FC2ブログ

円熟のプロフェッショナルが、アジアの頂へ続く道を疾走する

PICK UP PLAYER


「シーズン前半戦のようなパフォーマンスでは、それは自分ではないのだと思っています。“違いを見せなければいけない”という意識を持って試合に臨んだら、自然と自分のプレーができるようになっていました」

 真夏の連戦、高温多湿をものともせずに所狭しとピッチを駆け続ける背番号4。長いリーチを活かした対人戦、鋭いタックルで相手の矛を無力化すると同時に、攻撃の起点としてアントラーズのスイッチを入れる。8月に入り、1日のFC東京戦から6試合連続フル出場。レオ シルバは今、己の存在価値を改めて証明するがごとくミドルゾーンに君臨し、輝きを放っている。

 「得点の場面は、理想通りの位置にボールをコントロールすることができたので迷いなくシュートを打ちました」。8月15日、長崎戦。思いがけない形で先制を許し、未経験の高湿度に苦しめられていたアントラーズを救ったのは、レオのファインゴールだった。曽ケ端のキックに右サイドの遠藤が反応して前を向く。ゲームキャプテンのドリブルから、伊東のオーバーラップで攻撃が加速。ファーサイドへ飛んだクロス、ペナルティーエリア左奥でボールに追いついたのがレオだった。遠藤がボールを持った瞬間には自陣中央に位置していた背番号4が、機を見た疾走でスペースを突いていたのだった。右足を一閃、そしてサイドネットに突き刺したコントロールショット。「あの得点で、多くの人の目を覚ますことができていればと願っています」。無尽蔵のスタミナ、そして高水準の技術――。笑顔と冗談で振り返った同点弾こそ、レオの真骨頂だった。

 「優磨はうちの得点王で、絶対の信頼を置いています。彼に預ければ、得点が決まる。そう信じてプレーしています。今日はチャンスを活かせませんでしたが、相手の守備も称えないといけない。今後の試合では点を取ってくれるはずです」。8月24日、磐田戦。失意の結末を迎えた聖地で、そのタフネスは抜群の存在感を誇っていた。パスカットを連発し、サックスブルーの攻撃を寸断。1点リードで迎えた80分、中盤でのインターセプトから一気にスピードを上げ、敵陣を切り裂く。願いを乗せた背番号9へのラストパスはため息へと変わってしまったが、改めてその存在感を刻み込んだプレーだった。レオは鈴木を気遣いながら、新エースの奮起を促していた。

「シンプルなことで、このクラブに在籍することが非常に嬉しいんです。心が満たされています。自分がやろうとしているプレーはある程度は表現できたと思いますが、シーズンの終わり方は誰もが望んでいないものでした。このクラブにいられることは本当に幸せです。来季の最後にはみんなで笑いあえたらと思っています」

 2017年。鹿のエンブレムを纏った1年目のシーズンは、忘れ得ぬ光景とともに幕を閉じることとなった。最終節での首位陥落。レオはJリーグ優秀選手賞の栄誉を得たものの、「二度と味わいたくない」思いだけが胸に刻まれた。「素晴らしい歴史があり、数々のタイトルを獲っている偉大なクラブ。その歴史にたくさんのタイトルを残したいと思います」。その言葉を現実のものとするために、今季に懸ける思いは並々ならぬものだった。

 だが、低空飛行を続けたアントラーズにあって、背番号4もまた苦しんでいた。リーグ開幕10試合で、先発はわずか3回のみ。コンディション不良と負傷の影響で、輝きを放つことができなかった。5月20日のJ1中断後、6月下旬の静岡キャンプも別メニューでの調整が続く。虎視眈々と、しかし来たるべき時に向けて準備を進めていた。

 そして迎えた、復活の夏。「幸いと言ったらおかしな話ですけど、ケガをしたことによってしっかりとフィジカルを強化する時間を確保できたんです」とレオは言う。「“違いを見せなければいけない”という意識」を体現するためのコンディションを整え、背番号4は躍動を続けている。ともにミドルゾーンを制圧する永木は「レオが何度も何度もボールを取ってくれる。その良さを出させてあげたい」と、揺るぎない信頼を語っていた。「この暑さや湿度の高さは非常に好きなので、夏がもっと続いたらいいのに」と笑いつつ、レオは勝利だけを目指してピッチを駆け続けている。

「運をもたらしてくれる存在と思うので、ずっといてくれればと思います」

 そして、もう一つ。ピッチでの躍動、その理由を探る報道陣から必ず問われることがある。ジーコTDの来日と、その影響について――。流暢な日本語を操る32歳は通訳を介す前に笑顔を見せつつ、しかし多くを語ろうとはしない。“そんなに単純なことではない”という、プロフェッショナルとしての矜持ももちろんあるだろう。しかし何より、憧れの存在であるからこそ、この上ない敬意を抱いているからこそ、自身のパフォーマンス向上と直接的に結びつけることなどできない。そんな思いもまた、言葉に滲んでいる。「このユニフォームに袖を通してきた偉大なブラジル人たちである、ジーコ、レオナルド、ジョルジーニョのように成功できるように頑張ります」。アントラーズでの歩みを始める前に刻み込んだ決意を改めて思い返した時、フットボールの神様とともに勝利を目指す日々がどれほどの喜びをもたらしているか。だからこそ、今季こそ。アントラーズとともに、ジーコとともに、タイトルを――。

「ホームでアドバンテージを持って、第2戦に臨めるようにしないといけません。一つひとつの試合を大事にして、結果を出したいです」



 中国の雄を聖地へ迎え撃つ、前半90分。アントラーズのミドルゾーンには、王国のDNAを継承するスーパーボランチがいる。レオ シルバ、32歳。円熟のプロフェッショナルが、アジアの頂へ続く道を疾走する。


レオ・シルバをピックアップするFreaks+である。
「優磨はうちの得点王で、絶対の信頼を置いています。彼に預ければ、得点が決まる。そう信じてプレーしています。今日はチャンスを活かせませんでしたが、相手の守備も称えないといけない。今後の試合では点を取ってくれるはずです」とジュビロ戦後にコメントし、優磨を奮い立たせる。
そして天津権健戦に向けて、「ホームでアドバンテージを持って、第2戦に臨めるようにしないといけません。一つひとつの試合を大事にして、結果を出したいです」と語る。
明日の試合を託した。
中盤のキーマンの躍動を拝みにスタジアムに向かう。
勝利を信じておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

チョン・スンヒョン、韓国代表選出

韓国代表選出のお知らせ
2018年08月27日(月)

本日、親善試合(vsコスタリカ9/7@高揚)、vsチリ9/11@水原)に向けて韓国代表メンバーが発表されました。

鹿島アントラーズからは、チョン スンヒョン選手が選出されました。


韓国代表に選出されたチョン・スンヒョンである。
これは朗報。
是非とも活躍してきて欲しい。
また、このインターナショナルマッチデイにはルヴァン杯が開催されるが、スンヒョンは鳥栖在籍時に出場しておるため今季のこの大会には出場できぬため、特に影響はない。
スンヒョン抜きにてこのルヴァン杯を制覇せねばならぬが、そこは町田や犬飼に奮起してもらうところ。
そこもまた楽しみである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

天津権健、助っ人移籍志願で帯同せず

【鹿島】思わぬ“追い風”天津権健の「金満三銃士」崩壊? 28日ACL準々決勝
2018年8月27日6時5分 スポーツ報知


MF小笠原満男(左)とMF永木亮太(右)

  鹿島は26日、ACL準々決勝第1戦・天津権健(中国)戦(28日・カシマ)に向けた調整を行った。後半ロスタイムに同点弾を許した磐田戦から中3日で行われる大一番に向け、DF犬飼智也(25)が「切り替えが大事。チームとして、もう顔を上げている」と話すなど、クラブ初のアジア4強入りをかけた決戦への士気は高まっている。

 大岩剛監督(46)が「総力戦になる」とにらむ大一番に、鹿島にとって思わぬ“追い風”が吹いている。天津権健は日本戦にも出場したベルギー代表MFヴィツェル、元ブラジル代表FWパト、ケルンでFW大迫勇也とコンビを組んだFWモデストの“金満三銃士”を軸に8強へ進んだが、今夏にヴィツェルのドルトムント移籍が決定。さらに現地紙によると、モデストは移籍を認めないクラブへの不満から練習参加をボイコット中。4日を最後に公式戦出場がなく、日本遠征にも帯同しない見込みだという。


津権健戦の助っ人状況について報じる報知新聞である。
ベルギー代表としてロシアW杯にて日本代表とも対戦したのヴィツェルはドルトムントに移籍し、今朝のライプツヒ戦に先発出場した。
また、強力FWのモデストは欧州移籍を志願し、練習参加を拒否しておる。
この二人の欠場により、天津権健の攻撃力はかなり弱まったと言えよう。
とはいえ、鹿島も日本代表CBと主軸FWの背番号10及び助っ人が移籍しており、戦力として満足出来るかというと疑問である。
決して気を緩めることなど出来ぬ。
大岩監督の言うように「総力戦」にて勝負をかけたい。
注目の一戦である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

この先は優勝経験のあるクォン スンテしか知らない景色が待っている

アジア王者への挑戦が再開!立ちはだかるのはウィツェル移籍の天津権健
明治安田J1第24節・磐田戦から中3日。戦いの舞台は再びアジアへと移る。 対戦相手は中国超級リーグに属する天津権健だ。グループステージでは柏と同じグループEを戦い、2位でノックアウトステージに進出してきた。 ラウンド16では同じ中国の広州恒大と対戦。2試合とも0-0、2-2と引き分けだったものの、アウェイゴールの差で準々決勝に歩みを進めてきた。鹿島とは初めての対戦となる。

天津権健の国内リーグでの成績は決して良いとは言えない。現在の順位は6位(25日開催終了時点)だが、7勝5分8敗と一つ負け越しており、W杯による中断明けからも成績は変わらず、3勝2分4敗と上向いていない。同じ期間で5勝3分2敗とした鹿島とは対照的だ。チームの目玉の一つであった外国籍選手が機能していないことも、その成績に影響しているかもしれない。W杯に出場し、日本代表とも対戦したベルギー代表のアクセル ウィツェルがドイツ・ドルトムントへ移籍。さらに、アレシャンドレ パトと前線でコンビを組んでいたアントニー モデストも移籍を志願し、国内リーグで4試合欠場を続けている。指揮官であるパウロ ソウザ監督も頭を悩ませていることだろう。とはいえ天津権健は、グループステージから快進撃を続けてきたチームではない。柏との対戦でも、チャンスの数で言えば柏のほうが上回っていたかもしれない。それでも少ない決定機をモノにして勝ち上がってきた実力は侮れない。鹿島もスキを見せれば相手を有利にしてしまうアウェイゴールを献上するだろう。まずは失点を防ぎつつ、勝利を目指す戦いとなる。

迎え撃つ鹿島も万全の状態とは言えないだろう。W杯では獅子奮迅の活躍を見せた昌子 源が足首を痛めて欠場を続けている。両ひざを手術したレアンドロもリハビリの最中だ。主力選手を欠く状況の中、大岩 剛監督は選手をやりくりしながら戦っている。

リーグ前節・磐田戦では田中 稔也や三竿 雄斗といった出場機会が少ないメンバーを起用し、遠藤 康や三竿 健斗という主力選手を休ませることができた。また、ケガで試合から離れていた安部 裕葵も練習に復帰しており、新外国籍選手のセルジーニョを加えた陣容をどう生かすのか、大岩監督の手腕にも期待が寄せられる。

鹿島としてAFCチャンピオンズリーグのタイトルはまだ獲ったことがない。優勝は悲願であることは間違いないが、「まだベスト8」(遠藤)である。初めてノックアウトステージ初戦を突破し、2008年以来の準々決勝(08年のノックアウトステージは準々決勝から)とはいえ、頂点への道のりは長い。

この先は優勝経験のあるクォン スンテしか知らない景色が待っているが、階段を上るように目の前の試合に勝っていくしかない。試合の中で選手同士が話し合いながら攻めるときなのか、守るときなのかを共有してきたやり方を、この試合でも継続するだけだ。

[ 文:田中 滋 ]


「ケガで試合から離れていた安部 裕葵も練習に復帰」と記すJリーグ公式の田中滋氏によるプレビューである。
全治2〜3週間と公式発表されており、この試合は欠場と思われておったが、間に合わせてきた。
これは朗報と言えよう。
2列目として躍動してくれるのではなかろうか。
起用されることとなれば、得点に絡み、チームに勢いを与えてくれよう。
また、クラブとしては新たなる景色を体験していく第一戦となる。
アウェイゴールを許さぬ完封勝利を達成したい
気合いの入る一戦である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

安西幸輝、気負いすぎたら空回りしちゃうと思う

鹿島安西PK献上「いじられた」ACLで雪辱だ
[2018年8月26日17時22分]


サイドからクロスを上げるDF安西


サイド攻撃の練習を行うDF安西(右)とDF内田


J1鹿島アントラーズは26日、茨城県鹿嶋市で、28日にホームで行われるアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝第1戦、天津権健(中国)戦に向けて練習を行った。

24日のジュビロ磐田戦で、1点をリードした後半ロスタイムに痛恨のハンドでPKを与えてしまったDF安西幸輝は「いろんな人にいじられました。いじられる方が楽というか」とチームメートに感謝しつつも「勝ち点2を落としちゃったので。試合にちゃんと入れて、流れも持って来られただけに、最後のシーンしか残らなかったことがつらかった」と悔しがった。

それでも、試合はすぐにやってくる。雪辱の機会はACLの舞台で。「気負いすぎたら空回りしちゃうと思う。いつも通りということと、どこかで取り返せればいいという気持ちはある」と静かに闘志を燃やした。


ACL・天津権健戦に向けた練習を取材したニッカンスポーツである。
ジュビロ戦にてハンドリングを取られた安西は「いろんな人にいじられました。いじられる方が楽というか」とコメントする。
チームとしては話題としていじることで遺恨を残さぬ風習がある。
このプレイは既に過去、次は良いプレイにて勝利に貢献してくれよう。
そして、ACL・天津権健戦については「気負いすぎたら空回りしちゃうと思う。いつも通りということと、どこかで取り返せればいいという気持ちはある」と語る。
平常心にて挑み、いつも通りにプレイするのだ。
安西の活躍を楽しみにしておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク