FC2ブログ

内田篤人のキャプテン論

内田篤人のキャプテン論を伝えるサッカーダイジェストの広島記者である。
昨季は遠慮しておったものの、今季は正式な主将ということで、「変な話、もっとずうずうしくやれる、俺のやりたいように全部やっていいんだなと思うと、ちょっとは気が楽かな」、「今年はキャプテンマークを渡された。ということは、“じゃあ俺やっていいんですね”と。好き勝手やりますよ、って」との言葉を口にする。
この言葉を広島記者は、「自分勝手に、ワガママに振る舞うというわけでは決してない。チームが勝つために、タイトルを掴むために。そこから逆算して、何をすべきか、それをピッチ上でどう表現するかに、集中して、行動に移す。
 妥協も、遠慮もしない。自分なりのやり方で、チームのために身を粉にして全力を尽くすだけ。“好き勝手”には、そんな強い決意と覚悟が込められているのだ」と翻訳してくれる。
篤人なりのキャプテンシーが今季は発揮されよう。
キャプテン・篤人共にタイトルを目指す。
楽しみである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

【鹿島】「もっと、ずうずうしくやれる」新キャプテン内田篤人の妥協なき戦い
広島由寛(サッカーダイジェスト)
2019年02月13日


「ちゃんと『頼むね』と言われたのは初めて」


水戸とのプレシーズンマッチでは80分から途中出場。わずかなプレータイムではあったが、キャプテンマークをその左腕に巻き、チームの1-0の勝利に貢献した。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

 2月9日、毎年恒例の『いばらきサッカーフェスティバル』が開催された。鹿島アントラーズと水戸ホーリーホックが相まみえる伝統のプレシーズンマッチで、今年は鹿島が1-0の勝利を収めた。24分に中村充孝が技巧的な左足シュートでゴールネットを揺らし、この1点を守り切った。

 ACL連覇、リーグタイトル奪還など、今季も“全冠制覇”を目指すシーズンの幕開けを勝利で飾るなか、昨季限りで引退した小笠原満男からキャプテンを引き継いだ内田篤人は、80分から途中出場。先発で出ていた遠藤康から腕章を受け取り、左腕に巻いた。

 クラブから打診された大役について、内田は「イエスもノーもない。やらなければいけない」と受諾。迷いなどなかった。「キャプテンって、やりたいからなれるわけではないと思う。監督とか、上の人から『やれ』と言われて、やるもの」と考えている。

 学生時代には部活の部長を任され、「一応、キャプテンっぽいと言えば、そうなのかもしれない」という歴史はある。だが「ちゃんと『頼むね』と言われたのは初めて」だ。

 これまで、いろんなタイプのキャプテンとプレーしてきた。「鹿島では(小笠原)満男さん、日本代表では長谷部(誠)さん、シャルケでは(ベネディクト・)ヘーベデスとか」。それぞれのチームのまとめ方を見てきたが、「いろんなキャプテンの“いいとこどり”が一番、いいかもしれない」と話す一方で、「俺はこうなったほうがいいとかは、別にない。去年と変わらず、やっていくつもり」とあくまでも自然体を貫く構えだ。

 それでも、内田なりの考えはある。「みんながキャプテンのつもりで戦えばいいし、俺だって去年もそのつもりでプレーしていた」が、今季はより自分のカラーを色濃く打ち出すつもりでいる。

「変な話、もっとずうずうしくやれる、俺のやりたいように全部やっていいんだなと思うと、ちょっとは気が楽かな。去年はどこまで言っていいのか、どのくらい怒っていいのか、少なからず気を遣ってはいたんです。自分はキャプテンじゃないし、(ドイツから)帰ってきて1年目だったし。

 でも、今年はキャプテンマークを渡された。ということは、“じゃあ俺やっていいんですね”と。好き勝手やりますよ、って」

 ともすれば誤解されがちな物言いだが、自分勝手に、ワガママに振る舞うというわけでは決してない。チームが勝つために、タイトルを掴むために。そこから逆算して、何をすべきか、それをピッチ上でどう表現するかに、集中して、行動に移す。

 妥協も、遠慮もしない。自分なりのやり方で、チームのために身を粉にして全力を尽くすだけ。“好き勝手”には、そんな強い決意と覚悟が込められているのだ。

 小笠原満男という唯一無二のレジェンドが去った後の常勝軍団は、どんなチームになっていくのか。その先頭に立って戦う背番号2の生き様を見逃すわけにはいかない。

取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

総合力の向上を図る鹿島。タイトルに必要なチームの核と若手の成長

鹿島の戦力分析を行うGOAL.comの寺野女史である。
期待度はBとするが、条件付きではAと記す。
なかなか評価の難しい今季の戦力と言えよう。
目の付け所の良い補強をしたが、いかんせん地味であることは事実。
また、その戦力のお披露目となるはずのPSM水戸戦では、負傷にて出場せずと、確認が出来ずにおる。
また、優磨と三竿が昨季末より離脱しており、その復帰時期が見えぬ事も戦力評価が上がらぬ理由であろう。
その中で3つのポイントを挙げておる。
総合力/内田篤人/核作りと並べてみると納得するフレーズとなる。
総力で得たACLを含めた全てのタイトルでベスト4以内という実績を、小笠原満男の抜けた穴を抜ける穴を埋める篤人共に、そして軸となる選手の台頭となろう。
どれもこれも種は蒔かれておる。
前評判こそ低いものの、地力にてタイトルを掴み取ろうではないか。
楽しみなシーズンである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

総合力の向上を図る鹿島。タイトルに必要なチームの核と若手の成長【J1戦力分析/鹿島編】


2019シーズンの明治安田生命J1リーグが2月22日に開幕する。『Goal』では開幕に合わせてJ1全18クラブの戦力分析を実施。今回はアジア王者としてクラブ20冠目のタイトルを獲得し、今季は9度目のリーグ制覇を目指す鹿島アントラーズを取り上げる。【文=寺野典子】



❏期待度(A・B・Cの3段階評価)

■シーズンの期待度:B
新生鹿島の成長に対する期待はA

■戦力の期待度:B
離脱者がいなければ、Aに近い



❏新加入選手

ブエノ(1月9日)
[←徳島/期限付き移籍期間満了により復帰 ]

白崎凌兵(12月29日)
[←清水/完全移籍]

伊藤翔(12/27)
[←横浜FM/完全移籍]

平戸太貴(12/8)
[←町田/期限付き移籍期間満了により復帰]

有馬幸太郎(11/1)
[←鹿島ユース/新加入]

佐々木翔悟(11/1)
[←鹿島ユース/新加入]

関川郁万(5/12)
[←流通経済大学付属柏高校/新加入]

名古新太郎(3/1)
[←順天堂大/新加入]



❏ポジション別キーマン

■GK
1 クォン・スンテ

サポーターからも「神」と言われるビッグセーブでチームをACL王者へけん引した。高い精度を持つキックでのゴール演出にも期待したい。そして、今年40歳となる曽ヶ端準も健在。ゴールマウス以外でも献身的にチームを支える不動の象徴だ。11年目の川俣慎一郎や2年目の沖悠哉もチャンスに備えている。

DF
2 内田篤人

小笠原満男からキャプテンを受け継いだ内田篤人はやはりキーマン。センターバックは、負傷離脱が続いた昌子源の代わりにコンビを組んだチャン・スンヒョンと犬飼智也にも安定感が生まれてきた。それに続くのが町田浩樹、ブエノか。高卒ルーキー関川郁万の成長にも期待。両サイドバックやサイドハーフと様々なポジションでの仕事を担う安西幸輝は今季もバックアッパーとしての存在価値は大きいが、先発ポジション獲得を目指す。

MF
4 レオ・シルバ

ボランチはレオ・シルバ、2列目は遠藤康、安部裕葵が中心となるか。また、中盤ならどのポジションでも出場可能な永木亮太、高いテクニックとセンスを持つ中村充孝、チームを動かすプレーができる土居聖真、長い離脱から復帰したレアンドロという経験豊富な選手が先発を争う。大卒ルーキーの名古新太郎、育成型期限付き移籍から復帰した平戸太貴という若手は未来の小笠原満男になれるのか?

FW
9 鈴木優磨

鈴木はポストプレーだけでなく、後方からボールを引き出すプレーや守備など多岐にわたる役割をこなす。そのぶん、ペナルティーエリア内に人がいないというケースもあった。昨季は鈴木とセルジーニョの2トップが縦に配置される形もあったが、伊藤翔の加入で、明確な1トップという試合が増えるかもしれない。それでも「得点だけが仕事ではない」という鹿島のFWが担う仕事は変わらない。



❏予想布陣/戦術を読み解く

60試合を戦った昨季の影響が出たのか、9日のプレシーズンマッチ・水戸ホーリーホック戦(1-0)は、鈴木優磨、三竿健斗、犬飼智也といった中心選手を欠いた状態で迎えた。軽度負傷で安部裕葵や伊藤翔も出場していない。その試合で存在感を示したのは、昨季長期離脱していた中村充孝だ。得点を決めただけでなく、何度も高い位置でボール奪取を見せている。「今年はサイドハーフが9対1の割合でボールを取りに行こうという話もある。前で取れれば相手の陣地、相手のゴールに近づくから」と今季の意識について話した。

「いい守備からいい攻撃というコンセプトは昨季から引き続き持っているし、ボールを持ったときのバリエーション、選択肢も増やしていかなくてはならない」と大岩剛監督も今季のテーマについて語る。しかし、バリエーションを増やすために必要なベースも今はまだ他を圧倒するほど強固とは言えない。ベースとバリエーション作りを同時進行で行い、試合を重ね結果が残すのは容易ではないだろう。

鹿島は良質なポストプレーヤーが育つクラブだが、金崎夢生移籍後は鈴木頼みのような状態が続いた。その鈴木が離脱のなか開幕する今季は、新加入の伊藤がいかにチームに馴染むのかがスタートダッシュのカギを握る。ただ鹿島のFWは仕事が多く、前線でのポジションチェンジも多い。周囲との連係を深めるには時間が必要になる可能性は高い。



❏3つのポイント/その1:総合力の質

昨シーズンは次々と離脱者が相次ぎ、フィールドプレーヤーで先発ベンチ入り以外はほとんどケガ人という時期すらあった。そういうなかで、過密日程を乗り越えてACLを獲得し、JリーグYBCルヴァンカップ、天皇杯、クラブワールドカップでベスト4入りを果たし、リーグ戦3位という結果を残せたのは、チームの総合力の成果だ。

出場機会の少ない若手も鹿島のサッカーを理解していたことが大きいだろう。しかし、昨季限りで出場機会を求めて鹿島を去った選手も少なくない。ケガ人を出さないということも大きな課題だが、今季加入した経験の浅い若手選手がどこまでチームサッカーを表現できるのか? 高いポテンシャルをいかに引き出せるのか? 総合力の質が問われる。



❏3つのポイント/その2:内田篤人

昨季、ドイツから帰還し鹿島へ復帰したが、長く戦線を離脱していた内田は、シーズンを戦う身体がまだできていなかった。10月のACL準決勝第1戦・水原三星戦では重要な決勝ゴールを決め、タイトル獲得に貢献したものの、1年間を見れば肉離れなどでコンディションを崩し、リーグ戦出場は12試合にとどまっている。

しかし、出場した試合では、崩れかけた守備陣を落ち着かせるために声をかけたり、身体を張ったプレーで自身が先輩から学んだ「鹿島スピリット」を表現した。何よりそのプレーの質も高く、ドイツで積んだ研鑽を垣間見せる。今季はチームとは離れた形でシーズン前の準備を行い「離脱しない」身体を維持することを目標にしている新キャプテンに注目したい。



❏3つのポイント/その3:核作り
ACLや国内カップ戦ではその粘り強さを発揮したが、シーズン全体を振り返ると明確な個性を示すことはできなかった。「今はまだチームの自力がない」と内田も語っていた。そして今季開幕を前に「今は活躍すると海外へ移籍してしまうので、チームの核作りが難しい。昔はサッカーを知っている選手がいたから、戦術がどうこうというのがなくても戦えた。でも今は違う。鹿島にはポテンシャルを持っている若い選手がたくさんいるので、ちゃんと型にはまって戦える流れができてくればいい」と話した。

選手個々の能力で導く結果を継続させるには、明確なチームとしての型や核を作っていく必要がある。それが自力となるはずだ。



❏鹿島の開幕3試合日程
【第1節】
2/23(土)
15:00 鹿島 vs 大分(カシマ)

【第2節】
3/1(金)
19:00 川崎F vs 鹿島(等々力)

【第3節】
3/9(土)
16:00 鹿島 vs 湘南(カシマ)

ACL PO、日テレNEWS24にて放送

ACL POのテレビ放送が決定した。
スカパー!の日テレNEWS24にて放映となる。
平日の夜という条件故、現地に駆けつけられぬ者も多かろう。
テレビにて試合状況を確認出来ることを幸せに思いたい。
また、日テレNEWS24は昨季まではSD画像であったが、今季よりHD画像となり高画質となった。
値上げがあったことは残念であるが、より鮮明に試合を観られることを喜びたい。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

日テレNEWS24 ACLプレーオフ 鹿島×ニューカッスル・ジェッツ
2019年02月13日(水)

ACLプレーオフ ニューカッスル・ジェッツ戦は、日テレNEWS24で生放送されます。

【番組名】
ACLプレーオフ 鹿島アントラーズ×ニューカッスル・ジェッツ

【放送チャンネル】
日テレNEWS24

【放送日時】
2月19日(火)18:45~

三竿健斗、痛みはほとんどない

三竿健斗の練習合流を報じる各紙である。
やはり、日本代表の復活はニュースと言えよう。
先日終えたアジア杯でも三竿がおれば日本が優勝した可能性は非常に高かった。
それだけ、ボランチの重要性がクローズアップされた大会であった。
また、鹿島も終盤の攻撃力不足は中盤のコマ不足があったように感じさせる。
ここで、三竿が復帰することで大きく改善されよう。
サンスポの一色記者によると、三竿は優磨と共にACL POこそ出場を見合わせるもののリーグ戦開幕に照準を合わせ調整をしていく模様。
Jリーグを活気づけてくれよう。
注目である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

鹿島・三竿、練習合流 そけい部痛完治「開幕目指す」

全体練習に合流した三竿(右端)。開幕に間に合うめどが立った (撮影・一色伸裕)

 J1鹿島は12日、茨城・鹿嶋市内で練習を行い、恥骨関連鼠径(そけい)部痛で離脱していたMF三竿健斗(22)が全体練習に合流した。

 冒頭の走り込みやボール回しなどで軽快に動き、約1時間半調整。「痛みはほとんどない。開幕はもちろん目指す」と完治をアピールした。

 昨年11月の日本代表活動後、同部位の痛みを訴えて離脱。12月6日に全治約6週間の診断を受けてクラブW杯を欠場し、今年1月に行われたアジア杯(UAE)の日本代表招集も見送られた。

 この日は天皇杯準決勝の浦和戦(12月5日)で右太ももを負傷したFW鈴木優磨(22)も、別メニューながら精力的に走り込み。2人はアジア・チャンピオンズリーグ本戦出場を懸けた19日のプレーオフ(カシマ)出場は見送る方向だが、23日の今季J1初戦、大分戦(同)での復帰が見込まれる。(一色伸裕)

三竿 健斗(みさお・けんと)

 1996(平成8)年4月16日生まれ、22歳。東京・武蔵野市出身。東京Vの下部組織を経て、2015年にトップ昇格。同年3月のC大阪戦でJ2初出場。16年に鹿島へ完全移籍。17年12月の韓国戦でA代表デビュー。代表通算6試合0得点。J1昨季26試合0得点、同通算56試合1得点。兄の雄斗(27)はJ1大分所属のDF。181センチ、73キロ。


鹿島MF三竿 今季初めて全体練習に合流「長い間戦えるように」

[ 2019年2月13日 05:30 ]

 鹿島のMF三竿が今季初めて全体練習に合流した。11月の日本代表活動後、恥骨関連鼠径(そけい)部痛で離脱していた。「ストレスなく動けている」と説明し「(J1)開幕はもちろん目指すけど、そこがゴールじゃない。長い間戦えるように」と力を込めた。
 3カ月もの長期離脱は初めて。離れて見えてくるものもあったという。「見ていて、ゴールに向かってプレーする選手は面白いなと思って。戻ったらもっとゴールを意識してプレーしたい」と力を込めた。また、8日以降、別メニューで調整していたMF安部も合流した。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク