FC2ブログ

内田篤人主将、でもそういった中でタイトルを獲ってきたチームだから

篤人を取材した報知新聞である。
PSM水戸戦に10分ほど出場し、ヤスからキャプテンマークを受け取ったシーンが象徴的であった。
今季は主将としてチームを牽引する。
昨季からは選手が移籍し、新たなる陣容となる。
篤人は 内田はDF昌子源、西大伍らが移籍した今季の陣容について「多少メンバーの入れ替わりはあったけど、それはサッカーをやっていればあること」と言い切り、そして「新しい選手が活躍するチャンスだと思えばすごくポジティブなこと」と言う。
鹿島というクラブは日本人の才能溢れる選手が集まるクラブであり、欧州移籍は致し方のないところ。
「このチームは他と違って、活躍すればどんどん海外に出ていく。どうしても、そういう(チームの)核を作り切れずに移籍して、チームを作らなくちゃいけない難しさがある。でもそういった中でタイトルを獲ってきたチームだから」と篤人は語る。
そうは言うが、篤人が移籍した2010年から2016年までリーグタイトルが得られなかったことも事実である。
欧州移籍を止める手立ては難しいが、どのように戦力を維持するのかは大きな課題と言えよう。
それも含めて「Football Dream‐かわる‐」と考えられる。
クラブの力に注目である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

【鹿島】第5代主将・内田篤人、主力数人移籍も「そういう中でタイトルを獲ってきたチーム」
2019年2月10日9時50分 スポーツ報知


手渡されたキャプテンマークを巻く鹿島DF内田篤人

 ◆いばらきサッカーフェスティバル2019 鹿島1―0水戸(9日・カシマスタジアム)

 鹿島は9日、プレシーズン恒例となっているJ2水戸との親善試合「いばらきサッカーフェスティバル」を行い、MF中村充孝のゴールで1―0の勝利を挙げた。

 昨年限りで現役を引退したMF小笠原満男に代わり、鹿島にとって第5代目となる主将(〈1〉石井正忠、〈2〉本田泰人、〈3〉柳沢敦、〈4〉小笠原満男)に任命されたDF内田篤人は後半35分から出場。先発したMF遠藤康から譲り受けたキャプテンマークを左腕に巻くと、鋭いスライディングで相手のクロスをブロックするなど10分の出場ながら存在感を見せた。

 内田はDF昌子源、西大伍らが移籍した今季の陣容について「多少メンバーの入れ替わりはあったけど、それはサッカーをやっていればあること」とキッパリ。「新しい選手が活躍するチャンスだと思えばすごくポジティブなこと」と語った。

 かつてドイツ・シャルケへ移籍した自身や、小笠原、柳沢、植田直通らを引き合いに出し、「このチームは他と違って、活躍すればどんどん海外に出ていく。どうしても、そういう(チームの)核を作り切れずに移籍して、チームを作らなくちゃいけない難しさがある。でもそういった中でタイトルを獲ってきたチームだから」とうなずいた。今季の初陣は19日のACLプレーオフ(対戦相手未定・カシマスタジアム)。敗れればACL連覇の夢が公式戦初戦にして立ち消えになる事態となる。「今日みたいな、シーズン前のチーム作りの時間を無駄にしちゃいけない」と話した。

沖悠哉、背番号31の若き守護神

沖について記すサッカーマガジン編集部の小林記者である。
曽ケ端に代わってピッチに立った沖は、指揮官からの信頼の高さを感じさせた。
これまで多くの若手GKが挑んできた鹿島のゴールマウスを託すことになるのであろうか。
沖悠哉、注目の2年目である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

【鹿島】PSMで水戸に勝利~途中出場の若き守護神・沖「感慨深いものがあった」
2019-02-09
サッカーマガジン編集部



上写真=途中出場で鹿島のゴールマウスを守った沖
写真◎Getty Images


 毎年恒例の『いばらきサッカーフェスティバル』がカシマスタジアムで行なわれ、鹿島が水戸に1-0で勝利した。24分に土居聖真のシュートのこぼれ球を拾った中村充孝が相手DFをかわしてゴールに蹴り込んだ。鹿島は10日後の19日、AFCチャンピオンズリーグ・プレーオフに臨む。
「ソガさんに憧れてやってきた」
 62分、クラブのレジェンドと交代してピッチに入ったGK沖悠哉。試合後、興奮冷めやらぬ表情でその場面を振り返った。

「ソガさん(曽ヶ端準)に『頑張れよ!』って言ってもらいました。ソガさんにずっと憧れてやってきたので、自分の中で感慨深いものがありました」

 地元出身で、鹿島の下部組織で育ったプロ2年目。幼少期から見てきたチームのゴールマウスを守っていたのは、いつも曽ヶ端だった。プレシーズンマッチとはいえ、目標としてきた選手と交代した瞬間は、特別なものとなった。

 この日はまた、沖がプロになって初めて、鹿島サポーターの前でカシマスタジアムのゴールを守ることともなった。

「練習と試合とでは違うものがある。その難しさは分かっていたつもりでしたけれど、危ないシーンもあったので、しっかり声掛けだったり、自分の準備をしていかなければいけない」と、反省点も口にするが、「これから、公式戦にもっと絡んでいきたい。そのための第一歩を踏み出せたことはよかった」と、定位置奪取に意欲を燃やす。

 ずっと21番の背中を追ってきた、背番号31の若き守護神。今季もまた、し烈なレギュラー争いに挑戦する。

取材◎小林康幸






水戸戦報道

水戸とのプレシーズンマッチについて報じる各紙である。
多くの紙面が高卒ルーキーの関川郁万に割かれる。
注目度はNo.1と言えよう。
途中交代でピッチに入ると、20回ほどのボールタッチで完封に貢献した。
本人は「いきなり(出場)チャンスがきた。『これで逃したら次はない』と思い、がんばった。守備面の1対1では勝てた」、「あんまり緊張しなかった。(得意な)ヘディングはなかったけど、最後は1対1で勝てていい形で終われた。細かいミスはたくさんあったけど、まず守備面でうまく対応できたのは良かった」とコメントする。
新人とはお思えぬ落ち着きを感じさせる。
このあたりがCBとしてのメンタリティと言えよう。
将来のDFラインを任せるに十分な素質である。
上々なカシマスタジアムデビューを素直に讃えたい。
鹿島の未来を背負って貰おうではないか。
期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

鹿島が恒例の茨城ダービー制す、中村充孝が左足V弾
[2019年2月9日15時17分]


鹿島対水戸 前半、先制ゴールを決めた鹿島MF中村(右)はFWセルジーニョに祝福される(撮影・河野匠)


鹿島対水戸 前半、水戸MF前(左)と競り合う鹿島FW土居(撮影・河野匠)


鹿島対水戸 前半、水戸MF前(左)と競り合う鹿島MF名古(撮影・河野匠)


<プレシーズンマッチ・いばらきサッカーフェスティバル2019:鹿島1-0水戸>◇9日◇カシマ

恒例の茨城ダービーは、鹿島アントラーズがMF中村充孝(28)のゴールで水戸ホーリーホックを下し、ホームで勝利を飾った。

前半は水戸がボールを支配した。19分には右CKからMF黒川淳史(21)がシュートを放ったが、これは惜しくもゴール左にそれた。

対する鹿島は前半24分、FW土居聖真(26)のシュートのこぼれ球を拾ったMF中村が、ワントラップでDFをかわして左足でシュート。流れの悪い中で先制点をたたき込み、前半を折り返した。

後半に入ると鹿島の攻撃にリズムが生まれ始めた。19分には途中出場したMFレアンドロ(25)とのワンツーでFWセルジーニョ(23)が抜け出しチャンスを作ったが、GKに阻まれた。

そのまま両チーム得点を奪えぬまま試合は進んだ。後半43分には水戸がCKからバー直撃のシュートを放ち、同アディショナルタイムにもMF森勇人(23)がゴール前でシュートを放つなど攻め立てたが、最後まで決めきることはできなかった。

ゴールを決めた中村は「やっていて、そこまで悪い感じはなかった。ゴールシーンでは相手を見てプレーできた。これを続けていかないと意味がないので、続けられるよう日々の練習から取り組みたい」と話した。

V弾の鹿島中村充孝「これを続けないといけない」
[2019年2月9日19時21分]


鹿島対水戸 前半、先制ゴールを決めた鹿島MF中村(右)はFWセルジーニョに祝福される(撮影・河野匠)

<プレシーズンマッチ・いばらきサッカーフェスティバル2019:鹿島1-0水戸>◇9日◇カシマ

恒例の茨城ダービーは、鹿島アントラーズがMF中村充孝(28)のゴールで水戸ホーリーホックを下し、ホームで勝利を飾った。

台所事情の厳しい鹿島が、MF中村充孝(28)の技ありゴールで茨城ダービーを制した。9日にカシマスタジアムで行った水戸とのプレシーズンマッチでは、2日前の紅白戦を1本で切り上げたFW安部に代わり、中村が左サイドハーフで先発出場。前半24分に味方シュートのこぼれ球を拾うと、ワントラップで相手DFをかわして左足で突き刺した。昨年7月以来のゴールも、冷静な表情で「個人的にはこれを続けないといけない」と引き締めた。

昨季終盤から離脱しているMF三竿、FW鈴木らに加えて、安部やDF犬飼、MF白崎、FW伊藤も万全でなく試合を回避。DF昌子、西らの移籍もあり戦力が疑問視される中、J1開幕を前に手堅く勝ちきる“らしさ”を見せて、今季公式戦初戦となる19日のACLプレーオフ(対戦相手未定)に弾みをつけた。

18歳の鹿島・関川、本拠地デビュー!「いきなりチャンスがきた」

本拠地デビューを果たした関川

 Jリーグ・プレシーズンマッチ(9日、カシマスタジアムほか)J1鹿島が1-0でJ2水戸を下した。1-0の後半26分、全国高校選手権で準優勝した千葉・流通経大柏から加わったDF関川郁万(いくま、18)が本拠地デビューを果たし、開幕ベンチ入りの可能性も出てきた。

 冷たい雨が降り注ぐスタジアム。鹿島の大物ルーキー、DF関川が白い息を吐きながら本拠地のピッチに初見参した。

 「いきなり(出場)チャンスがきた。『これで逃したら次はない』と思い、がんばった。守備面の1対1では勝てた」

 恒例のJ2水戸とのプレシーズンマッチ。1-0の後半26分、腰を痛めたDF町田に代わって左センターバック(CB)で緊急出場すると、相手FWに素早く寄せてボールを奪い切り、1-0の勝利に貢献。全国高校選手権で2年連続準優勝した流通経大柏から鹿島入り。182センチながらタイミングの良い跳躍で空中戦にも強い。

 CBは昨季途中にDF植田(セルクル・ブリュージュ)、今オフにDF昌子(トゥールーズ)が抜けたポジション。23日の大分との開幕戦(カシマ)に向け「アピールしていく」。DF登録の高卒新人で開幕メンバー入りすれば、2006年に先発したDF内田以来13年ぶり。18歳とは思えぬ落ち着いた面構えに、自信を漂わせた。 (一色伸裕)

鹿島18歳ルーキー関川 感激の本拠地デビュー「特別な時間だった」
[ 2019年2月9日 16:31 ]


<鹿島・水戸>中盤でボールを追う関川(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ


 鹿島は9日、開幕前恒例の水戸とのプレシーズンマッチをカシマスタジアムで行い、1―0で勝利した。1―0の後半26分から、高卒新人のDF関川郁万(18)が“本拠地デビュー”を果たした。町田浩樹(21)に代わって左のセンターバックにイン。試合後も真っ先にサポーターからコールされた18歳は「15分間くらいでしたけど、自分にとって特別な時間だった。紅白戦だったり、(高校)選手権だったり、そういう90分間に値する以上の時間だった」と振り返った。
 守備では全体的にそつのないプレーを見せた。最後は自陣左サイドを速いスピードで駆け上がる水戸の選手に併走して、シュートを打たせる前にボールを奪いきった。「最後は1対1で勝てて、いい形で自分としても終われた。細かいミスはたくさんありましたけど、まず守備面でうまく対応できたのは良かった」と回想。「明日も(順大と)練習試合があるけど、アピールしていきたい」と力を込めた。

鹿島 MF中村が左足で技ありV弾「これを続けないと」
[ 2019年2月9日 20:18 ]


<鹿島・水戸>前半24分、中村がゴールを決める(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ


 鹿島は9日、開幕前恒例の水戸とのプレシーズンマッチを戦い、1―0で勝利した。4608人が観戦した、気温3度のカシマスタジアム。前半24分に決勝点を決めたのは、左サイドハーフで先発したMF中村充孝(28)だった。
 安西の右クロスが相手選手に当たってこぼれ、土居が左の中村につなぐ。「目の前の相手をよく見ることができたかなと思う」。28歳はマークのタイミングを外す右足での巧みなトラップから左足で蹴り込んだ。

 「個人的にはこれ(得点)を続けないといけない」と話す一方、自分に厳しく課題も指摘。「もっとサイドバックとの関係性であったり、守備でのポジショニングを突き詰めたい」と続けた。

 「今年は去年以上に守備の練習を凄く大事にして、チームの中で意識している」と話す。「サイドハーフが9対1の割合でボールを取りに行こうという話も出ている。もっと強度を上げていきたい」と勝ってカブトの緒を締めた。

鹿島 内田から関川に愛のムチ「背が低い分、頭でプレーしないと」
[ 2019年2月10日 05:30 ]

いばらきサッカーフェスティバル 鹿島1-0水戸 ( 2019年2月9日 カシマスタジアム )


<鹿島・水戸>後半26分から出場した鹿島・関川(左)=撮影・篠原岳夫
Photo By スポニチ


 鹿島は9日、開幕前恒例の水戸とのプレシーズンマッチ、いばらきサッカーフェスティバル2019を本拠地で行い、1―0で勝利した。MF中村充孝(28)のゴールで先制した後、後半26分に、流通経大柏高から加入したDF関川郁万(18)が途中出場した。プロになって初めてプレーするカシマスタジアムで、上々のデビューを飾った。
 気温3度のカシマスタジアムに何度も「関川」のコールが熱く響いた。後半26分から4000人のサポーターの前で本拠地デビュー。高校選手権の活躍で脚光を浴びたルーキーは「15分間くらいでしたけど、自分にとって特別な時間だった。紅白戦や選手権、そういう90分間に値する以上の時間だった」と笑顔で振り返った。

 昨季で引退した小笠原氏も観戦した一戦。町田に代わり左センターバック(CB)に入り、落ち着いた守備を見せた。約20分間で約20回のボールタッチ。終了間際にはサイドを高速で駆け上がる相手に並走してボールを奪いきる好プレーもあった。「あんまり緊張しなかった。(得意な)ヘディングはなかったけど、最後は1対1で勝てていい形で終われた。細かいミスはたくさんあったけど、まず守備面でうまく対応できたのは良かった」とうなずいた。

 及第点以上の内容にも、新主将のDF内田からは早速、課題を突きつけられた。1メートル82はCBとしては小柄で、「背が低い分、頭でプレーしないといけない。いくらジャンプ力があるといっても、(海外には)1メートル90のカメルーン人がいたけど、俺より高く跳んで、速く走る」とピシャリ。成長を見込むからこそ、油断しないための“愛のムチ”。公式戦デビューへ、まい進する18歳は「鹿島の一員として認められるよう、もっとアピールして信頼を得たい」と力を込めた。

 ◆関川 郁万(せきがわ・いくま)2000年(平12)9月13日生まれ、東京都八王子市出身の18歳。狭間FC―FC多摩―流通経大柏。空中戦に強く、高校では1年から主力としてプレー。2年時に全国総体優勝。2、3年時に全国選手権準優勝。好きな選手はスペイン代表DFのセルヒオラモス。1メートル82、72キロ。家族は父、母、兄、姉。

【鹿島】中村充孝が巧みな切り返しで決勝点 19日初陣先発へ猛アピール「突き詰めていく」
2019年2月9日19時42分 スポーツ報知


ボールを追う鹿島MF中村充孝(左)

 ◆いばらきサッカーフェスティバル2019 鹿島1―0水戸(9日・カシマスタジアム)

 鹿島はMF中村充孝が決勝点を挙げ、J2水戸を1―0で下した。前半24分、FW土居聖真のクロスが相手に当たったこぼれ球に中村が反応。鋭い切り返しのファーストタッチで相手DFを華麗にかわすと、左足を豪快に振り抜いてネットを揺らした。中村は「目の前の相手を良く見られたかなと思います」と振り返った。

 左サイドハーフで先発出場。左サイドバックやボランチと連動した積極的なプレスでも存在感を見せ、1・5列目で先発した土居とポジションを入れ替えるなど流動的な動きも見せた。「(プレスに)もっといかないといけない。自分のところで取れれば、後ろの選手はすごく楽だと思いますし。今年はサイドハーフが積極的にボールを取りにいこうという話も出ている。もっと強度を上げていきたい」とレギュラー奪取へ“走るファンタジスタ”を目指す覚悟だ。

 今季の公式戦初陣は19日に行われるACLプレーオフ(対戦相手未定・カシマスタジアム)。敗れればACL2連覇の夢が初戦にしてついえることになる。攻撃陣に負傷者が続出している現状もあり、好調の中村にかかる期待は大きい。「個人的にはこれを続けないといけない。サイドバックとの関係性であったり、守備でのポジショニングをもっと突き詰めていく」と意気込んだ。

【鹿島】ルーキー関川、内田以来の高卒DF開幕ベンチ入りへ前進
2019年2月10日6時5分 スポーツ報知


J2水戸とのプレシーズンマッチに出場した鹿島・関川(左)

 ◆いばらきサッカーフェスティバル2019 鹿島1―0水戸(9日、カシマスタジアム)

 今年の全国高校選手権で準優勝した流通経大柏高(千葉)から鹿島に入団したDF関川郁万(18)が、クラブでは2007年の内田篤人(30)以来となる高卒DFでの開幕ベンチ入りへ大きく前進した。J2水戸とのいばらきサッカーフェスティバル2019の後半26分から出場。相手FWとの1対1を制し、鋭いパスで攻撃の起点になるなど1―0の勝利に貢献し「あまり緊張はしなかった。みんなが声をかけてくれたので、やりやすかったです」と笑顔で振り返った。

 高校選手権で2年連続の決勝舞台に立った実力は本物。昌子源(26)=トゥールーズ=、植田直通(24)=セルクル・ブルージュ=らも成し得なかった高卒DFの開幕ベンチ入りへ「鹿島はタイトルを取り続けないといけないクラブ。その中で自分が絡めれば」と静かに闘志を燃やした。

茨城)サッカー「茨城ダービー」 鹿島1-0水戸
2019年2月10日03時00分


前半24分、先制点を決めた鹿島のMF中村充孝(手前右)と水戸のDF伊藤槙人⑤=2019年2月9日午後1時23分、茨城県鹿嶋市の県立カシマサッカースタジアム

 サッカーのJリーグ開幕を控え、J1鹿島アントラーズとJ2水戸ホーリーホックが対戦するプレシーズンマッチ「いばらきサッカーフェスティバル2019」が9日、茨城県立カシマサッカースタジアム(鹿嶋市)であった。茨城ダービー14回目の対戦で、鹿島が1―0で水戸を破り、通算13勝1分けとした。

 鹿島は前半24分、MF中村充孝がゴール前のこぼれ球を左足で合わせて先制。後半は攻守に、MF平戸太貴、DF関川郁万、GK沖悠哉ら若手・新人を投入して戦った。水戸は、ゴールバーに当たるシュートを打つなど、積極的に攻めたが得点に結びつかず、相手守備を崩せなかった。

 鹿島の大岩剛監督は「けが人が多い中で、色んな意味で次に向けた準備にはなった。チームの状態は上がってきている」と振り返った。水戸の長谷部茂利監督は「できれば得点し、引き分けにしたかった。もっとシュートし、得点に結びつくよう改善しなければならない」と話した。

 Jリーグの開幕は22日。初戦はそれぞれ、鹿島が本拠地で23日午後3時から大分トリニータと、水戸は敵地で24日午後2時からファジアーノ岡山と対戦する。

鹿島、水戸に競り勝つ J1プレシーズンマッチ
毎日新聞2019年2月9日 17時50分(最終更新 2月9日 17時50分)


前半24分、ゴールを決める鹿島の中村(右)=茨城県鹿嶋市のカシマスタジアムで2019年2月9日、大島祥平撮影

 サッカーJ1鹿島とJ2水戸の茨城県内チームによる恒例のプレシーズンマッチが9日、カシマスタジアムで行われ、鹿島が1―0で競り勝った。

 前半24分、ゴール前のこぼれ球からMF中村が「相手を見てプレーできた」と左足で決めて先制。新主将のDF内田、今冬の全国高校選手権準優勝の流通経大柏高から加入したセンターバックの関川らを終盤に投入して逃げ切った。

 昨季アジア王者の鹿島は、19日のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)プレーオフから今季の戦いが始まる。「けが人も多く、すり合わせができないまま出た選手の組み合わせもあった。いろいろな意味で準備になった」と大岩監督。関川は「守備面でうまく対応できたのは良かった」と堂々のコメントだった。【大島祥平】

Jプレシーズンマッチ 鹿島 課題知る勝ち星
J1鹿島とJ2水戸による恒例のJリーグプレシーズンマッチ「いばらきサッカーフェスティバル2019」が9日、カシマスタジアムで行われ、鹿島が1-0で水戸に勝利した。通算成績は鹿島の13勝1分け。

鹿島は前半24分、土居が放ったシュートのこぼれ球を中村が拾い、華麗なキックフェイントから左足で決めた。水戸は速攻やCKからゴールに迫るも、1点が遠かった。

両チームの公式戦初戦は、鹿島が19日に本拠地でアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)プレーオフを控える。水戸は24日、敵地で岡山と対戦する。

予定されていた筑波大-流通経大戦は悪天候のため中止となった。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク