FC2ブログ

サッカーダイジェスト ガンバ戦寸評

サッカーダイジェストによるガンバ戦の寸評である。
かなり幅のある評が並ぶ。
このあたり、無記名ということもあり、ガンバ番の記者によるものなのではなかろうか。
確かに求めた試合結果ではなかったが、悪かった選手もそこまでではなかったように思う。
中村充孝など、試合序盤に二人に囲まれながらいなしてフリーになったところなどがチャンスに繋がれば評価も違ったように思う。
そんな中で、聖真に最高評点が与えられておる。
「攻撃の形を作れなかった前半、流れを変えようと工夫しながら動いていた。同点ゴールはまさしく個の力で奪ったもので、矢島をかわした後、低い弾道でここしかないというコースに叩き込んだ」との寸評。
“個の力”というところが気になる。
確かに、相手をいなしたシュート前のプレイは素晴らしい。
しかしながら、鋭いサイドチェンジから安西がフリーとなり聖真にパスした形はチームならではのものではなかろうか。
このあたりに言及出来ぬあたりにこの記事、この記者の限界を感じさせる。
次節以降は記名にて寸評して欲しいところ。
次回に期待である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

【J1採点&寸評】G大阪1-1鹿島|MOMは宮本監督の抜擢に応えた若手アタッカー! 鹿島は土居の同点弾で巻き返すも勝ち切れず
サッカーダイジェストWeb編集部
2019年06月02日


鹿島――攻守に奮闘した永木を起点に同点ゴールが生まれる


【警告】G大阪=なし 鹿島=チョン・スンヒョン(27分)、セルジーニョ(30分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】食野亮太郎(G大阪)


【チーム採点・寸評】
鹿島 6
G大阪のサイドを有効活用する攻めに前半は手こずり、攻守両面で低調だったが土居の同点ゴールで息を吹き返した。後半は一転、相手を押し込む時間帯が続くも最後の精度とアイデアを欠いた。

【鹿島|採点・寸評】
GK
1 クォン・スンテ 5.5
大きなミスはなかった。食野のシュートはGKが防げるものではなくノーチャンス。それ以外の枠内シュートには適切に対応していた。つなぎに関してはもう少し工夫があっても良かった。

DF
16 山本脩斗 4.5(74分OUT)
福田の勢いに押され、劣勢を強いられた。あっさりと裏を取られる場面もあり、苦しい対応が続いたが後半はやや持ち直した。74分でピッチを去ったが、むしろ遅すぎたと言ってもいい。

5 チョン・スンヒョン 5.5
劣勢だった前半はばたつく場面もあったが、最後のところはしっかりと体を張っていた。前半にCKから際どいヘディングシュートも放った。後半は安定感を取り戻し、ゴール前で存在感を見せた

39 犬飼智也 5
食野のゴールにつながったのは、直前のクロス対応が中途半端だったから。局地戦を強いられると不安定なプレーが目立ち、後半も食野にあっさりかわされて決定的なシュートを放たれた。

22 安西幸輝 6
小野瀬の突破に手を焼いていたが、逆に永木のサイドチェンジを受けてから積極的な仕掛けで同点ゴールを演出した。後半は右SBにスイッチし、安部とも息のあったプレーを見せた。

MF
20 三竿健斗 5.5
劣勢だった前半は、守備を安定させることができず、やや空回り。ボールを持った際も気持ちがはやり、ミスキックが続くなど低調だった。後半はうまくバランスを保ち、持ち直した。

6 永木亮太 6.5(83分OUT)
SBの背後などをうまくケアし、幅広くピッチを駆けた。苦しい前半になんとかリズムを変えようと、攻撃の一歩目としても奮闘。結果的に永木のサイドチェンジが機に同点ゴールが生まれた。

鹿島――土居の同点ゴールはまさしく個の力で奪ったもの


鹿島は土居の同点弾でペースを掴み、後半は押し気味に試合を進めた。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

MF
13 中村充孝 4.5(65分OUT)
攻撃でもまったく存在感がなかったが、守備もルーズで後方の選手に負担をかけていた。後半はボールを触る回数が増えたものの、全体的に低調で65分に交代したのもやむを得ない出来だった。

41 白崎凌兵 5.5
前半の見せ場は守備で身体を張った程度。サイドで攻守において機能性を見せていなかったが、後半はボランチにスイッチ。決定的な仕事こそなかったものの、中盤の底で徐々に力を発揮した。

FW
8 土居聖真 6.5
攻撃の形を作れなかった前半、流れを変えようと工夫しながら動いていた。同点ゴールはまさしく個の力で奪ったもので、矢島をかわした後、低い弾道でここしかないというコースに叩き込んだ。

18 セルジーニョ 5.5
孤軍奮闘気味で、いいボールが配球されなかった。しかし焦れることなく、懸命にカウンターを牽引したり、守備でも貢献。しかし、フィニッシャーとしての迫力はさほどなかった。

交代出場
MF
10 安部裕葵 5.5(65分IN)
G大阪の武器だった福田ら左サイドの攻撃を、安部の存在感で封じ込めた。ただ、相手を牽制することには成功したが、もっと積極的に仕掛けても良かったはず。決定的な仕事はできなかった。

DF
28 町田浩樹 5.5(74分IN)
左SBで起用され、守備に関しては大きな綻びを作ることなく、無難に乗り切った。安西からのクロスに果敢に飛び込み、完璧なヘディングシュートを放つもクロスバーに嫌われたのは不運だった。

MF
11 レアンドロ -(83分IN)
攻勢を強めていた時間帯に最後のカードとして送り込まれ、個でボールを運ぶなどカウンターの推進力は出した。ただ、チームとして崩すには至らず、自身もシュートは打てなかった。

監督
大岩 剛 5.5
劣勢だった前半の要因をハーフタイムに修正し、流れを引き戻した。攻守両面でテコ入れを施したが、最後勝ち切るには至らず。切るべきカードは投入したが、やや選手個人任せになった印象は否めない。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

報知新聞 ガンバ戦寸評

報知新聞によるガンバ戦の寸評である。
ドローという結果にばらつきのある採点となった。
その中で聖真に最高評価が与えられる。
「土居聖真【7・0】鮮やかというより艶やかな同点弾。彼の体がキレてた試合で勝ち点1止まりはつくづく痛い」と評す。
同点弾の際、ボールを受ける前からイメージしておったのではなかろうか。
このあたりにセンスを感じさせる。
また、シラの寸評「センスの出し惜しみ。試合後に「各駅停車」と自ら表現した鈍行パス回しは彼1人の工夫で変えられたはず」というように、もうちょっとの工夫で試合展開は変わった。
ここにもう一味欲しいのが今の鹿島であろう。
そして、ジャッジについては、「岡部拓人主審【5・0】何度選手に囲まれても表情変えずブレなかったが、ジャッジ基準はずっとブレていた」と酷評である。
これは観ておるこちらもかなりイライラさせられた。
セルジーニョの膝への足裏ファールはノーカード、聖真への悪質なファールは流す、三竿にイエローが出るのであれば倉田にもカードが妥当。
そして何より、CK時のスンヒョンがファールであれば、失点時のアデミウソンの犬飼への行為はファールであろう。
あまりにもジャッジが偏り、不満以上の感情がわき起こったことは事実である。
このあたりを改善して欲しいと心から願う。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

【鹿島】採点&寸評 土居同点弾も痛恨ドロー…5位浮上も首位との勝ち点差は9に広がる
2019年6月2日 7時38分スポーツ報知


鹿島の先発布陣


後半ロスタイム、G大阪・倉田(右)に引っ張られるもボールをキープする鹿島・安部(カメラ・渡辺 了文)


◆明治安田生命J1リーグ第14節 G大阪1―1鹿島(1日・パナソニックスタジアム吹田)

 鹿島はG大阪と1―1でドロー。順位こそ5位に上がったが、首位・F東京との勝ち点差は9に開いた。前半13分に先制点を献上。同43分にFW土居のゴールで同点に追いついたが、後半の猛攻実らず最後まで決勝点を奪えなかった。

 採点と寸評は以下の通り。

大岩剛監督【5・5】相手は17位のクオリティーではなかったが、鹿島も優勝を語れるクオリティーではなかった。次戦まで13日間、修正点をどこに置くか

GKクォンスンテ【6・0】前半7分のニアシュートのストップは見事。失点場面はノーチャンス

DF山本脩斗【5・0】隠しきれぬ本職外感。使った側の責任もあるが、同情はできない

DF犬飼智也【5・0】失点時はPA内で笛をアピールしながら座っていた。勝利より笛が好きならどうぞヤマハ音楽教室へ

DFチョンスンヒョン【6・0】警告後でもプレー変わらずガツガツ。求められる役割はこなした

DF安西幸輝【6・0】土居弾アシスト。だが組み立て時のパスはほぼ左ボランチか左MFの2択。もっと視野を広く

MF三竿健斗【5・0】闘志と戦術眼がフラストレーションで台無しに。「心を整える」(著・長谷部誠)必読

MF永木亮太【5・5】リード&同点時は全てにおいて頼りになるが、ビハインド時は空回り目立つ

MF中村充孝【5・5】65分間、常に1―0リードと勘違いしているような動き。最も守備で計算が立つSHだが、枠からはみ出たプレーも必要

MF白崎凌兵【6・0】センスの出し惜しみ。試合後に「各駅停車」と自ら表現した鈍行パス回しは彼1人の工夫で変えられたはず

FW土居聖真【7・0】鮮やかというより艶やかな同点弾。彼の体がキレてた試合で勝ち点1止まりはつくづく痛い

FWセルジーニョ【5・5】ポストも裏抜けもサイド流れも守備もできる長所が仇に。もっとシンプルにゴール前で恐怖を

MF安部裕葵【6・0】後半20分IN。30番なら「流れを変えた」で6・5、10番なので「流れは変えたが得点絡めず」で6・0

DF町田浩樹【6・0】後半29分IN。190センチSBの利点生かしたヘッドは惜しくもバー直撃

MFレアンドロ【―】後半38分IN。出場時間短く採点なし

岡部拓人主審【5・0】何度選手に囲まれても表情変えずブレなかったが、ジャッジ基準はずっとブレていた

※平均は5・5~6・0点。

ガンバ戦コメント・報道

アウェイ通算700得点目を記録した聖真である。
メモリアル弾には縁がある男と言えよう。
その聖真は「時間帯と流れとしてあそこで取れて良かった。勝ちにつながらずに残念だった。あとはチーム一丸となって上がっていく」と語る。
最低限の結果を残したことで、チームの結束がより固まった。
また、指揮官を含め選手らはハーフタイムでの修正を口にする。
システムの噛み合わせなど、いくつかの問題を抱えたが、徐々に自分たちのペースに持って行けたことはこの試合の収穫であった。
ただ、最後の決定力だけが足りなかった試合と言えよう。
一時の中断期間を有効に使いチーム一丸で巻き返していこうではないか。
楽しみにしておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

2019明治安田生命J1リーグ 第14節
鹿島アントラーズ:大岩 剛
前半は先制されたこともあり、自分たちが相手のペースに合わせてしまったところが若干あった。後半は、そこを修正しながら非常にいい形で、攻撃と守備がともにできていた。ただ最後に勝ち切れなかったというところが、次の試合に向けての反省点だと思う。

Q.立て直した後半は、どのような部分がよかったか?

A.前半は、相手のボールの動かし方に対して、自分たちが同じように動いてしまい、相手にスペースを与えてしまっている場面が多々あった。後半は、コンパクトに守備ができていたし、しっかり攻撃につなげることができていた。



【犬飼 智也】
立ち上がりの失点の場面は、反省しないといけない。ボランチがどこまでプレスをかけに行くのかというのが、はっきりしなかった。話しながらやっていたが、少し戸惑った部分もあった。行くところと行かないところの判断がうまくできてからは、そこまで危ないシーンがなくできた。

【永木 亮太】
前半は前線からプレスをかけに行くと話していたが、なかなかそれがハマらなかった。しかも、失点をしてしまう展開だった。そのあとは、バイタルエリアでボールを回す回数も増えたし、そこでサイドチェンジも入れながら、いい流れで1点を取れたのはよかった。

【山本 脩斗】
前半の最初に失点してしまったが、そのあと焦れずに1点を返して後半を迎えることができた。相手は、後半に体力が落ち、自分たちのペースになると思っていた。ただ、最後まで2点目を取ることができなかった。勝ちたい試合だった。

【安西 幸輝】
前半の最初はポゼッションのところでミスが増えて、なかなかボールか来なかった。すごく難しい展開だったが、1点返して相手がアグレッシブに来られなくなったところでボールを回せるようになった。ただ、もう少し早く対処しなければいけなかったと思う。

【三竿 健斗】
前半は、相手のシステムにうまく対応できなかった。ハーフタイムにそこを修正して、後半はうまく守れていた。次回、今日のようなシステムの相手と対戦した時はしっかり対応していけると思う。

明治安田生命J1リーグ 第14節
2019年6月1日(土)19:03KO
パナソニック スタジアム 吹田

[ 大岩 剛監督 ]
前半、先制されたこともあって自分たちで相手のペースに合わせてしまったところがあったので、後半そこは修正しながら非常に良い形で守備、攻撃ともにできていたんですけど、最後勝ち切れなかったというところが次に向けての反省点じゃないかと思っています。

--後半、立て直したというところで、どういったところが良かったのか教えてください。
前半は相手のボールの動かし方に対してこちらから動いてしまう、食いついてしまうという言葉が適当か分かりませんが、自分たちが動いてしまってスペースを与えてしまったところが多々ありました。後半はそういったことなくコンパクトに守備ができていて、良い攻撃につながっていたのではないかと思います。

明治安田生命J1リーグ 第14節
2019年6月1日(土)19:03KO
パナソニック スタジアム 吹田

DF 39
犬飼 智也
Tomoya INUKAI

まず立ち上がりの失点は反省しないといけないと思います。

--前半は食いついたところをはがされた?
ボランチがどこまで行くかがハッキリしなかった。話しながらやっていましたけど、少し戸惑った部分もあったのかなと思います。行く、行かないの判断がうまくできるようになってからはそこまで危ないシーンはなかったと思う。でも、早い時間に失点してしまったからみんなが前がかりになってしまうのは当たり前といえば当たり前なので、そこをどうコントロールするかというのは1つ(課題)だと思います。

--G大阪が良い流れでいるときに、鹿島は取り返そうとして前に出て、ファウルを取ってもらえず、自分たちでどんどんイライラしているようにも見えたが?
まさにそのとおりだと思います。コントロールするところも必要だったと思います。取りにいこうという一人ひとりの意識は強かったと思うんですけど、それをチームとしてどう取りにいくかが少しバラバラになってしまっていたなと思う。ハーフタイムもしゃべったし、ゲーム中もしゃべっていましたけど、1回ダメだったら次はほかの方法を試すのもありだったと思います。

--痛い結果ですか?
勝たなきゃいけないと思いますし、優勝するためには勝ちを拾っていかないといけないので、もったいないなと思います。

鹿島敵地でドロー「勝ちきれなかったのが残念」
[2019年6月2日7時48分 ]


前半、同点ゴールを決めMF三竿(手前)と抱き合って喜ぶ鹿島FW土居(撮影・前田充)


後半、選手に指示を出す鹿島大岩監督(撮影・前田充)


<明治安田生命J1:G大阪1-1鹿島>◇第14節◇1日◇パナスタ

敵地ガンバ大阪戦で引き分けた鹿島アントラーズ大岩監督は「前半に先制されたことで相手のペースになった。後半は修正できた。最後に勝ちきれなかったのが残念」と悔やんだ。

前半43分、FW土居が右足を振り切り同点弾。その後はボール保持率を高めて決定機を増やしただけに、悔しいドローとなった。

鹿島連敗止める “メモリアル男”土居が同点ゴール J1最速のアウェー通算700点目
[ 2019年6月2日 05:30 ]

明治安田生命J1第14節 鹿島1―1G大阪 ( 2019年6月1日 パナスタ )


<G大阪・鹿島>前半43分、同点ゴールを決めた鹿島・土居(左)(撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ


 鹿島のMF土居がJ1最速のアウェー通算700点目となる同点ゴールを挙げた。
 0―1の前半43分、DF安西から中央でパスを受け、ワントラップから右足を振り抜いた。J1通算1300得点目も1500得点目も、令和1号も決めた“メモリアル男”。前半は「ボールを動かして(G大阪を)走らせる」と描いた展開とは異なり、守備で後手に回る苦しい内容となったが、貴重な一撃が連敗阻止につながった。

J1鹿島、G大阪とドロー

G大阪-鹿島 後半31分、相手と競り合う鹿島・安部=パナソニックスタジアム吹田、菊地克仁撮影

明治安田J1第14節最終日の鹿島は1日、大阪府のパナソニックスタジアム吹田でG大阪と1-1で引き分けた。通算成績は7勝3分け4敗、勝ち点24で順位を5位に上げた。

鹿島は序盤に失点したが、折り返す前にしぶとく同点に追い付いた。前半43分、ドリブルで仕掛けたDF安西からパスを受けたFW土居が相手DFをかわし、右足でゴール左下隅に蹴り込んだ。後半は優位に試合を進めたが、ゴールを奪うことはできなかった。

■鹿島・大岩監督 後半守備コンパクトに

前半は相手のボールの動かし方に対し、こちらが先に動いてスペースを与えていた。後半はそういうことをなくし、コンパクトに守備ができていい攻撃につなげられた。

■鹿島・土居
(得点)時間帯と流れとしてあそこで取れて良かった。勝ちにつながらずに残念だった。あとはチーム一丸となって上がっていく。

▽パナスタ(観衆30,495人)
G大阪 3勝7敗4分け(13) 1-1 鹿島 7勝4敗3分け(24)
1-1
0-0

▽得点経過 G 鹿
前13分
【G】 1-0 食野亮
前43分
【鹿】 1-1 土居
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク