FC2ブログ

安部裕葵、右足関節捻挫

安部選手の負傷について
2018年08月17日(金)

8月15日(水)明治安田J1第22節 V・ファーレン長崎戦で負傷した安部 裕葵選手について、チームドクターより検査結果の報告がありましたのでお知らせいたします。

■受傷名:
右足関節捻挫

■治療期間:
約2~3週間

■負傷状況:
8月15日(水)明治安田J1リーグ第22節 V・ファーレン長崎戦で負傷


長崎戦にて負傷交代した裕葵の診断結果が公式発表された。
右足関節捻挫にて約2〜3週間とのこと。
これは痛い。
特にACL・天津権健戦第1戦に出場が叶わないことは思いのほか響きそうである。
とはいえ、そこを嘆いても仕方がないところ。
ルヴァン杯までに復帰してもらおうではないか。
心待ちにしておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

持ち味を発揮する試合に期待したい

前回対戦は横浜FMの完勝。鹿島はセルジーニョにデビューの可能性


暫定7位の鹿島と同14位の横浜FMの対戦である。

このところ、両者の対戦は横浜FMが2連勝している。昨季の明治安田J1第30節では3-2で横浜FMが勝利。今季は第11節で相対し、そのときも横浜FMが3-0で完勝した。ただ、この2試合はいずれも日産スタジアムで行われたものだった。県立カシマサッカースタジアムの対戦では、いまのところ鹿島が5連勝を遂げている。今回の対戦ではどうなるだろうか。

前節の長崎戦で鹿島は先発を4人入れ替えて戦った。先制点こそ奪われたものの、前半のうちに2点を返す逆転勝利。連戦を戦う上でメンバーを替えながら勝点3を得られたことは大きい。ここからはAFCチャンピオンズリーグ準々決勝第1戦・天津権健戦を含むホーム3連戦が待つ。明治安田J1で上位を目指すだけでなく、クラブとして初めてのアジアチャンピオンを目指すためにも、ホームゲームが続くこのタイミングで勢いを得たいところだ。ジーコテクニカルディレクターの推薦で新加入したセルジーニョも初出場に向けてコンディションを高めている。長崎戦では初めてベンチ入りしたものの、故障者二人が出るアクシデントにより、初出場はかなわなかった。もしかしたら、今回の横浜FM戦で出番があるかもしれない。

横浜FMはなかなか調子が出ていない。中断明けから2勝4敗と負け越しており、前節の名古屋戦も終了間際にジョーに決勝点を奪われ、1-2で敗れている。初めてチャレンジした3バックで結果を残すことができなかった。ここまでのシーズンはずっと4バックを貫いてきた。しかし、ここに来て3バックに挑戦しただけに、今回の試合でもどちらが採用されるのか注目される。

なかなかゴールが奪えていないのも、いまの横浜FMの問題点だろう。中断明け初戦で仙台から8得点を奪ったあと、次のFC東京戦では2得点したものの、その後はゴールが奪えても1点止まり。攻撃力が自慢のチームだけに、早く改善を示したいところだ。攻撃のテコ入れとして16日にはFC東京から久保 建英の期限付き移籍が発表された。この鹿島戦から出場が可能となる17歳の攻撃的MFはどのようなプレーを見せるのか。もし、ベンチ入りとなればこちらも注目だ。

前回の対戦では7分という早い時間に遠藤 渓太のゴールが決まり、横浜FMが勢いに乗って試合を進めることができた。鹿島としては前回の二の舞は避けなければならない。また、このところは先制点を奪われる試合が続いているため、慎重な入りが必要だろう。勢いに乗ればお互いに多くのチャンスを築ける攻撃力を持っているだけに、思わぬ展開となる可能性も秘めている。持ち味を発揮する試合に期待したい。

[ 文:田中 滋 ]


「このところは先制点を奪われる試合が続いているため、慎重な入りが必要だろう」と記すJリーグ公式の田中滋氏によるプレビューである。
名古屋戦、長崎戦と不用意な失点で先制される試合が続いた。
これは由々しき仕儀である。
しかしながら、「慎重な入り」というのは言葉の綾としても難しい。
名古屋戦も長崎戦も、そこに関して言えば慎重であったように思う。
特に長崎戦は重心を重くして試合に入っておった。
それでも、あのようなラッキーゴールが入るのもサッカーという球技の妙である。
とはいえ、このFマリノス戦はある程度様子を見ることも必要であろう。
Fマリノスは新たに3バックを採用し、新布陣で挑んでくる。
そこをどう攻略するのか、相手の出方はどうなのかを見極める時間を取ると思われる。
また、「セルジーニョも初出場に向けてコンディションを高めている」とある。
前節・長崎戦では負傷交代にて二つの交代枠を使ったため出場機会を得られずに悔しい思いをしたはず。
ここは、その気持ちをこのホーム後にて発憤させたい。
お互いの攻撃に特徴の持つチームの対戦となる。
どちらの“剣”が鋭いのかを証明しようではないか。
楽しみである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

セレッソ・山村、焦らずにしっかり治したい

セレッソ山村 復帰間近も焦らず「しっかり治したい」

C大阪の渡辺フィジカルコーチと(左)とトレーニングをする山村
Photo By スポニチ


 C大阪は右太腿裏痛で離脱しているMF山村の復帰が近づいてきた。8試合ぶりの勝利を挙げた清水戦から一夜明け、16日に大阪市此花区で調整。スパイクを履いてボールを使ったメニューを消化した。

 22日の天皇杯4回戦J2甲府戦や25日のリーグ広島戦に間に合う可能性もある中で「早く復帰したい気持ちが強いけど、まずは焦らずにしっかり治したい」。3バック布陣ならセンターラインをどこでもこなせる背番号24だけに、戻ってくれば大きな戦力となることは間違いない。体調不良で離脱していたMF福満も完全合流し、19日の長崎戦に出場できる見通しだ。

[ 2018年8月17日 09:10 ]


復帰が近づくセレッソの山村である。
ボールを使ったメニューを消化したとのこと。
「早く復帰したい気持ちが強いけど、まずは焦らずにしっかり治したい」と本人の弁。
中断明けのセレッソの不調は山村不在の部分があったのではなかろうか。
山村復帰にて調子を上げてくるやも知れぬ。
不気味な存在である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク