FC2ブログ

聖真、シュート打つまでの段階の崩しがよかった

テゲバジャーロ宮崎との練習試合について報じるニッカンスポーツ紙である。
30分×3本の変則マッチは聖真のゴールにて完封勝利した。
キャンプ中盤の疲労のピーク時でのこの試合に於いて、完封出来たことは良い結果と言えよう。
聖真の得点は、名古の縦パスより生まれた。
聖真との相性が抜群の様子。
名古は、ルーキーとはいえ、かなり早い段階にて出場機会を得られるのではなかろうか。
また、聖真は「シュート打つまでの段階の崩しがよかった。何回かいいシーンをチームとしてつくれたので。これを精度だったり、回数を増やしてチャンスをたくさんつくれるように明日からの練習で積み上げたいと思います」と、チャンスシーンが作れたことをポジティブに語る。
今後、精度を上げ、ゴールにつなげていくこととなろう。
そして、名古について「守備も攻撃もうまい選手だし、いい縦パスも何本も入れていた。自分も(名古の出す)タイミングで受けようと思っていた。前に勢いがかかると思いますし、ゴール前に行けるチャンスは増えると思います」と評す。
攻撃のスイッチを入れられるボランチは大歓迎である。
今季は名古と聖真のコンビネーションが数多く見られるのではなかろうか。
楽しみである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

鹿島土居、新加入名古とのプレー「チャンス増える」
[2019年1月27日17時31分]


鹿島の“今季1号”を決めた鹿島MF土居(左)はMFセルジーニョから祝福を受ける


練習試合の1本目でボランチに抜てきされた鹿島MF名古(中央)は鹿島MF安部とパス交換する


昨季ACL王者の鹿島アントラーズが27日、宮崎陸上競技場でJFLのテゲバジャーロ宮崎と今季初の練習試合(30分×3本)を行い、MF土居聖真(26)のゴールで1-0で競り勝った。

FW鈴木優麿(22)、MF三竿健斗(22)ら数人の主力が別メニュー調整の中、1本目は土居とMFセルジーニョが2トップを組み、今季から背番号10を背負うMF安部裕葵(19)、MFレオ・シルバ(33)ら昨季の主戦力が名を連ねた。順大から加入したMF名古新太郎(22)がボランチに抜てきされた。

鹿島は1本目の4分、名古の土居への縦パスから好機をつくり、セルジーニョがシュート。そのこぼれ球を土居が押し込み「今季1号」。2本目から横浜F・マリノスから加入したFW伊藤翔(30)が2トップの一角に入り、途中から清水エスパルスから加入したMF白崎凌兵(25)、流通経大柏高から加入したDF関川郁万(18)らが入った。宮崎入りして7日目。キャンプも佳境にさしかかり疲労が蓄積される中でも、堅守は健在で無失点で勝ちきった。

19年の“鹿島1号”を決めた土居は「シュート打つまでの段階の崩しがよかった。何回かいいシーンをチームとしてつくれたので。これを精度だったり、回数を増やしてチャンスをたくさんつくれるように明日からの練習で積み上げたいと思います」。実戦練習は、新加入選手の特長を理解し合い、コミュニケーションを図る重要な場でもある。名古とのプレーに土居は「守備も攻撃もうまい選手だし、いい縦パスも何本も入れていた。自分も(名古の出す)タイミングで受けようと思っていた。前に勢いがかかると思いますし、ゴール前に行けるチャンスは増えると思います」と手ごたえを口にした。

昨季からシュートを外しても落ち込むことなく前を向き、次のチャンスに切り替えるメンタルもたくましくなっている。この日、土居は2本目の途中までプレーし、何度もゴール前に入り込みシュートを狙った。「常にうまくいくことはほとんどないので。繰り返し繰り返しやり続けること」と話す。

大岩剛監督は、宮崎キャンプのテーマを「(2月19日の)アジア・チャンピオンズリーグのプレーオフから逆算して新しいチームをつくっていくこと」と掲げる。今後も、ヴァンフォーレ甲府、大宮アルディージャと練習試合が予定されており、指揮官は「ゲーム感覚とゲームの体力、チーム戦術を落とし込んでいきたい」と位置づけている。

日本高校選抜候補・染野唯月くん、貪欲に学び、成長を続ける

日本高校選抜候補での染野唯月くんについて記すゲキサカの吉田記者である。
高校選手権準決勝・青森山田戦での圧巻のパフォーマンスに、それだけのタレントとして見られることが伝わる。
この東海大学との練習試合ではシュート1本に終え、上記の期待を裏切る格好となった。
とはいえ、上の年代とのプレイであり、こういうこともサッカーでは良くあること。
若い染野くんは、これもまた経験と多くのものを吸収したのではなかろうか。
また、この高校選抜では朝岡隆蔵監督(市立船橋高)からの指摘で気守備の課題に気付かされた。
「守備戦術の中でプレスバックする意識やプレッシングのスピードが不足」、今後に繋がる改善点と言えよう。
これはまた、染野くんの伸びしろの深さを表しておる。
次はU-18日本代表、そして日本高校選抜の欧州遠征メンバーにも名を連ね、多くのことを吸収し、更に大きく成長するのだ。
楽しみな逸材である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

選手権得点王FW染野は狡猾さや守備磨き、強敵相手にも“あの試合”のようなプレー、ゴールを
19/1/27 06:37


練習試合2本目、高校選抜候補FW染野唯月(尚志高)が抜け出しから左足シュート

[1.26 練習試合 日本高校選抜候補 0-2 東海大]

 選手権準決勝の青森山田高戦で衝撃的な3ゴール。特に切り返しでDF2人とGKを外して放った2点目については、本人も「自分の中で切り返してシュート打つというイメージがあったので、それが上手くできたのかなと思います」と認めるイメージ通りのゴールだったという。選手権得点王、注目選手の一人として高校選抜候補合宿に参加しているFW染野唯月(尚志高2年)は、あの試合以上のパフォーマンスを出せる選手、攻撃も守備もできる選手になるための積み重ねの最中だ。

 紅白戦で2ゴールを決めてスタートした高校選抜選考合宿。練習試合で東海大と対戦したこの日、染野は計50分間プレーした。シュートはクリアした相手と入れ替わるように抜け出してから放った左足シュートの1本だけ。それも枠に収めることができなかった。

 1本のチャンスで決めるFWにならないといけない。またパスの出し手との呼吸を合わせる作業も必要だ。この日は自分の中でタイミング良く抜け出したと思っても、なかなか期待するようなボールが出てこなかった。

 青森山田戦の3得点目は、いつもならば止まってしまっていただろうシーン。そこでスペースを見つけてスプリントしたことがゴールに繋がった。動き出しを繰り返すことへの意識は、高まっている。

 それだけに、選抜、代表チームでパスの出し手との連係を高めること。そして染野はより“狡猾なストライカー”にならなければならないと感じている。「自分にちょっと欠けている部分は、ずる賢さというところがある。海外の選手はそういうところが上手いと思う」。2月のU-18日本代表に続き、4月の日本高校選抜の欧州遠征メンバーにも入って海外の選手からその部分を学びたいという考えだ。

 今回の合宿中、高校選抜の朝岡隆蔵監督(市立船橋高)からの指摘で気づいたことは守備の部分の課題だった。尚志とは異なる守備戦術の中でプレスバックする意識やプレッシングのスピードが不足。まずは守備意識、迫力の部分も変えてプレーすることを心がけている。「守備も、攻撃もという選手になっていかないと今後やっていけない」。対戦相手のレベルも上がっていく中でできることを増やしていかなければならない。

 それは攻撃面でも同じ。「自分が今後やる相手というのは本当にレベルが高くなってきて、自分よりも格上の選手が多くなってくる。そこで自分の良さを出しつつ、余裕を持って周りを見ながら、味方を使いながらゴールに向かっていくことができればと思います」。あの青森山田戦を自身のベストゲームで終わらせるつもりはない。選手権の結果や評価に満足することもない。より高いレベルの相手にもゴールを奪い、勝利に貢献できるように、貪欲に学び、成長を続ける。

(取材・文 吉田太郎)

宮崎キャンプ6日目の様子

宮崎キャンプ6日目の様子である。
動画にてキャンプの雰囲気が良く伝わってきて嬉しい。
チームが出来上がっていく様がよく分かる。
犬飼のコメント、「今年も60試合以上を戦い抜くので、本当にサポーターの力が必要ですし、みんなで戦って、タイトルを取りましょう。よろしくお願いします」 から全タイトルを勝ち進む意気込みを感じさせる。
昨季の経験が活かされておる。
今季は主軸CBとして躍動してくれよう。
また、新人の関川郁万は、「まずはチームに慣れるようにがんばります。試合に出たら活躍して、信頼される選手になりたいと思います」と初々しい。
面構えこそ鹿島のCBであるが、まだ卒業前の高校生である。
このフレッシュな気持ちを大切にルーキー・イヤーを過ごしていって欲しい。
期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

2019 宮崎キャンプ6日目
2019年01月26日(土)

キャンプは6日目、到着後最初の週末が訪れました。今日は晴れたものの、朝から風が吹いていて寒さを感じる天気となりました。午前練習前にJリーグ等宮崎協力会の表敬訪問があり、いちごの差し入れをいただきました。



午前練習はフィジカルトレーニングから開始しました。








アップ後、11対11のゲームとセットプレーの練習を行いました。





午後練習では、サイドからの攻撃練習の後、3対3のシュートゲームとセットプレーの練習を実施しました。








別メニューの選手たちも、元気な姿を見せています!









練習後にはファンサービスも欠かしません。



~本日のサービス逸稀~






土居 聖真選手
「キャンプをしっかり乗り切って、良いシーズンのスタートを切れるようにがんばります」



犬飼 智也選手
「今年も60試合以上を戦い抜くので、本当にサポーターの力が必要ですし、みんなで戦って、タイトルを取りましょう。よろしくお願いします」



関川 郁万選手
「まずはチームに慣れるようにがんばります。試合に出たら活躍して、信頼される選手になりたいと思います」
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク