FC2ブログ

白崎凌兵、その起用法は

白崎凌兵について記すサッカーダイジェストの広島記者である。
「戦術の幅を広げる存在であるのは間違いない」と評す。
白崎本人は「強化の方からは、柴崎岳選手とか、昔で言えばビスマルク選手みたいなゲームメーカーをやってほしいとか、サイドや前も考えていると言われました。そこの3つぐらいのポジションなら、自分はどこでもできるので。大岩(剛)監督の下で、まずは自分のプレイを出して、そこから決めるのは監督だと思うので」と語る。
中盤にて攻撃を司るポジションを期待されておることがよく分かる。
どのように大岩監督は起用するのであろうか。
鹿島の攻撃的中盤と言えば2列目であり、白崎はその左を得意とする。
ただし、このポジションには今季から背番号10を背負う裕葵と助っ人であるレアンドロがおる。
また、セントラルMFとしては三竿とレオ・シルバ、永木という実力者に、ルーキーの名古やJ2にて実績を残した平戸が犇めいておる。
かなりの競争が観られそうである。
また、2TOPの一角も考えられるとのこと。
白崎は、「例えば、鈴木優磨選手が前にいて、その下ですかね。トップ下という形ではないですけど、(2トップの関係が)“縦”にもできるという話もされているので。そこは自分の中でもやりやすいポジションではありますね」と語っており、面白い起用法が考えられそうである。
こう見ると、攻撃にアクセントを加えてくれそうである。
今季の鹿島はひと味違うとメディアにショウされるであろう部分を担ってくれるのではなかろうか。
楽しみである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

【鹿島】柴崎岳のように? “攻撃のマルチロール”白崎凌兵の最適ポジションを考察
広島由寛(サッカーダイジェスト)
2019年01月16日


ボールに多く触れる「トップ下や真ん中」が得意


複数の攻撃的なポジションをハイレベルにこなす白崎。戦術の幅を広げる貴重な戦力となりそうだ。写真:田中研治

 清水の10番が、今季から鹿島に――。

 2019年シーズン、白崎凌兵は日本が誇る常勝軍団に活躍の場を求めた。背番号は41。心機一転、新たなスタートを切る。

 1月16日の新体制・新加入選手会見で、庄野洋代表取締役社長からは次のように紹介された。

「ボランチ、サイドハーフ、トップ下など、複数のポジションをこなし、昨季まで清水の10番を背負っておりました。ゴールに直結するプレーが最大の持ち味ですので、チームの中盤に厚みをもたらし、勝利に導くような活躍をしてほしいと思っております」

 戦術の幅を広げる存在であるのは間違いない。そんな“攻撃のマルチロール”は新天地でどんな役回りをイメージしているのか。

「強化の方からは、柴崎岳選手とか、昔で言えばビスマルク選手みたいなゲームメーカーをやってほしいとか、サイドや前も考えていると言われました。そこの3つぐらいのポジションなら、自分はどこでもできるので。大岩(剛)監督の下で、まずは自分のプレーを出して、そこから決めるのは監督だと思うので」

 本人は「ボールを多く触るのが好き」だ。その意味では、「トップ下とか真ん中」でのプレーを好む。もっとも、「試合に出られれば、どこでも」というスタンスでもある。

 登録ポジションはMFだが、2トップでの起用も考えられる。ともすれば、そこが最適なポジションかもしれない。

「例えば、鈴木優磨選手が前にいて、その下ですかね。トップ下という形ではないですけど、(2トップの関係が)“縦”にもできるという話もされているので。そこは自分の中でもやりやすいポジションではありますね」

 今年の5月には26歳を迎える伸び盛りのアタッカーが、鹿島という強豪クラブでどう揉まれて、いかに進化できるか。まずはその起用ポジションに注目したい。

取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

関川郁万、ヘディングと言えば、関川と言われるような選手になりたい

関川郁万について記すサッカーダイジェストの広島記者である。
入団の意気込みが伝わってくる。
このヘディングへの自身と足りない部分、それをどのように大岩監督が成長させるのであろうか。
初出場を楽しみにしておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

【鹿島】選手権決勝から”中1日”で合流。注目ルーキー関川郁万の意気込み
広島由寛(サッカーダイジェスト)
2019年01月16日


「ヘディングと言えば、関川と言われるように」


期待の新人CBの関川。背番号は33、プロ1年目からレギュラー奪取を狙う。写真:田中研治

 1月16日、J1の鹿島アントラーズが新体制・新加入選手会見を行なった。

 注目の高卒ルーキー関川郁万は、同日のトレーニングからチームに合流。2日前の選手権決勝では惜しくも準優勝に終わったが、翌日に1日だけ休み、この日を迎えた。

「ヘディングと言えば、関川と言われるような選手になりたい」

 ポテンシャルを秘めたCBは、自身の絶対的なストロングポイントを口にして、意気込みを語る。対戦してみたい選手を訊けば、「特にいない」が、「みんな上手い選手だし、強くて、速い。特長のある選手ばかりなので。力強いCFのほうが、自分の持ち味を出せると思う」と語る。

 プロ1年目の目標は「まず試合に出て、活躍して、信頼を得たい」。大岩剛監督は元CB。要求は高くなりそうだが、「それに対応していかないと」と表情を引き締める。「伝統があるし、CBを上手く育ててくれるクラブ」で飛躍を誓う。

 1年目からレギュラーを勝ち取る気持ちがあるかと問われれば、「はい」と即答。強靭なフィジカルと闘争心に溢れる18歳の活躍に期待したい。

取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

伊藤翔、そこに飛び込むのが近道と思った

伊藤翔について記すゲキサカの吉田記者である。
「(勝つチーム、勝つ人間になるには)そこに飛び込むのが近道と思った」と移籍理由について語る。
侍ジャイアンツの番場蛮を彷彿させられる。
勝利を追求するメンタルは鹿島向きと言えよう。
また、「ゴール、アシストは自分自身も求めて行きたい。年齢も年齢なのでチームのことを見たり、色々な選手を助けながらやれたらいい」と熟練の選手らしい言葉を口にする。
翔の活躍で勝利を掴み取ろうではないか。
楽しみである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

「勝ちに来ました」。鹿島加入のルヴァン得点王FW伊藤翔は“常勝軍団”で勝つ選手に
19/1/16 20:12


勝利を求めて鹿島アントラーズに加入したFW伊藤翔

 「勝ちに来ました」。

 鹿島アントラーズに加入したFW伊藤翔(←横浜FM)は、“常勝軍団”に勝ちを求めてやってきたのだという。伊藤は横浜FMに所属していた昨年、1月1日の天皇杯決勝と、10月27日のルヴァンカップ決勝で敗戦を経験。ルヴァンカップ決勝は左肘骨折の影響で出場時間が12分間と限られたが、それでも勝てなかったことで変化と、勝つことを欲した。

 対戦相手として見ていた鹿島は「常勝軍団、試合巧者。勝ちに一番貪欲なチームかなという印象」。昨年、勝つチーム、勝つ人間になるチャンスがありながらもそれを得られなかった伊藤は、「(勝つチーム、勝つ人間になるには)そこに飛び込むのが近道と思った」と“常勝軍団”に加わることを決断。横浜FMも勝利の経験を持つ名門クラブだが、よりタイトルを取り続けている鹿島でどうすればタイトルを獲れるのかを学ぶ。

 元々、伊藤自身も「『負けても内容が良かったよ』というのは、『いい(いらない)から』と僕はずっと思っていた」という考えの持ち主。中京大中京高から直接加入したグルノーブル(フランス)、清水、そして横浜FMと渡り歩いてきたストライカーは30歳になり、まだまだ貪欲に勝利を追い求めていく。

 昨年はルヴァンカップで8ゴールを決めて得点王。リーグ戦、天皇杯も含めて公式戦で17ゴールをマークした。献身的なプレーにも定評があるが、鹿島1年目でこだわるのは勝利に繋がるゴール、そしてアシスト。「ゴール、アシストは自分自身も求めて行きたい。年齢も年齢なのでチームのことを見たり、色々な選手を助けながらやれたらいい」という伊藤が鹿島で勝利、全てのタイトル獲得を目指してシーズンを送る。

(取材・文 吉田太郎)

名古新太郎、ブレイク期待のルーキー

名古について記すゲキサカの吉田記者である。
「大学ナンバー1MF名古新太郎もブレイク期待のルーキー」と称す。
これは注目と言えよう。
このところ中盤に不在であった“プレイメイカー”として、早期に起用されるのではなかろうか。
「頭の中では絵が描けていますし、あとは実戦の中でやっていけるか」というプレイイメージを具現化するのだ。
誕生日が1日違いの三竿と並び立ってチームを牽引していって欲しい。
楽しみな逸材である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

大学ナンバー1から鹿島の中軸、そして…。MF名古は刺激を受ける大卒MF守田に続くか
19/1/16 19:26


MF名古新太郎はアジア王者・鹿島アントラーズの競争を「勝ち抜く」

 鹿島アントラーズの新体制・新加入選手会見では、選手権を2日前に終えたばかりのCB関川郁万(←流通経済大柏高)やFW伊藤翔(←横浜FM)への取材が集中していたが、大学ナンバー1MF名古新太郎もブレイク期待のルーキーだ。

 名古は強豪・順天堂大で主将を務めたプレーメーカーで将来の10番候補。状況に応じたアイディア、一瞬のスピード、1タッチを含めた正確なパス、ドリブルを特長とするボランチは大学3年時に鹿島からの内定を得て、すでに昨年8月の名古屋戦でJ1デビューも果たしている。順大では下級生時から非常に余裕のあるプレーをするなど、周囲との違いを見せてきただけにプロでどのような活躍をするか注目だ。

 会見後に名古は「ここからやな、というのが一番ですし、早くピッチの上でプレーしたいというのが一番」とコメント。そして、「頭の中では絵が描けていますし、あとは実戦の中でやっていけるか」と語り、チームメートの特長を確認しながら、自分のプレーと合わせて互いの良さを出して行く考えを口にしていた。

 注目ルーキーとは言え、大学サッカーから鳴り物入りでプロ入りした選手でも苦戦している選手が多い。だが、昨年、流通経済大から川崎F入りしたMF守田英正はルーキーイヤーからJ1王者のボランチのポジションを確保。9月には日本代表デビューも果たした。

 名古も「身近にいた選手で守田ヒデくんはあそこまで行って刺激になります」と刺激を受けている様子。そして、「自分の年代でも(北川)航也、(鹿島のチームメートである鈴木)優磨、(三竿)健斗も日本代表に入っている。(22歳は)若いとは言えないので」。身近な大卒Jリーガーや先を行く同世代の選手たちに負けないように、1年目からチャンスを掴み、試合に出続けることを目指す。

 同じボランチを主戦場とする三竿は同じ1996年生まれ。誕生日も4月17日生まれの名古に対し、三竿は16日で1日違いだ。本人は特別意識はしていないというが、それでも「ポジション的にも被るところもありますし、競争力が高いのが鹿島。競争を勝ち抜くということが今の自分には必要だと思います」と語り、三竿を含めたライバルとの競争を勝ち抜く意志を口にしていた。

 名門・静岡学園高で10番を背負ったMFは大学を経由してからのプロ入りとなったが、常に自分の可能性を信じてきた。「自分に対する可能性は信じていますし、伸びしろというか、そこは自分に対して自信をもっています」。日本代表、外国人選手との競争となる鹿島で先発を勝ち取ることが簡単ではないことは分かっている。それでも自分に期待し、日々成長を遂げて「勝ち抜く」こと。そして、鹿島にとって欠かせない存在になる。

(取材・文 吉田太郎)

白崎、清水でやるという選択も無くはなかった

白崎のコメントを報じるニッカンスポーツである。
「自分の中では全てをかけてここに勝負しに来ましたし、ここで勝ち取れば、逆に言えば全てが手に入るクラブだと思う。自分がもう1個突き抜けるための最高の環境だと思うので、勝負したいと思います」と決意を口にする。
かなりの気持ちで鹿島移籍を決意しておる。
これはプレイにも反映されよう。
決断の理由について、「去年リーグ3位でACLも取ったけど『(タイトルが)1個じゃ満足できない』と話をされて、こういうクラブでやることで自分は変われる、もう1個、2個突き抜けられるなという感覚を覚えたので、話をした後に迷いはなかったです」と言う。
鹿島の“タイトル”へのこだわりが心を動かした。
今季は、白崎の力で多くのタイトルをもたらせて貰おうではないか。
ここまでのサッカー選手人生は思っていたものとは違うようではあるが、ここからリスタートし、素晴らしいフットボーラーに成長していって欲しい。
期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

清水10番→鹿島白崎「タイトルへのこだわり」理由
[2019年1月16日19時10分]


FW伊藤(左から3人目)ら、鹿島の新加入選手たち(撮影・杉山理紗)


左からMF白崎、MF名古、FW有馬(撮影・杉山理紗)


鹿島アントラーズの19年新体制発表会が16日、鹿島セントラルホテルで行われた。

新加入選手のうち復帰組を除く、MF白崎凌兵(25)、FW伊藤翔(30)、DF関川郁万(18)、DF佐々木翔悟(18)、MF名古新太郎(22)、FW有馬幸太郎(18)の6選手が出席した。

MF白崎は前所属の清水で10番を背負いポジションを確立していた。その環境を飛び出して鹿島に来たことについて「自分の中では全てをかけてここに勝負しに来ましたし、ここで勝ち取れば、逆に言えば全てが手に入るクラブだと思う。自分がもう1個突き抜けるための最高の環境だと思うので、勝負したいと思います」と強い決意を口にした。

「清水でやるという選択も無くはなかった」とした上で、鹿島というクラブの「タイトルへのこだわり」に心を動かされたという。「去年リーグ3位でACLも取ったけど『(タイトルが)1個じゃ満足できない』と話をされて、こういうクラブでやることで自分は変われる、もう1個、2個突き抜けられるなという感覚を覚えたので、話をした後に迷いはなかったです」と話した。

山梨学院大学付を卒業後、鳴り物入りで清水に入団。しかし出場機会を得られずJ2富山に期限付き移籍、清水復帰後はクラブがJ2に降格するなど、紆余(うよ)曲折を経て鹿島にたどり着いた。「自分が思い描いたとおりには来ていないですけど、いろいろともがきながら、アジアのチャンピオンチームにこの歳で来た。今からでも遅くないと思うし、日本代表だったり、そういうところも見えてくるクラブだと思います」と、鹿島で活躍して代表入りする青写真を描いた。

スローガン「Football Dream‐かわる‐」

2019年シーズンのスローガンが発表された・
「Football Dream‐かわる‐」。
非常に意味深である。
やはり、小笠原満男の退団があり、またクラブがACLを獲ったことで、大きく方向性が変わっていくことを示唆しておるように感じさせる。
チームの若返り、ドメスティックなクラブからアジア戦略、そして世界へと羽ばたくものになって行くであろう。
恐れはしない。
前に進むのだ。
クラブと共に歩んでいく。
楽しみである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

2019シーズンスローガン
2019年01月16日(水)



2019年シーズンは、クラブスローガン「Football Dream‐かわる‐」を胸に戦う。「Football Dream」は、創設25周年の2016年から続く恒久的メインスローガンとなり、一貫した哲学のもとで歴史を積み重ねて行く姿勢が反映される。国内タイトル奪還とアジア連覇を掲げる今季は、進化のための変化がテーマ。守るべき伝統を継承しながらも、クラブ全体で「かわる」ことを恐れず、目標の全冠制覇へ挑む。新たなスタートを切るための変革の年として、歩みを進めていく。

2019年シーズン背番号

2019年の登録選手及び背番号を発表した鹿島である。
注目は背番号10の安部裕葵であろう。
チームの中心選手として主軸を担ってくれることであろう。
また、安西は22番となった。
これは2番へのこだわりであり、かつての名良橋と同じ歩みである。
名良橋のように活躍してくれよう。
新加入選手では、伊藤翔が15番、白崎が41番、関川が33番、名古が30番、佐々木が35番、有馬が34番、平戸が17番、ブエノが27番となった。
それぞれ面白い。
関川は未来の3番候補という意味があろう。
有馬はFWの出世番号である。
背番号が決まり、今季が始まった感がする。
このメンバーで頂点を目指す。
楽しみである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

2019シーズンの登録選手について
2019年01月16日(水)

2019年シーズンのトップチーム登録選手が決定しましたのでお知らせいたします。

GK
1 クォン スンテ 1984.9.11 184/85 大韓民国
21 曽ケ端 準 そがはた ひとし 1979.8.2 187/80 茨城県
29 川俣 慎一郎 かわまた しんいちろう 1989.7.23 188/86 静岡県
31 沖 悠哉 おき ゆうや 1999.8.22 184/82 茨城県
DF
2 内田 篤人 うちだ あつと 1988.3.27 176/67 静岡県
5 チョン スンヒョン 1994.4.3 188/89 大韓民国
16 山本 脩斗 やまもと しゅうと 1985.6.1 180/69 岩手県
※22 安西 幸輝 あんざい こうき 1995.5.31 172/64 兵庫県
23 小田 逸稀 おだ いつき 1998.7.16 173/68 佐賀県
24 伊東 幸敏 いとう ゆきとし 1993.9.3 176/68 静岡県
△27 ブエノ 1995.8.24 182/79 ブラジル
28 町田 浩樹 まちだ こうき 1997.8.25 190/80 茨城県
○33 関川 郁万 せきがわ いくま 2000.9.13 182/72 東京都
○35 佐々木 翔悟 ささき しょうご 2000.7.25 183/74 茨城県
39 犬飼 智也 いぬかい ともや 1993.5.12 182/77 静岡県
MF
4 レオ シルバ 1985.12.24 181/76 ブラジル
6 永木 亮太 ながき りょうた 1988.6.4 173/72 神奈川県
8 土居 聖真 どい しょうま 1992.5.21 172/63 山形県
11 レアンドロ 1993.5.12 177/76 ブラジル
13 中村 充孝 なかむら あつたか 1990.9.13 174/67 大阪府
△17 平戸 太貴 ひらと たいき 1997.4.18 177/68 茨城県
18 セルジーニョ 1995.3.15 180/82 ブラジル
20 三竿 健斗 みさお けんと 1996.4.16 181/73 東京都
25 遠藤 康 えんどう やすし 1988.4.7 168/69 宮城県
○30 名古 新太郎 なご しんたろう 1996.4.17 168/64 大阪府
◎41 白崎 凌兵 しらさき りょうへい 1993.5.18 181/70 東京都
FW
9 鈴木 優磨 すずき ゆうま 1996.4.26 182/75 千葉県
※10 安部 裕葵 あべ ひろき 1999.1.28 171/65 東京都
14 金森 健志 かなもり たけし 1994.4.4 171/74 福岡県
◎15 伊藤 翔 いとう しょう 1988.7.24 184/76 愛知県
19 山口 一真 やまぐち かずま 1996.1.17 175/70 東京都
○34 有馬 幸太郎 ありま こうたろう 2000.9.3 181/71 茨城県

計32名 ◎移籍加入 ○新人選手 ※背番号変更

尚志の2年生エース・染野唯月が見せつけた“凄み”

尚志高校の染野唯月くんについて記すサッカーキングの安藤氏である。
ユース教授は、今回の高校サッカー選手権を観、「存在感はずば抜けていた」と評す。
素晴らしい。
チームをベスト4に導き2年生ながら大会の顔となった。
来年は更に大きく成長し、より多くのゴールを決めて欲しい。
そして、鹿島からのオファーを勝ち取り、門戸を叩くのだ。
期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

衝撃のハットトリックで“大会の顔”に…尚志の2年生エース・染野唯月が見せつけた“凄み”

尚志の2年生エース・染野唯月は大きすぎる衝撃とともに大会を去った [写真]=兼子愼一郎

安藤隆人
世界各国を放浪するサッカージャーナリスト。巷ではユース教授と呼ばれる。


『染野唯月の大会』だったと言えるだろう。神村学園(鹿児島)、東福岡(福岡)、前橋育英(群馬)、帝京長岡(新潟)という難敵を次々と撃破し、2011年度以来2度目の選手権ベスト4に輝いた尚志(福島)。中でも2年生エースストライカー・染野唯月の存在感はずば抜けていた。

準決勝敗退も青森山田を最後まで苦しめた3得点


準々決勝では青森山田を相手にハットトリックを達成した [写真]=瀬藤尚美

 3回戦の前橋育英戦で今大会初ゴールを挙げたのを皮切りに、準々決勝の帝京長岡戦では値千金の決勝弾をマーク。準決勝の青森山田戦では圧巻のハットトリックを決めてみせた。高円宮杯プレミアリーグイーストで2番目に少ない失点数を誇り、今大会でも3試合で1失点だった青森山田を完全に翻弄した3得点は、まさに衝撃的な活躍だった。だが、チームはPK戦の末に敗退。“殊勲のエース”にはなることはできなかった。

「負けてしまったことが悔しい。相手がどんどん強くなることで、点を獲ることが難しくなるからこそ、そこで自分が点を決めていきたいとずっと思っていた。勝利に結びつくゴールを挙げられなかった」と青森山田戦後、唇を噛んだが、彼個人のプレー決して下を向くような内容ではなかった。対戦相手も染野の存在を脅威と感じ、青森山田の攻守の要であるMF天笠泰輝は「染野を捕まえきれなかった。食いつけば収められたり、周りに叩かれて、スペースを与えたら仕掛けられてしまう。ポストプレーだけでなく、本当に色々なことが出来る選手だと思った」と語った。

 改めてハットトリックをおさらいしたい。26分、フリーキックを獲得すると、沼田皇海のパスにニアサイドで合わせて先制点をマーク。 2点目のゴールは68分、右サイドを破ったMF加瀬直輝の折り返しを受けると、相手DF3人とGKが食いついていることを確認して深く中央へ切り返した。「これまで切り返しを止められてしまうのが多かったので、切り返した直後すぐに何が出来るかが大事だと思っていた」(染野)と、切り返しから素早く左足を振り抜きゴールへ流し込んだ。

 78分には一度は逆転に成功する3点目を決める。敵陣の浅い位置でボールを受けて、MF伊藤綾汰に繋ぐと、ギアを一気に上げてゴール前に猛ダッシュ。伊藤から加瀬に繋ぐと、加瀬のスルーパスに抜け出して、ダイレクトシュートを沈めた。

「『青森山田は裏が空くので、裏を狙え』というアドバイスをもらっていたので、パスを出した瞬間に、ラストパスを絶対に出してくれると信じてゴール前に走りました」と、CB三國ケネディエブスと右SB橋本峻弥の間にできたスペースを見逃さず、フリーランニングを仕掛けたことで生まれたファインゴールだった。

力を磨き2大会連続で『大会の顔』に


来年度の選手権ではさらなる活躍が期待される [写真]=小林渓太

 染野が今大会挙げたゴール数は5。その全てが彼の『凄み』を存分に見せつけたものだった。日本代表の大迫勇也に憧れる彼は、大会中にも大迫のプレーをチェックし、しっかりと『エースの仕事』たるものを目に焼き付けていた。

「大迫選手は(アジアカップ初戦の)トルクメニスタン戦でもしっかりと点を獲って、苦しいチームを救っている。それにどんな体格差があっても、ボールをしっかりと収める力が改めて凄いと思った。自分の課題はそこなので、参考にして、それができる選手になりたいです」

 来年度は高校最後の1年となる。大迫勇也でさえ最後の選手権を『大迫勇也の大会』にしたが、高校2年生の選手権には出場できず、染野のようなインパクトは残せなかった。尊敬する偉大なストライカーも果たせなかった2大会連続で『大会の顔』となるために。そして、その先にある上のステージで躍動するために、「妥協せず、細かいところにこだわって伸ばしていけば、またここ(埼玉スタジアム)に戻って来られると思う。でも、ただ戻ってくるだけではなく、今日は前線でボールを収める時間が少なかったので、どんな時間帯でも自分が尚志の攻撃の起点になれるように、全てにおいて貢献できる選手になりたい。期待を裏切らないようにしたい」と話し、大会を後にした。

 今後、Jクラブによる争奪戦が激化することが予想される。周囲の喧噪も大きくなるだろう。それでも染野は、一回りも二回りも大きくなって埼玉スタジアムのピッチに立つイメージを持って、己の力を磨き続ける。

取材・文=安藤隆人

鹿島、アジア王者としてシーズンイン

アジア王者としてシーズンをスタートする鹿島アントラーズである。
他チームからのマークも厳しくなることが予想される。
率いる大岩監督は、「システムや自分たちのプレーモデル、スタイルを大きく変えるつもりはない」と継続を口にする。
ブレぬ気持ちこそが、このチームを更に強くする根底を成す。
重要なこととと言えよう。
また、チーム作りに関しては、「コンビネーションの精度を上げないといけないところが出てくる。昨季からいる選手と新しい選手を融合していくことが自分の仕事」と語る。
プレイモデル・スタイルを新加入選手に浸透させ、チームを昇華させてくれよう。
この新チームが、キャンプを経て仕上がっていくことであろう。
今季も楽しみである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

鹿島・大岩監督、今季初練習でゲキ アジア王者「相応の行動を」
[ 2019年1月16日 05:30 ]

 鹿島は今季初の全体練習を行い、始動した。冒頭で大岩監督は「我々はアジアチャンピオンとして世間に見られる。ピッチ内外でそれ相応の行動を意識し、タイトルに向けて日々の練習をやっていこう」と選手に自覚を求め、その後、ランニングやストレッチなど軽めのメニューを消化した。
 当面のターゲットは2月19日に行われるACLプレーオフ。指揮官は「新加入選手もいる。持っている力を100%発揮してほしい」とチーム全体の底上げを期した。

【鹿島】安部、始動日に決意「考えているのはチームのタイトル」母校・瀬戸内の躍進に刺激
2019年1月16日6時5分 スポーツ報知


始動した鹿島イレブンはランニングで汗を流す

 鹿島は始動日を迎え、鹿嶋市で約1時間半ランニングなどを行った。オフの期間、母校・瀬戸内の応援のため高校選手権に足を運んだFW安部は「刺激を受けた。年末のクラブW杯から切り替え、考えているのはチームのタイトル」。

 大岩剛監督(46)は選手に「アジアチャンピオンとしての立ち振る舞いを」と話し、まずは2月19日のACLプレーオフに照準を合わせる。DF内田、MF三竿健、FW鈴木らは別メニューだった。

鹿島 全冠制覇へ始動 大岩監督 チーム方針継続強調

ランニングで汗を流す鹿島の選手=クラブハウスグラウンド

J1鹿島は15日、クラブハウスで今季初の全体練習を行い、全冠制覇を掲げる新シーズンへスタートを切った。故障者などを除く26選手が、ランニングや俊敏性を高めるメニューなどで約1時間汗を流した。

昨季終盤に故障した鈴木、三竿は個別にランニング。内田とGK権純泰(クォンスンテ)は屋内で調整した。新加入選手は14日に全国高校選手権決勝でプレーした関川を除く7人が参加した。

鹿島は昨年12月クラブワールドカップ(W杯)に出場したため、主力選手のオフは3週間だった。それでもプロ22年目のGK曽ケ端は「年末まで試合ができたのはうちだけ。それは素晴らしいこと。いい形で今年につなげていければいい」と前向きに捉えていた。

オフ期間中に安部は全国高校選手権を観戦。母校の瀬戸内高(広島)が4強入りし、「高校サッカーも僕らのサッカーもベースになる大事なことは一緒。母校を見て感じるものがあってよかった」と刺激を受けた様子だった。

今季のチーム方針について大岩監督は「システムや自分たちのプレーモデル、スタイルを大きく変えるつもりはない」と昨季からの継続を強調。シーズン開幕までのチームづくりは「コンビネーションの精度を上げないといけないところが出てくる。昨季からいる選手と新しい選手を融合していくことが自分の仕事」と話した。

(岡田恭平)

2019年シーズン始動

2019年シーズンを始動した鹿島アントラーズである。
良い表情で練習を開始した。
昨季よりの負傷の影響で優磨と三竿、ユキは別メニュー、古傷を抱える篤人は室内練習だったとのこと。
とはいえ、復帰へ不安はない。
また、多くのベテランが引退した中で現役を続ける曽ケ端は、「常に刺激をもらい、目標にしてやってきた。今も現役でやっている同年代の選手たちにも、負けたくないという気持ちでやっています」と語る。
GKは50歳まで出来るポジションである。
まだまだ頑張って貰わねばならぬ。
いよいよシーズンイン。
タイトルを期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

鹿島始動、新加入の伊藤翔は10番練習着「まだ…」
[2019年1月15日20時47分]


ランニングする新加入のFW伊藤(右から2人目)やMF白崎(同4人目)ら


別メニューでランニングする鹿島FW鈴木


別メニューでランニングする鹿島MF三竿(右)


鹿島アントラーズは15日始動し、鹿嶋市内でトレーニングを行った。

横浜から加入のFW伊藤翔(30)、清水から加入のMF白崎凌兵(25)らの姿もあった。伊藤は10番の練習着だったため、今季の背番号は10番か? と思われたが、「違います、違います。たまたまサイズ的に、デカいサイズなので着ていただけです」と疑惑を否定。10番を付けるには「まだ早いっす」と答えた。

昨年度ベストヤングプレーヤー賞を受賞したFW安部裕葵(19)は、母校瀬戸内(広島)が高校サッカー選手権初出場でベスト4と躍進した。試合会場に足を運び後輩たちを応援する姿も目撃されていたが、この日は「後輩たちを見て刺激になりました。僕らのサッカーも高校生のサッカーも、ベースになる大事なものは一緒。自分の高校がベスト4に入った喜びと、戦っている姿勢を見ていろんなものを受けましたね」と、飛躍する後輩たちに刺激を受けたことを明かした。前日14日には、地元で成人式に出席したという。今月末に誕生日を迎え晴れて20歳になるが、「コツコツ先を見ず、急がず行きます」とマイペースに上を目指す意向を明かした。

大岩剛監督(46)は練習を終えて、「初日としては非常に良い表情をしていましたし、僕が逆に自信をもらえるような表情をしていたと思います」と手応えを口にした。

昨年から負傷離脱していたMF三竿健斗(22)とFW鈴木優磨(22)DF伊東幸敏(25)は、全体練習には参加せず別メニュー調整した。右膝に古傷を抱えるDF内田篤人(30)は室内でのトレーニングのみに留め、ピッチに姿を現さなかった。

鹿島安部、母校瀬戸内に刺激「大事なものは一緒」
[2019年1月15日22時24分]


ランニングする鹿島FW安部(右)ら(撮影・杉山理紗)

鹿島が鹿嶋市内で始動し、約1時間半練習を行った。

昨季ベストヤングプレーヤー賞を受賞したFW安部は、母校瀬戸内(広島)が高校選手権初出場でベスト4と躍進したことに「後輩たちを見て刺激になりました。僕らのサッカーも高校生のサッカーも、ベースになる大事なものは一緒だと感じました」と話した。右膝に古傷を抱えるDF内田はピッチに姿を現さず、室内で別メニュー調整した。

【鹿島】今季初練習 39歳のGK曽ヶ端「タイトルを取りたい」
2019年1月15日21時3分 スポーツ報知


今季の練習初日を迎え、ランニングで汗を流す鹿島の選手たち

 J1鹿島は15日、茨城・鹿嶋市内で始動した。ランニングなどで約1時間半、体を動かした。

 昨季限りで、約20年にわたりチームを引っ張った小笠原満男氏(39)が引退。39歳のGK曽ヶ端準は「満男がいてもいなくても、タイトルを取りたい」と、ここ2年で逃した国内3大タイトルの奪還を誓った。また、同じGKの川口能活氏(元相模原)、楢崎正剛氏(元名古屋)らが引退したことにも触れ、「常に刺激をもらい、目標にしてやってきた。今も現役でやっている同年代の選手たちにも、負けたくないという気持ちでやっています」と話した。

 年末までクラブW杯を戦い、例年に比べて短めのオフを挟み、2月19日にはACLプレーオフに臨む。大岩剛監督(46)は「初日にしては、選手は良い表情だった。昨年の悔しさも喜びもチームの糧にしてやっていきたい」と意気込んだ。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク