FC2ブログ

浦和、オリヴェイラ監督を解任

浦和を解任されたオリヴェイラ監督である。
昨季、シーズン途中で電撃就任すると天皇杯を制覇、今季はACLをGS突破に導くなど指導力を発揮しておった。
ここでこのような決断をしてしまうところに浦和というクラブの堪え性の無さを感じさせる。
それはそれとして、この名将の次なる采配の場はどこになるのであろうか。
注目である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

オズワルド オリヴェイラ監督との契約解除について
2018シーズン4月より指揮を執っておりました、オズワルド オリヴェイラ監督との契約を本日付で解除いたしましたので、お知らせいたします。また、あわせてルイス アルベルト シルバ ヘッドコーチ、アレックス コンディショニングコーディネーターとの契約も解除いたしました。

上田のすごみはピッチレベルで対峙してこそ、体感できる

天皇杯1回戦に出場した法政大学の上田綺世くんについて記すサッカーダイジェストの小室氏である。
日本代表選出時のコメントから上田綺世くんの考えを、そして対戦相手のブリオベッカ浦安のコメントからプレイスタイルを伝える。
「事前にいろいろ分析していたけれど、思っていた以上に強いし、高い。上田のところで起点を作られて、押し込まれてしまった。自分たちのイメージでゲームを運べなかった」と都並敏史監督がからコメントを取り、「いいボールを(上田に)入れさせないよう、前から厳しくプレスにいっていたけれど、多少アバウトなボールでも収められてしまった。守備に追われ、かなり体力を消耗した」と選手からの体感を伝える。
かなりボールを納めることに長けておることがわかる。
既にアマチュアのレベルは凌駕しておる様子である。
この才能を活かし、日本代表として奮闘してくれよう。
楽しみにしておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

大学生唯一の日の丸戦士・上田綺世が天皇杯で奮闘!敗れた浦安の都並監督は「起点を作られた」と称賛
小室功
2019年05月28日

「自分の知名度が上がっていることも実感しますけど、だからといって特別なプレーをしようとは思いません」


法政大のエースとしてチームを牽引する上田。大学のリーグ戦では不振だったが、天皇杯では力強いプレーを見せた。写真:小室功

 得点こそなかったが、ピッチ上での存在感は際立っていた。

 迫力のあるエアバトル、堅実なポストワーク、シュートポイントを探りながらのゴール前への進入。さらには前線での献身的な守備と、90分間を通じたそのパフォーマンスは称賛に値した。

 ブラジルで行なわれるコパ・アメリカに参戦する日本代表に大学生ながらただひとり初選出された上田綺世(法政大)は、メンバー発表からわずか2日後、99回を数える天皇杯1回戦を戦っていた。大学生のフル代表入りはおよそ9年半ぶりのこと。将来を嘱望される若き点取り屋への関心は格段に上がっていた。

「注目してもらえるのは選手として嬉しいし、ありがたい。自分の知名度が上がっていることも実感しますけど、だからといって特別なプレーをしようとは思いません。チームのために今、何ができるか。そこをいつも考えています。日本代表に選ばれたのだから恥ずかしいプレーはできないとか、そういうことを意識し始めたら逆によくないので」

 周囲の喧騒とは裏腹に、若干20歳であることを忘れさせてしまうほど、冷静な口ぶりだった。

「これまで日本代表を背負ってきた選手なら、また違う気持ちが出てくるかもしれないけれど、自分はそういう存在じゃないし、そういうレベルにもいません。ピッチに立ったら、目の前の試合に勝つために全力でプレーする。それを継続していくだけです」

 日本代表のなかで、自分は何も成し遂げていない。まだまだチャレンジーにすぎない――。上田はこう繰り返し、足もとを見つめる。

 とはいえ、大学3年生ながら、Jリーグ屈指の常勝軍団である鹿島アントラーズ入りがすでに決まっていて、東京オリンピックに挑むU-23日本代表の紛れもなくエース候補。南米各国の猛者たちが集結するコパ・アメリカで、どんなテイストを醸し出してくれるのか、期待が膨らみ、周りは早くも前のめりだ。

「正直、今はまだ先(代表チーム)のことは考えられません。6月に入って、実際に大会も近くなったら、コンディションを整えるとか、そのために必要な準備をしたいと思いますけど。ただ、(日本代表に)選んでもらった以上、なぜ僕なのか、ちゃんと噛み砕いて考えなければいけないし、期待されている部分をしっかり表現していきたい。そこは選ばれたひとりとしての義務があると思うので」

法政大は7月10日の2回戦でJ2の東京Vと激突

 そんな強い意志と責任感を胸に刻みつつ、かといって気負いすぎることもなく、天皇杯1回戦のブリオベッカ浦安(千葉県代表)戦では、ひたむきにチームの勝利を追い求めた。

 5月26日、会場は千葉・フクダ電子アリーナ。炎天下の13時3分にキックオフされた。日差しがまぶしく、立っているだけに汗が吹き出てくるような暑さのなか、絶対的エースは仲間たちに声をかけ続けた。

「みんなが苦しい顔をして頑張っていたし、自分もきつい部分があって、お互いに励ましあっていた。チーム全体が同じ方向を見ながら戦うことがすごく大切で、そのためにもコミュニケーションしないといけない。細かい部分を常にすり合わせながらやっていました」

 前半35分の竹本大輝のゴールを守りきった法政大が浦安を破り、2回戦に進出。次は7月10日、J2の東京ヴェルディとぶつかる。

「事前にいろいろ分析していたけれど、思っていた以上に強いし、高い。上田のところで起点を作られて、押し込まれてしまった。自分たちのイメージでゲームを運べなかった」と敵将の都並敏史監督が感じ入れば、「いいボールを(上田に)入れさせないよう、前から厳しくプレスにいっていたけれど、多少アバウトなボールでも収められてしまった。守備に追われ、かなり体力を消耗した」と、キャプテンの秋葉勇志は対応に苦慮していたことを打ち明ける。

 取れる、突っつけると思ったボールが取れない、突っつけない。上田のすごみはピッチレベルで対峙してこそ、体感できる。

 6月11日、日本代表の一員としてブラジルに向かう。そこにはまだ見ぬ世界レベルが広がっているはずだ。次代を担うストライカーにとって、これほど貴重な機会はない。

取材・文●小室功(オフィスプリマベーラ)
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク