FC2ブログ

いかに良いサッカーができても勝てなければ意味がない

山東戦の試合の流れを伝えるNumberWebの寺野女史である。
選手の気持ちが強く伝わってくる。
これが鹿島というクラブのやり方である。
シラや伊藤翔も馴染んできた。
このやり方で、アジア連覇を狙う。
鹿島を信じておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

焦らず、崩れず、逆転勝利した鹿島。
ACL優勝が変えたクラブの目標設定。

posted2019/05/23 17:00


ACLを制覇してCWCを戦うことは鹿島にとって、もはや「何年かに一度達成すればいい」という目標ではないのだ。

text by
寺野典子
Noriko Terano

photograph by
AFLO

 プレーオフを4-1の快勝で勝ち上がり、グループリーグでも2勝1分と好発進したものの、勝てば決勝トーナメント進出決定となる第4節、第5節で格下相手に連敗。昨季アジア王者の鹿島は、瀬戸際に立たされた状態でホームに山東を迎えた。

 ACLは連敗していたものの、リーグ戦は3連勝。直近の松本戦を5-0と完勝し、チームの状態は悪くない。思えば2連敗したACLでは主力の土居聖真を温存していたし、チョンスンヒョンも負傷離脱中で出場してはいなかった。

 すでに1位突破が決まっている山東だが、フェライニやグラツィアノ・ペッレを先発起用。対する鹿島も、出場停止の左SB安西幸輝の代わりにCBの町田浩樹、外国人選手枠の関係でACL未登録のレアンドロの代わりに中村充孝を起用した以外は、松本戦と同じ名前が先発に並んだ。ターンオーバーする余裕は鹿島にはなかった。

「単純なミスも減ってきましたし、みんなが献身的に守備のところから、しっかりやれるようになっている。今できていることができれば勝てると思うし、勝たないといけない。(アジア)チャンピオンというプライドを持ち、やっていきたい」と永木亮太は戦前語っている。

想定内の失点、想定内の展開。

 しかし、鹿島のキックオフで始まった試合は“不思議な雰囲気”だったと三竿健斗は振り返る。

「ピッチの中には変な雰囲気があったなぁっていう印象があります。相手もそんなにガツガツこないし、ボールはずっと持てるけど、思い切ってやれない。持てるからこそ、ミスをしちゃいけないという雰囲気がどこかにあった。そういうのを気にせずにブチ破っていく大胆さというのが今後必要だと思います」

 うまく攻め切れない時間が続いた前半11分、コーナーキックからフェライニにゴールを決められた。高さのギャップを突かれた失点は、想定内の形でもあった。そして、リードした山東が、自陣前を固め続けるのもまた、想定内の流れだったかもしれない。

白崎「焦れることが一番危険だった」

 鹿島は丁寧にボールを繋ぎながら、相手を動かそうと試みる。しかし、横パスは容易に繋がるが、効果的な縦パスを入れることはできなかった。それでもピッチに立つ選手たちは落ち着いていたという。

「押し込んでいてもチャンスが作れていなかったら苦しいけれど、チャンスや(得点の)雰囲気はめちゃくちゃあった」と土居。

「今日の試合は焦れることが一番危険だった。監督からも『焦れるな』と言われ、その通りだなって。焦れれば相手の思う壺だと思った」と白崎凌兵も振り返る。

 山東の狙いはボール奪取後のカウンター攻撃。ロングボールを前線に送り、フェライニやペッレの個人能力に賭ける。

「カウンターだけが相手の狙いだったと思う」と犬飼智也。そこへの注意はチームの共通認識でもあった。

「アウェイで戦ったとき(2-2)も山東にはチームとしての強さを感じることはなかったので、焦ることもなかった。90分あるので、前半は横に振りながら相手を疲れさせるというのは共通意識として持っていた。

 だからそんなに急ぐこともなかったし、ボールを持っているときの斜めの動きも使えていたし、やることが整理できていた。失点はしましたけど、取り返せるという余裕もあったので、それほど気にはならなかった」と三竿も話す。

引き分けでも突破は決まったが。

「これを続けていけばチャンスは来る。そこを仕留められたらいい」と白崎の言葉通りの展開が待っていた。

 後半に入っても鹿島の攻勢が続くが、山東もゴールを死守する。そして後半10分、大岩剛監督が動いた。右サイドの永木に代わり、山本脩斗を送り出す。続けて後半16分、中村に代えて伊藤翔を投入。アウェイの山東戦で2得点している伊藤だったが、3月17日の札幌戦以降ゴールから遠ざかっていた。

 後半23分。レオシルバが蹴った左コーナーキックを山本がバックヘッド。DFに当たり自身の前に転がったボールを伊藤が蹴り込んで1-1。このままでも突破は決まるが、鹿島は一瞬も緩むことはなく、逆にスイッチが入った。

「同点になった時点でも、下がらず前からいこうというのは、出ている11人の中で揺るがなかった。もう1点獲りに行くという圧力をかけたかった。そのためにもハイプレスに行く必要があったし、どう戦うかというのは整理できていた」と白崎。犬飼も「相手がどうこうよりも、自分たちがスイッチを入れた」と証言する。

同点で崩れた山東、団結した鹿島。

 その圧力に影響されたのか、消化試合だったはずの山東が攻めに出た。その結果、ゴール前でボールを奪った鹿島のカウンター攻撃がさく裂する。後方からのパスを受けたセルジーニョがレオシルバへ繋ぎ、スピードアップした伊藤がゴールに迫った。

「数的優位な状態だったのでスピードを上げたところで、レオがいいパスを出してくれた。DFがタックルに来たけれど、自分のほうが早くボールに触れると思っていた。右足で打つ、浮かすという選択肢しかなかった。キーパーを見て、うまくコントロールできた」

 GKとの1対1で見事なループシュートが決まり、後半26分に鹿島が逆転。

「あのセットプレーで同点にできたのが大きかった。あの1点で山東はバランスを崩した。それまではバランス崩さずに戦っていたけれど、あの1点で守るのか攻めるのかの迷いが出たと感じた。

 2点目も翔くんに渡るまでのカウンター攻撃で3、4人と前に出ていけていた。『ここがチャンスだ』と思ったときにみんなで行けた。翔くんの点ですが、みんなの点でもあると思う。本当に勝負所、プレーの選択が90分通じて良かった」と土居。

「サッカーは90分のゲーム」

 試合は2-1のまま終了し、自力での突破が決まる。ディフェンディングチャンピオンとして、最低限の結果をクリアできた。

「僕の感覚的にはルーズなところも多かったし、そんなにいい内容だったとは思わない。もっともっと突き詰めていく部分はある。攻守の切り替えだったり、球際の強度も足りなかった。リーグ戦でできていたことが同じ強度ではできなかった」という三竿をはじめ、課題を口にする選手も少なくなかったが、辛抱強く戦った。

「サッカーは90分のゲーム。前半のひとつひとつのプレーが後半に響くこともある」とは以前、中村が語っていた言葉だ。

「一喜一憂しない」ことが鹿島の強さ。

 今季清水から加入した白崎は、鹿島の持つ雰囲気について「一喜一憂しない」と表現した。

「試合に向けて特別な雰囲気を作っていくわけではないですけど、ひとりひとりの戦術理解度が高いし、サッカーに対して強い気持ちを選手それぞれが持っていて、試合になるとその集中力がグッと集まって、みんなが同じ気持ちで試合に向かっていく。

 一喜一憂しないのが鹿島の強さじゃないですか。シーズンは長いので1勝で浮かれたり、1敗で落ち込みすぎてもダメだと思うので。負けていようが自分たちのやっていることに間違いはないっていう自負がある。それがうまくいかないときも、話し合いながら、お互い求めあう。選手みんなが自分の意見を持っているし、そのうえで仲間の意見を聞ける。自分がいいプレーをしたいというのではなく、まずはチームが勝つために何をすべきか、何ができるか。

 それが強い集団を作っていると思うし、勝つためのプレーができないと評価されないクラブなので。ACLのグループリーグを勝ち上がれたこと、それがすべて。過程も大事ですけど、苦しんで突破できたのは絶対に次に繋がる」

勝てなければ意味がない、という宿命。

 6月下旬のノックアウトステージ初戦の相手は広島に決まった。

「広島のことは、まだ考えていない。まずは次の鳥栖戦で最高のプレーをすることを今、選手たちは一番大事にしなくちゃいけない」と三竿は言い切る。そして、目指すものはまだ先にあるとも語った。

「今日は勝ちましたけど、もっと良くなると思うし、僕たちはもう一度ACLで優勝することを目標にやっている。もっともっと、去年優勝したというプライドや強さというのを見せていかないといけない」

 勝利のための頑張りが報われない試合も当然ある。いかに良いサッカーができても勝てなければ意味がない。それが鹿島アントラーズというクラブが自らに背負わせた宿命だ。

 だからこそ、勝利が自信となり、パワーとなり、迷いを消す。リーグ戦3連勝の勢いが山東戦の勝利に繋がったのはいうまでもない。そして数々の勝利の経験、鹿島の歴史が引き寄せた勝利でもあった。しかし、グループリーグを勝ち抜いただけで、その喜びに酔うことは許されない。

鳥栖・金﨑、何もないよ

次節・鹿島戦に向けてコメントを発した鳥栖の金崎夢生である。
「鹿島戦のことを聞くんでしょ。何もないよ」と相変わらずの金﨑節が飛び出しておる。
前節は途中出場であったが、この鹿島戦では先発起用はあるのであろうか。
そのあたりを金﨑本人から引き出そうというのは、無理な話である。
いずれにせよ、今回は出場してくるのではなかろうか。
このシュート意識の高い怖いFWを抑え込んで、完封勝利を掴みたい。
重要な一戦である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

鳥栖金崎「何もないよ」古巣鹿島戦先発へ多く語らず
[2019年5月23日15時16分]


練習で軽快な動きを見せる鳥栖FW金崎(撮影・菊川光一)

元日本代表のサガン鳥栖FW金崎夢生(30)が、先発の可能性が高い古巣相手の26日鹿島アントラーズ戦(駅スタ)へ集中力を高めた。

23日、佐賀・鳥栖市内での練習後、取材陣に対し「鹿島戦のことを聞くんでしょ。何もないよ」と自ら切り出した。今季J1初得点を鹿島戦で狙うかを問われ「鹿島だからとか関係ない」と多くを語らず、気持ちを高ぶらせた。

リーグ戦は、ここまで先発10試合を含む11試合に出場しているが得点はまだない。だが待望のゴールがチームを波に乗せることを誰よりも自覚している。

今月7日の就任以来、J1で2連勝中の金明輝(キム・ミョンヒ)監督(38)が「勢いをもたらしてくれる選手。頑張って点を取ってくれたら」と話す期待に応えるつもりだ。指揮官はACLの決勝トーナメント進出を決め、リーグ3連勝中の難敵に対し「個人個人が勝つための方法を知っている。試合巧者のイメージが強いので、より先制点が大事になってくると思う」といい、その起爆剤として貢献してみせる。

伊藤翔、自分のコンディションと足の状態が戻れば決められるなと思っていました

山東戦後の伊藤翔を取材したサッカーダイジェストの広島記者である。
伊藤翔はコンディションについて語る。
優磨の負傷離脱にて伊藤翔にかかる負担が大き過ぎた。
慶南戦とジョホール戦にて不発となりGS突破が遅れたこともこのあたりに要因があろう。
なんとか、この山東戦でこの伊藤翔が復活して勝ち抜けられたことは大きかった。
ここから先、しばらくは過密日程は少なく、ACL Round16も広島が相手ということで国内移動のみとなり、負担が少ない。
そろそろ優磨も戻ってこよう。
伊藤翔は高いパフォーマンスでゴールを量産してくれるのではなかろうか。
楽しみである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

【鹿島】本来の姿を取り戻した伊藤翔。“無得点”の日々をどんな想いで過ごしていたのか?
広島由寛(サッカーダイジェスト)
2019年05月23日

「一瞬のスピードが遅いなっていうのは自分の中にあった」


山東魯能戦で途中出場から勝利をもたらす2ゴール。伊藤がようやく本来の姿を取り戻した。写真:滝川敏之

[ACL第6節]鹿島2-1山東魯能/5月22日/カシマ

 グループステージ突破がかかる重要な一戦で、大仕事をやってのけた。ベンチスタートとなったホームでの山東魯能戦、1点ビハインドのチームを救うべく、63分に途中出場した伊藤翔は、わずか7分間で2得点を叩き出し、逆転勝利の立役者となった。

 本人にとっては久々のゴールだった。

 開幕直後は、J1とACL合わせ、“6戦7発”の時期もあった。だが、その後はゴールから遠ざかる。J1では4節の札幌戦での2得点を最後にノーゴールが続き、ACLでは2節の敵地での山東魯能戦で2得点して以降、結果を出せずにいた。

 ストライカーとして何よりも大事なゴールを得られない日々を、伊藤はどう過ごしていたのか。

「自分のコンディションと足の状態が戻れば、決められるなと思っていました。やっぱり、試合をやっているなかで、一瞬のスピードが遅いなっていうのは自分の中にあった。

 でも、コンディション的に戻ってきた今は、ゴールを決められるな、と。だから、とりあえず、足と身体の状態を戻さなければと思っていました」

 不調の原因は、万全の状態ではなかったことにあった。J1では開幕からスタメンが続いていたが、直近の12節・松本戦は83分に途中出場、その前の神戸戦はベンチ入りも出場なしと、少しでも“休息”が取れたこともポジティブに影響したのだろう。

 もっとも、得点できなかった間でも、例えば3-0で完勝した10節の清水戦では、2つのゴールで間接的に関与し、ひとつはアシストを記録。自身のゴールはなかったが、“その場”にいたことは“嗅覚”が鈍っていない証拠だろう。

「まあ、ボールが来る時もあるし、来ない時もあるけど、その場に何回も繰り返し行く、っていうのは、FWとしては大事なことなので。本当に、繰り返して、あとは自分次第。その自分次第のところで、上手く回復できてきたところじゃないですかね」

 まだ完全とは言えないが、「ある程度、自分が求める感覚だったり、スピードは戻ってきた」。特大の活躍を見せた男は、しかし浮かれることなく、「なんとかグループステージを突破できて、ホッとはしていますけど、まだまだ通過点」と先を見据えた。

取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

シラ、レオ・シルバに感嘆

伊藤翔の逆転弾をアシストしたレオ・シルバについて語るシラである。
「2点目が大きかったですね。あそこでレオが長い距離をドリブルしてくれて。たぶん、自陣のペナ(ルティエリア)ぐらいからのカウンターだったと思うんですけど、あれをただクリアするのではなくて、(最初に)つなぐ意識があったから、ああいうカウンターになったし。あれをただ蹴っていたら、相手ボールになっていたと思うので」とコメントする。
あのシーン、並の日本人選手であれば、もっと早く伊藤翔に出してリターンを貰う動きをしたのではなかろうか。
そこを、あの位置まで運び、伊藤翔のマークが外れて自分に目が向いたところでパスを出すところに、レオ・シルバのセンスを感じさせる。
確かにロストするシーンも多く、モヤッとさせられることも多いが、ゴールに繋がる確率も高い。
これがレオ・シルバという選手なのである。
素晴らしい。
この攻撃的センスを活かして勝利を積み重ねていきたい。
楽しみである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

【鹿島】白崎凌兵も感嘆! レオ・シルバの逆転弾を導き出したワンプレー
広島由寛(サッカーダイジェスト)
2019年05月23日

「あれをただクリアするのではなく――」


活動量豊富に中盤の攻防で存在感を放ったL・シルバは、伊藤のふたつのゴールもお膳立て。頼りになるボランチだ。写真:滝川敏之

[ACL第6節]鹿島2-1山東魯能/5月22日/カシマ

 勝利を手繰り寄せるワンプレーだった。

 1-1で迎えた70分、レオ・シルバのお膳立てから伊藤翔がこの日、2点目のゴールを流し込む。GKとの1対1を冷静に制した伊藤の高いシュート技術はもちろん、その状況を作り出したL・シルバの“判断力”を、白崎凌兵も称賛した。

「2点目が大きかったですね。あそこでレオが長い距離をドリブルしてくれて。たぶん、自陣のペナ(ルティエリア)ぐらいからのカウンターだったと思うんですけど、あれをただクリアするのではなくて、(最初に)つなぐ意識があったから、ああいうカウンターになったし。あれをただ蹴っていたら、相手ボールになっていたと思うので」

 自陣でボールをキープしたL・シルバは、大きく蹴り出すのではなく、前方にいるセルジーニョにいったん預ける。「彼に『ダイレクトで落としてほしい』と要求した」というL・シルバはセルジーニョからのリターンを受け、そのままドリブルで持ち運び、十分に相手を引き付けてから、左でスタンバイする伊藤に正確なパスを通した。

 68分には自らのCKを起点に、伊藤の同点弾を演出。ボランチとしては活動量豊富に動き回り、中盤の攻防で先手を取り続け、チームを優位に立たせた。まさに八面六臂の活躍を見せたL・シルバが、アジア連覇を狙う常勝軍団を盛り立てている。

取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

報知新聞 山東戦寸評

報知新聞による山東戦の寸評である。
またもや岡島記者の筆が奔る。
最高評価は途中出場の伊藤翔。
「FW伊藤翔【8・0】「グレイテスト・翔さん」。あの映画のヒュー・ジャックマンよりグレイテスト。MOM」と昨年の大ヒット映画になぞらえる。
大絶賛と言えよう。
また大岩監督にも非常に高い評価を与えておる。
交代策が当たっての逆転勝利は采配の妙である。
そして、主審については、「アルクワリ主審【5・0】ファールだったら笛を吹くのであって、倒れたから吹くわけではない」とバッサリ。
色々「?」が付くジャッジが目立ったことを的確に表現しておる。
ジャッジにも勝ちGS突破を突破した。
アジアの舞台でも岡島記者にはこのように良い寸評を貰っていきたい。
楽しみにしておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

【鹿島】採点&寸評 交代策ズバリの逆転勝利で16強!MOMは途中出場で2発の伊藤翔
2019年5月23日 7時1分スポーツ報知


鹿島の先発布陣(2019年5月22日)

◆ACL▽1次リーグ最終節 鹿島2―1山東(22日・カシマスタジアム)

 E組の鹿島は山東(中国)に2―1で逆転勝ちし、16強入りを決めた。途中出場のFW伊藤翔(30)が2分間で2得点を挙げた。決勝トーナメント1回戦(6月18、25日)ではF組で1位突破が決まっていた広島と対戦する。

 採点と寸評は以下の通り。

大岩剛監督【7・0】細木数子、江原啓之、ゲッターズ飯田、島田秀平、大岩剛。遜色なし。あっぱれ交代策

GKクォンスンテ【6・0】クリア、組み立てて何度かバタついたが要所は締めた

DF永木亮太【5・0】後半10分OUT。体よりも判断力に疲労感。今や絶対的戦力、日曜までに回復を

DFチョンスンヒョン【6・5】ACL出場試合無敗継続中。試合後は報道陣に囲まれる伊藤を「イトウショー、スバラシー」といじり、「うるせぇ!」とあしらわれる

DF犬飼智也【6・0】ロングボールに苦しんだが、クロス性のボールはきっちりはね返し被シュート4本。鋭い縦パスで2点目起点に

DF町田浩樹【5・5】プレミアでも空中戦無敵のフェライニに競り負けは致し方なしか。だが足がつった点はマイナス評価

MF三竿健斗【6・5】フェライニにも臆せず「1人カテナチオ」で中盤制す。シンプルつなぎや逆サイド展開でも存在感

MFレオシルバ【6・5】推進力、持久力、対人能力、気力、得点力…。(いい意味で)彼の1番の長所が何か分からない

MF中村充孝【5・5】後半18分OUT。ボールを受ける位置取りはさすがだが、受けてからは期待を裏切る

MF白崎凌兵【6・0】後半40分OUT。失点後は珍しく焦りの色も徐々に平静。背負った状態で前を向ければ鬼に金棒

FW土居聖真【6・0】献身ランを繰り返し、守り切りたい相手DFラインのふくらはぎに乳酸をため込ませる

FWセルジーニョ【5・5】絶妙落としで2点目貢献も見せ場はそれぐらい。伊藤と2人同時に輝く試合がないのは気がかり

DF山本脩斗【6・5】後半10分IN。職人芸ニアそらしで同点弾演出。試合を落ち着かせる不思議な力が途中出場だと際立つ

FW伊藤翔【8・0】「グレイテスト・翔さん」。あの映画のヒュー・ジャックマンよりグレイテスト。MOM

MF安部裕葵【―】後半40分IN。出場時間短く採点なし

アルクワリ主審【5・0】ファールだったら笛を吹くのであって、倒れたから吹くわけではない

※平均は5・5~6・0点。マン・オブ・ザ・マッチはMOM

白崎は確固たる地位を築きつつある

山東戦後のシラを取材したサッカーダイジェストの広島記者である。
アジアの舞台に戸惑いがあったことを明かす。
とはいえ、逆転勝利に貢献し、GS突破を決めた。
シラは鹿島のサッカーにフィットした。
タイトルを欲して鹿島に移籍してきたシラの躍動にてACLを連覇しよう。
活躍を楽しみにしておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

【鹿島】白崎凌兵がアジアの舞台で感じた一番「危険」で「大事」なこと
広島由寛(サッカーダイジェスト)
2019年05月23日

パスを出した場面で監督から言われたある一言とは?


「ACLの経験値が少ない」と白崎本人は言うが、熾烈なアジアの戦いでも堂々としたプレーでチームを勝利に導いた。写真:滝川敏之

[ACL第6節]鹿島2-1山東魯能/5月22日/カシマ

「僕自身、ACLの経験値が少ないんですけど」と言う白崎凌兵は、アジアを舞台にした戦いに、少なからず戸惑いを感じていたようだ。

「(相手は)すごく上手いというわけではないし、何かがあるわけじゃないけど、戦い辛いというか。前に身長の高い選手がいて、やることがはっきりしていた。自分たちのここ最近の良さであったハイプレスで、前から行こうとしても、蹴られてしまって」

 とはいえ、焦りはなかった。虎視眈々と勝機を狙っていた。

「前半から(相手は)5バックみたいな感じで、けっこう押し込めていたんで。ピッチ内で話していたのは、これを続けていたら、相手もスライドできなくなって、チャンスもできるから、そこで仕留めようという感じだった」

 11分に先制を許したが、その後は高いポゼッション率で相手を押し込む。それでも前半のうちにゴールは奪えなかったが、「まずいなっていう感じはなかった」。

 リスタートで2点目を取られることだけを警戒し、「あとは自分たちで良い形でボールを握って、動かせれば」と、焦れずに攻め続けた。「普通にやれば問題ない。高さでは相手に分があったけど、“サッカーをしていた”のは自分たちだったので」と冷静に戦えていた。

 焦れないこと――1点ビハインドとはいえ、優勢に試合を進められていたなかで、「焦れることが一番、危険だった」と振り返る。

「前半にちょっとパスを出したある場面で、監督から『焦れるな』と言われて。その通りだなと思った。焦れたら相手の思うツボだな、と。焦れずに動かすことで、相手にも隙ができたし。まあ、勝つべくして勝ったかなっていう感じですかね」

 試合は後半に途中出場の伊藤翔が2ゴールを決め、鮮やかな逆転勝ちを収める。白崎自身、決定的な仕事はなかったが、土居聖真や中村充孝ら、敵のギャップを突いてテンポ良くボールを出し入れできるチームメイトたちと上手く連動しながら、局面を前に進めてチャンスを演出していた。パスセンスが高く、周囲を活かす術にも長ける白崎にとっては、やりやすいプレー環境だったはずだ。

「つなげて、間で受けて、っていう選手が多くいましたし。そういったなかで、イメージの共有じゃないですけど、あと1本パスが通れば(決定機になる)というシーンはけっこうあったので。ただそこのパスがサッカーでは一番大事なので。そういうところを今後さらにすり合わせていけたらいい」

 戸惑いを感じながらも、しっかりと自分の持ち味を表現してみせた。移籍1年目の今季は左足の負傷で出遅れたが、復帰後は随所にテクニカルなプレーを披露し、チームの攻撃の幅を広げる貴重な存在になっている。

 鹿島の2列目は人材が豊富だが、そのなかで白崎は確固たる地位を築きつつある。

取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

内田篤人、変えられる自信はある

山東戦後の内田篤人を取材したサッカーダイジェストの広島記者である。
篤人は試合を冷静に分析する。
「失点より、点が取れないほうが問題だと思っていた。今日に関しては」と前半を評し、ゴールについては「前の選手が点を取るのはやっぱりいい。チームとしても、彼自身も乗るし。短い時間で仕事をするのは、さすがだなと思った」と語る。
守る相手からゴールを奪うことを課題としそれを達成したセンターFWを讃える。
また、キャプテンマークを巻いた永木について「亮太は、しっかり頑張るから。頑張ってやってくれている。周りからの信頼もある。ああいう真面目な選手がキャプテンをやったほうがいいね。長谷部(誠/元日本代表キャプテン)さんとかさ」と日本代表の主将になぞらえる。
永木は重責を全うしておる。
と篤人は試合を語る。
まだ復帰出来ぬ歯痒さを感じておろう。
ただ、チームは篤人抜きでGS突破を決めた。
ここから先はノックアウトステージとなる。
篤人の力で勝ち上がっていきたい。
頼れる主将の復帰を待っておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

【鹿島】内田篤人は執念の逆転勝ちをどう見たか? 自身の現状とこれからについても言及
広島由寛(サッカーダイジェスト)
2019年05月23日

「変えられる自信はある」とキッパリ


ACLの山東魯能戦はベンチ外だった内田。しばらく実戦から離れているが、完全復活に向け、順調な歩みを見せる(写真は5月18日の松本戦のもの)。写真:滝川敏之

[ACL第6節]鹿島2-1山東魯能/5月22日/カシマ

「失点より、点が取れないほうが問題だと思っていた。今日に関しては」

 ACLのグループステージを突破決めた5月22日のホーム山東魯能戦、内田篤人はそんな風にゲームを見ていたという。

 11分にCKから先制点を奪われる展開。高いポゼッション率で主導権を握っていたのは鹿島のほうだったが、人数を割いて守る山東魯能の守備をなかなか崩せずにいた。

「4枚か5枚か分からないけど、しっかりゴール前を固められたら、相手もデカいしね、難しいよ、それが大学生や高校生だったとしても。撥ね返す力もあったし」

 だが、後半に途中出場の伊藤翔が電光石火の2ゴールを叩き込み、試合をひっくり返す。同じ88年生まれのチームメイトの活躍を内田も称える。

「前の選手が点を取るのはやっぱりいい。チームとしても、彼自身も乗るし。短い時間で仕事をするのは、さすがだなと思った」

 この日、内田の主戦場である右SBには腕章を巻いた永木亮太が入った。本職のボランチで見せるプレー同様、攻守両面でタフに戦った。

「亮太は、しっかり頑張るから。頑張ってやってくれている。周りからの信頼もある。ああいう真面目な選手がキャプテンをやったほうがいいね。長谷部(誠/元日本代表キャプテン)さんとかさ」

 ただ、鹿島のキャプテンは背番号2だ。「早く復帰してほしいし、内田篤人が先頭に立ってアントラーズを強くする姿を見たい」と、こちらの勝手な言い分を押し付ける。

 本人からすれば、迷惑な話だろう。だが、内田は「そういう声がなくなったら寂しいし、そう言ってもらえるのはありがたいですよ」とこちらを気遣ってくれる。

「身体が動けば。責任もあるし、キャプテンとしてもね、やらなければいけないことはたくさんあるんで」

 歯がゆさを感じているに違いない。以前、リーグ戦でチームが不安定な戦いを続けていた時期だったか、練習後の雑談で、内田は自分以外でチームを引っ張ってくれるだろう選手の名前を何人か口にしたことがあった。だから大丈夫、心配ないよ、と。

 そんな内田に、「でも自分がピッチに立っても、それができる自信があるのでは?」と問いかければ、「変えられる自信はある」とキッパリと言った。強い確信が込められて、その言葉は響いた。

 5節の磐田戦で痛めた箇所がまだ芳しくなく、しばらく実戦から遠ざかっている。だが、順調に回復はしているようだ。

 連覇を狙うACLはラウンド16に進出。リーグ戦でも目下3連勝中と、タイトル奪取に向け、常勝軍団がいよいよ“本気”を出してきた。ここからさらに熾烈な戦いが待ち受けるが、その時こそ、百戦錬磨の内田の力が必要になってくるはずだ。

 完全復活を見据えて、今は静かに、牙を研いでいる。

取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

山東戦報道

伊藤翔一色の各紙である。
報知新聞の岡島記者こそ経路の異なる記事を書くが、やはり途中出場にて同点弾・逆転弾の殊勲者にスポットを当てるのは正しい報道ではなかろうか。
その中でニッカンスポーツの杉山記者は隠した負傷に悩んだ伊藤翔の姿を伝える。
右膝の痛みと闘い、4月14日の東京戦後は「膝を曲げられないくらいだった」とのこと。
このところゴールから遠ざかっておった謎が解けた。
伊藤翔は、「休ませてもらって、いい感じに痛みも抜けてきた。疲れも抜けて、シンプルにコンディションが良くなった。時間をくれた大岩監督に感謝しています」と語る。
大岩監督のマネージメントも光る。
ここからまたゴールを量産してくれよう。
タイトルを欲して鹿島に移籍してきた伊藤翔と共にアジアの頂点を目指す。
楽しみである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

「和製アンリ」伊藤翔3分間で2発、右膝癒え大仕事
[2019年5月23日0時52分]


鹿島対山東魯能 後半、ゴールを決めベンチへ駆け出す鹿島FW伊藤(撮影・横山健太)


鹿島対山東魯能 後半、ゴールを決める鹿島FW伊藤(撮影・横山健太)


鹿島対山東魯能 後半、ゴールを決める鹿島FW伊藤(撮影・横山健太)


<ACL:鹿島2-1山東魯能>◇1次リーグ◇E組◇22日◇カシマ

2年連続のアジア王者を目指すE組の鹿島アントラーズが途中出場のFW伊藤翔(30)の2得点で、1次リーグ(L)最終戦で突破を決めた。

山東魯能(中国)戦で0-1の後半18分に投入されると、同23分に同点弾、同25分に逆転弾と瞬時の大仕事。チームは2-1で勝ち、6月の決勝トーナメント1回戦ではF組1位の広島と対戦することが決まった。

ケガもあり約2カ月間“眠っていた男”が目を覚ました。伊藤は後半18分からピッチに立つと、5分後の同23分にCKのこぼれ球を押し込み同点に。同25分にはカウンターから、ループシュートでネットを揺らした。「(先制され)自分たちでまいた種。自作自演の値千金です」。わずか3分での逆転劇。3月17日の札幌戦を最後にゴールから遠ざかっていた「和製アンリ」は、逆転弾を決めるとスライディングしてピッチの上で大の字になり、喜びを爆発させた。

ここ1カ月半ほど、右膝の痛みと戦っていた。4月14日の東京戦後は「膝を曲げられないくらいだった」。試合と治療を繰り返してきたが限界を感じ、5月8日のACLを最後に先発を外れてコンディション回復に努めてきた。「休ませてもらって、いい感じに痛みも抜けてきた。疲れも抜けて、シンプルにコンディションが良くなった。時間をくれた大岩監督に感謝しています」。本来のスピード感を取り戻し、期待以上の結果を残した。

伊藤がピッチに入るのとほぼ同時に、同組のもう1試合で慶南が先制。このままなら前年アジア王者が敗退という土俵際に追い込まれたが、頼れるストライカーがやってくれた。これで伊藤は山東相手に2戦4発。前回の対戦で得た「相手のサイドバックの裏に前の選手が走るスペースがある」という教訓も、投入直後の得点につながった。それでもまだ16強。アジア連覇へ、本当の勝負はここからだ。【杉山理紗】

鹿島、連覇へ決勝T進出!伊藤“SHOW”3分で同点&決勝弾/ACL

後半、勝ち越しゴールを決めた伊藤(手前)。王者の意地を見せた (撮影・蔵賢斗)

 アジア・チャンピオンズリーグ1次リーグ最終節(22日、カシマスタジアムほか)2連覇を狙うE組の鹿島が山東(中国)に2-1で逆転勝ちし、勝ち点10の同組2位で決勝トーナメント進出を決めた。前半に先制されたが、後半にFW伊藤翔(30)が2得点した。F組では既に首位突破を決めていた広島がアウェーでメルボルン・ビクトリー(オーストラリア)に3-1で快勝。この試合を最後に退団するメルボルン・ビクトリーの元日本代表MF本田圭佑(32)はフル出場した。

 “伊藤劇場”に観衆が酔った。2得点の活躍に、サポーターから「ショー、ショー、イトー、ショー」の大歓声だ。1-1の後半25分、自陣からの速攻でFW伊藤がラストパスを受けると、最後は右足アウトサイドでGKの上を抜き、鮮やかに決勝弾を決めた。

 「ビハインドになったけど、得点できると思っていた。自分たちのまいた種で、自作自演の値千金となった」

 引き分け以上で16強入りが決まる一戦。前半11分、昨年のW杯ロシア大会決勝トーナメント1回戦で日本からゴールを奪った元ベルギー代表MFフェライニに、CKからヘディングで決められ、先制点を許した。

 それでも前回王者は徐々に攻勢を強め、反撃の機運を高めると、後半18分から出場した伊藤が23分、25分と、立て続けに得点。1次リーグ4得点は全て山東から奪った30歳のストライカーが、チームを1次リーグ敗退の危機から救った。

 決勝トーナメント1回戦(第1戦は6月18日、第2戦は25日)でF組1位の広島と対戦する。伊藤は「しっかりと結果を出し続けるだけ」とACL2連覇に向け、チームをけん引する。 (一色伸裕)


後半、勝ち越しゴールを決め喜ぶ鹿島・伊藤(手前)=カシマ

鹿島・大岩監督
「逆転したことは評価している。(1次リーグは)ACLの厳しさ、難しさを感じた」

MFフェライニとマッチアップした鹿島DF町田
「強かった。Jリーグでは自分より大きい選手はあまりいないので、いい経験になった」

鹿島-山東戦を視察した日本代表・森保監督
「(FW伊藤は)出て短時間で結果を出す集中力、点を取るスペシャルなものを持っているのを見させてもらった」


山東に勝利し決勝トーナメント進出を決め、サポーターにあいさつする伊藤(右から2人目)ら鹿島イレブン=カシマ

伊藤 翔(いとう・しょう)

 1988(昭和63)年7月24日生まれ、30歳。愛知県出身。愛知・中京大中京高在学時の2006年にイングランドプレミアリーグの強豪アーセナルの練習に参加。07年に国内のクラブを経由せずに海外クラブのフランス2部グルノーブルへ入団。10年清水などを経て今季から鹿島へ移籍。J1今季11試合4得点、同通算194試合41得点。184センチ、76キロ。

鹿島 伊藤“翔Time”2分で2発 逆転1次L突破!
[ 2019年5月23日 05:30 ]

アジアCL・1次リーグE組 鹿島2―1山東魯能 ( 2019年5月22日 カシマ )


<鹿島・山東魯能>後半、勝ち越しのゴールを決め喜ぶ伊藤(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ


連覇を狙うE組の鹿島は1次リーグ最終戦で既に首位突破を決めている山東魯能(中国)に2―1で勝利し、E組2位で16強進出を決めた。引き分け以上で突破が決まる一戦で、0―1に追い込まれる窮地に。だが、後半18分に投入されたFW伊藤翔(30)が後半23分と同25分に2点を奪い勝ち越した。決勝トーナメント1回戦はF組首位突破の広島と来月18日にホームで、25日に敵地で対戦する。
 膝から滑り込み、大の字になった。仰向けに倒れたまま、空に向かって咆哮(ほうこう)した。連覇への道をつないだ伊藤の2発。“ショータイム”は途中出場から5分後、後半23分から始まった。まずは左CKからDFのクリアミスを右足で押し込んだ。2分後。今度はレオ・シルバからスルーパスを受け、ゴール左から右足アウトサイドで決勝ゴールを蹴り込んだ。

 「(敗退したら)割に合わない。(チームが)報われるべきだろうと思っていた。みんなの気持ちが乗ったゴールだった」

 紛れもないマン・オブ・ザ・マッチ。公式戦12試合ぶりの待の得点だった。4月14日のリーグFC東京戦後から右膝に痛みを抱えていた。試合後には激痛で膝を曲げられなくなることもあった。引き分け以上で突破できた前節の敵地ジョホールDT戦で決定機を外した試合後は「自分の責任」と口にした。

 だからこの日の2発は「自作自演の値千金」だという。右膝の状態を考慮し、公式戦3試合連続のベンチスタートという“休養策”で体の切れを取り戻させてくれた大岩監督には、「感謝です」。おごらないFWがゴールを決めると、三竿や白崎が次々と覆いかぶさった。

 急造で臨んだ両サイドの縦の連係がうまくいかず、開始11分には元ベルギー代表MFフェライニに先制を許した。決して完璧な内容ではなかったが、それでも「悪い中でも勝つのが鹿島の良さ」と伊藤は言う。同点に追いついても勝つことだけを追求した常勝軍団が、連覇への第一関門を突破した。


<鹿島・山東魯能>後半23分、CKのこぼれ球を押し込み同点ゴールを決める伊藤(撮影・篠原岳夫)
Photo by スポニチ


<鹿島・山東魯能>後半25分、決勝ゴールを決める伊藤=右(撮影・篠原岳夫)
Photo by スポニチ


【鹿島】伊藤2発で決勝T!「王者の経験値」が生んだ2分間の逆転劇を「読み解く」
2019年5月23日 6時0分スポーツ報知


山東戦の後半、自身2点目となる勝ち越しゴールを決める鹿島・伊藤(手前)]


後半、滑り込んで同点ゴールを決める鹿島・伊藤


◆アジア・チャンピオンズリーグ2019 1次リーグE組最終節 鹿島2―1山東(22日・カシマスタジアム)

 E組の鹿島は山東(中国)に2―1で逆転勝ちし、同組2位で決勝トーナメント(T)に進出。途中出場のFW伊藤翔(30)が3分間で2得点を挙げ、大会連覇へ前進した。王者の経験値が生んだ2分間の逆転劇を、岡島智哉記者が「読み解く」。

*  *  *

 アジア王者の貫禄が詰まった2分間だった。0―1で迎えた後半23分、途中出場の伊藤が同点弾。歓喜の10秒後、選手たちが真顔になって状況を確認する。突破条件はドロー以上。このまま守り切るか、2点目を奪いにいくか。出した結論は後者だった。レオシルバは「相手にジャブを何本も打っていた。この勢いなら勝てるとみんなで共有した」と振り返る。

 その結論が正解だったことは、わずか2分後に証明された。レオシルバが仕掛けた速攻。持ち場を捨て、選手たちが2点目を奪いに駆け上がる。左に開いた伊藤が右足アウトサイドで芸術的ゴールを沈めた。絶叫しながらピッチに倒れた伊藤は「自分のゴールで勝利に貢献したかった」と喜びを爆発させた。

 前半11分に先制点を献上。直後から相手は強固な壁をゴール前に敷いた。だが「あの守り方が90分持つはずがない」とシュートまで至らなくても、攻めの姿勢を貫いた。レオシルバが言うところの「ジャブ打ち」だ。今季清水から加入し、ACL経験の少ないMF白崎が焦りから無理なパスを通そうとすると、大岩剛監督(46)から「じれるな!」と怒声が飛んだ。

 去年のACL準決勝水原三星戦(2戦合計6―5)を思い出した。ホーム戦、アウェー戦ともに先制点を与えた。だがその時も「ジャブ打ち」が実を結んだ。逆にリードを守りにいった水原三星は“ドン引き作戦”で徐々に足が止まり、集中力を切らしていった。

 レオシルバは「私たちは王者なので、去年より相手が守りを固めてくるようになった」と語る。他クラブの鹿島への警戒心は明らかに去年以上。既にE組首位突破を決めていた山東にとって、この試合は消化試合。だが元ベルギー代表MFフェライニ、元イタリア代表FWペッレを先発に並べた。決勝Tで再戦の可能性のあるアジア王者の息の根を止めにきた。だが鹿島には血肉を削って頂点に上りつめた昨季の「経験値」がある。

 ACL3度制覇のGK権は「胸に刺しゅうされたチャンピオンバッチを意識してこれからも戦っていく」と力を込めた。次戦は広島との日本勢対決。2004~05年のアルイテハド(サウジアラビア)以来2度目の大会連覇へ、王者の誇りを胸に再び頂点まで駆け上がる。(岡島 智哉)

鹿島 決勝トーナメント進出!先制許すも伊藤が2発 アジア連覇へ第一関門突破

 後半、自身2点目となる勝ち越しゴールを決める鹿島・伊藤

 「ACL・1次リーグ、鹿島2-1山東」(22日、カシマサッカースタジアム)

 最終戦が行われ、2連覇を狙うE組の鹿島はホームで山東(中国)に2-1で逆転勝ちし、勝ち点10の同組2位で決勝トーナメント進出を決めた。0-1の後半にFW伊藤翔(30)の2得点で逆転勝ちした。F組では既に首位突破を決めた広島がアウェーで、FW本田圭佑が先発出場したメルボルン・ビクトリー(オーストラリア)に3-1で快勝した。

 背番号「15」が放った輝きは、まさに仕事人と呼ぶにふさわしかった。1点を追う後半18分、ピッチに投入されたFW伊藤がネットを揺らしたのは、わずか5分後。左からのCKから生まれた相手DFのクリアミスを見逃さず、右足で同点弾をたたき込んだ。

 見せ場は続く。同点から2分後の後半25分、カウンターから抜け出すとMFレオシルバから絶妙なスルーパス。飛び出してくる相手GKの位置を見極め「(シュートを)浮かせる選択肢しかなかった」と右足アウトサイドで技ありの逆転ゴールを流し込んだ。

 引き分けでも16強進出が決まる一戦だったが、そこは国内外合わせて20のタイトルを取ってきた常勝軍団。同点とした後にもペースを落とさず、一気に勝負を決めた。

 決勝トーナメント1回戦では広島と対戦する。「日本のチームとここで当たるのはもったいないが、僕らは2連覇を合言葉にやっている。1戦1戦、突き進んでいきたい」と伊藤。鹿島が見据えるのはアジアの頂、その一点だ。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク