FC2ブログ

安定感を見せたい一戦だ

「安易にメンバーを落とすことはできない」と記すJリーグ公式の田中滋氏によるプレビューである。
最下位に沈むジョホールとはいえ、GS突破の可能性は消えておらず、何よりもホームということで地の利を活かしたサッカーを展開してこよう。
ここは、メンバーを大幅に落とすようなことは出来ぬ。
三竿こそ帯同させなかったが、主力メンバーはほぼマレーシアに渡っておる。
この試合にてGS突破を成すべくベストメンバーにて挑むこととなるのであろうか。
これまで試合のように金森や名古を起用することとなるのか、アツの起用はあるのか。
注目の一戦である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

マレーシアでのアウェイ戦。鹿島が見せつけたい安定感
AFCチャンピオンズリーグ(ACL)も第5節を迎える。前節、慶南にホームで今大会初黒星を喫した鹿島は、ジョホールとのアウェイ戦に臨む。

現在、国内のマレーシア・スーパーリーグでは9勝3分の無敗で他を寄せつけない強さを見せているジョホールだが、アジアの舞台では苦戦が続いている。グループEの中では1分3敗と勝てていない。まだノックアウトステージ進出の可能性はわずかに残しているが、残り2試合でジョホールが2連勝し、鹿島が2連敗した場合にのみ可能性が出てくる。とにかくこの試合に勝利することが絶対条件だ。

ただし、今節はエースストライカーのジオゴが出場停止。国内リーグでは10試合で7得点、ACLでも4試合2得点、先の鹿島との対戦でもゴールを挙げた頼りになるエースが不在というのは大打撃だろう。代わりに出場する選手の奮起が求められる。

鹿島にとっても簡単な試合ではない。中4日とそこまでの過密日程ではないが、マレーシア・ジョホールは連日気温が30度を超えており、かなりの高温多湿が予想される。体力的には厳しい試合となるだろう。

第1節で対戦したときは右SBで出場した平戸 太貴が、CKの流れから鹿島での初得点を挙げて先制点を奪うと、セルジーニョのコントロールされたミドルシュートで相手を突き放し、終盤の1失点に抑えた。ボランチでは名古 新太郎が舵取りを担うなど、若いメンバーで勝点3を奪う試合だった。

日本に戻ると中3日で明治安田J1のアウェイ・神戸戦が待っているだけに、今回もこの試合だけを見たメンバー起用は難しいだろう。ただ、鹿島もこの試合でノックアウトステージ進出を決定できる可能性を持つ大事な試合だ。鹿島が勝利し、なおかつ山東魯能が勝利か引き分けた場合のみ、次の舞台に進むことが決まる。安易にメンバーを落とすことはできない。

また、ジョホールのホームスタジアムは熱狂的なサポーターが集うことでも知られており、クラブW杯に二度出場したアジアチャンピオンを迎える戦いはマレーシアでも注目を集めることだろう。サポーターの後押しを受けたジョホールの勢いに呑まれることがないよう、立ち上がりは大事になりそうだ。

今季、ACLのアウェイ戦は1勝1分と負けがない。しかし、山東魯能には2点リードを追いつかれ、慶南には2点のリードを許したところからの逆転勝利だった。激しく動いた試合にも負けない力があると言えるかもしれないが、やはり安定した試合運びを心がけたい。安定感を見せたい一戦だ。

[ 文:田中 滋 ]

安部裕葵、U-20W杯出場回避し南米選手権メンバー招集へ

U-20W杯出場を避け、南米選手権でのフル代表に招集と報じられる安部裕葵である。
これは、個人的には残念な報である。
U-20日本代表では絶対的な存在としてチームの攻撃を牽引しておった裕葵が抜けることでU-20W杯での日本の成績は未知数となってしまった。
事実、ACL決勝のために裕葵が途中離脱した昨年のAFC U-19選手権では準決勝にて惨敗を喫しておる。
確かに実力として認められるのであれば、上の年代にてプレイすべきであろう。
しかしながら今回は、欧州組の招集が困難であり、国内組も各クラブでの人数制限がある。
その状況にて作られるチームでのA代表に意味があるのかと疑問が残る。
とはいえ、完全アウェイの公式戦を経験するのは大きかろう。
この大会にて大きく成長することを望む。
また、U-20W杯での活躍がなくなったことで今夏の欧州移籍の可能性が低くなったと思われる。
そして、裕葵が招集されることで、安西や三竿が南米選手権を免除されるであろう事も鹿島のリーグ戦という意味では朗報とも言えよう。
様々な状況に影響を及ぼす今回の招集である。
実際にどのようになるのか、明日のU-20日本代表メンバー発表を待ちたい。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

久保、安部、大迫が飛び級でA代表 南米選手権へ
[2019年5月6日7時12分 ]


安部裕葵

6月開幕の南米選手権ブラジル大会に参戦する日本のA代表に、U-20代表から主力3人が飛び級で招集されることが5日、分かった。FC東京MF久保建英(17)鹿島アントラーズMF安部裕葵(20)サンフレッチェ広島GK大迫敬介(19)で、個別交渉の末に本人とクラブが了承。A代表初選出とU-20ワールドカップ(W杯)ポーランド大会の回避が内定した。それぞれ20歳以下で「エース」「司令塔」「守護神」と呼ばれる主軸。先月から南米派遣の打診を受けており、大会上位を目指すU-20と高いレベルで成長させたいA代表の間で綱引きになっていた。

この日、J2東京V-長崎が行われた味スタにA代表の森保監督と参謀の横内コーチ、日本協会の関塚技術委員長、山本副委員長が集結した。森保監督は横浜、関塚委員長は町田から視察先を変更しており、メンバー振り分けの“最終会議”が開かれた。

3選手は当初、7日に発表されるU-20W杯メンバーに名を連ねることが既定路線で、出場も熱望していた。しかし「日本サッカー界の宝である選手たちを伸ばす環境づくり」を最優先したい森保監督の意向を受け、日本協会が最上位カテゴリーへの引き上げを調整。この日、クラブからの内諾が報告された。

バルセロナの下部組織で育った久保は、17歳ながらJ1で首位を走る東京の原動力に。6月4日に18歳の誕生日を迎えるため、南米選手権で市川大祐(17歳322日)に次ぐ年少出場記録を樹立することが確実になった。安部は19歳で鹿島の背番号10を託され、U-20W杯でも10番を背負う予定だったアタッカー。大迫は広島で開幕から全10試合にフル出場し、第2節から5戦連続完封と半端ない堅守でA代表に上り詰めた。

ヤス、内容もちゃんと求めていく

マレーシアへの出発直前のチームを取材したスポニチである。
ヤスのコメントを報じる。
「もちろん結果は求める」と言い、「みんなで勝ちにいく姿勢を見せないと。これからは内容もちゃんと求めていく」と続ける。
GS突破に向けて勝利が必要であり、且つ良い内容を見せたい旨を言葉にする。
負傷から復帰した選手もおり、リーグ戦からはメンバーが代わるであろう。
そのチームを副主将としてまとめ上げるのだ。
ヤスのキャプテンシーでアジアのアウェイを勝ちきる。
楽しみにしておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

鹿島マレーシアへ出発!MF遠藤 8日ACLは「内容も重視」
[ 2019年5月6日 05:30 ]


ジョホールDT戦に向けて調整した鹿島イレブン
Photo By スポニチ


 鹿島はオフ明けのチームは鹿嶋市で練習後、8日のACLジョホールDT戦に向けてマレーシアへ出発した。
 勝てば他カードの結果次第で1次リーグ突破が決まる一戦。副主将のMF遠藤は「もちろん結果は求める」とした上で、「みんなで勝ちにいく姿勢を見せないと。これからは内容もちゃんと求めていく」と力を込めた。ホームで完敗した前節・慶南戦の反省もある。タイトルを積み上げてきた鹿島らしく勝ちにこだわる姿勢を貫いて、“ジョホールバルの歓喜”を呼び込む。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク