FC2ブログ

鹿島――韓国人CBが久々の出場か

「主力組でチョン・スンヒョンと犬飼がCBの位置に入った」と記すサッカーダイジェストのプレビューである。
韓国代表での負傷により長らく戦列を離れておったチョン・スンヒョンが復帰する模様。
これは朗報。
層の薄くなっておったCBが一気に分厚くなる。
強力場神戸の攻撃を防ぐにはスンヒョンの躍動が必須である。
そのチョン・スンヒョンは、「もう大丈夫。勝たないと嬉しくはない」と語る。
勝利に導くべく躍動してくれよう。
また、紅白戦では出場を控えた伊藤翔であるが、指揮官は「明日の試合はしっかりと動いてもらう。こないだの(ACLの)試合の分を取り返してもらう」と語る。
信頼は揺るぎない。
チャンスにいるべきところにいることは周知の如く。
外したことを攻める必要はない。
この試合にて決めてくれれば良いだけである。
攻守のキーマンが決定的仕事をしてくれよう。
楽しみな一戦である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

【J1展望】神戸×鹿島|イニエスタ&ポドルスキの出場は?公式戦6連敗中の神戸が、リーグ連勝を狙う鹿島を迎え撃つ
サッカーダイジェスト編集部
2019年05月11日


神戸――故障者が続出し、西が出場停止のSBも大きな問題

5月12日(日)/14:00/ノエビアスタジアム神戸

ヴィッセル神戸
今季成績(10節終了時):13位 勝点10 3勝1分6敗 14得点・17失点

【最新チーム事情】
●前節の札幌戦で警告を受けた西は、今節出場停止に。
●8日のルヴァンカップ大分戦は先制するも逆転負け。公式戦6連敗。
●6日時点ではイニエスタとポドルスキは別メニュー調整。

【担当記者の視点】
 攻撃の軸となるイニエスタとポドルスキのコンディション不良は懸念材料だ。右太もも裏の違和感を覚えていたポドルスキは徐々に回復しており、今節の出場もあり得るが、筋肉の張りを訴えているイニエスタは欠場が見込まれている。イニエスタ不在の場合は前節同様に4-4-2システムが採用されるだろう。

 さらに大きな問題を抱えるのがSB。藤谷(左外側ハムストリング肉離れ)と初瀬(左第3腰椎横突起骨折及び左背部肋間筋筋挫傷)が負傷中で、西も累積警告で古巣戦を欠場し得ない事態となっている。

 左SBでは、前節の脳震盪の影響でルヴァンカップを回避した橋本が復帰しそうだが、右SBには、安西のオーバーラップに対抗するためにCBが本職の大﨑を起用する可能性もある。

鹿島――韓国人CBが久々の出場か


故障者/神戸=藤谷、初瀬、イニエスタ 鹿島=鈴木、内田、ブエノ、佐々木
出場停止/神戸=西 鹿島=なし


J1リーグ11節
ヴィッセル神戸―鹿島アントラーズ
5月12日(日)/14:00/ノエビアスタジアム神戸

鹿島アントラーズ
今季成績(10節終了時):8位 勝点17 5勝2分3敗 15得点・11失点

【最新チーム事情】
●12日にレアンドロが26歳、犬飼が25歳の誕生日を迎えた。
●ACLのジョホール戦は0-1の敗戦。2試合連続無得点で2連敗。

【担当記者の視点】
 敵地でのACLのジョホール戦から中3日で臨むアウェー神戸戦。大岩監督は「自分たちが敗れた試合とどう向き合い、次の試合にどう向かっていくか。次に向かっていくアクションを起こしていこう」と選手たちに発破をかけた。

 11日に行なわれた練習では、主力組でチョン・スンヒョンと犬飼がCBの位置に入った。3月に右ハムストリングを負傷したチョン・スンヒョンは、出場すればリーグ戦では2月23日の大分戦以来の出場で、「(怪我は)もう大丈夫。(復帰するけど)勝たないと嬉しくはない」と話した。

 攻撃では、伊藤が別メニュー調整となったが、「明日の試合はしっかりと動いてもらう。こないだの(ACLの)試合の分を取り返してもらう」と指揮官。先発、ベンチスタートかは不明だが、神戸戦では起用される見込みだ。

清水・西部、楽しみな気持ちしかない

川崎戦での先発が濃厚となった清水の西部である。
300試合出場のメモリアルとなる予定。
素晴らしい。
このベテランの力でチームに力を与えて欲しい。
ところで、先日の鹿島戦では、鹿島サポからのブーイングが浴びせられなかった。
西部が鹿島に所属しておったことは忘れ去られてしまったのであろうか。
寂し話である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

清水西部、通算300試合が古巣川崎F戦「楽しみ」
[2019年5月10日22時29分]


練習前にスタッフと話し込む清水GK西部(中央)

J1清水エスパルスGK西部洋平(38)が、節目の一戦でゴールを死守する。12日のホーム川崎フロンターレ戦(アイスタ、午後2時)に備え、10日は静岡市内で非公開練習を行った。

前節鹿島戦でGK六反勇治(32)が左足首を負傷。この日も別メニュー調整だったため、次戦は西部の先発が濃厚となった。ここまでJ1通算299試合出場。J1のGKでは史上6人目となる通算300試合出場の快挙へ「自分のことがチームのプラスになれるようにやりたい」と表情を引き締めた。

先発となれば、J1では15年以来4シーズンぶりとなる。その相手が古巣の川崎Fという巡り合わせに、自然と士気も上がっている。「タイミングが絶妙。楽しみな気持ちしかない」。相手はリーグ2連覇中の絶対王者。難敵だが、弱点も熟知している。

「ボールの取りどころをはっきりすればいい」。この日の練習でも重要となるポイントを味方に伝授。連動した動きで無失点に抑えるイメージを共有した。守備はリーグワーストの22失点と状況は厳しい。それでも「自分が止めれば勝てる」と西部。99年に浦和でプロ生活を始め、今年で21年目。チーム最年長のベテラン守護神が意地を見せる。【神谷亮磨】

レオ・シルバが選ぶ序盤戦のMVP

レオ・シルバにJリーグ序盤戦のMVPを問うたサッカーダイジェストの広島記者である。
レオは「安西(幸輝)選手でしょうか。今季の成長スピードや安定したパフォーマンスは、MVPに相応しいと思いますね」と答える。
これは納得と言えよう。
安西は、昨季こそ守備に不安を抱えたが、今季はそれが改善され、圧倒的パフォーマンスを魅せておる。
鹿島の矢として攻守の要と言えよう。
この調子を辞し、フルシーズンでMVPをレオ・シルバと競うのだ。
期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

【鹿島】レオ・シルバに訊いてみた――序盤戦のチームMVPを選ぶなら誰?
広島由寛(サッカーダイジェスト)
2019年05月10日


その成長スピードや安定したパフォーマンスを評価


序盤戦のチームMVPには安西を選出したが、「自分を選んでいいなら、レオ・シルバと言いたい(笑)」と笑顔を見せた。写真:徳原隆元


左右のSBと両サイドハーフをこなすマルチロールの安西。日本代表にも名を連ねるなど、成長著しい23歳だ。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)


「おそらく、アントラーズに移籍してから、もしくは日本に来てから、最も良いパフォーマンスを見せることができているリーグ序盤戦ではないでしょうか」

 CBを手厚くサポートしながら、推進力あるドリブルでボールを持ち運び、果敢にゴールも狙いに行く。攻撃にも守備にもフル稼働するレオ・シルバは、今季もピッチ上で“多忙”を極めながら、自身のパフォーマンスにも確かな手応えを感じている。

 躍動感に満ちたプレーでチームにダイナミズムを生み出し、勝利を手繰り寄せる。そんな抜群の存在感を放つ不動のボランチに、“自分以外”を条件に、序盤戦のチームMVPを訊いてみると……。

「安西(幸輝)選手でしょうか。今季の成長スピードや安定したパフォーマンスは、MVPに相応しいと思いますね」

 日本代表にも名を連ねる安西は、左右のSBと両サイドハーフをこなすマルチロールで、今季ここまでの公式戦で全試合に出場。高い攻撃センスの持ち主で、課題の守備でも大きな成長が見られる23歳を選出したL・シルバだが、「自分を選んでいいなら、レオ・シルバ、と言いたいところですけど(笑)」といたずらっぽい笑顔を浮かべる。

 そんな軽妙なジョークからも、今季の充実ぶりが伝わってきた。

取材・構成●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

※本記事は、サッカーダイジェスト5月23日号(5月9日発売)掲載の記事から一部抜粋・加筆修正したもの。

レオ・シルバ、月間ベストゴール受賞

Jリーグ4月度のベストゴールに選ばれたレオ・シルバの名古屋戦のゴールである。
ハーフウェーライン付近からスルスルと持ち上がると、5人の相手選手を抜き去ってPA内に侵入し最後はしっかりGKの動きを見て、落ち着いたシュートして決めた。
まさにスーパーゴール。
空前絶後と言って良かろう。
2ヶ月連続で鹿島からというのも嬉しい。
これからも鹿島に勝利もたらすゴールを選んで貰うべくプレイして貰おうではないか。
楽しみにしておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

レオ シルバ選手 4月度のJ1月間ベストゴール受賞
2019年05月10日(金)

各月のリーグ戦において、最も優れたゴールを表彰する「月間ベストゴール」 4月度の受賞ゴールは、J1第6節(4/5)鹿島 vs 名古屋において、81分にレオ シルバ選手が決めたゴールに決定いたしました。

■受賞選手
レオ シルバ選手

■受賞コメント
「このゴールが生まれるために協力をしてくれたチームメイト全員と、月間ベストゴールに選んでくれた方々へ感謝したいです。間違いなく、このゴールは自分自身、家族、サポーター、サッカーを愛する人々の心に永遠の記憶として残るだろうと思います。心から感謝しています、ありがとうございました」
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク