FC2ブログ

酷暑予報32度

【鹿島】名古屋戦へ調整…気温32度の“酷暑予報”も永木「もう1試合も落とせない」
2018年8月10日19時53分 スポーツ報知


練習を見つめる鹿島・大岩剛監督

 暫定6位の鹿島は10日、茨城・鹿嶋市内で最下位・名古屋戦(11日・豊田スタジアム)に向けた最終調整を行った。

 日本気象協会によると、会場の豊田市は名古屋戦開始時刻の午後6時に気温32度の予報。豊田スタジアムは熱がこもりやすい形状にあり、チケットは全席完売で観客による熱気がスタジアムを覆うことも想定される。FW鈴木優磨も「あそこは相当暑い」と苦笑いを浮かべた。

 連戦をこなす中での“酷暑予報”。運動量の低下が懸念されるが、大岩剛監督は「試合に向けたコンディション作りに重点を置いてきた」と自信を示した。

 名古屋は最下位ながら2連勝中と勢いに乗る相手。2試合ぶりの先発復帰が濃厚なFW土居聖真は「(名古屋は)前回の対戦から半分以上メンバーが変わっている。(試合の)入りが大事になる。相手選手の特長をつかみながらやることが大事になる」。左MFで先発が有力なMF永木亮太は「勝たなきゃいけない順位。もう1試合も落とせない」と闘志を燃やした。


名古屋戦に向けた前日練習後のチームの様子である。
試合会場の気温予報が32度とのこと。
これは暑い。
優磨も経験から「あそこは相当暑い」と言う。
この悪環境を乗り越えることが肝要と言えよう。
それに対して大岩監督は「試合に向けたコンディション作りに重点を置いてきた」と言い切る。
連戦の間の日程にて、調子を維持し、体調管理を重視した様子。
逆に少々コンディションの整わぬセルジーニョに対しては「少し時間がかかるかもしれない」と判断しておる。
助っ人こそ間に合わぬが、チーム状態は良い。
一丸となって、気温も含めた相手を倒そうではないか。
勝利を信じておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

超連戦開始、総力戦

鹿島土井「総力戦」50日間で13戦の地獄の日程
[2018年8月10日18時22分]


うだるような暑さの中、練習の合間に水分を取るDFチョン・スンヒョン(右)、FW金森健志ら鹿島の選手たち


レクリエーションゲームで笑みをこぼす鹿島MF遠藤(左)とDF内田。右後方はジーコ・テクニカルディレクター


 J1鹿島アントラーズは10日、茨城県鹿嶋市内でアウェー名古屋戦(11日、豊田スタジアム)に向けて調整を行った。

 名古屋戦から、リーグ戦に加えてアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)やルヴァン杯と、50日間で13試合の過密日程が始まる。

 MF土居聖真は「総力戦になる。1年間、同じ11人で戦うのは絶対に無理なので、いつもは試合に出ていない選手やメンバーに入っていない選手がキーになってくるかなと思う。これから、チームの本当の力が試される」と話した。

 前節清水エスパルス戦に続いて本職のボランチではない左MFでの起用が濃厚な永木亮太は「今の順位は本当に勝たなければいけない順位。1試合も落とせないつもりでやっている。そういった気持ちをぶつけて見せられればいい」と誓った。


名古屋戦に向けた前日練習を取材したニッカンスポーツである。
聖真からは「総力戦になる。1年間、同じ11人で戦うのは絶対に無理なので、いつもは試合に出ていない選手やメンバーに入っていない選手がキーになってくるかなと思う。これから、チームの本当の力が試される」というコメント引き出す。
ここから始まる50日間で13試合の超連戦に対して、総力戦であることを強調する。
前節は中断明けは不動であった聖真に替えて金森が出場した。
今節は、また戻る格好であるが、このように少しずつ入れ替えながら戦っていくこととなろう。
その際、微妙にずれる連携をどのように保つかがカギとなる。
体力以上に脳の疲労にて集中力が途切れることが怖いところ。
そこを鹿島というクラブの経験にて乗り切っていきたい。
また、前節同様に左サイドにて起用が予想される永木は、「今の順位は本当に勝たなければいけない順位。1試合も落とせないつもりでやっている。そういった気持ちをぶつけて見せられればいい」と意気込む。
中位に沈む状況から、現状をトーナメントと受け止めるべきであろう。
永木の運動量にて名古屋を凌駕し、勝利を掴み取りたい。
気合いの入る一戦である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

鹿島――良い守備から良い攻撃に

【J1展望】名古屋×鹿島|2連勝中の名古屋が自動降格圏脱出を目指して鹿島に挑む!
サッカーダイジェスト編集部
2018年08月10日


名古屋――前節ハットトリックのジョーは絶好調


故障者/名古屋=長谷川、ホーシャ 鹿島=レアンドロ、昌子、クォン・スンテ、山本
出場停止/名古屋=なし 鹿島=小笠原


J1リーグ21節
名古屋グランパス - 鹿島アントラーズ
8月11日(土)/18:00/豊田スタジアム

名古屋グランパス
今季成績(20節終了時):18位 勝点16 4勝4分11敗 20得点・36失点

【最新チーム事情】
●前節はジョーの来日後初のハットトリックでG大阪に逆転勝ち。
●3連勝を飾り、自動降格圏脱出なるか?
●チケットは完売。クラブ初の集客数4万人越えが見えてきた。

【担当記者の視点】
 夏の補強が特効薬となっている。中谷ら新戦力4人が揃って先発した17節の広島戦で勝点1を拾うと、金井が加わった19節の仙台戦では16戦ぶりの勝利。続く前節のG大阪戦には逆転勝ちし、2連勝を飾った。

 そのG大阪戦で来日後初のハットトリックをマークしたジョーは絶好調で、新戦力の前田も3試合で1得点・2アシストと、力強く攻撃を牽引している。今節はG大阪戦で足首を痛めた中谷が欠場する可能性もあるが、ここ3戦で得た勢いを継続したい。

 鹿島に勝てば自信をさらに深められるはずだ。他会場の結果次第では、自動降格圏からの脱出も考えられる。チケットは完売。クラブ初の4万人以上の来場者も見込めるなかで、力強く戦いたい。

鹿島――良い守備から良い攻撃に

鹿島アントラーズ
今季成績(20節終了時):6位 勝点29 8勝5分7敗 26得点・24失点

【最新チーム事情】
●新戦力チョン・スンヒョンが、5日の清水戦で加入後、初先発・初出場を果たした。
●鈴木がJ1リーグ7月の月間MVPを受賞。
●17節・柏戦の安西の得点が、J1リーグ7月のベストゴールに選出された。

【担当記者の視点】
 19日間で6試合を戦う真夏の連戦は、3勝2分1敗で終えた。4戦目のG大阪戦(7月28日)から疲労の影響が色濃く出てしまい、パフォーマンスが低下。ただ、連戦最後の清水戦は内容の悪さを見せながらも、最後の最後に気概を示し、西のゴールで勝利した。

 依然として昌子が離脱中で、5日の清水戦前にはクォン・スンテも負傷するなど守備陣に不安を抱えるが、その清水戦は新加入の韓国代表DFチョン・スンヒョンが犬飼とともに我慢の堅守を見せ、チームは1-0の完封勝利。期待の新戦力は合流間もないながらも周囲と連係し、その評価を高めた。

 今節、対戦する名古屋との通算対戦成績は32勝3分け20敗と勝ち越しているが、相手は連勝中で調子が上向きだ。大岩監督は「2連勝で勢いづいているチーム。しっかりとした守備から攻撃につなげたい」と、まずは失点を抑えることを念頭に置き、好機を得点につなげる姿勢を見せている。


「2連勝で勢いづいているチーム。しっかりとした守備から攻撃につなげたい」という大岩監督のコメントを取材したサッカーダイジェストのプレビューである。
名古屋を警戒しつつ、トランジションを高め勝利を掴みたいところ。
強力な名古屋攻撃陣を封じ込めてゴールを奪う手立ては仕込んである。
また、先発メンバーに目を向けると、前節・清水戦からはFWに聖真、ボランチに三竿健斗を起用する様子。
チームの軸が固まってきたことが伝わってくる。
真夏の過密日程の中でひとときの通常日程明け、どのような戦いを見せてくれるのであろうか。
楽しみな一戦である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

セルジーニョ登録完了

登録選手追加・変更・抹消のお知らせ(2018/08/10)
1 ポジション 2 生年月日 3 身長/体重 4 出生地 5 国籍 6 前所属チーム 7 Jリーグ通算出場(J1/J2/J3) 8 Jリーグ通算得点(J1/J2/J3) 9 Jリーグ初出場 10 Jリーグ初得点

■明治安田生命J1リーグ

【追加】

鹿島アントラーズ

18   セルジーニョ Sergio Antonio Soler De Oliveira Junior(SERGINHO)
1 MF 2 1995/03/15 3 180/82 4 ブラジル 5 ブラジル 6 サントスFC/ブラジル-ECヴィトーリア/ブラジル-ECサントアンドレ/ブラジル-サントスFC/ブラジル-アメリカFC/ブラジル


柏レイソル

33   山田 雄士 Yuto YAMADA(2種)
1 MF 2 2000/05/17 3 169/63 4 千葉県 6 FC高津-柏レイソルU-15

34   杉井 颯 Hayate SUGII(2種)
1 DF 2 2000/05/17 3 177/68 4 千葉県 6 流山隼SC-柏ラッセルFC-柏レイソルU-15

川崎フロンターレ

34   三笘 薫 Kaoru MITOMA
1 MF 2 1997/05/20 3 178/68 4 神奈川県 6 さぎぬまSC-川崎フロンターレU-12-川崎フロンターレU-15-川崎フロンターレU-18-筑波大在学中

35   旗手 怜央 Reo HATATE
1 FW 2 1997/11/21 3 171/70 4 三重県 6 FC四日市ジュニア-FC四日市-静岡学園高-順天堂大在学中

ヴィッセル神戸

5   アフメド ヤセル AHMED YASSER
1 DF 2 1994/05/17 3 182/77 4 カタール 6 アル ドゥハイル/カタール-クルトゥラル レオネサ/スペイン-アル ラーヤン/カタール

【抹消】

北海道コンサドーレ札幌

2 横山 知伸 Tomonobu YOKOYAMA

横浜F・マリノス

23 下平 匠 Takumi SHIMOHIRA

■明治安田生命J2リーグ

【追加】

栃木SC

23   川田 修平 Shuhei KAWATA
1 GK 2 1994/04/05 3 188/82 4 埼玉県 6 深谷豊里SSS-FC深谷-大宮アルディージャユース-大宮アルディージャ-栃木SC-大宮アルディージャ-栃木SC-藤枝MYFC 7 0/0/1 9 2014/03/16 2014 明治安田生命 J3リーグ 第2節 J-22(vs藤枝@藤枝サ)

ジェフユナイテッド千葉

49   下平 匠 Takumi SHIMOHIRA
1 DF 2 1988/10/06 3 178/68 4 大阪府 6 TSK粟生SC-ガンバ大阪Jrユース-ガンバ大阪ユース-ガンバ大阪-大宮アルディージャ-横浜F・マリノス 7 218/0/0 8 6/0/0 9 2007/08/29 2007Jリーグ ディビジョン1 第23節 G大阪(vs鹿島@金沢) 10 2011/06/22 2011Jリーグ ディビジョン1 第17節 G大阪(vs柏@柏)

京都サンガF.C.

33   冨田 康平 Kohei TOMITA
1 DF 2 1996/06/09 3 176/73 4 埼玉県 6 所沢JrユースSC-市立浦和高-早稲田大在学中

レノファ山口FC

35   ワシントン Cezar WASHINGTON Alves Portela
1 MF 2 1986/11/16 3 182/84 4 ブラジル 5 ブラジル 6 カノアス/ブラジル-SERサンジョゼ/ブラジル-グレミオ エスポルテーボ/ブラジル-名古屋グランパス 7 6/29/0 8 0/1/0 9 2017/03/04 2017明治安田生命J2リーグ 第2節 名古屋(vs岐阜@豊田ス) 10 2017/09/24 2017明治安田生命J2リーグ 第34節 名古屋(vs東京V@パロ瑞穂)

愛媛FC

36   中川 裕仁 Hiroto NAKAGAWA(2種)
1 FW 2 2000/05/25 3 169/64 4 和歌山県 6 セレッソ大阪和歌山U-15-セレッソ大阪U-18-興国高在学中

ロアッソ熊本

45   横山 知伸 Tomonobu YOKOYAMA
1 DF 2 1985/03/18 3 184/75 4 東京都 6 三原台中-帝京高-早稲田大-川崎フロンターレ-セレッソ大阪-大宮アルディージャ-北海道コンサドーレ札幌-大宮アルディージャ-北海道コンサドーレ札幌 7 162/41/0 8 7/3/0 9 2008/04/12 2008Jリーグ ディビジョン1 第6節 川崎F(vs大分@九石ド) 10 2011/11/19 2011Jリーグ ディビジョン1 第32節 川崎F(vs広島@広島ビ)

大分トリニータ

2   ウイリアン WILLIAN Henrique Antunes
1 DF 2 1987/02/11 3 190/85 4 ブラジル 5 ブラジル 6 グレミオ/ブラジル-ポンチ プレッタ/ブラジル-グレミオ/ブラジル-クルゼイロ/ブラジル-グレミオ/ブラジル-フィゲレンセ/ブラジル-グレミオ/ブラジル-ポルトゲーザ/ブラジル-グレミオ/ブラジル-ボアEC/ブラジル-レッドブル ブラジル/ブラジル-ナウチコ/ブラジル-レッドブル ブラジル/ブラジル-FCフアレス/メキシコ

【抹消】

横浜FC

15 中山 雄希 Yuki NAKAYAMA

ツエーゲン金沢

30 山﨑 雅人 Masato YAMAZAKI

京都サンガF.C.

16 沼 大希 Daiki NUMA

■明治安田生命J3リーグ

【追加】

ザスパクサツ群馬

50   山﨑 雅人 Masato YAMAZAKI
1 FW 2 1981/12/04 3 174/68 4 京都府 6 大宅SSS-大宅中-久御山高-国士舘大-横浜F・マリノス-大分トリニータ-横浜F・マリノス-大分トリニータ-ガンバ大阪-サンフレッチェ広島-ガンバ大阪-サンフレッチェ広島-モンテディオ山形-サンフレッチェ広島-モンテディオ山形-ツエーゲン金沢 7 189/176/0 8 16/25/0 9 2004/04/10 2004Jリーグ ディビジョン1 1stステージ 第4節 横浜FM(vs新潟@新潟ス) 10 2005/11/23 2005Jリーグ ディビジョン1 第32節 大分(vsC大阪@長居)

鹿児島ユナイテッドFC

20   中山 雄希 Yuki NAKAYAMA
1 FW 2 1994/10/16 3 174/73 4 埼玉県 6 浦和駒場サッカー少年団-柏レイソルJrユース-大宮アルディージャユース-早稲田大-横浜FC 7 0/13/0 9 2017/03/05 2017明治安田生命J2リーグ 第2節 横浜FC(vs長崎@トラスタ)

【抹消】

福島ユナイテッドFC

18 橋本 裕貴 Yuki HASHIMOTO

カターレ富山

8 遠藤 敬佑 Keisuke ENDO

藤枝MYFC

1 川田 修平 Shuhei KAWATA


選手登録されたセルジーニョである。
これにて晴れて公式戦に出場可能となった。
背番号は18番。
マルキが背負った番号である。
ゴールを量産し、チームに勝利をもたらせてくれよう。
期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

名古くんベンチ入りへ

鹿島加入予定の名古、名古屋戦で初のベンチ入りへ
[2018年8月9日21時5分]


名古屋戦へ、帯同が濃厚な特別強化指定選手の鹿島MF名古(右)。左は新加入のMFセルジーニョ


名古屋戦へ、帯同が濃厚な特別強化指定選手の鹿島MF名古(左)。右は新加入のMFセルジーニョ


 J1鹿島アントラーズは9日、茨城県鹿嶋市内で紅白戦などを行い、来季加入予定で特別強化指定のMF名古新太郎(順大4年)が2本目に主力組のボランチを務めた。

 MF三竿健斗と並んだ名古は、積極的に攻撃参加。168センチと小柄な体で幾度も縦パスを通した。

 11日のアウェー名古屋戦で初めてベンチ入りする可能性が出てきた大学NO・1ミッドフィルダーの呼び声も高い逸材は「攻撃は自信を持ってやっている。守備もやらなければダメで両方で高い質が求められているけど、もっと自信を持ってやっていきたい。これからも鹿島の中心でやっていきたいと思っている」と力強く話した。

大学NO・1MF鹿島名古が初ベンチへ「決め切る」
[2018年8月10日6時58分 ]


11日の名古屋戦へ、帯同が濃厚な特別強化指定選手の鹿島MF名古(右)。左は新加入のMFセルジーニョ

 大学NO・1のMFの呼び声もある鹿島アントラーズ特別強化指定のMF名古(順大4年)が11日の名古屋グランパス戦(豊田ス)で初のベンチ入りが濃厚になった。

 紅白戦の2本目で主力組のボランチを務め「求められているのは攻撃の活性化やゲームをつくること。縦パスを入れたり、決め切るのが特徴」と意欲を見せた。ただ、知人に連絡はしない予定で「メンバーに入って満足じゃない。これがゴールじゃない」と話した。

鹿島 順大特別指定選手、MF名古が次戦メンバー入り濃厚
 鹿島は来季加入が内定している順大の特別指定選手、MF名古が11日の敵地・名古屋戦でメンバー入りすることが濃厚となった。

 この日は、紅白戦の2本目で主力組に入りセットプレーではキッカーも務めた。1メートル68と小柄ながら高い技術と戦術眼を持つボランチは「攻撃の活性化、ゲームをつくること、縦パスを入れることが特長なので意識してやりたい」と意欲。「ここでしっかり結果を出して、これからもしっかり鹿島の中心でやっていきたい」と誓った。

[ 2018年8月10日 05:30 ]


紅白戦の2戦目にて主力組に入った名古くんである。
これは出場への期待が高まる。
まずはベンチ入りすることとなろう。
このチャンスを掴み取り、大きくアピールするのだ。
鹿島の未来を託された逸材はデビューするのであろうか。
注目である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク