。追い越して走れる人が、今日はほとんどいなかった。いいときは湧いて出るじゃないけど…今日はなかった。相手の方が出足や切り替えが速かった印象がある」と語る。
いくつかカウンターになりかけた場面はあったが、前への走力が足りず、チャンスにならずに終えた。
このあたりが良いときとの差と言って良かろう。
相手も同じ条件と言いたいところではあるが、FC東京は中4日であり、大きく異なる。
また、1失点目はディエゴ・オリヴェイラにボールを収められたところから、2失点目は永井からボールを取りきれなかったところからと、相手FWに起点を作られたところに敗因がある。
一方、鹿島はこの連戦にてFWに替えが効かぬ状態であった。
このあたりペドロ・ジュニオールと金﨑の移籍が響いておることは明白ではなかろうか。
まだまだ過密日程は続く。
クラブはどのような対応をするのであろうか。
明日来日するジーコTDの手腕に注目したい。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク