FC2ブログ

長崎・島田譲、プロになってから対戦するのが一つの目標だった

[長崎]鹿島育ちの島田譲がぶつける万感の思い。ついにたどり着いた「J1での鹿島戦」


「プロになってから対戦するのが一つの目標だった」

 長崎の島田譲がプロの世界に飛び込むときに掲げた目標に手が届くところまでたどり着いた。島田が話す「一つの目標」、それは「Jリーグで鹿島と対戦する」ことだ。鹿島のジュニアユース、ユース出身の島田にとってそのトップチームは特別な存在。16年、岡山在籍時に天皇杯で対戦したことはあるが「天皇杯はお互いにメンバーを落としていたし、リーグ戦でやりたいと思っていた」と天皇杯の対戦では充足感は得られなかった。あくまでも、J1のリーグ戦の舞台を島田は望んでいた。

 しかし、その16年限りで岡山を契約満了。トライアウトを経て、加入した長崎で主力として活躍し、J1昇格を果たした。自身にとっても初のJ1の舞台、開幕戦でも先発出場を果たすなど順調なスタートを切ったが、その座を守ることができず、5月のカシマスタジアムでの対戦ではメンバー外となってしまった。それでも、中断期間を経て、中原彰吾の負傷離脱はあったがリーグ戦再開後は6試合すべてで先発。取り組んできたボールの動かしや攻撃時に前のスペースをとる動きなど確かな成長を見せており、高木琢也監督も一定の評価を与えている。

「サッカー選手としての自分の半分くらいは鹿島でやってきたことでできている。勝つことへの執着心、どんな手を使ってでもというか、自分が犠牲になってもチームのために働いて勝つ。仲間をリスペクトする。そういうことは鹿島で学んだことで、自分のサッカー人生の糧になっている。そこで培ってきたものでいま、やっているのでそういう感謝の意味も込めていいプレーを見せたい」

 サッカー選手としての自分を作り上げた原点との対戦、目標としてきた舞台に立ったときに島田は何を感じるのか。プロの道を断たれたかもしれない崖っぷちから這い上がって、ここまでたどり着いた。万感の思いを鹿島にぶつける。

(長崎担当 杉山文宣)


長崎の島田譲を取材したBLOGOLAの杉山氏である。
島田譲は「プロになってから対戦するのが一つの目標だった」と意気込みを口にする。
岡山在籍時に天皇杯で対戦しておるが、やはりリーグ戦は特別なもの。
鹿島のアカデミーにて培ったサッカー選手としてのアイデンティティは島田譲の中で大きく影響を及ぼしておる。
「サッカー選手としての自分の半分くらいは鹿島でやってきたことでできている。勝つことへの執着心、どんな手を使ってでもというか、自分が犠牲になってもチームのために働いて勝つ。仲間をリスペクトする。そういうことは鹿島で学んだことで、自分のサッカー人生の糧になっている。そこで培ってきたものでいま、やっているのでそういう感謝の意味も込めていいプレイを見せたい」という言葉から強く伝わってくる。
明後日に迫った長崎と鹿島の対戦では、お互いに良いところを出して行きたいところ。
楽しみなゲームである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

町田・平戸、2試合連続2ゴール



【町田 vs 千葉】2試合連続2得点!絶好調の平戸
2018年8月12日(日)

前半終了間際の45分に追加点を挙げた平戸太貴は、64分にもゴールを決めてこの試合2点目。2試合連続2得点と好調ぶりを見せつけた。

8分間でPK3発…0-3から猛追見せた千葉、上位町田とドローに持ち込む
18/8/12 20:56

[8.12 J2第28節 町田3-3千葉 町田]

 J2リーグは12日、第28節を各地で行い、前節終了時点で2位だったFC町田ゼルビアがホームでジェフユナイテッド千葉と対戦した。東京五輪世代のMF平戸太貴が2試合連続2ゴールという脅威的な得点力を発揮したが、3点ビハインドだった千葉がわずか8分間で3本のPKを決めて同点に。試合は3-3の引き分けに終わり、町田は暫定3位に転落した。

 4連勝中の町田は前節横浜FC戦(○3-2)から先発1人を変更し、DF藤井航大が入った。対する千葉は前節の松本戦(●2-3)から5人を変更。4試合ぶりにGKを佐藤優也に戻し、横浜FMからレンタル加入のDF下平匠がJ2初出場を迎えた他、MF熊谷アンドリュー、MF茶島雄介、MF為田大貴が先発に並んだ。[スタメン&布陣はコチラ]

 互いに中盤でコンパクトな布陣を取る中、奪ってからの素早い縦パスで敵陣FKを次々に獲得する町田。前半24分にFW中島裕希が右サイドで倒されると、得意のセットプレーから試合が動いた。同25分、MF平戸太貴が軽く出したボールをMF森村昂太が力強い左足キックでクロスを配給。ニアでDF大谷尚輝と競った千葉DF鳥海晃司の頭に当たり、そのままネットを揺らした。

 オウンゴールで痛い先制点を献上した千葉だったが、ショートカウンターからのサイド攻撃でチャンスをつくる。前半30分には右CKをFW船山貴之、MF工藤浩平のトリックプレーでマイナスに出すと、PA外から茶島がミドルシュート。これは惜しくも枠を外れたが、同44分には為田のクロスからのこぼれ球を再び茶島が鋭く狙い、横っ飛びを見せたGK福井光輝を強襲した。

 それでも前半45分、町田に追加点が入る。敵陣右サイド深くで中島が起点をつくり、大谷とのコンビプレーで局面を打開。ボランチの位置から走り込んだ森村のトリッキーなヒールパスは相手守備陣にカバーされたが、ニアで受けた平戸が振り向きざまに左足で狙うと、コントロールされたシュートがゴール左隅に吸い込まれた。

 2点ビハインドと苦しい千葉は後半開始時に工藤に代わってMF矢田旭と投入。すると1分、さっそく矢田が左サイドで起点をつくり、クロスから茶島のヘディングシュートが町田ゴールを襲った。一方の町田も11分、高速カウンターから中央突破をしかけた平戸のパスからFW鈴木孝司が右足で狙ったが、鋭いシュートは佐藤の手をかすめて右ポストに阻まれた。

 町田は後半16分、右サイドの崩しから森村が左足で狙うも佐藤が横っ飛びでセーブ。劣勢が続く千葉は直後にFWラリベイを下げてFW指宿洋史を投入するが、町田がすぐに試合を決定づける追加点を奪う。同19分、DF奥山政幸のコンビネーションから抜け出した森村の折り返しを平戸がおさめ、華麗なターンから右足一閃。ブレイク中の21歳が2試合連続での2得点を決めた。

 敗色濃厚となった千葉は後半30分、右CKが町田守備陣に当たってファーサイドに流れると、指宿の折り返しがPA内で止めにかかった奥山の手に直撃。このハンドリングで得たPKを指宿が自ら決め、ビハインドを2点に縮めた。さらに同33分、フィードに抜け出した指宿が深津に倒されて再びPKを獲得。今度は船山がキッカーを務めると、落ち着いて左に決め、猛烈な追い上げをかける。

 一気に勢いを取り戻した千葉は後半37分、右サイドを突破した船山がクロスを送り、ニアに入った深津がブロック。これがハンドリングと判定され、みたび千葉にPKが与えられた。キッカーは再び船山。今度はゴール右隅に蹴り込み、3点ビハインドの状況からわずか8分間ほどで同点に追いついた。その後は町田も決定機をつくったが、ゴールを割ることはできず。ジェットコースターのような“首都圏バトル5”は3-3で終幕した。

(取材・文 竹内達也)

U-21落選からの連続2ゴール…J2アシスト王・町田MF平戸太貴の意識する『世界』
18/8/13 07:00


2試合連続で2ゴールを決めた町田MF平戸太貴

[8.12 J2第28節 町田3-3千葉 町田]

 アジア大会に臨むU-21日本代表からの落選が3日に発表されて以降、リーグ戦2試合連続での2ゴール。FC町田ゼルビアMF平戸太貴のパフォーマンスがさらなる境地に突入している。「特に変わったことはない」と述べ、悔しさをバネにしているわけではないそうだが、ロシアW杯を見ていて感じた“世界”との距離は日々意識しているようだ。

「ワールドカップで世界を見ていると、ゴール前の精度や力を掛けるところ、シュートレンジ、球際、すべてにおいて違うと感じた。自分もそういった部分や、身体を大きくするということも含めてもっとレベルを上げ、技術も高めていかないといけない」。好調の町田を支える若武者は、自らの現在地をそのような視点で説明する。

 鹿島アントラーズからの期限付き移籍は2年目に入り、J2リーグを代表する数字を残し始めている1997年生まれの21歳。この日もFKで先制点の起点になると、ゴール前でのテクニカルな個人技から2ゴールを叩き込み、まさに世界レベルのプレイヤーが備えると考えている「ゴール前の精度」を表現してみせた。

 ここまで積み上げたアシスト数12は依然としてリーグトップ。また、この日の活躍で得点数もチーム単独2位の7となった。しかし、肝心の本人に満足した様子は欠片もない。それどころか「自分たちの世代なので当然意識する」という“東京五輪”代表での落選が続き、「内容的に足りないということ。結果を出すことに加え、チャレンジの回数と質を高めないといけない」とレベルアップの必要性を痛感しているようだ。

 チームはこの日、後半途中までに稼いだ3点リードを後半30分からのPK献上3連発で帳消しにし、「勝ち点2を失う」結果に終わった。ここで平戸の頭をよぎったのも“世界”との距離だ。試合後の取材に「日本戦でのベルギー代表のように、力のあるチームは苦しい時にこそ力を発揮する。今日の試合でも、そういう時に自分がもう1点決めていれば良かった」と悔しそうに述べた。

 シーズンは残り14試合。次節の首位・松本戦から最後の3分の1に突入し、ひときわ勝負強さが求められるような試合が続く。「まだ特別に調子が良いとは感じていないけど、これまで結果にこだわってやってきたことが生かされている」と伸びしろをうかがわせた背番号8は「もっとチームが苦しい時にも力をもたらせる選手になろうと思います」と力強く誓い、チームバスへと乗り込んでいった。

(取材・文 竹内達也)

町田平戸2発も千葉が8分間にPK3つ獲得しドロー
[2018年8月12日23時14分]


町田対千葉 前半45分、左足でシュートを放つ町田MF平戸太貴(右)(撮影・村上幸将)


町田対千葉 前半45分にゴールを決め、DF深津康太に抱き締められる町田MF平戸太貴(撮影・村上幸将)


町田対千葉 前半25分、ヘッドでクリアしたボールがゴール方向に飛ぶのを見つめる千葉DF鳥海晃司(中央)(撮影・村上幸将)


<明治安田生命J2:町田3-2千葉>◇第28節◇12日◇町田

 町田ゼルビアが、東京五輪世代のMF平戸太貴(21)の2戦連続となる2ゴールでリードも、ジェフユナイテッド千葉が後半30分からの8分間に3連続で獲得したPKを決め、引き分けた。

 両軍がせめぎ合いを続け、互いにボールがつながらない中、前半25分、思わぬ形で町田に先制点が入った。平戸が右サイドでFKを軽く前に蹴りだし、MF森村昴太が放った右クロスが、はじき返そうとした千葉DF鳥海晃司(23)の頭に当たり、そのまま千葉ゴール方向へ。GK佐藤優也は弾きにいったものの、ゴールに吸い込まれた。

 前半45分、町田が追加点を挙げた。千葉ペナルティーエリア右に進入した森村が、右からのパスをヒールで後ろにそらした。そこに飛び込んだDF大谷尚輝はDFに倒されたが、こぼれ球を拾った平戸は、そのまま右にターンすると、左足を振り抜きゴールにたたき込んだ。4日の前節・横浜FC戦でも2ゴール決めた勢いそのままに、平戸が目の覚めるようなゴールで周囲を圧倒した。

 平戸の勢いは、後半も止まらなかった。19分、左サイドを突破した森村のクロスを、平戸は左足でトラップすると、GKとの1対1から冷静に右足で決めた。

 ところが終盤、一気に試合は千葉に傾いた。後半30分、右CKからのこぼれ球を、途中出場のFW指宿洋史(27)が左から折り返したボールがDFのハンドを誘い、得たPKを指宿が自ら右足で決めた。

 後半34分には、再び指宿がゴールを背負った状態でボールを収めると、DF深津康太をかわそうとしたところで後ろから倒されて再びPKを獲得。そのPKを、今度はFW船山貴之(31)が右足で決めて1点差となった。

 さらに同38分、船山が右から仕掛けてDFのハンドを誘いPKを獲得。町田の猛抗議もむなしく、船山がこの日2点目のPKを自ら右足で決めて引き分けた。

町田平戸アジア大会落選2連続2発「結果こだわる」
[2018年8月12日23時52分]


町田対千葉 前半45分、左足でシュートを放った町田MF平戸太貴(右)(撮影・村上幸将)

<明治安田生命J2:町田3-3千葉>◇第28節◇12日◇町田

 町田ゼルビアMF平戸太貴(21)が、ジェフユナイテッド千葉戦で、4日の前節・横浜FC戦に続き、キャリア初の2戦連続2ゴールを決めた。

 アジア大会に出場するU-21代表に落選後の2試合で、4発の固め打ちも「内容的に足りない部分があるから、選ばれなかったんじゃないかと思う。結果だけじゃなくチャレンジする回数、質を高めれば目に留まり、選ばれると思う」と、目標の東京五輪へ向上を誓った。

 平戸は1点リードの前半45分、MF森村昴太のヒールパスに飛び込んだDF大谷尚輝が倒され、こぼれたボールを拾うと、右にターンして左足を振り抜き、ゴールにたたき込んだ。後半19分には、左サイドを突破した森村のクロスを、今度は左足でトラップすると、GKとの1対1から冷静に右足で決めた。

 2ゴールとも、ピッチ上で相手選手もうならせた“半端ないゴール”だった。「1点目は自分のところにボールが来て、うまく反転し、ゴールは見えていなかったですけど、感覚的に決めることが出来た。2点目も落ち着いて相手を見て、うまく決め切れた」と冷静に振り返った。

 これまで、東京五輪について聞かれるたびに、現実的な目標として強い意欲を見せるだけでなく、その先のA代表入りも視野に入れていると口にしてきた。今回、落選したことについて聞かれると「常に選ばれたいと思ってプレーしています」と静かに答えた。

 その口調とは裏腹に、落選翌日の横浜FC戦とこの日の2試合で連続2ゴールと“猛爆”している。「今年は結果に、もっとこだわってやらなきゃいけないと取り組んだ中で、夏に積み重ねてきたこと…意識したことが、結果として出てきているのかなと思います」と答えた。

 森保一監督がA代表との兼任になったことについて聞かれると「自分たちの世代も見られている。よりチャンスがめぐってくると考えています」と、静かながら力強く言い切った。【村上幸将】






2試合連続で2得点を決めた町田の平戸である。
1点目は、こぼれ球に反応しターンして左足で豪快に決めた。
左足の正確さも素晴らしいが、ターンを決めたところで結果が見えておった。
2点目は、中盤からスルスルとゴール前に上がっていき、低いクロスをトラップして冷静にゴール。
平戸の特長が表れておった。
どちらのゴールも豪快で心に響く。
また、先制点も平戸が流したボールからクロスが上がっており、結果的にチームの得点全てに絡んでおる。
まさに攻撃の核と言って良かろう。
平戸は町田にて大きく成長しておる。
指導しておる相馬監督に感謝である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク