FC2ブログ

西大伍、移籍の裏側

西大伍の神戸移籍について速報を伝えるデイリー新聞である。
西は契約満了によるフリー移籍であること、そして藤田のセレッソ移籍に伴う急遽な補填であったことなどが記される。
永木がセレッソへの移籍を断り残留したが故の玉突き移籍であったことがわかる。
とはいえ、永木がセレッソの移籍しておったとしても、西が鹿島からの契約延長を固辞しておったために神戸ではなくオファーのあった他クラブへ移籍しておった可能性は高い。
また、西は神戸にてMFとして起用される見込み。
これは西にとって魅力であったように思う。
西移籍の裏側が少々垣間見えた。
鹿島の右SBを8年も担い、多くのタイトルに貢献してくれた西は、中盤としてのプレイを希望し、それを叶えるクラブへと移籍した。
鹿島との試合ではMFとして立ちはだかってこよう。
中盤での局面で潰しきることが出来るのか。
対戦が楽しみである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

神戸、鹿島DF西を移籍金なしで獲得…的確な補強で藤田流出の影響を最小限に
 J1神戸は7日、今季の新戦力として鹿島の元日本代表DF西大伍(31)を完全移籍で獲得したと発表した。西は昨季で鹿島との契約が満了したため、移籍金は発生しない。

 西は札幌の下部組織からトップチームに昇格し、新潟を経て11年から鹿島に所属していた。J1通算277試合14得点で、17、18年の2年連続でベストイレブンに選出された。西は神戸を通じて「自身の成長とチームへの貢献のために移籍してきました」などとコメントした。

 また、神戸は同日、元日本代表MF藤田直之(31)がC大阪に完全移籍すると発表。神戸は今季で契約が満了する藤田に対し、夏から契約延長を打診するなど慰留に努めてきたが藤田の意思が固く、3シーズンでリーグ戦82試合に出場した主力MFを移籍金なしで失うことになった。

 藤田は神戸を通じて「3年前に初めての移籍で期待と不安を持ってやって来た僕を温かく迎えてくれて誠にありがとうございました。神戸での3年間は充実していてかけがえのないものになりました」とコメントした。

 神戸はC大阪から元日本代表MF山口蛍(28)を獲得し、中盤の底となるアンカーの選手層に厚みを持たせた。だが、藤田退団が決定的となったため急きょ西の獲得に乗り出した。昨季右サイドバック(SB)を主戦場としていたMF三原雅俊(30)は今季中盤で起用される可能性が高く、的確な補強で主力流出による影響を最小限に抑えた

さらば西大伍

予てから報じられておったように西大伍が神戸に移籍する。
これは少々ショックである。
とはいえ、これも西の考え方であり、致し方のないところ。
彼の考えを尊重したい。
西と言えば、やはりJリーグベストゴールにも選ばれた2014年・広島戦でのボレーが記憶に残る。
攻撃力が輝SBであった。
これからは、これほどの能力を持った選手を敵とせねばならぬ。
心して対戦するところである。
さようなら西大伍、お元気で。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

西選手がヴィッセル神戸に完全移籍
2019年01月07日(月)

西 大伍選手がヴィッセル神戸に完全移籍することとなりましたのでお知らせいたします。

<選手プロフィール>
■選手名: 西 大伍(にし・だいご)
■生まれ: 1987年8月28日、北海道出身
■ポジション: DF
■サイズ: 176センチ、73キロ
■経 歴:
コンサドーレ札幌ユース・U-15-コンサドーレ札幌ユース・U-18-コンサドーレ札幌(2007)-アルビレックス新潟(2010)-鹿島アントラーズ(2011)

■公式戦成績:
J1リーグ通算 277試合14得点(鹿島では221試合10得点)
J2リーグ通算 46試合8得点
リーグカップ通算 47試合1得点(鹿島では35試合1得点)
天皇杯通算 22試合2得点(鹿島では17試合2得点)
FIFAクラブワールドカップ通算 7試合0得点
AFCチャンピオンズリーグ通算 21試合2得点
Jリーグチャンピオンシップ通算 3試合0得点
ゼロックススーパーカップ通算 1試合0得点
スルガ銀行チャンピオンシップ 3試合0得点

■代表歴
日本代表 1試合0得点

■西選手コメント
「8年間の在籍期間でサッカー選手として、また、人間として成長させて頂きました。今回、より大きな成長を求めて、移籍します。選手、スタッフ、地域の皆様、応援してくれた全ての皆様、本当にありがとうございました。とても楽しかったです」

鹿島アントラーズよりDF西大伍選手 完全移籍加入のお知らせ
このたび、鹿島アントラーズより西大伍選手(31)が完全移籍で加入することが決まりましたので、お知らせいたします。

西 大伍(Daigo NISHI)
■生年月日:1987年8月28日(31歳)

■身長/体重:176cm/73kg

■ポジション:DF

■出身地:北海道札幌市

■チーム歴:
真栄SSS小('95~'99/真栄小・北海道)→コンサドーレ札幌U-15('00~'02)→コンサドーレ札幌U-18('03~'05)→コンサドーレ札幌('06~'09)→アルビレックス新潟('10※期限付き移籍)→鹿島アントラーズ('11~'18)

■出場歴:
[J1リーグ通算]277試合出場14得点
[J2リーグ通算]46試合出場8得点
[リーグカップ通算]47試合出場1得点
[天皇杯通算]22試合出場2得点
[ACL通算]21試合出場2得点
[FIFAクラブワールドカップ通]7試合0得点

■個人タイトル:Jリーグベストイレブン(2017、2018)

■代表歴:
日本代表(2011、2014)※国際Aマッチ1試合0得点

西大伍選手コメント
ヴィッセル神戸でプレーすることを嬉しく思います。自身の成長とチームへの貢献のために移籍してきました。チームの目標を達成するため、そしてたくさんの方に心から応援してもらえるように選手、スタッフとともに頑張ります。よろしくお願いします。

ジーコ、“現代”の「10番がふさわしい選手」

“現代”の「10番がふさわしい選手」について語ったジーコである。
ジーコならではの慧眼が言葉となる。
メッシとアザールの二人が挙げられておる。
「ゴールに背を向けようとはせず、ゴールを正面に見ようとするんだ」と言う部分に集約しておるように思う。
このような選手を擁してこそ、トップオブトップとなれるのであろう。
鹿島にもこのような選手を連れてきて欲しい。
期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

神様ジーコ、現代の10番に持論展開 「ふさわしい」と評価する2選手とその理由とは?
2019.01.07


現代における「10番がふさわしい選手」にジーコ氏が言及【写真:Getty Images】

メッシとアザールを“10番”らしい存在に列挙「戦術にあてはまらない自由な動きをする」

 鹿島アントラーズのテクニカルディレクターを務めるジーコは、かつてブラジル代表の10番を背負い、テクニシャンとして鳴らした。そんな“サッカーの神様”が「Omnisport」のインタビューで、現代における「10番がふさわしい選手」に言及。アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(バルセロナ)と、ベルギー代表MFエデン・アザール(チェルシー)の2人を挙げている。

 ジーコがまず触れたのは、史上最多タイのバロンドール受賞5回を誇るメッシだった。「現在“10番”がふさわしいのは誰かと言えばメッシだろう」と切り出すと、メッシのプレースタイルを踏まえながらその理由について語っている。

「彼はスピードがあったから初めの頃はウイングでプレーしていた。だが中央となるとFWのスアレスがいる。そこでメッシは下がった位置でプレーをしたが、そのポジションにはいろんな選択肢があるんだ」

 バルセロナではサイドからスタートし、センターフォワードにウルグアイ代表FWルイス・スアレスがいる状況から“偽9番”とも言われる1.5列目で猛威を振るっていると分析した。また、ジーコは「ベルギー代表のアザールも10番の役割を十分果たしている」と話し、ロシア・ワールドカップ(W杯)で母国ベルギーを史上最高の3位に導いたアタッカーにも高評価を与えている。

 もっとも、現代ではかつてのようにゲームメイクだけが10番の仕事ではなく、「彼らのような選手はチーム戦術にあてはまらない自由な動きをする。ゴールに背を向けようとはせず、ゴールを正面に見ようとするんだ」とよりゴールに向かっていくスタイルだとした。

 ロシアW杯では当時19歳のFWキリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン)がフランス代表の10番を背負い、20年ぶりの大会制覇に大きく貢献した。20歳となった神童を含め、ジーコのお眼鏡にかなう10番候補が台頭してくることを期待したい。

トゥールーズ・昌子、チームを勝たせられる男になりたい

入団会見を行ったトゥールーズの昌子源である。
第一声はフランス語で行い、加入に関して準備を怠っておらぬ事をアピールする。
このあたり重要なこと。
また、今冬も複数のクラブからオファーがあったが、最も熱心であり、夏にも正式オファーを行ったこのトゥールーズを選択したことを明かす。
この選択の裏には代理人である新井場の意向もあろう。
また、渡仏語にチームメイトに誘われいきなりアドリブでダンスを一緒に踊ったとのこと。
「名前で呼んでもらえたので、入りとしてはいい方なんじゃないかな」と言う。
このあたりの順応性は海外でプレイする上で大事な要素と言えよう。
これから日本人欧州組としての昌子源のサッカー選手人生が始まる。
活躍を楽しみにしておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

仏移籍の昌子が入団会見「チーム勝たせられる男に」
[2019年1月7日5時19分]


入団会見を行う昌子

鹿島からフランス1部トゥールーズへ移籍したDF昌子源(26)が6日、クラブのホームスタジアムで入団会見を行った。

「ボンジュール。ジュマペール・ゲン・ショウジ。ジュ・スイ・トレ・フィエール・ドゥ・ジュエ・オ・テ・エフセ。メルシー」

日本語に訳すと「こんにちは、私の名前はゲン・ショウジです。TFC(トゥールーズのクラブ)でプレーできることを誇りに思っています。ありがとう」。第一声はフランス語であいさつした。

昌子は昨夏にも同クラブからオファーを受けていたが、鹿島からの慰留もあり実現せず。それでも冬に再度声をかけられ、海外志向のあった昌子の気持ちは決まった。いくつかの国のクラブからもオファーがあったことを明かしつつ「このクラブが1番熱心だったので、迷うことはなかったです」と話した。

チームメートからもあたたかく迎えられたという昌子。アフリカ系の選手に誘われ、いきなりアドリブでダンスを一緒に踊ったという。「名前で呼んでもらえたので、入りとしてはいい方なんじゃないかな」と笑顔を見せた。

鹿島の赤いイメージから、今度はトゥールーズの紫のユニホームに袖を通す。「このクラブで勝利に貢献できるようになりたいと思います。日本にいたときからですが、自分が出た試合でいいパフォーマンスはもちろん、チームを勝たせられる男になりたいと思っている」。力強い言葉で、新天地での活躍を誓った。

小笠原満男氏、大船渡や東北のおかげ

「東北人魂を持つJ選手の会」のイベントに参加した小笠原満男氏である。
東北の小学4年生約170人とミニゲームなどで交流を図ったとのこと。
取材陣に対し満男氏は「あってほしくないことだが、震災をマイナスではなくプラスに変えようと思っている。素晴らしいグラウンドで、真剣にボールを蹴る姿を見られて良かった」と語る。
前向きな姿勢こそが、復興への近道と感じておるのだ。
また、「サッカー選手として続けて来られたのは、大船渡や東北のおかげ。岩手や東北出身のJリーガーがどんどん出てきてほしい」とも言う。
東北人らしい粘り強いプレイが日本サッカーを支える日が来るやもしれぬ。
小笠原満男の尽力は続く。
応援しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

元代表MF小笠原満男氏、東北へ恩返し 小学生約170人と交流
2019年1月7日6時5分 スポーツ報知


岩手県大船渡市の赤崎グラウンドで行われたサッカー大会に参加した(左から)本山雅志(北九州)、遠藤康(鹿島)、小笠原満男氏、山本脩斗(鹿島)、松田賢太(元盛岡)、秋元佑太(ソニー仙台)

 昨季限りで現役引退したサッカー元日本代表MF小笠原満男氏(39)が6日、自身が建設に携わった地元の岩手・大船渡市の赤崎グラウンドで行われたサッカー大会に参加。発起人の1人として活動する「東北人魂を持つJ選手の会」のイベントの一環で、東北の小学4年生約170人とミニゲームなどで交流を図った。

 11年の東日本大震災で津波が襲った旧赤崎小跡地を整備した人工芝のピッチで、約3時間ボールを蹴り合った小笠原は「あってほしくないことだが、震災をマイナスではなくプラスに変えようと思っている。素晴らしいグラウンドで、真剣にボールを蹴る姿を見られて良かった」と笑顔を浮かべた。引退を発表したばかりだが「サッカー選手として続けて来られたのは、大船渡や東北のおかげ。岩手や東北出身のJリーガーがどんどん出てきてほしい」と地元への“恩返し”に尽力し続けることを明かした。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク