FC2ブログ

水戸戦コメント

「攻撃でも守備でも物足りなさはある」と語る指揮官である。
1-0というロースコアだけでなく内容にも不満を持った様子。
これは糧と受け取りたい。
幸いなことに公式戦まではまだ時間がある。
修正し、挑むこととなろう。
そして、選手らも反省を口にする。
課題が見えておると受け取れる。
良いPSMが出来たと言えよう。
十日間でどこまでチーム力が向上するのか、楽しみである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

2019Jリーグプレシーズンマッチ いばらきサッカーフェスティバル2019
鹿島アントラーズ:大岩 剛
ACLのプレーオフに向けての位置づけで試合に入ったが、水戸のアグレッシブな部分に面食らった部分もあった。しかし怪我人が多い中、急遽試合に入る選手もいて、そういう意味ではプレーオフに向けてのいい準備になったと思う。

Q.宮崎キャンプやこれまで積み上げてきたものが、この試合で得られた部分、収穫はあったのか?

A.攻撃でも守備でも物足りなさはある。けが人が多い中ですり合わせができなかった選手もいる。その中で試合中にコミュニケーションが取れてやれていた部分とやれなかった部分があったので、プレーオフまでのトレーニングでしっかり詰めていきたい。

Q.プレーオフが迫っている中、これまでの仕上がり、手ごたえや戦術面で重視していることは?

A.いい守備からいい攻撃というところは、去年からアントラーズのコンセプトとして持ち続けている。また、自分たちでボールを保持している時のバリエーションを増やして攻撃していくことも昨年に引き続き、試合の中で増やしていきたいと思っている。現段階では100%ではないが、キャンプから戻ってきて、少しずつチーム全体のコンディションも上がってきている手応えはある。そして、プレーオフまでにもう1ランク、2ランクギアを上げていきたい。

Q.今日出た課題と、これからプレーオフまでにどのようにして詰めていくか?

A.守備と攻撃での一人ひとりのアイディアと距離感、そこはもっとコミュニケーションを取っていかないといけない。もう少し戦術的な部分を落とし込んでいきたい。

【中村 充孝】
ゴールを決めるというのはこれからも続けていかなければいけない。そしてACLやリーグに向けて、サイドバックとの関係性や守備でのポジショニングをもっと突き詰めていく必要がある。

【内田 篤人】
今日のようなプレシーズンマッチやリーグ開幕をピークに持っていこうとは思っていない。今は別メニューで調整したりしているが、自分なりにこれから体を作って行きたいと思う。

【関川 郁万】
周りの選手に声をかけてもらったので、あまり緊張せずに試合に入れた。細かいミス等はあったが、最後に1-0といい形で試合を終われたのはよかった。

【安西 幸輝】
まずは勝ててよかった。しかし、修正しなければいけないところがたくさん出た試合だった。19日までにその課題を修正して挑みたい。

【遠藤 康】
個人的には、全然うまくいかなかった。もっと改善していかないといけない部分がたくさんあるので、プレーオフへ向け、しっかりやっていきたい。

【沖 悠哉】
普段の練習と試合とでの難しさはあった。危ないシーンもあったので、声かけの部分や準備をもっと改善していかないといけない。

巧みに決めた決勝弾よりも…鹿島MF中村充孝「去年以上に守備が大事」
19/2/9 17:12


決勝ゴールを左足で決めた鹿島MF中村充孝

[2.9 いばらきサッカーフェスティバル 鹿島1-0水戸 カシマ]

 昨季は不本意なシーズンに終わっていた28歳がシーズン前仕上げの一戦で結果を出した。両チーム通じて唯一の得点を挙げた鹿島アントラーズMF中村充孝は「個人的には続けないといけない」と述べ、今季から取り組んでいるという守備のポイントに言及した。

 J2水戸ホーリーホックにボールを握られ、なかなかペースをつかめなかったこの日の鹿島。しかし、前半24分にきっちりと先制点を奪った。MF土居聖真のボール奪取を起点に右サイドを攻め込むと、DF安西幸輝のクロスから波状攻撃を開始。PA内で巧みにトラップした中村が相手をかわし、左足で流し込んだ。

 その後は目立ったチャンスをつくれず、1-0のまま試合は終了。昨季は11試合1得点にとどまった中村の昨年7月22日(J1第17節・柏戦◯6-2)以来約半年ぶりのゴールが決勝点となった。試合後、報道陣に囲まれた中村は「続けないといけない」と攻撃の好感触を語った一方、今季から取り組んでいるという守備に焦点を当てた。

 特に重視するのは4-4-1-1のような布陣から繰り出すプレッシングだ。「今年のチームは去年以上に守備が大事だと意識しているので、それができるように頑張ろうと思う」。サイドハーフを担う中村は攻撃のけん引役も期待されるが、連動したプレスで相手を追い込む働きを求められている。

 キャンプからの取り組みには手応えを感じている一方、高めていきたいのは「個人個人のアプローチ」。すなわち、各ポジションからプレッシングに向かう際のスピードや角度だ。「そこは個人でしかない。まずは残り10日間で取り組んでいきたい」と、さらに練習を重ね、レベルアップを期する。

 この日は多くの決定機は作れなかったが、「できるだけ前で奪えればゴールに近づく」(中村)と語ったように、守備の改善が攻撃の向上にもつながると展望。「点が取れないとシュートの場面が取り上げられるけど、その前の良い守備がつながっている」と前向きに取り組んでいく構えだ。

 この日は新10番のMF安部裕葵がメンバー外。MFレアンドロも目立ったパフォーマンスは発揮できず、加入7年目の中村にかかる期待は大きい。「ACL2連覇、Jリーグを獲れるように応援よろしくお願いします」。サポーターに向けて語った覚悟を実現すべく、10日後のACLプレーオフ、そして2週間後に控えるJリーグ開幕に挑んでいく。

(取材・文 竹内達也)

鹿島新主将の内田篤人、主力流出も「そうしてタイトルを取ってきたチーム」
19/2/9 17:49


キャプテンマークを巻いた鹿島DF内田篤人

[2.9 いばらきサッカーフェスティバル 鹿島1-0水戸 カシマ]

 鹿島アントラーズの新キャプテンに就任したDF内田篤人は水戸とのプレシーズンマッチで15分間にわたってプレーした。「開幕がピークじゃない。僕は一回死んだ身ですからみんなと一緒に身体を作っていたらダメ」。長いシーズンを見据えて徐々にコンディションを上げていくようだ。

 昨季から約8年ぶりに古巣鹿島へ復帰。J1リーグ戦では12試合の出場だったが、ACLでは準決勝の決勝ゴールなど要所で大きな活躍を見せ、クラブ史上初のアジア制覇を牽引した。そうして迎えた2年目は新主将を担当。オフには中心選手の流出もあり、さらに大きな役割が期待される。

 しかし、しばらくは焦らず調整していく構えだ。「そこ(開幕)を見ていたら、キャンプ全部やったほうがいいけどそこだけじゃない」。そう強調した30歳は開幕へラストスパートをかける同僚たちとは別調整を続けている模様。「別に遅れているとは思っていない。やれと言われればやれる」上での選択だという。

 オフにはDF昌子源(→トゥールーズ)、DF西大伍(→神戸)といった中心選手が移籍し、最終ラインは大きく顔ぶれが変わることになる。しかし、経験豊富な30歳は問題視していない。「他のチームとは違って良い選手はどんどん海外に出ちゃう。それは日本の現代のサッカーの流れ」と語り、次のように続けた。

「(鹿島は日本の)トップでやっているので、核を作り切れずにチームを作らなきゃいけない難しさはあるけど、ヤナギさん(柳沢敦)も(小笠原)満男さんも俺も、ゲンも、ナオ(植田直通)も。これから出て行く選手がいるかは分からないけど、そうしてタイトルを取ってきたチーム」。

 選手流出を常勝軍団の歴史の一部と受け入れ、「新しい選手が活躍するチャンス」と若手の台頭を期待した内田。「若い選手もポテンシャルは持っている。昨季はスタートでこけたし、型にハマって戦える流れができてくるといいけど、そこに乗っかるまでは難しい」。自らのコンディションも、チームの完成度も、落ち着きをもって高めていくつもりだ。

(取材・文 竹内達也)

いばらきサッカーフェスティバル2019 水戸ホーリーホック戦

充孝の巧いシュートで勝負あり。

名古新太郎、結果の部分にはこだわっていきたい

PSM水戸戦に向けてコメントを発する名古である。
「攻守において自分が中心でやれるように」、「ゴールももちろん、アシストだったり、結果の部分にはこだわっていきたい」と意気込む。
ルーキーながら先発起用は期待の表れである。
その期待に応え、結果を出して貰おうではないか。
名古中心のチーム作りを進め、新生鹿島の象徴となって欲しい。
注目のボランチである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

鹿島 大卒新人MF名古 水戸戦先発濃厚「結果にこだわりたい」
[ 2019年2月9日 05:30 ]

 9日にカシマスタジアムで行われる水戸とのプレシーズンマッチで、MF名古の先発が濃厚となった。大卒新人は「攻守において自分が中心でやれるように」と意気込んだ。攻撃のスイッチを入れる縦パスの配球や、自身も積極的に飛び出していく攻撃的なセンスが持ち味で、「ゴールももちろん、アシストだったり、結果の部分にはこだわっていきたい」と気合。
 ACLプレーオフ(19日)とJ1開幕大分戦(23日)を前に好プレーを見せ、公式戦先発デビューへの足がかりを得る。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク