FC2ブログ

対セレッソ戦データ情報

セレッソと鹿島の対戦データ情報である。
かなり鹿島に有利なデータが並ぶ。
とはいえ、セレッソは監督が替わっており、今季鹿島と初対戦となる。
十分に対策を練っておろう。
このデータを当てにしてはならぬところ。
初めての相手として、心して挑む必要がある。
ただ、ホームの地の利はこちらにある。
大きく後押しをして勝利を掴もうではないか。
楽しみな一戦である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

鹿島アントラーズvsセレッソ大阪 第15節
 ・鹿島対C大阪の通算38試合では、鹿島が20勝4分14敗と勝ち越している。鹿島にとってC大阪は、鳥栖に次いで2番目に1試合平均得点の少ない相手(鳥栖戦:1得点、C大阪戦:1.32得点)。

 ・鹿島はC大阪戦で現在、3試合連続無失点で連勝中。また、今カードの直近12試合でもわずか2敗しかしていない(10勝)。

 ・鹿島は現在、同一シーズン内では今季開幕以来の2試合連続未勝利(1分1敗)。今節でも勝利を挙げられなければ、2018年4月以来の3試合連続未勝利となる。

 ・鹿島はホーム戦で現在、2017年6月~11月以来となる5連勝を記録している(当時9連勝)。この間、4試合で無失点に抑えている(計1失点)。

 ・C大阪は直近5試合で4勝(1敗)。それ以前の14試合で挙げた勝利数と等しい(4勝2分8敗)。また、直近6試合ではわずか1失点しか喫していない(1試合平均0.17失点)。

 ・C大阪は「オリジナル10」のクラブとの直近10試合で8敗(2勝)。アウェイでの同対戦では今季、3試合すべてで無得点での敗戦を喫している。

 ・C大阪は今季、先制点を奪われた5試合で全敗。対する鹿島は、先制点を挙げたホーム戦4試合で全勝。

 ・ブルーノ・メンデスはC大阪の直近3得点すべてに直接関与(2得点1アシスト)。また、5月以降に出場した直近5試合では4点に直接関与している(3得点1アシスト)。

※ファクト内の数字はJ1での成績

データ提供:opta

鹿島ジュニアユース・佐藤海宏くん、JFAエリートプログラムU-13フューチャーキャンプメンバー選出

JFAエリートプログラムU-13フューチャーキャンプのメンバーに選出された鹿島ジュニアユースの佐藤海宏くんである。
未来を担う人材としてこれからが楽しみと言えよう。
フットサルで名を馳せ、現時点ではDFとのこと。
更に成長し、ユース昇格、そしてトップチームへの昇格し、チームの主軸となって行って欲しい。
期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

2019 JFAエリートプログラムU-13フューチャーキャンプ(6/19 - 23@静岡)メンバー・スケジュール
2019年06月13日

スタッフ
監督:矢野 隼人 ヤノ ハヤト(日本サッカー協会 ナショナルトレセンコーチ)
コーチ:城 和憲 ジョウ カズノリ(日本サッカー協会 ナショナルトレセンコーチ)
コーチ:津田 恵太 ツダケイタ(JFAアカデミー福島)
GKコーチ:尾形 行亮 オガタ ギョウスケ(日本サッカー協会 ナショナルトレセンコーチ)

選手
GK
茂木 克行 モギ カツユキ(北海道コンサドーレ札幌U-15)
似鳥 翔斗 ニタドリ ショウト(ブラウブリッツ秋田U-15)

FP
中松 陽太 ナカマツ ヨウタ(大宮アルディージャU15)
坂上 宗太郎 サカウエ ソウタロウ(セレッソ大阪U-15)
武田 絢都 タケダ アヤト(徳島ヴォルティスジュニアユース)
渥美 慶大 アツミ ケイタ(ジュビロ磐田U-15)
浦上 大和 ウラガミ ヤマト(ベガルタ仙台ジュニアユース)
大町 璃史 オオマチ アキヒト(長崎ドリームフットボールクラブ)
野嶋 竜斗 ノジマ リュウト(カターレ富山U-15)
峯野 倖 ミネノ コウ(JFAアカデミー福島U15)
田頭 星梧 タガシラ セイゴ(ファジアーノ岡山U-15)
本田 健晋 ホンダ ケンシン(FC LAVIDA)
桝谷 歩希 マスタニ アユキ(サンフレッチェ広島ジュニアユース)
古河 幹太 フルカワ カンタ(ガンバ大阪ジュニアユース)
西原 源樹 ニシハラ モトキ(清水エスパルスジュニアユース)
山田 遥斗 ヤマダ ハルト(北海道コンサドーレ札幌U-15)
菅谷 脩人 スガヤ シュウト(北海道コンサドーレ旭川U-15)
東 龍弥 ヒガシ リュウヤ(ツエーゲン金沢U-15)
渡邊 大貴 ワタナベ ダイキ(東京ヴェルディジュニアユース)
谷田 伎倖杜 タニダ キサト(京都サンガF.C.U-15)
佐藤 海宏 サトウ ミヒロ(鹿島アントラーズジュニアユース)
木實 快斗 コノミ カイト(ソレッソ熊本)

スケジュール
6月19日(水) PM トレーニング
6月20日(木) AM/PM トレーニング
6月21日(金) AM/PM トレーニング
6月22日(土) AM
トレーニング
PM 練習試合 vs. 清水エスパルスジュニアユース(U-13)
6月23日(日) AM 練習試合 vs. NPO藤枝東FCジュニアユース
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

白崎凌兵はどんな景色を見せてくれるだろうか。アントラーズとともに紡ぐ物語は、まだ始まったばかりだ

白崎凌兵をピックアップするFreaks+である。
入団から序盤の負傷そしてポジションを得るまでを綴る。
先発起用されてから左サイドのMFをずっと任され、常に先発出場を果たしておる。
素晴らしい選手が加入してきてくれた。
ここからの巻き返しのキーマンとして獅子奮迅の活躍をしてくれよう。
シラの躍動を拝みにスタジアムに通う。
楽しみなMFである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

PICK UP PLAYER


「チームに新しいアイディアをもたらすところが自分の特長です。アントラーズは結果が求められるチームなので、勝つことにこだわってプレーしていきたいと思います」

 2018年12月29日、清水の背番号10を託されていた白崎凌兵がアントラーズに加わった。新たに授かった背番号は41。厳しいポジション争いが待ち受けていることは承知のうえで、並々ならぬ決意と覚悟をもって新天地への挑戦を決めた。

 しかし、ライバルと激しいポジション争いを繰り広げていたシーズン開幕前、いきなり不運に襲われてしまう。怪我により無念の戦線離脱。ポジションを争うライバルたちに水をあけられてしまった。

 開幕から出遅れている間に、チームは調子を上げていた。ほどなくして全体練習に合流するも、出場機会は与えられず。激しい競争は覚悟していたが、試合に絡めない焦りともどかしさばかりが募った。

 ようやく、開幕から2ヶ月が経過した4月20日。今シーズン初の先発のチャンスを掴んだ。「長かったなという感じがします」。白崎は率直な気持ちを吐露した。

「怪我をして、チームの調子がよかった中で、なかなかチャンスが巡ってきませんでした。自分のやるべきことは、トレーニングでしてきたので、あとはやるだけです」

 明治安田J1第8節仙台戦。秘めた闘志を燃やし、初めてカシマのピッチへ立つ。アントラーズレッドに染まったスタンド。ここが新たなホームスタジアムだ。自然と鼓動が高鳴った。



 「めちゃくちゃ緊張しました」。試合後、白崎は照れ笑いを浮かべながら記者の質問に答えていた。「自分の良さは半分も出せなかったですけど。周りに助けられたし、チームメイトの頼もしさを感じました」。スコアは1-0。アントラーズのデビュー戦を勝利で飾った。苦しい時期を乗り越えた白崎へ、指揮官も「ケガがあって本人ももどかしい時間を過ごしていた。当然、今日の試合で本人も自信をもっただろうし、チーム力をレベルアップさせていくためには、彼の力が必要」と讃えた。

 そして、迎えた5月18日。ついに、ホーム松本戦で歓喜の瞬間が訪れる。1点をリードして迎えた後半、ゴール前でレオ シルバから絶好のパスが送られた。後方から駆け上がった白崎に、スタジアムへ詰めかけたサポーターが一斉に視線を移す。左足に全神経を集中させ、丁寧にインサイドで合わせてシュート。ボールは、GKの脇を抜けて、ゴールネットへと突き刺さった。決意と覚悟の移籍から140日。初めて、聖地でアントラーズレッドを沸騰させた。



 その後、追加点を奪い、26歳の誕生日に自ら華を添えた白崎。試合後には、「誕生日にこれだけのサポーターの前でゴールを決めて、勝てた。本当に忘れられない日になりました」と頬に興奮の色を浮かべていた。

 仙台戦で復帰して以降、ACLのアウェイ、ジョホール戦を除いた全9試合で先発出場している。激戦区だった左サイドハーフのポジションをものにした。サイドバックで縦関係のコンビを組む安西との連係も試合毎に深まり、チームのストロングポイントになっている。いまや、攻守両面でアントラーズに欠かせない存在だ。

 6月14日。つかの間の中断期間を経て、再び厳しい戦いが始まる。変革期を迎えたアントラーズに新しいアイディアと可能性をもたらす背番号41が全冠達成のキーマンだ。これから、白崎凌兵はどんな景色を見せてくれるだろうか。アントラーズとともに紡ぐ物語は、まだ始まったばかりだ。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク