FC2ブログ

さらば鈴木優磨

シントトロイデンに移籍する鈴木優磨である。
これは苦しい。
FWの軸として考えており、今季は一度も出場することなく行ってしまうのは苦しいところもある。
そして行き先もベルギーリーグというところもそこしかなかったのかという疑問もある。
とはいえ、負傷しておる選手に高い評価をする欧州クラブがあるとすれば、チャレンジすることも致し方のないところ。
優磨が、「自分の年齢を考えるとラストチャンスになると思い、挑戦を決断しました」言うのも理解出来る。
このラストチャンスという言葉どおり、この半年でステップアップ出来るよう活躍するのだ。
ゴールの報を待っておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

鈴木選手のシント=トロイデンVV移籍合意
2019年07月15日(月)

鈴木 優磨選手のベルギーリーグ1部のシント=トロイデンVVへの完全移籍について、クラブ間の基本合意に達しましたのでお知らせいたします。今後は現地でのメディカルチェック等を経て、正式契約が結ばれる予定です。
 
<選手プロフィール>
■選手名: 鈴木 優磨(すずき・ゆうま)
■生まれ: 1996年4月26日、千葉県出身
■サイズ: 182センチ、75キロ
■ポジション: FW
■経歴:
鹿島アントラーズJrユース-鹿島アントラーズユース-鹿島アントラーズ(2015)
■公式戦成績:
J1リーグ通算 96試合27得点
J3リーグ通算(J-22選抜) 9試合3得点
リーグカップ通算 11試合2得点
天皇杯通算 16試合8得点
AFCチャンピオンズリーグ 22試合6得点
FIFAクラブワールドカップ 3試合1得点
ゼロックススーパーカップ 1試合1得点
スルガ銀行チャンピオンシップ 1試合0得点
■個人タイトル
2017年、2018年 TAG Heuer YOUNG GUNS AWARD
2018年 AFCチャンピオンズリーグ2018 MVP
■代表歴
日本代表(2018、国際Aマッチ出場なし)

■鈴木選手コメント:
「この度、シントトロイデンVVに移籍することになりました。シーズン中の移籍になりますが、自分の年齢を考えるとラストチャンスになると思い、挑戦を決断しました。ここ何年かは、海外でやりたい気持ちと鹿島でやりたい気持ちが入り混じっていました。同世代の海外で活躍している選手たちを見て、何をしているんだろうと思う時もありました。でも、今は鹿島で今日まで続けてきて良かったと、はっきり言えます。自分に携わってくれた方々のおかげで、人としても選手としても成長できました。必ず、ヨーロッパに行ってもっともっと成長した姿をみんなに見せます!最後に、僕にとってこのクラブは特別であり、ホームです。どこにいようが、このクラブは僕の心の中にあり続けます。小学生から17年間、ありがとうございました。行ってきます」

柴崎岳、デポルティーボ・ラ・コルーニャへ移籍

デポルティーボ・ラ・コルーニャへの移籍が決まった柴崎岳である。
移籍金は200万ユーロで契約期間は4年とのこと。
2部のクラブではあるが、理由もなく出場機会がないクラブに在籍し続けるよりがずっと良いであろう。
1部昇格に尽力し、「スーペル・デポル」を復活させるのだ。
活躍の報を待っておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

柴崎岳がデポルティボ移籍 4年契約締結
2019.07.14 19:55 Sun

デポルティボは14日、ヘタフェに所属する日本代表MF柴崎岳(27)の完全移籍加入を正式発表した。契約期間は4年となる。

日本代表の主力に定着する柴崎は、2017年1月に鹿島アントラーズからテネリフェに加入後、2017-18シーズンからヘタフェでプレー。初年度こそ公式戦23試合の出場数を記録したが、2018-19シーズンは序列が下がり、公式戦9試合の出番にとどまった。

そうした状況もあり、柴崎を巡っては今年1月にも移籍の可能性が取り沙汰され、その当時からデポルティボの関心が浮上。最終的に実現しなかったが、今夏の移籍市場でもデポルティボが再び獲得に乗り出していることが指摘されている状況だった。

1度のリーガエスパニューラ優勝歴を持つデポルティボは、2017-18シーズンに2部降格。昨シーズンは1部昇格プレーオフまで勝ち上がったが、決勝でマジョルカに2戦合計スコアで敗れ、1部復帰を逃している。

なお、スペイン『マルカ』が報じたところによれば、デポルティボはヘタフェと2年契約を残していた柴崎の移籍金として200万ユーロ(約2億4000万円)程度を支払ったものとみられる。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク