FC2ブログ

大きな歯車となり、チームの中心として回り出したブラジル人助っ人たち

サッカーダイジェストWebに寄稿したサンケイスポーツの一色記者である。
松本山雅戦を振り返り、助っ人ブラジル人トリオについて記す。
この試合にてリーグ戦三連勝を完封で飾り、好調さが伝わってきた。
そこに助っ人の活躍があることは紛れもない事実であろう。
その理由を一色記者は記事にする。
相乗効果で、チームに一体感が増しておる。
この調子を維持し、リーグの順位を上げていこうではないか。
楽しみである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

常勝軍団に復活の兆し!ブラジルトリオの好調、怪我人の復帰、新戦力のフィット…鹿島が抱えるこれだけの好材料
一色伸裕
2019年05月20日


松本戦の5得点は決して偶然ではない


攻守両面に奮闘するL・シルバは、「(ブラジル人)3人の状態が上がればチームの状態も上がる」と力強く語った。写真:滝川敏之

 5得点快勝。実力差を示した“鹿島劇場”に、復調の兆しがようやくみえた。

 開幕戦では昇格組の大分に足をすくわれるなど、なかなか歯車がかみ合わず。低調なスタートをみせていた。しかし、ここにきてようやくその歯車がかみ合い始め、エンジンも徐々に回り出した。その要因のひとつが、“助っ人”の本領発揮だ。

 松本戦では、セルジーニョ、レアンドロが攻撃をけん引。セルジーニョが前線で3バックの注意を引き、相手の連係が乱れたところをレアンドロがキレ味鋭いドリブルで仕掛ける。この動きに土居や左サイドの白崎らも呼応し、厚みのある攻撃が生まれた。

 5得点で攻撃面ばかりが目立った試合だが、特筆すべきは守備。土居は「自分が(プレスの)ファーストスイッチを入れる役で、そのあとにレオ(・シルバ)やレアンドロが続き、ボールを奪う。それができているときは、2次攻撃、3次攻撃につながる」と説明する。

 8分のプレー。敵陣でロストしたと同時に、土居がコースを限定しながら白崎とともにプレスをかけ始め、包囲網を築く。そして相手が苦し紛れにパスをつないだ瞬間にL・シルバが素早くパウリーニョに寄せ、ボールを奪取し、土居、セルジーニョ、L・シルバとつなぎ、最後はレアンドロがシュートを放ち好機を作った。

 前線から連動した組織だった守備が、鹿島の持ち味。だが、不調のときはこれがまったく機能しない。攻撃時にボールをロストしても切り替えがうまくいかずに、そのまま自陣まで持ち込まれるのが悪いときの流れ。特にレアンドロは守備を疎かにする悪癖があり、ここでリズムを崩すことも多々あるが、守備意識の高い試合では献身的な守備からボールを奪い返し、波状攻撃につながっている。松本戦ではレアンドロはもちろん、セルジーニョ、L・シルバのブラジル人トリオが守備面でも尽力。攻守で連係のよさが際だった。

 リーグ戦ではなかなか波に乗りきれなかったレアンドロとセルジーニョ。L・シルバがふたりの思いを代弁し「シーズン序盤からトップに上げるのは難しいが、いい状態にきている。僕らは助っ人の立場だし、その意識の下で取り組んでいる。3人の状態が上がればチームの状態も上がる」と頼もしい言葉。

 バースデー弾2発を決め、鹿島で初得点を記録した白崎。怪我から復帰し、開幕戦以来となる出場を果たした山本。そして大きな歯車となり、チームの中心として回り出したブラジル人助っ人たち。巻き返しに向け、好材料が揃いつつある。

取材・文●一色伸裕(産経新聞社サンケイスポーツ)

山東、フルメンバーで来日

成田空港に到着した山東のメンバーである。
強力助っ人陣も含めたフルメンバーにて来日したとのこと。
相手にとって不足はない。
この強力なチームから勝ち点を奪ってこそのACLである。
良い戦いをしてGS突破を決めようではないか。
楽しみな一戦である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

フェライニが来た ACL最終節で鹿島と対戦 既に首位通過決定も“ガチメン”で鹿島戦へ
2019年5月20日 16時40分スポーツ報知


来日した山東の元ベルギー代表MFフェライニ

◆ACL▽1次リーグ最終節 鹿島―山東(22日・カシマスタジアム)

 ACL1次リーグ最終節で鹿島と対戦する山東(中国)が20日、成田空港に来日した。

 既にE組首位通過を決めているが、元ベルギー代表MFフェライニ、元イタリア代表FWペッレ、元ブラジル代表DFジウの強力外国人トリオが来日メンバー入り。空港で待ち構えたファンのサインや写真撮影に応じた。

 フェライニは18年ロシアW杯にベルギー代表として出場し、決勝トーナメント1回戦でトレードマークだったアフロヘアを振りかざして日本から同点弾をマーク。ペッレもイタリア代表として16年欧州選手権などに出場。ジウはブラジル代表キャップを持つ192センチのセンターバック。

 鹿島は第5節を終えてE組2位。引き分け以上で突破が確定する。敗れた場合は慶南―ジョホールが引き分けた場合のみ突破となり、勝敗がついた場合は敗退となる。

山東、チャーター機で来日

チャーター機にて来日する山東のメンバーである。
クラブとして選手のコンディションを整えてくる様子。
鹿島がアウェイに向かった際は、飛行場からバスにて4時間かけたと伝わっており、コンディションの調整に苦しんだ。
そのせいもあってか、2点を先制しながらも追い付かれてしまうという試合展開となってしまった。
山東は万全の状態にて挑んでくる。
ここは気を引き締めねばなるまい。
ただ、この試合は移動もさることながら中二日という過密日程が合ったことも考慮せねばなるまい。
今回はホーム連戦であり、中三日である。
鹿島のコンディションも問題ない。
最高の状態にて、引き分け以上を狙う。
GS突破を信じておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

“消化試合”なのにチャーター機で来日へ…ACLで鹿島と対戦の山東 鹿島は△以上で突破
2019年5月20日 6時0分スポーツ報知


「SPIRIT OF ZICO」の横断幕を背に、ACL山東戦に向けて調整する鹿島の選手たち

 22日にACL1次リーグ最終節(カシマ)で鹿島と対戦する山東(中国)が、金にモノを言わせた異例の“チャーター機来日”で鹿島戦に臨むことが19日、分かった。山東のクラブ関係者が明かした。既に首位突破を決めている山東にとっては事実上の“消化試合”だが、負ければ敗退濃厚のアジア王者を万全のコンディションで潰しにかかる。

 山東の本拠地・済南市には日本との直行便が就航する空港がない。鹿島が第2節で済南市に乗り込んだ際には、約350キロ離れた空港から4時間のバス移動で現地入りを余儀なくされた。

 だがエネルギー事業などで名をはせる複合企業「魯能集団」をバックに持ち、元ベルギー代表MFフェライニ、元イタリア代表FWペッレらを擁する金満クラブは、日本では3000~4000万円が相場と言われるチャーター機を本拠地近くの空港から手配。20日にも来日するとみられる。

 鹿島は引き分け以上で突破が確定。敗れた場合は慶南―ジョホールが引き分けた場合のみ突破となり、勝敗がついた場合は敗退となる。

法政大学・上田綺世くん、常に自分の中で謙虚に考えながらとらえていく必要がある

明治大学との試合に出場した法政大学の上田綺世くんである。
ノーゴールに終え、「(ボールが出てこないから)点を取れないとは言ってしまったら僕の負け。どんな状況でも点を取るFWを目指す中で、ボールをどう引き出して決めるのか。そのためにプレイの幅を広げていろんなことができるようにならないといけない」と語る。
ボールを引き出すのもFWの重要な仕事である。
そのあたりの駆け引きを覚え、より多くのゴールを決めるストライカーとして成長していくのだ。
また代表招集について問われると、「僕自身はそんな先を見てないし。仮に選ばれたとしても、その立場で次に何ができるのかを求められていく世界の中で、その次にできることを準備していくことが大事だと思う。経験も含めて上がるという部分もあるし、本当にA代表に入るわけではない。仮に選ばれたとしてもおごることではないし、そこで終わりではない。その中でやり続ければ次に見えてくる可能性もあるということを、常に自分の中で謙虚に考えながらとらえていく必要がある」と答える。
上田綺世くんの考え方が伝わってくる。
一つ一つのことに振り回されることなくしっかりとしておることがよくわかる。
この先も驕ることなく自身を見つめて言ってくれよう。
期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

南米選手権代表内定の法大FW上田は不発「謙虚に」
[2019年5月19日18時4分]


上田綺世(2019年3月3日撮影)

<関東大学サッカー:法大0-2明大>◇第6節◇19日◇味の素フィールド西が丘

南米選手権(6月14日開幕)の日本代表入りが内定している法大FW上田綺世(3年)が、明大戦に先発出場したが不発に終わった。

序盤こそ、ロングボールを胸トラップし前を向いてシュートを打つなどゴールへの姿勢を見せたが、前半途中から動きだしてもボールが入らず、後半はシュート0本と不完全燃焼に終わった。

上田は「(ボールが出てこないから)点を取れないとは言ってしまったら僕の負け。どんな状況でも点を取るFWを目指す中で、ボールをどう引き出して決めるのか。そのためにプレーの幅を広げていろんなことができるようにならないといけない」と反省を口にした。

南米選手権の日本代表発表は24日。上田は「発表する時に分かること。今、こうしていきたいと話すことはないです」と明言を避けた。だが、9年半ぶりの大学生A代表の話題が盛り上がりをみせている。その状況にも「僕自身はそんな先を見てないし。仮に選ばれたとしても、その立場で次に何ができるのかを求められていく世界の中で、その次にできることを準備していくことが大事だと思う。経験も含めて上がるという部分もあるし、本当にA代表に入るわけではない。仮に選ばれたとしてもおごることではないし、そこで終わりではない。その中でやり続ければ次に見えてくる可能性もあるということを、常に自分の中で謙虚に考えながらとらえていく必要がある」と冷静だった。

蔚山現代のパク・チュホ、Jリーグを語る

韓国のメディアにて発言した蔚山現代のパク・チュホである。
「Jリーグにはチームごとに選手協会の代表者がいる。その選手らが、ルーキーが入ってくると教育する。プロ選手としての姿勢とはどういうものか。ピッチ内で何が求められるか。守るべき礼節などを教えてくれる」と言い、「11年前(2008年)、日本に初めて行った時からそうしたシステムが上手く機能していた」と続ける。
そして、「外国人である私にも『Jリーグでプレーして不利益がないか』と尋ねてくれた。『もし助けが必要なら言ってほしい』と。そうしたシステムは今、J3にまで影響を与えている」とJリーグの素晴らしさを韓国の人々に伝える。
日本人はこういった組織を運営することに優れる。
現場にて全体を上手く回るように行動する人々が多いことはもっと誇って良かろう。
おかげで中間に位置する人々が怠惰になるということが多いが、それもまた国民性とである。
韓国人とは大きく異なる。
Kリーグを改革するのであれば、韓国人の国民性に合った改善をすべきであろう。
そこは己らで自分たちを知る以外にない。
パク・チュホの尽力で改善されたらそれは素晴らしいことと言えよう。
注目である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

元韓国代表DF、Jリーグのシステム絶賛 「外国人でも不利益がないか尋ねてくれた」
2019.05.19


元韓国代表DFパク・チュホ【写真:Getty Images】

Jリーグ3クラブでプレーしたDFパク・チュホ、Kリーグより機能している点に言及
 かつてJリーグ3クラブで活躍し、ドルトムントで日本代表MF香川真司(ベジクタシュ)と共闘した経験を持つ元韓国代表DFパク・チュホ(蔚山現代)が、韓国テレビ局「MBC PLUS」のインタビューで日本での日々を回想し、「外国人にも不利益がないか尋ねてくれた」とJクラブのシステムを称えている。

 現在32歳のパク・チュホは母国の大学在学中に来日し、2008年に水戸ホーリーホックへ加入。2009年には鹿島アントラーズでプレーし、2010年から1年半にわたってジュビロ磐田に在籍した。以降はスイスのバーゼル、ドイツのマインツ、ドルトムントを渡り歩き、2018年から蔚山現代で活躍している。

 昨年12月から韓国プロサッカー選手協会の理事を務めているパク・チュホは、母国サッカー界の改革に動き出しているなか、Kリーグが抱える問題点は少なくないと指摘。その一方でJリーグのシステムに感銘を受けているようだ。

「Jリーグにはチームごとに選手協会の代表者がいる。その選手らが、ルーキーが入ってくると教育する。プロ選手としての姿勢とはどういうものか。ピッチ内で何が求められるか。守るべき礼節などを教えてくれる」

 KリーグとJリーグでは、選手をサポートする体制が異なるとパク・チュホは感じているようだ。「11年前(2008年)、日本に初めて行った時からそうしたシステムが上手く機能していた」と振り返る。

「外国人である私にも『Jリーグでプレーして不利益がないか』と尋ねてくれた。『もし助けが必要なら言ってほしい』と。そうしたシステムは今、J3にまで影響を与えている」

 徐々にKリーグや韓国クラブのシステムを改善したいと語るパク・チュホ。「周囲の人たちがサッカー選手を見て、『プロらしい』という感嘆の言葉が出てくるぐらい努力したい」と尽力する構えだ。

(Football ZONE web編集部)
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク