FC2ブログ

清水戦コメント

「さらにチーム力を高めていくためにも、満足することなく、追い求めていかなくてはいけない」と語る指揮官である。
采配も当たり大量点での快勝も、大岩監督にとっては道半ばと言ったところ。
更にチームを熟成させる所存である。
また今季初ゴールの裕葵は、「あれはレアンドロ選手が良いところでパスを出してくれたので、レアンドロ選手のゴールだったと思います」とアシストのレアンドロを讃える。
実際に現地で観ていてもレアンドロがPAにてフリーになった瞬間にゴールと感じさせるモノがあった。
助っ人がゴールを演出することは喜ばしい。
この調子を維持して欲しいところ。
そして三竿は、「全体を通して今日はいい守備ができていたと思う」と言う。
この試合を締まったものにしたのは三竿の運動量とコーチング、そしてボール奪取が良かったためと感じられた。
隠れたMVPであろう。
チーム全体が守備を意識し、クリーンシートを達成した。
これからも、この意識を継続して勝利を積み重ねていこうではないか。
楽しみにしておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

2019明治安田生命J1リーグ 第10節


鹿島アントラーズ:大岩 剛
攻守において、アグレッシブな姿勢を見せられたと思う。次のACLに向けても、非常に勢いの出る試合だったと評価している。

Q. 後半、相手の左サイド、特にレアンドロ選手に指示を出していたが、どのような内容だったか? また、選手交代の意図は?

A. レアンドロにはリアルタイムで指示が伝わるわけではないので、逐一、細かく伝えて意識づけていた。白崎が非常にいい形で、間に入ってやってくれていたが、体力的な部分でもう一つギアを上げるために、安部を入れた。推進力を高める意図があった。交代した選手が非常にアグレッシブにやってくれた結果であり、先発で出た選手も含めて非常にいいゲームだった。しかし、後半の最後にチャンスがありながら決め切れないところもあった。さらにチーム力を高めていくためにも、満足することなく、追い求めていかなくてはいけない。



【安部 裕葵】
今日は前から行こうという話はしていた。そして試合も、思ったようにハマった。前から行ったのが勝因だと思う。(ゴールシーンは)レアンドロがいいところにパスを出してくれた。監督からも『思い切ってやって来い』と言われて、信頼されているのも分かっていたので、監督の期待に応えられてよかった。無心でプレーすることが自分の良さだと思っている。今日はリラックスして、無心でサッカーに取り組めた。それがいい結果につながってよかった。連敗していたので、多くのサポーターの皆さんの前で勝利を届けることができてよかった。

【土居 聖真】
ボールも人も流れて、最後にいいところにこぼれてきた。少し引き気味に降りれば、自分のスペースが生まれる。そこを使うのが狙いだった。左サイドに展開してから、自分がしっかりゴール前に入れていることも見せることができた。守備では反省点があるが、攻撃はいい形を見せることができたと思う。今年一番いいボールの持ち方ができた。

【町田 浩樹】
今日は、主導権を握ることができた試合だった。ただ、いつも今日のような試合をしなければいけないと思う。前半の早い段階でイエローカードをもらってしまったので、もう一枚もらわないように意識した。その後のFKはスンテが止めてくれて、流れも相手に傾かずにできた。そこは、仲間に感謝している。

【安西 幸輝】
ホームで絶対連敗はできないというところで、今節はアグレッシブに行こうという話の中で、3-0で勝利ができてよかった。今日の(自分の)ゴールはラッキーだった。横浜FM戦は1-0から2点をひっくり返されたので、ハーフタイムにそれは絶対に無くそうと話した。そして、追加点をどんどん狙っていこうという話はしていたので、後半点が取れてよかった。

【クォン スンテ】
無失点に抑えれば、勝利の確率が高くなる。ホームで大勢のサポーターの中で勝つことができてよかった。

【三竿 健斗】
受け身の守備をしないということは、みんなで話していた。相手は前からプレスをかければ蹴るということは分かっていた。全体を通して今日はいい守備ができていたと思う。これを毎試合、どのチームにもやることが大事。今日は勝って当然の内容だったし、これを毎試合やらないと意味がない。過信しないように次の試合からも勝っていきたい。

明治安田生命J1リーグ 第10節
2019年5月3日(金)15:03KO

[ 大岩 剛監督 ]
攻守において、非常に良いアグレッシブな姿勢を見せられたのではないかと思います。次のACLの試合に向けても非常に勢いの出るゲームだったと評価しています。

--2点あります。後半、かなり相手の左サイドへの指示を送っていましたが、その意図を教えてください。あと安部 裕葵選手の投入意図を教えてください。
レアンドロは当然言葉がなかなかリアルタイムで通じるわけではないので、逐一、細かく言うことで意識させることをしていました。

安部のところは白崎(凌兵)が非常に良い形で間、間に入ってやっていたんですけど、少し体力的なところでもう1個ギアを上げて推進力を出すために安部を入れました。

--采配が的中した良いゲームでした。
これは交代して入った選手が非常にアグレッシブにやってくれた結果ですし、先発から出た選手も含めて非常に良いゲームだったと思います。ただ、後半の最後のほうも少しチャンスがありながら決め切れなかったことは、満足することなく追い求めなければいけないところだと思うので、もっともっとレベルの高いチームになるにはああいうところで決め切る。点差関係なく、常にチャンスを決め切るイメージを選手に持たせたいと思います。

明治安田生命J1リーグ 第10節
2019年5月3日(金)15:03KO

MF 10
安部 裕葵
Hiroki ABE

前節(・横浜FM戦は)、守備重視の形で試合に入ったんですけど、今節はやっぱり前からという感じになったので、試合もハマりましたし、前から行ったことが勝因だったと思います。

--ゴールを振り返って。
あれはレアンドロ選手が良いところでパスを出してくれたので、レアンドロ選手のゴールだったと思います。

--大岩 剛監督からはどんな指示がありましたか?
途中出場することはありますけど、特に戦術とかこういうプレーをしろということは言われないですし、ただ「思い切ってやってこいよ」と言われる。信頼されているのは分かっているので、その期待に応えられて良かったです。

FW 8
土居 聖真
Shoma DOI

やっぱり前節(・横浜FM戦)の反省を生かして、勝っている状況でのプレー選択というのはすごくバランスよくできていたと思う。2点目、3点目を取ったあとカウンターで行ったり来たりするのはありましたけど、それは3点目が入った時点でどんどんやっていいと思うし、やっぱり1-0の状況でそれをやるのは難しいと思うので。確実に前節の反省はみんなの頭にあったと思うし、全員で共通認識の下で試合をコントロールできたと思います。

目覚めた鹿島3発完勝!! 20歳安部が今季初ゴール、連敗清水は早くも20失点超
19/5/3 16:55


先制点を奪った鹿島アントラーズMF土居聖真(写真中央)

待望の“10番”初ゴール!! 祝福受けた鹿島MF安部「代表に行っても…」
19/5/3 18:55


チームメートの祝福を受ける鹿島アントラーズMF安部裕葵

[5.3 J1第10節 鹿島3-0清水 カシマ]

 公式戦15試合目でようやく生まれた初ゴールだった。鹿島アントラーズMF安部裕葵は試合後、「自分が決めたからというわけではなく、周りが喜んでくれて、祝福してくれたことがうれしい」と振り返った。

 開幕前に20歳を迎えたばかりの安部は今季、常勝軍団の10番を任された。「背負う番号が変わって、周りからのプレッシャーを感じて成長できているし、充実感も感じている」。過度は重圧はたびたび否定してきたが、ここまで無得点。背中の数字にふさわしい結果は残せていなかった。

 ミッドウィークにAFCチャンピオンズリーグ(ACL)を控えていることもあり、この日もベンチスタート。チームが一方的に試合を支配する中、出番は後半19分に訪れた。「いつも戦術とかどういうプレーをしろとは言われない。信頼されているのは分かっているので応えられるプレーを」。普段どおりにピッチへ駆け出した。

 すると後半24分、さっそく歓喜の瞬間を迎えた。右サイドを駆け上がったMFレアンドロの折り返しにゴール前で反応すると、右足ダイレクトでニアサイドにシュート。ボールはGK六反勇治の股下を通ってゴールネットに突き刺さった。

 巧みなポジショニングについては「翔くん(FW伊藤翔)マイナスを空けてくれたので僕がそこを使ったので翔くんのおかげでもある」と安部。股抜きシュートは「ふかさないように」という意識で「この前(仙台戦)で滑りながら打って上に行っちゃったので、抑えようとイメージしていた」と反省を生かしたものだったようだ。

 ここからさらに勢いに乗った安部は後半27分、カットインからの強烈なシュートで清水ゴールを襲い、試合を決定づける3点目も誘発した。「意図があったというより、あそこから決めたかった」。決まり方には満足しなかったが、ゴールが決まる前とはキレの違いを感じさせていた。

 週明けの7日には、主力としての期待が寄せられるU-20W杯の代表メンバーが発表される予定。「まだ選ばれるかは分からない」と強調するも、これまで貫いてきた不変の覚悟はのぞかせる。「代表に行っても、置かれた環境で最善を尽くすのがサッカー選手なので」。重圧の中で殻を破った20歳は上り調子で世界に挑む。

(取材・文 竹内達也)

またも“節目”弾!! 反省活かした鹿島MF土居「できた時に鹿島の強さが出る」
19/5/3 21:35


先制ゴールを奪った鹿島アントラーズMF土居聖真

[5.3 J1第10節 鹿島3-0清水 カシマ]

 鹿島アントラーズの『令和』初ゴールはMF土居聖真だった。前半10分、豪快なハーフボレーを叩き込んだ背番号8は節目の記念弾に「おお、考えていなかった」と言いながらも、クラブ通算1300得点、1500得点などを記録してきた勝負強さを披露。「意外とメモリアルゴールが多いんです。続けていければと思う」と胸を張った。

 アウェーで迎えた前節の横浜FM戦(●1-2)は、ほぼ同じ時間に先制に成功しながらの逆転負け。自らのゴールで先制点を奪った土居は成長の跡を誇った。

「勝てる状況でのプレー選択がすごくバランスよくできたと思う。3点目が入ってからは行ったり来たりの状況があったが、1-0でそれをやると難しくなる。確実に前節の反省が頭にあったし、共通認識の上でコントロールできた試合だった」。

 何よりそうした勝負強さこそが、中学時代から過ごしてきたクラブの誇るべきカラーだ。

「それができた時に鹿島の強さが出る。いくら押されていても引いて守ろうという共通認識だったり、うまくいっていない時ほど中でやっている選手が話せば大丈夫」。失態を演じた前節、挽回を果たした今節を経て、生え抜きの26歳がここから上位浮上を狙っていく。

(取材・文 竹内達也)

序盤に疑惑の判定も… 鹿島が清水を相手に3発快勝! 10番・安部裕葵が今季初ゴール!!
サッカーダイジェストWeb編集部
2019年05月03日


開始3分に清水の中村慶太のFK弾は幻のゴールに…


鹿島の安部が今季リーグ戦初ゴール。貴重な2点目を奪った。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

Jリーグ 第10節 清水エスパルス戦



クォン・スンテのビッグセーブあってこそのクリーンシート。

ホーム・カシマスタジアムでは対清水戦は好相性

清水とのカシマスタジアムでの対戦成績を報じるスポニチである。
過去の15年間で敗戦は1試合とのデータを示す。
好相性であることがよくわかる。
逆に日本平にてどれだけ勝てなかったのかも伝わってくる。
お互いにホームの力を発揮してきたという歴史があるということであろう。
今日の試合も我らの後押しにて快勝と行きたい。
既に指定席は完売、大勢のサポーターが集うこととなる。
気合いを入れてスタジアムに向かう。
楽しみな一戦である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

鹿島 15年間ホーム1敗 抜群相性生かし3戦ぶり白星を
[ 2019年5月3日 05:30 ]

明治安田生命J1第10節 鹿島ー清水 ( 2019年5月3日 カシマ )

 鹿島は清水と対戦するが、リーグ戦にホームで敗れたのは過去15年間で12年の1度だけ。カシマスタジアムで抜群の相性を誇る相手に、公式戦3試合ぶりの白星を目指す。
 逆転負けした前節の横浜戦から、選手は修正に向けた話し合いを続けてきた。欠けていたゲームコントロール、試合の流れを読む力を取り戻せるか。土居が「みんなで歯を食いしばって乗り越える時期」と言えば、永木も「ここで本当に負けられない」と踏ん張りどころと強調した。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク