FC2ブログ

集中を切らさないことが大事

「大岩監督は『(反町監督は)試合ごとで違うことをやってくる』というセットプレイを警戒」と記すサッカーダイジェストのプレビューである。
松本山雅の反町監督は、相手の弱点を突くセットプレイを用意してくる。
ここは警戒せねばなるまい。
犬飼の言うように集中を切らさず対応していくこととなろう。
また、スタメン予想は神戸戦のメンバーが継続される見通しとなった。
大岩監督の考える今現在のベストメンバーにて挑むこととなる。
神戸戦の内容が良かったこともあるが、「勝ってるチームはいじらない」のセオリーを守り、連勝を飾りたい。
上位に食らいつくためにも、ホームでは星は落とせぬ。
そして、松本山雅に通算勝敗成績にて勝ち越すためにも、重要な一戦である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

【J1展望】鹿島×松本|焦点はセットプレー。古巣対戦の犬飼は「何かやってくる」と警戒
サッカーダイジェスト編集部
2019年05月17日


鹿島――前日練習でも入念なセットプレー対策


故障者/鹿島=鈴木、内田、ブエノ、佐々木 松本=浦田、セルジーニョ、安東、大野、高橋
出場停止/鹿島=なし 松本=なし


J1リーグ12節
鹿島アントラーズ―松本山雅FC
5月18日(土)/15:00/県立カシマサッカースタジアム

鹿島アントラーズ
今季成績(11節終了時):5位 勝点20 6勝2分3敗 16得点・11失点

【最新チーム事情】
●前節の神戸戦でセルジーニョが今季リーグ戦初得点をマーク。
●その神戸戦で、中村が今季公式戦で初出場、チョン・スンヒョンがACLの山東戦以来、約2か月ぶりの公式戦出場を果たす。

【担当記者の視点】
 リーグ2連勝中の鹿島は、ホームで松本と対戦する。

 通算対戦成績は1勝1敗の五分。15年シーズンの2試合では、ホームでは3-1で勝利したが、敵地では0-2で敗れている。大岩監督は「(反町監督は)試合ごとで違うことをやってくる」というセットプレーを警戒。17日の練習でも時間を費やし、最終確認を行なった。

 かつて松本に所属していたこともある犬飼にとっては、古巣との対戦となる。「ソリさんはセットプレーに力を入れているから、何かやってくる。ただ、うちはやられない選手が揃っているので、集中を切らさないことが大事」と話した。

松本――高橋の穴を中美が埋められるか

松本山雅FC
今季成績(11節終了時):12位 勝点12 3勝3分5敗 6得点・11失点

【最新チーム事情】
●前節は札幌とスコアレスドロー。
●公式戦4試合連続のノーゴール。
●今季全試合に先発していた高橋が故障離脱。


チャンピオンズ・リーグ決勝が観られるのはDAZNだけ!DAZN 1か月無料体験はこちら

【担当記者の視点】
 前節は札幌をホームに迎えてスコアレスドロー。これで公式戦4試合連続のノーゴールとなった。ただ、内容だけを見れば進歩は垣間見える。リーグ戦のFC東京戦、C大阪戦は満足にチャンスすら作れず0−2で敗れたものの、札幌戦はボール奪取から素早く空いたスペースを活用して再三ゴールを脅かした。次節に向けても前田、L・ペレイラら攻撃陣はゴールを渇望しており、決定的な仕事に期待がかかる。

 その半面、左サイドでの奮闘が光っていた高橋が故障離脱という苦境にも立たされている。ルヴァンカップで左サイドを経験している中美の起用が濃厚で、穴を埋めて余りあるだけの活躍ができるかどうかがポイントになるだろう。

セルジはこれからも勝利だけを目指して、全身全霊でピッチを駆け巡る

セルジーニョをピックアップするFreaks+である。
ジーコに導かれし戦士が、ジーコへの敬愛を表する。
それは、言葉にも表れる。
「個人的な目標よりも、アントラーズの目標「全冠達成」が重要です。アントラーズのユニフォームを着るのであれば、その意識を全員がもたなくてはいけません」。
素晴らしい。
独善的なところがなく、献身的である。
セルジーニョのこういったところが、昨年のACL制覇に繋がり、今季の期待に繋がる。
前節の神戸戦にてリーグ戦初ゴールを記録した。
そして、「試合に出続ける方が調子を保てます。疲労感も全くないです。(神戸戦の)スタッツを見てもらえれば分かる通り、僕はボランチよりも走行距離を長く走っています。それは調子の良さが表れていると同時にチームのために走り続けることの証明だと思います」と語る。
好調を維持しておる。
明日の松本山雅戦でも期待に答えてくれよう。
楽しみにしてスタジアムに向かう。
セルジーニョのゴールを信じておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

PICK UP PLAYER


「高い能力は持っているので、あとは本人が日本の文化や食事、生活にアダプトできればいい。非常に強い意欲で来ているはずだ。いい成績を残すことを願っているよ」

 2018年8月。サッカーの神様に導かれて、セルジーニョは日本へやってきた。「ジーコから興味を持たれたと聞いて即決しました。あれだけの方が自分を探してくれたことは非常に光栄なことですし、それに応えたいと思いましたから」。中東のクラブからオファーもあったが断った。セルジの心を動かしたのは、敬愛する母国のアイドルからの誘いだった。

 ジーコTDの期待を背負ってシーズン途中に加入したセルジは、瞬く間にチームの主力選手に定着してみせた。フットボールと真摯に向き合う姿勢は、すぐに周囲からの尊敬を集め、自然とピッチ上でもボールが集まるようになった。シーズン終盤に入ると、ACL決勝トーナメントで5試合連続ゴールを記録。重要な試合で鬼神の如くゴールを奪い、宿願であったアジア王者の称号をアントラーズにもたらした。

 加入直後から獅子奮迅の活躍を披露したセルジ。やはり、その成功の裏には尊敬してやまないジーコTDの存在があった。

 セルジ曰く、移籍当初にジーコTDから要求されたことは「自然体でいなさい」ということだけだったという。「世界的なアイドルが近くにいて、僕をバックアップしてくれることは、本当に心強いです。だから、僕はこのクラブで全力を尽くします」。サッカーの神様が自分の能力を信じ、サポートしてくれている。それだけで、母国から遠く離れた異国の地で闘い続ける勇気が湧いてきた。

「ジーコは闘争心を持って戦うことを一番最初に要求しています。国籍は問わず、ピッチの中で全力を尽くすこと。それをやり続けなければいけないと。全員が闘争心を持って戦えば、おのずと勝利が近づくと教えてくれました。それは自分も心掛けています」

 セルジが独善的なプレーを見せることはない。どんな試合でも献身的に戦い、味方のため、チームのために闘争心を燃やす。それがジーコTDからの教えであり、アントラーズスピリットの神髄だ。

「個人的な目標よりも、アントラーズの目標「全冠達成」が重要です。アントラーズのユニフォームを着るのであれば、その意識を全員がもたなくてはいけません」

 発言の端々からフォア・ザ・チームの精神が滲み出る。今季ここまで公式戦全試合に出場。疲労の蓄積も心配されるが、背番号18は毎試合勝利のみを目指して全身全霊でプレーを続けている。

「試合に出続ける方が調子を保てます。疲労感も全くないです。(神戸戦の)スタッツを見てもらえれば分かる通り、僕はボランチよりも走行距離を長く走っています。それは調子の良さが表れていると同時にチームのために走り続けることの証明だと思います」



 そんな共闘精神に溢れたセルジの原動力は、ジーコTDの存在だけではない。いつも選手たちを力強く後押ししているアントラーズファミリーの存在だ。

 地球の裏側で受け入れられるのか。不安に駆られた来日して間もない時期。カシマスタジアムのスタンドから送られたアントラーズファミリーの大声援に勇気付けられた。

「来日した当初から、スタジアム全体が僕の名前をコールしてくれた。あれは、本当に感激した。いまでも、毎試合僕の名前をコールしてくれるし、小さい子も僕の名前を叫んでくれたり、写真を撮りたいと言ってくれる」

 セルジはとても嬉しそうに語っていた。

「ここに来ることが出来て本当に嬉しく思ってます。サポーターの皆さんにこの嬉しさ、楽しさを倍にして返したいんです」

 愛するアントラーズファミリーへの感謝とともに。セルジはこれからも勝利だけを目指して、全身全霊でピッチを駆け巡る。

犬飼智也、成長した姿を見せること、それがなによりの恩返しになるはずだ

犬飼智也にスポットを当てるJ's GOALの田中滋氏である。
「犬飼は松本との試合で勝ったことがない」というデータを挙げる。
これは初勝利を鹿島というクラブで記録するチャンスである。
その松本山雅戦について犬飼は、「長いボールが増えると思うので、そこは負けたくないですし、自分たちのボールにできれば相手のチャンスも減るのでしっかり弾くことだと思います。こぼれたあともスピードのある選手がいるのでそこはまわりとコミュニケーションをとりながらやりたいと思います」と述べる。
コンビを組むであろうチョン・スンヒョンと連携を密にし、弾き返していくのだ。
またセットプレイに関しては、「サインプレイをしてくると思います。僕らの映像を見てくると思うので、そこではやられたくない」と語る。
このあたり、策士・反町監督を良く知る者としてのコメントと言えよう。
集中力を高め、絶対にやられないという気持ちを前面に出して対応して貰おうではないか。
犬飼の躍動にて松本山雅を倒したい。
楽しみな一戦である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

【鹿島 vs 松本】 ウォーミングアップコラム:目指すは“対松本山雅”からの初勝利
2019年5月17日(金)



犬飼智也(写真)にとって1年半を過ごした松本山雅はいまでも特別なクラブだ。「たのしみです」と言って白い歯を見せる。

「松本があっていまの僕があると思っているのでソリさんには感謝しています」

反町康治監督に鍛えられた日々がいまにつながっている。

ただ、犬飼は松本との試合で勝ったことがない。対戦は15年シーズンの一度きり。第3節、松本への期限付き移籍が終わり清水に戻った犬飼は、松本戦に先発出場したが、昇格初年度の相手に0-1で敗れ初勝利を献上している。

「もう1試合は試合直前に怪我をして出られませんでした」

その試合も松本の勝利に終わっている。つまり、犬飼は松本に勝ったことがない。

現在、鹿島はホームゲームで4連勝中と結果を残し続けている。さらに清水、神戸といい形で勝利し、今季初の3連勝を目指す。そのなかでロングボールを使って攻撃を組み立ててくる松本と対戦することは、犬飼にとっても自身のパフォーマンスを大きく問われることになるだろう。

「長いボールが増えると思うので、そこは負けたくないですし、自分たちのボールにできれば相手のチャンスも減るのでしっかり弾くことだと思います。こぼれたあともスピードのある選手がいるのでそこはまわりとコミュニケーションをとりながらやりたいと思います」

ロングボールを一発で跳ね返すことができればチームは前を向いてプレーできる。しかし、それが相手にこぼれるようなことがあれば後ろ向きにひっくり返させる。また、セットプレーも松本の特長の一つ。

「サインプレーをしてくると思います。僕らの映像を見てくると思うので、そこではやられたくない」

いくら松本に在籍した経験がある選手とは言え、どんなサインプレーを仕掛けてくるかまではわからない。そこは集中力を切らさず、声を掛けあうことでしか防ぎようがない。ただ、前日練習のなかではセンタリングに飛び込み、積極的にボールを弾き返す犬飼の姿があった。

成長した姿を見せること。それがなによりの恩返しになるはずだ。

文:田中滋(鹿島担当)

明治安田生命J1リーグ 第12節
5月18日(土)15:00KO カシマ
鹿島アントラーズ vs 松本山雅FC
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク