FC2ブログ

ACL POの相手はニューカッスル・ジェッツ

来週に迫ったACL POの相手が確定した。
ニューカッスル・ジェッツ(オーストラリア)と対戦することとなる。
これは面白い相手が勝ち上がってきた。
かつて鹿島におったジャイールが所属しておる。
ヤスにアシストしたという記録を持つこのFWを抑えてこそのACL本戦への道が開けるというもの。
心して挑みたい。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

ACL プレーオフ対戦相手確定のお知らせ
2019年02月12日(火)

本日(2/12)に行われたAFCチャンピオンズリーグ予備予選の結果により、プレーオフは、ニューカッスル・ジェッツ(オーストラリア)と対戦することが決まりました。

AFC チャンピオンズリーグ2019 プレーオフ
2/19(火) 19:00キックオフ
鹿島アントラーズ vs ニューカッスル・ジェッツ(オーストラリア)
カシマサッカースタジアム

鈴木優磨、あと1週間でいける

鹿島の練習を取材したサンケイスポーツ紙である。
優磨は順調に回復しており、「痛みも違和感もほとんどない。(全体練習への合流は)あと1週間でいける。たぶん開幕戦には(間に合う)」と語る。
Jリーグの開幕戦に照準を合わせておる様子。
これは朗報と言えよう。
今季のリーグタイトル奪還は至上命令である。
それを達成するには、エースの優磨の復活があってこそ。
また、PSM水戸戦を欠場した安部裕葵も練習メニュー全てをこなし、次のように語る。
「状態はいい。今までだったら(無理して)やっていたけど、冷静にストップをかけられた」と過密日程の昨季は無理を押したが、今は大事を取ったことを強調する。
裕葵はACL POに向けて調整しておる。
こちらのタイトルも重要である。
今年、連覇を出来るのは鹿島だけなのである。
アジアと国内を制覇し、名声を更に上げたい。
優磨、裕葵、健斗の活躍に注目である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

鹿島・鈴木、開幕戦に間に合う可能性「痛みも違和感もほとんどない」
 昨年12月5日の天皇杯準決勝の浦和戦(12月5日)で右太腿を負傷したJ1鹿島のFW鈴木優磨(22)が、今月29日の大分との開幕戦に間に合う可能性が出てきた。

 チームは12日、鹿嶋市内で約1時間半の練習を実施した。鈴木は別メニューだったが、塙敬裕フィジオセラピスト指導の下で全力走を複数回こなすなど復調をアピールし、「痛みも違和感もほとんどない。(全体練習への合流は)あと1週間でいける。たぶん開幕戦には(間に合う)」と話した。

 この日は恥骨関連鼡径部痛で約3カ月実戦から離れている元日本代表MF三竿健斗(22)が、全体練習に合流。「これから練習をどんどんやって、開幕はもちろん目指したい」と意気込んだ。また、コンディション調整のために、プレシーズンマッチJ2水戸戦(9日)を欠場したMF安部裕葵(20)もすべての練習メニューを消化。「状態はいい。今までだったら(無理して)やっていたけど、冷静にストップをかけられた」。こちらは19日のアジア・チャンピオンズリーグ、プレーオフに向けて精力的に汗を流した。

三竿健斗、開幕戦は目指すけどそこがゴールじゃない

全体練習に合流した三竿健斗を取材したニッカンスポーツ紙である。
昨季より離脱しておった三竿健斗の復帰は非常に明るいニュースである。
三竿本人は、「まだ少し違和感があるときはあるけど、ほとんどない。ストレスなく動けている」、「開幕戦は目指すけどそこがゴールじゃないので、長い間戦えるように体と相談したい」と話し、長い目で見据えておることを強調する。
今季、ボランチには白崎、名古、平戸が加入し、層が厚くなった。
ここは無理をさせずにシーズンを進めることは出来よう。
しかしながら、ボランチというポジションはチームの背骨であり、ある程度固定して戦うことも必要となる。
三竿ほどの実力者には、かなりの稼働を期待したい部分もある。
このあたり難しい判断となろう。
公式戦開幕まで1週間となった。
来週にはピッチに立っておるのであろうか。
注目である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

鹿島三竿が全体練習に合流「ストレスなく動けてる」
[2019年2月12日18時39分]


全体練習に合流したMF三竿(撮影・杉山理紗)


全体練習に合流したMF三竿(右)。左はDFチョン(撮影・杉山理紗)


鹿島アントラーズで昨年11月から負傷離脱していたMF三竿健斗が、全体練習に合流した。パス練習など全てのメニューを消化。昨季末から負傷者が続出した鹿島にとっては、明るい話題となった。

「まだ少し違和感があるときはあるけど、ほとんどない。ストレスなく動けている」と話し「開幕戦は目指すけどそこがゴールじゃないので、長い間戦えるように体と相談したい」と長いシーズンを見据えた。

三竿健斗・安部裕葵、全体練習に合流

全体練習に合流した三竿と安部裕葵である。
これは朗報。
1週間後に迫ったACL POに向けて戦力が揃いつつある。
負傷者が戻り、戦力を揃えて公式戦に備えたいところ。
公式戦が開幕すると過密日程が待っておる。
総力戦で勝利を積み重ねていきたい。
期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

鹿島・三竿、全体練習に合流 安部もすべての練習メニューこなす
 J1鹿島は12日、約1時間の練習を行った。

 恥骨関連鼡径部痛で約3カ月実戦から離れている元日本代表MF三竿健斗(22)が、この日から全体練習に合流した。また、コンディション不良でプレシーズンマッチJ2水戸戦(9日)を欠場した、MF安部裕葵(20)もすべての練習メニューをこなした。

上田綺世くん、人間性が伝わるコメント

上田綺世くんの鹿島アントラーズ加入内定を発表する法政大学公式サイトである。
上田綺世くんのコメントが素晴らしい。
彼の環境がこれほどの選手を育んだことが伝わってくる。
とても応援したくなって売る。
そして、プロとしてキャリアを始めるにふさわしいクラブが決まった。
鹿島の上田としてゴールを決める日はそう遠くなかろう。
楽しみなセンターFWである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

上田綺世(2年/鹿島学園高校出身) J1 鹿島アントラーズへの2021年度加入内定のお知らせ
2019.02.12

この度、弊部所属の上田 綺世(2年/鹿島学園高校出身)が、J1 鹿島アントラーズへの2021年度加入内定が決定いたしましたので、下記の通りお知らせいたします。

《プロフィール》
上田 綺世(ウエダ アヤセ)
1998年8月28日生(20歳)
ポジション:FW
身長/体重:182cm/76kg

《コメント》
この度、鹿島アントラーズに入団することが決まりました上田綺世です。この日が来ること、この日を迎えるためにこれまでひたむきにサッカーに打ち込んできました。順調だったとは言えません。順調だったことなんて一つもありません。一歩ずつ一歩ずつしっかりと地道に進んできました。それは僕の力だけではありません。親戚の方、教わった指導者、友達、ライバル。その他にも沢山の人に支えられて僕はここまで来れました。本当に感謝しています。ありがとうございました。そしてその感謝と野望を胸にこれからの道を突き進んでいきたいと思います。おそらくまた順調なことは一つもありません。でもそれを乗り越えられる力はつけたつもりです。調子のいい時も苦しい時もあると思いますが、応援よろしくお願いします。

そして、父と母には伝えきれないほどの想いがあります。僕がサッカーできている、夢を追い続けられたのは何よりも父と母の支えと応援があったからです。雨の日も風の日も会場に足を運んでは声援を送り、応援してくれました。本当にありがとう。

プロサッカー選手になって活躍したいという夢は、父と母にプロである自分がスタジアムで活躍してる姿を見せたいという想いでした。まだ叶ってません。これから必ず叶えていきます。これからは親として、ファンとして応援よろしくお願いします。ここがスタートラインです。今までの感謝をプレーで恩返しできるようまた精進していきたいと思います。応援よろしくお願いします。



上田選手は「生粋のストライカー」という名がふさわしい得点感覚に優れた選手です。ダイナミックなヘディングでのゴールはもちろん、ミドルシュートやスピードを活かしたゴールなど多彩な形からゴールを奪うことができ、関東リーグではこの2年間で23ゴール記録しています。この活躍もあり、一昨年12月にはU-20日本代表に始めて選出され、その後もコンスタントに世代別日本代表に選出されています。

今後も上田選手への熱い応援をよろしくお願いします!

上田綺世くん、加入発表

予てより報じられておった法政大学の上田綺世くんの加入内定が公式発表された。
加入は2021年より。
卒業まで待つ形となった。
鹿島学園高校から法政大学へはスポーツ推薦にて入学しておるため、その義務を全うし、法政大学のスポーツを隆盛させる必要がある。
これは致し方の無いところ。
東京五輪後を経て鹿島にて活躍して欲しい。
楽しみな逸材である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

上田 綺世選手の2021年加入内定について
2019年02月12日(火)

法政大学の上田 綺世選手(2年生)が2021年より加入することが内定しましたのでお知らせいたします。

■選手プロフィール
選手名:
上田 綺世(うえだ・あやせ)

生まれ:
1998年8月28日、茨城県出身

サイズ:
182センチ、76キロ

ポジション:
FW

利き足:


特徴:
身体能力の高さと正確なシュート技術を併せ持つ、オールラウンダーなストライカー。動き出しとゴール前のポジショニングにも優れ、点取り屋に必要な能力を兼ね備える。

経歴:
鹿島アントラーズジュニアユースノルテー鹿島学園高校ー法政大学

代表歴:
U-21日本代表、U-20日本代表

伊藤翔、クロスからのゴールに期待

J1クラブ新加入選手をデータで紹介するJリーグ公式サイトの記事である。
鹿島に加入した伊藤翔がピックアップされておる。
昨季のデータからクロスからのゴールが得意、決定率が高いという特徴がわかる。
右からはヤスや篤人、左からは脩斗や安西からのクロスをゴールに叩き込んでくれるのではなかろうか。
今季は更にサイドアタックに磨きをかけ、ゴールに結びつけていきたい。
伊藤翔の活躍に期待大である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

あの新加入選手はどんなところが凄いのか?!編集部が注目するJ1クラブの新戦力をデータで紹介。彼らが持つストロングポイントとは?【Jリーグ】

今回はJ1各チームの注目移籍選手をピックアップし、昨季のデータをもとにそのストロングポイントを考察した

新戦力の活躍は、新シーズンの躍進のための重要なポイントとなる。今回はJ1各チームの注目移籍選手をピックアップし、昨季のデータをもとにそのストロングポイントを考察した。

C大阪から神戸に移籍した山口 蛍は、インターセプト数、敵陣でのボール奪取数の2つでリーグトップを記録した。イニエスタ、ポドルスキ、さらにはビジャも加わりリーグ最高とも言える攻撃陣を手にした神戸だが、その後方で3人を支える山口の守備力がカギを握りそうだ。

長崎から札幌に加わった鈴木 武蔵はクロスからのゴール数がリーグトップ。3-4-2-1の布陣で戦う札幌は、鈴木の特徴をいかすべく両ウイングバックの出来が、大きなポイントとなるだろう。

横浜FMから鹿島に移籍した伊藤 翔もクロスからのゴール数が多かった。鹿島が得意とするサイドアタックが、さらに機能する可能性は高い。

山中 亮輔は、ペナルティエリア外からのゴール数でトップ。パンチ力のある左足は、浦和の新たな武器となるだろう。

横浜FMに加入した三好 康児はペナルティエリア外からのシュート意識が高く、その積極性が横浜FMの攻撃を活性化させていきそうだ。エウシーニョも同じく攻撃意識の高さが浮かび上がっており、果敢な攻め上がりが清水に勢いを生みだろう。

鳥栖から名古屋に移籍した吉田 豊は、クロス成功率がリーグ5位を記録。昨季得点王のジョーとのホットラインが開通すれば、名古屋の攻撃力はさらに高まるはずだ。都倉 賢は敵陣での空中戦勝率がリーグ1位。テクニカルな選手が多いC大阪だが、今季は高さを生かした戦いも模索していきそうだ。また都倉はアディショナルタイムでのゴール数もリーグトップで、その勝負強さはC大阪に多くの歓喜をもたらすだろう。

J1 注目移籍選手の特徴データ



今季のJ1には昨季のJ2で結果を出した選手も多く加わっている。千葉から湘南に加わった指宿 洋史は空中戦で無類の強さを示しており、熊本からG大阪に移籍した田中 達也はクロス、ドリブル、アシストなど、多くの攻撃項目で高い数値を示している。

東京Vから広島入りした井林 章は正確なロングパスで攻撃の起点となり、山口から大分に加わったオナイウ 阿道は得点力の高さを披露した。それぞれが際立った長所を備えており、新天地でもその武器が生かされていくはずだ。

データ提供:データスタジアム
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク