FC2ブログ

サッカーダイジェスト 長崎戦寸評

【J1採点&寸評】長崎1-2鹿島|鹿島のターンオーバーが奏功!最高評価は攻守に奮闘したL・シルバ
藤原裕久
2018年08月16日


長崎――ミスと寄せの甘さから…


【警告】長崎=徳永(50分)、ファンマ(55分)、中村(90+1分) 鹿島=なし
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】レオ・シルバ(鹿島)


[J1リーグ22節]長崎1-2鹿島/8月15日/トランコスモスタジアム長崎

【チーム採点・寸評】
長崎 5
立ち上がりの15分ほどは果敢に攻め込みゴールを奪うも、ミスと寄せの甘さから鹿島にオープンな展開に持ち込まれて2失点。後半に中盤の守備をタイトにして巻き返しを狙うも得点を奪えずに、スコア以上の完敗を喫してしまった。

【長崎|採点・寸評】
GK
30 徳重健太5.5
大きなミスは無かった。あえて言えばフィードをもっと効果的に入れていきたいところ。

DF
4 髙杉亮太 5.5
積極的な攻め上がりから先制点を決めるが、その後は攻め上がったあとのクロスに課題が。

32 徳永悠平 5.5
冷静な判断を見せていたが、前半途中から押し込まれる。ピッチ上でリーダーシップを発揮できず。

45 ヨルディ・バイス 6
前半から守備の強さを披露。後半には自らドリブルで持ち上がるなど攻撃への積極性も見せた。

MF
3 飯尾竜太朗 5.5
献身的な上下動を見せるが、攻め残る相手サイドハーフに背後を取られるシーンが目立つ。

11 鈴木武蔵 5.5
スピードと運動量を生かしてショートカウンターを見せるも、キック精度に課題を残した。

15 島田 譲 5.5(80分OUT)
中盤の配球役としてプレーするもゴールに結びつけられず。守備の寄せもいつもより甘かった。

長崎――ファンマは激しいマークに苦しむ

19 澤田 崇 6
1試合を通して徹底的に走り、ゴールへ向かった。長崎で数少ないリズムを変えられる選手。

28 翁長 聖 5.5
サイドの深い位置まで切れ込んでいくが、ペナルティーエリアに入り込む際のプレーで精度を欠いた。

38 磯村亮太 5(HT OUT)
中盤でのボール奪取と縦へのパスでチャンスを作るも、次第にペースを失い前半で交代。

FW
9 ファンマ 5(61分OUT)
チョン・スンヒョンの激しいマークに苦しみ前線で起点となれず。途中交代は当然の帰結か。

交代出場
6 前田悠佑 6(HT IN)
守備の立て直し役として後半から出場。体を張った激しいマークで中盤の潰し役を担った。

20 中村慶太 6(61分IN)
後半途中から投入されると、飯尾との連携でサイドからの攻撃を活性化させた。調子は上向きだ。

27 新里 涼 -(80分IN)
試合終盤に投入されるもロングパスを狙いあう展開が多く、あまりボールに絡めなかった。

監督
高木琢也 5.5
スカウティングはできていたがチームとしての対応は不十分に。交代で立て直しは見せた。

鹿島――自陣に引き込んでのプレスが機能

【チーム採点・寸評】
鹿島 6.5
ターンオーバーのために前節から主力を含む4選手を入れ替えて臨み、立ち上がりに失点を喫したものの、勝負どころを押さえたしたたかな強さを発揮して逆転勝ち。相手を自陣に引き込んでからのプレスも十分に機能した。

【鹿島|採点・寸評】
GK
21 曽ヶ端準 6
失点こそあったが前への飛び出しなどでは冷静な判断を披露。後半はほぼノーミスで終えている。

DF
24 伊東幸敏 6.5
積極的に前に仕掛けるオーバーラップで遠藤との好連係を見せ、同点ゴールもアシストした。

5 チョン・スンヒョン 6
細かいファウルはあったが、長崎の攻撃の起点であるファンマに自由を与えない強さを見せた。

39 犬飼智也 6
90分を通して大きく崩れることはなかった。安定感のある守備で長崎の攻撃を跳ね返し続けた。

16 山本脩斗 5.5
相手のミスをついてボールを奪い、シンプルに裏へパスを通す。守備ではやや精彩を欠いた。

MF
20 三竿健斗 6
周囲のフォロー役として上手くチームバランスを保つ。攻守の切替の場面でも反応が速かった。

4 レオ・シルバ 6.5
MAN OF THE MATCH
中盤の底から前線まで広範囲に動き、能力の高さを発揮。同点ゴールのシーンでは巧さも見せた。

鹿島――敵DFの脅威となった金森

25 遠藤 康 6.5
得意の左足を生かして好機を演出。1試合を通じて数多くボールに触れ、攻撃の起点となった。

30 安部裕葵 5.5(HT OUT)
背後のスペースを狙われる場面もあったが、攻め残って攻撃でも貢献した。故障により前半のみで交代。

FW
8 土居聖真 6
金森より少し下がった位置からゲームを作り、鋭い動きでゴールへ向かうキレのあるプレーを見せた。

14 金森健志 6(87分OUT)
前線で積極的に動いて敵DFの脅威に。ゴール前でのアイデアも豊富で長崎にとっては厄介な存在に。

交代出場
32 安西幸輝 6(HT IN)(72分OUT)
後半から出場し、中盤が密集した展開の中で切れ込んでいくプレーを披露したものの負傷で途中交代

6 永木亮太 6(72分IN)
故障の安西に代わり後半途中からピッチへ。何度か前への仕掛けでチャンスを作っていった。

9 鈴木優磨 -(87分IN)
試合終盤の短時間の出場ながら、DFラインとの駆け引きを繰り返し、カウンターを狙う動きで牽制した。

監督
大岩 剛 6.5
スケジュールを考慮してターンオーバーを実施。起用した選手たちがしっかり結果を出した。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

取材・文●藤原裕久(サッカーライター)


サッカーダイジェストの藤原氏による長崎戦の寸評である。
逆転勝利に総じて良い評価が与えられた。
その中でユキとレオ・シルバ、そしてヤスに高い評点が付けられておる。
ユキは果敢な攻めから同点弾をアシスト、逆転時にも相手DFを引っ張っており貢献しておる。
守備でも良いところを見せ、これまでベンチ外が続いておっても常に準備しておったことが伝わってくる。
このような選手が揃う際には鹿島は強さを発揮する。
ヤスは同点弾の起点、逆転弾とMVP級の働きをしておった。
逆転弾は、“ヤスゾーン”とも呼ばれる得意の位置からであり、胸がすくシュートと言えよう。
ボールタッチも多く、まさにチームの軸であったことはいうまでもない。
そしてレオ・シルバである。
MOMにも選出されたボランチは、運動量、シュートと能力を発揮した。
この試合こそ、最高の賛辞を送られる活躍であったが、清水戦・名古屋戦も良い動きをしておった。
調子が上り調子の様子。
ジーコ来日に合わせるようにモチベーションが高まっておるのが伝わってくる。
昨季より続く負傷による負の連鎖がやっと切れたのではなかろうか。
レオ・シルバの能力にてアジアの頂点に立ちたい。
調子の更なる向上を期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

長崎戦報道

鹿島遠藤V弾 長崎降格圏抜けられず/長-鹿22節
[2018年8月15日21時13分]


MF遠藤康の逆転ゴールを喜ぶ鹿島の選手たち(撮影・菊川光一)


試合前、黙とうをささげる長崎と鹿島の選手たち(撮影・菊川光一)


<明治安田生命J1:長崎1-2鹿島>◇第22節◇15日◇トラスタ

 鹿島アントラーズが逆転勝ちで、勝ち点を32に伸ばした。一方のV・ファーレン長崎は4戦勝ちなしとなり、降格圏内から脱出することはできなかった。

 先制したのはリーグ再開後の6試合でわずか3得点、1勝1分け4敗の長崎だった。前半14分、クリアされたボールをセンターサークル付近で拾ったMF翁長聖が左前線にロングフィード。これをDF高杉亮太がダイレクトで左足で折り返すと、ボールはそのままGK曽ケ端準の頭上を越えてゴールに吸い込まれた。

 だが、鹿島もその8分後、リーグ8試合ぶりに先発出場したDF伊東幸敏が右からクロスを送ると、ゴール前を通り抜けたボールを逆サイドで拾ったMFレオ・シルバが、狙い澄ました右カーブシュート。これまたGK徳重健太の頭上を越えて、鮮やかな同点ゴールが生まれた。

 リーグ戦だけでなく、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)やルヴァン杯など50日間で13試合もこなさなければいけない鹿島。その2戦目とあって両サイドバックを2枚とも代えるなど、前節から選手を4人入れ替えてきた。

 すると39分、カウンター攻撃をDF山本脩斗、MF三竿健斗、FW土居聖真とつないで、MF遠藤康に渡る。右から伊東が猛ダッシュを見せると、相手DFもそちらに気を取られた。遠藤はすかさず、中に切り込み、左足で狙い澄ましたカーブシュート。これがペナルティーエリアの外から決まって、鹿島が2-1で逆転した。

 後半開始から、鹿島は足を痛めたMF安部裕葵に代わってDF安西幸輝を投入。しかし、その安西も脚を痛めたか、途中でMF永木亮太に代わり、連戦の最中、負傷具合が気になる場面も生まれた。

 長崎は終戦記念日、満員のホーム試合で、サポーターに勝利を届けることはできなかった。

鹿島伊東、控え組代表の意地「力を見せたいなと」
[2018年8月15日22時47分]


長崎対鹿島 前半39分、MF遠藤康の逆転ゴールを喜ぶ鹿島の選手たち(撮影・菊川光一)

<明治安田生命J1:長崎1-2鹿島>◇第22節◇15日◇トラスタ

 台風が過ぎた長崎は、湿度94%の雨模様。蒸し暑く、コンディションは厳しかった。だが、鹿島アントラーズの選手たちの足は、最後まで止まらなかった。勝ち越しゴールを決めたMF遠藤康は「みんなが勝つためにすごい走って頑張っていたので、それが勝ちにつながった」と仲間を誇った。

 前半14分に、クロス気味のボールが吸い込まれるアンラッキーな形で先制を許した。だが、約4カ月ぶりの先発出場を果たしたDF山本脩斗は「チームとして落ち着いていた」。

 すると8分後だった。8試合ぶりの先発出場を果たしたDF伊東幸敏が遠藤を追い越す形でオーバーラップし、遠藤からパスを受けて右からクロスを挙げた。そこにFW陣が飛び込む。FW金森健志は「サイドを崩した際、中には絶対に3人入れと言われていた。自分がつぶれることで得点の形をつくれていた」。

 通り過ぎる形でMFレオ・シルバに渡ると、あまり角度のない左の位置から迷わずゴールを狙った。「ボールを理想としたところに止めることができた。迷いなくシュートを打った」。鮮やかな弧を描いて、サイドネットに吸い込まれた。「あの得点で多くの人が目が覚めたことを願っています」。今季初ゴール。リーグ再開後は見違えるようなパフォーマンスを見せている背番号4は笑って言った。

 その言葉通り、次の得点も鹿島だった。再び遠藤に渡ったボール。伊東も再び、遠藤を追い越す形でオーバーラップを仕掛けた。そこに相手DFがつられた。今度はパスを出さず、中に切り込む。そして、左足で狙い澄ましたカーブシュート。前半39分、まさに“連動”で奪った勝ち越しゴールだった。

 MF安部裕葵とDF安西幸輝がそれぞれ右足首と右膝の負傷で途中交代するアクシデントに見舞われた。それを乗り越えて、チーム力で勝ちきった。

 伊東は「メンバー外の時間がすごく続いて、メンバー外の人たちとつながる中で、試合前に彼らの顔が浮かんだ。メンバー外代表じゃないけど、力をすごい見せたいなと思っていた」。そんな思いがうまく絡み合った長崎戦。50日間で13試合をこなす過密日程の中で、底上げができた。

「ジーコが運」鹿島逆転勝ち 主力外しの賭け的中
[2018年8月16日7時26分 ]


長崎対鹿島 前半39分、MF遠藤の逆転ゴールを喜ぶ鹿島の選手たち(撮影・菊川光一)


鹿島ジーコ・テクニカルディレクター(18年8月5日撮影)


<明治安田生命J1:長崎1-2鹿島>◇第22節◇15日◇トラスタ

 大きな“賭け”だった。鹿島アントラーズはチーム得点王のFW鈴木を控えに回し、MF小笠原や内田、西の両右サイドバックはメンバーにもいない。50日間で13試合の過密日程を見越した大胆な起用。これに選手が応えた。不運な失点を覆しての逆転勝ち。底上げに成功した。

 果敢に右サイドを駆け上がり、MFレオ・シルバの1点目をアシストし、MF遠藤の2点目の際は相手を引きつけたDF伊東は再開後、初先発。「メンバー外の時間が続いて、試合前は一緒に過ごした彼らの顔が浮かんだ。メンバー外代表じゃないが、力を見せたいと思った」。FW金森もその1人で「これでチーム力がアップする」と誇った。

 ジーコ・テクニカルディレクターの御前で連敗するわけにはいかなかった。鮮やかなカーブで今季初得点を挙げたレオ・シルバは「ジーコが運をもたらせてくれた。ずっといてくれればな」と満面の笑みだった。

鹿島 ジーコTD効果で白星飾る!大岩監督も逆転勝利に高評価
明治安田J1第22節 鹿島2-1長崎 ( 2018年8月15日 トラスタ )

 14日にジーコ・テクニカルディレクター(TD)をコーチ登録した直後の試合を白星で飾った。前半14分に先制を許したが、レオ・シルバのゴールで同点。同39分には右サイドから切れ込んだ遠藤が左足で勝ち越しゴール。

 ジーコTDはこの日、ベンチ入りしなかったが、大岩監督は「厳しい条件の中、最後までやってくれた」と逆転勝ちに高評価を与えた。

[ 2018年8月16日 05:30 ]

【鹿島】安部、安西が負傷退場も逆転勝利 同点弾レオシルバ「アリガトウゴザイマス!」
2018年8月15日22時46分 スポーツ報知

  ◆明治安田生命J1リーグ▽第22節 長崎1―2鹿島(15日・トランスコスモスタジアム長崎)

 鹿島が逆転で長崎を下した。

 前半14分に不運な形で失点を喫したが、同22分にMFレオシルバが「アリガトウゴザイマス!理想としたところにボールを止めることができたので狙いました。多くの人の目が覚めたかな(笑い)」と振り返るスーパーゴールをペナルティーエリア左からサイドネットに突き刺し同点。同39分には左サイドから侵入したMF遠藤康が狙いすました左足で勝ち越し点を奪った。

 MF安部裕葵が右足首、安部に代わって投入されたDF安西幸輝が右膝を痛めて相次いで負傷退場するアクシデントに見舞われたが、終盤は相手のパワープレーに屈することなく立ち向かい、白星を手にした。大岩剛監督は「厳しい状況の中でいいパフォーマンスを90分やってくれた結果」と振り返った。

 安部、安西はともに足を引きずりながらも「大丈夫です」と話し、松葉づえなどは使わず自分の足で移動バスに乗り込んだ。


逆転勝利も扱いの小さい各紙である。
この順位では致し方のないところ。
このような扱いであったことを後に後悔させるべく、ここから大躍進を遂げたい。
その中で、報知の速報にて裕葵と安西の試合後の様子が伝えられる。
「安部、安西はともに足を引きずりながらも「大丈夫です」と話し、松葉づえなどは使わず自分の足で移動バスに乗り込んだ」とのこと。
負傷は軽傷の様子。
これは一安心と言えよう。
この先も過密日程が続く。
選手の負傷離脱は、戦力の大幅な減少へと繋がるため避けたい。
この先も全力でタイトルを目指す。
総力戦である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク