FC2ブログ

大岩監督、サッカー戦術トレーニング受講

ワールドフットボールアカデミーサッカーの戦術トレーニングを受講した大岩監督である。
アジアを制しても驕ることなく自己の成長に投資する大岩監督を讃えたい。
2019年シーズンは更に素晴らしい采配を見せてくれよう。
期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ



ハムシクの代理人、移籍を否定

移籍を否定したハムシクの代理人である。
「鹿島が興味」と報じられたが、地元ラジオにて「ナポリとの契約は2020年夏まで残っているし、もう1年の延長オプションもある。それに彼はキャリアの最終章をスロバン・ブラチスラバ(スロバキアの出身クラブ)で過ごしたいと思っている。あと4年はトップレベルでプレーできるだろうしね」と語ったとのこと。
この言葉にて今冬での鹿島への加入はないと言い切れる。
かなり残念ではあるが、これもナポリ愛を貫くハムシクらしい。
「絶対的存在」かと思われたが、ハムシクではなかった。
とはいえ、鹿島が大物に興味を持っておることが伝わってきた。
どのような選手が来るのであろうか。
楽しみにして待ちたい。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

鹿島が「小笠原満男の後釜」としてナポリ主将に関心? ただ現時点で代理人は…
ワールドサッカーダイジェスト編集部
2019年01月05日


ここ数年は主に中盤センターが持ち場。


鹿島移籍の噂が持ち上がっているハムシク。

 ナポリで主将を務めるスロバキア代表MFのマレク・ハムシクにJリーグ行きの話が持ち上がっている。年明けから『tuttonapoli.com』などのイタリア・メディアが報じている。

 2007年にブレッシャからナポリに加入したハムシクは、チームのバンディエーラ(旗頭)として活躍。17年12月にはディエゴ・マラドーナが持つクラブ歴代最多得点(116ゴール)を更新するなど、ナポリにとっては伝説的な選手のひとりだ。

 18年夏には「ナポリではやりつくした」と高額オファーが届いた中国への移籍に傾いたが、カルロ・アンチェロッティ新監督に説得されて残留。今シーズンもセントラルMFの主力のひとりとして活躍している。

 しかし、19年7月には32歳になるだけにキャリアの最終章に差し掛かっているのは事実。そこで今夏の獲得に向けて、いまだ興味を失っていない中国、そして日本のクラブが獲得に興味を持っているという。Jリーグではアジア王者の鹿島アントラーズの名前が現地で取沙汰されている。

 元々はトップ下やシャドーで活躍してきたハムシクだが、ここ数年はインサイドハーフを担い、今シーズンは2セントラルMFが主戦場。際立ったパスセンスを発揮している。仮に鹿島入団となれば、現役引退した小笠原満男の穴を埋める存在となりうる。

 ただ、ハムシクの代理人は現時点でのナポリ退団を否定。現地時間1月3日に地元ラジオにこう語っている。

「ナポリとの契約は2020年夏まで残っているし、もう1年の延長オプションもある。それに彼はキャリアの最終章をスロバン・ブラチスラバ(スロバキアの出身クラブ)で過ごしたいと思っている。あと4年はトップレベルでプレーできるだろうしね」

 全盛期にはミランやユベントス、R・マドリー、マンチェスター・Uなどメガクラブからオファーが届きながら、“ナポリ愛”を貫いたことでも知られるハムシク。今夏の決断に注目が集まる。

二人の強化部責任者

鹿島の鈴木満常務取締役強化部長と川崎の庄子春男取締役強化本部長を取材した河北新報である。
二人の考えが伝わってきて興味深い。
二人は宮城工業高校のOBであり、旧知の仲であることは有名である。
ともにクラブ強化の立場にあり、結果を出しておる。
今季はお互いに思うところもあろう。
どのようにクラブの未来を描き、更に結果を出し続けるのか、注目である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

J1鹿島と川崎、意外な共通点は?…実は強化担当トップが宮城工高OB 強さの秘訣を聞く


 昨年サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)を初制覇し、主要タイトル20冠を達成したJ1鹿島と、リーグ2連覇を果たした川崎。日本を代表する二つのサッカークラブの強化担当トップを、宮城工高OBで同級生の2人が務めている。1993年のJリーグ開幕から四半世紀、2人はどうやって日本を代表するクラブをつくり上げたのか。鹿島の鈴木満常務取締役強化部長(61)と、川崎の庄子春男取締役強化本部長(61)に秘訣(ひけつ)を聞いた。(剣持雄治)

◎川崎・庄子春男氏「強さの維持秘訣は我慢」鹿島・鈴木満氏「一度勝つより継続大変」

 -昨季は両クラブの勝負強さが際立った。
 庄子 2017年に初めてタイトルを取って、個人的には肩の荷が下りた。周囲からシルバーコレクターと言われていたので、2連覇で完全に吹っ切れた。
 鈴木 一度勝つと、プライドや自信が湧いてくる。もちろん、一度勝つより継続する方が大変だ。1993年に10チームで始まったJリーグに、日本リーグ2部だった鹿島が加入できた。当時人口4万の地方都市で興行が成り立つのか、お荷物にならないかという危機感しかなかった。それが今につながっている。

 -強さを維持するこつは。
 庄子 我慢が大事。現在の川崎の土台は風間八宏前監督(現名古屋監督)がきっかけをつくった。風間監督時代の13年、開幕から3分け3敗と苦しんだが、サポーターも含めて我慢してくれた。あれがなかったら今はない。チームづくりの上で分岐点になった。
 鈴木 鹿島は元ブラジル代表のジーコを呼んだのが大きかった。体制も設備も整っていなかった91年、ジーコが選手、私が監督という立場だったが、私は怒られまくった記憶しかない。「プロとは何か」。仕事のノウハウを彼から学んだ。近年は選手の海外志向が高まり、22、23歳で移籍してしまう。短いスパンでタイムリーに手を打たないといけない。

 -サッカー以外の勤務経験は。
 庄子 現役引退後、富士通の工場で働いていた。人事で採用面接も受け持ち、社員考課にも携わった。今は選手を評価する立場。今の仕事に通じる部分だ。
 鈴木 住友金属工業で石炭や鉄鉱石の管理に携わった。トラック運転手や船の荷揚げ職人らと接する機会は多かったのは今の仕事の役に立っている。人を管理する立場ではあるが、偉そうにしてはいけない。労をねぎらいながらメンタルコントロールするのが大事。

 -高校の同級生が、国内最高峰の舞台で同じ仕事に就いている。
 庄子 幸せであり、不思議な感覚だ。私よりも満の方がこの仕事を始めるのが早く、今までいろいろ助言を受けた。「もっと試合に出られるチームへ選手を出すのも補強だよ」と言われたのは印象に残っている。
 鈴木 うれしいし、いろいろ相談できる。川崎がJ1に上がった時に鬼木達、鈴木隆行らの川崎への移籍は僕と庄子の関係があったからだと思う。敵ではあるが、同級生だから話しやすい面もある。

 -故郷のJ1仙台をどう見ているか。
 庄子 限られた予算でうまくやりくりしている印象がある。川崎と仙台のサポーター同士も良好な関係で、試合の時は両サポーターを区切る緩衝地帯がないのもいい。仙台とは印象深い試合が多く、3位になった13年は開幕7試合目の仙台戦で初勝利してそこから上がっていけた。11年は東日本大震災後に再開したリーグ戦で逆転負けした。この時ばかりは「負けて悔しい」という感情とは少し違うものを感じた。
 鈴木 ビッグネームを取れない中、移籍で選手をうまく活用している。目の付けどころが良く、交渉上手だ。故郷のチームなので、勝ち負けは常に気にしている。震災復興を冠した仙台での試合では苦戦した記憶が強い。茨城も被災地だが、復興への思いがこもった仙台の人たちがいる中だと、選手の集中力も違うのかと思っていた。

佐藤昭大、熊本から山形に完全移籍

熊本から山形に完全移籍する佐藤昭大である。
熊本のJ3降格に伴った苦渋の決断であることがコメントから伝わる。
これもプロサッカー選手としては理解するところ。
また、この移籍により、山形ではさんまVS.櫛引のポジション争いが勃発する。
非常に興味深い。
どちらがゴールマウスを守ることになるのであろうか。
注目である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

佐藤 昭大選手 完全移籍加入のお知らせ
2019年1月5日(土)

この度、佐藤昭大選手がロアッソ熊本より、完全移籍にて加入することが決定しましたのでお知らせいたします。

佐藤 昭大 Akihiro SATO
生年月日:
1986年8月30日(32歳)

出身地:
三重県

身長体重:
185cm、78kg

ポジション:
GK

利き足:


所属歴:
朝日SSS-朝日中-サンフレッチェ広島ユース-サンフレッチェ広島-愛媛FC-サンフレッチェ広島-鹿島アントラーズ-サンフレッチェ広島-鹿島アントラーズ-ロアッソ熊本

通算出場記録:
J1リーグ戦通算24試合出場0得点
J2リーグ戦通算134試合出場1得点
カップ戦通算7試合出場0得点
天皇杯通算12試合出場0得点

佐藤昭大選手コメント
「チームの勝利の為、モンテディオ山形のJ1昇格の為にベストを尽くして闘います。
よろしくお願いします。」

佐藤昭大選手、モンテディオ山形へ完全移籍のお知らせ
2019.01.05

このたび、佐藤昭大選手がモンテディオ山形へ完全移籍することが決定いたしましたので、お知らせいたします。

佐藤昭大(さとう あきひろ)選手
【ポジション/背番号】GK/30
【生年月日】1986年8月30日(32歳)
【出身】三重県
【身長/体重】185cm/78kg
【サッカー歴】朝日SSS~朝日町立朝日中学校~サンフレッチェ広島ユース~サンフレッチェ広島~愛媛FC~サンフレッチェ広島~鹿島アントラーズ~ロアッソ熊本
【出場記録】
 2005年〔広島〕J1リーグ戦8試合0得点、カップ戦0試合0得点、天皇杯2試合0得点
 2006年〔広島〕J1リーグ戦0試合0得点、カップ戦1試合0得点、天皇杯0試合0得点
 2007年〔愛媛〕J2リーグ戦28試合0得点、天皇杯0試合0得点
 2008年〔広島〕J2リーグ戦24試合0得点、天皇杯4試合0得点
 2009年〔広島〕J1リーグ戦6試合0得点、カップ戦1試合0得点、天皇杯2試合0得点
 2010年〔鹿島〕J1リーグ戦0試合0得点、カップ戦0試合0得点、天皇杯0試合0得点
 2011年〔鹿島〕J1リーグ戦0試合0得点、カップ戦0試合0得点、天皇杯0試合0得点
 2012年〔鹿島〕J1リーグ戦0試合0得点、カップ戦2試合0得点、天皇杯1試合0得点
 2013年〔鹿島〕J1リーグ戦0試合0得点、カップ戦2試合0得点、天皇杯0試合0得点
 2014年〔鹿島〕J1リーグ戦0試合0得点、カップ戦1試合0得点、天皇杯0試合0得点
 2015年〔鹿島〕J1リーグ戦10試合0得点、カップ戦0試合0得点、天皇杯2試合0得点
 2016年〔熊本〕J2リーグ戦41試合0得点、天皇杯0試合0得点
 2017年〔熊本〕J2リーグ戦10試合1得点、天皇杯0試合0得点
 2018年〔熊本〕J2リーグ戦31試合0得点、天皇杯0試合0得点

【コメント】
僕の移籍に関し、選手としての選択を尊重し理解し送り出してくれたロアッソ熊本のクラブ、スタッフの皆さんに本当に感謝しております。
ロアッソ熊本での3年間は悔しい思い出の方が多いですが、そんな中でもいつも温かく声援し支えてくれるスポンサー、サポーターの皆様の事を思い出すと今でも涙が出てきます。
僕はロアッソ熊本が大好きです。ロアッソ熊本がこれから更に熊本の皆様にとって誇れるクラブになれる様に願っています。
どうかこれからもロアッソ熊本を信じ、共に闘ってください。よろしくお願いします。
最後にロアッソ熊本で3年間共に闘えたスタッフ、選手、クラブに関わる全ての方々に感謝いたします。
本当にありがとうございました。

トゥールーズ・昌子、背番号3

昌子源と正式契約を結んだトゥールーズである。
契約期間は三年半の2022年まで、背番号は『3』と発表された。
期待の表れを感じさせられる。
是非とも仏の地にて躍動して欲しい。
活躍の報を待っておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

仏1部トゥールーズ 昌子と22年まで契約 背番「3」
[ 2019年1月5日 05:30 ]

 フランス1部リーグのトゥールーズは4日、元日本代表DF昌子源(26)と22年までの契約を結んだと発表した。
 基本合意に達していたことは既に前所属のJ1鹿島から発表されていた。背番号は鹿島とW杯ロシア大会の日本代表でつけた「3」に決定した。早ければ川島永嗣が所属するストラスブールをホームに迎える13日のリーグ戦でデビューする可能性がある。

小笠原満男、「東北人魂を持つJ選手の会」サッカーイベント参加

「東北人魂を持つJ選手の会」のサッカーイベントを行った小笠原満男である。
引退しても精力的である。
これからも尽力していくことであろう。
頭が下がる。
尊敬しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

小笠原満男氏がプロの技を披露 地元岩手でイベント
[2019年1月4日16時1分]


小笠原氏はミニゲームで笑顔を見せた(撮影・杉山理紗)


子どもたちはなかなか小笠原氏からボールを奪えない(撮影・杉山理紗)


18年シーズンをもって現役を引退した鹿島アントラーズの小笠原満男氏(39)が4日、地元岩手の富士大学で、発起人の1人として活動する「東北人魂を持つJ選手の会」のサッカーイベントを行った。

東日本大震災後の12年に始まり、今年で8回目を数える新春恒例イベントで、花巻市、北上市、紫波町の小学生チームとサッカーで交流し汗を流した。「最初はみんな緊張してるのか、岩手人っぽい気質なのか、おとなしい印象がありましたけど、サッカーをやったら元気になったし楽しそうで、終わる時には人なつっこい笑顔を見せてくれた。すごく楽しかったです」とすがすがしい笑顔を見せた。

復興支援を目的に始まったイベントだが、岩手や東北からJリーガーを多く輩出することも目的のひとつ。「岩手や東北出身のJリーガーは本当に少ない。僕らにできることは、目の前で良いプレーを見せて『ああいう選手になりたい』と思ってもらうこと」と話すとおり、交流を楽しむだけでなくスルーパスやキープなどプロの技を見せつけた。「容赦なく大人げないプレーをしましたけど(笑い)、サッカー選手ってすごいんだぞ、ああ目指したいな、って思ってもらいたくこういう活動をしているので、感じ取ってもらえていたら」と、本気でJリーガーを目指す子どもたちが増えることを願っていた。

イベント後には気になった選手を表彰した。「個々を見ていたら、目につく子は何人かいる。あとは僕ら選手に対して、もっともっと意欲的にボールを奪ってやるでもいいし、やったプレーをマネするでもいい。そういうことができる子が上に来ると思う」と、未来のJリーガー誕生に期待を寄せた。

小笠原氏“東北への恩返し”鹿島引退しても復興支援続ける
[ 2019年1月5日 05:30 ]


「東北人魂」サッカーフェスタに参加した小笠原満男氏
Photo By スポニチ


 18年シーズンで現役引退した前鹿島の小笠原満男氏(39)が4日、故郷・岩手の富士大で「東北人魂」サッカーフェスタに参加した。
 発起人の一人として活動する「東北人魂を持つJ選手の会」のイベントの一環で、東日本大震災後の12年から復興支援の一環として続けられている。地元から集まった小学生チームとともにプレーした小笠原氏は「自分たちに続くJリーガーや日本代表選手が出てきてほしい。岩手への恩返しは続けてやっていきたい」と言葉に力を込めた。

野沢、FCティアモ枚方入団

FCティアモ枚方に入団する野沢である。
これは朗報。
新井場がオーナーを務める枚方をJリーグに加入させるために尽力するのだ。
活躍の報を待っておる。


にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

【選手情報】 2019シーズン 野沢 拓也選手加入のお知らせ
トップチーム2019.01.04

【選手情報】 2019シーズン 野沢 拓也選手加入のお知らせ
この度、2019シーズンの新戦力として野沢 拓也選手加入が内定しましたのでお知らせ致します。

●野沢 拓也(ノザワ タクヤ)
【ポジション】 
MF
【生年月日】 
1981年8月12日
【身長体重】 
176cm 70kg
【出身地】 
茨城県
【サッカー歴】 
稲田サッカースポーツ少年団 – 鹿島アントラーズジュニアユース – 鹿島アントラーズユース – CFZ ド・リオ – 鹿島アントラーズ – ヴィッセル神戸 – 鹿島アントラーズ – ベガルタ仙台–ウーロンゴン・ウルブス
※1999年は鹿島アントラーズトップチーム登録(2種)
【入団コメント】
『この度、2019シーズンFC TIAMO枚方に入団する事になりました野沢拓也です。
 私の持てる力の全てを注ぎ、「チームの常勝」「JFL昇格」「Jリーグ参入」を仲間と協力して、必ず成し遂げたいと思っています。
先日、鹿島アントラーズの小笠原満男選手が現役引退を発表しました。サッカーというのは年齢でするスポーツではないと思います。彼と共に過ごした時間は私の一生の宝物です。ありがとうと伝えたい。彼の分もエネルギーにかえて頑張ります!

新たな挑戦となりますが、また成長出来る機会を頂けた事に感謝しております。

多くの方々に枚方陸上競技場に足を運んで頂き、日頃よりご支援頂いているスポンサーの方々やサポーターの皆様と共に戦える事が今から楽しみです。よろしくお願いします。』
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク