FC2ブログ

小笠原満男が子供達に伝える自立心

小笠原満男AAについて記すNumberWebの池田氏である。
どのような心構えで子供たちに接しておるのかが良く伝わってくる。
鹿島のアカデミー出身者は大いなる人間性を持つこととなろう。
今後が楽しみである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

小笠原満男が子供達に伝える自立心。
「荷物ぐちゃぐちゃでもいいんだよ」

posted2019/08/15 11:40


これまでキャリアで得たことを子どもたちに還元する小笠原満男。サッカーの指導を通じて自立の重要性を伝えていく。

text by
池田博一
Hirokazu Ikeda

photograph by
J.LEAGUE


「勉強しに行って来ます」

 8月5日、小笠原満男が自身初めてのアカデミー海外遠征に出発した。

 向かうは中国の上海。「YOUTH INTERNATIONAL CHALLENGE CUP」に出場する鹿島アントラーズジュニアユースへの同行となる。参加チームは中国に限らず、アトレティコ・パラナエンセ(ブラジル)、アンデルレヒト(ベルギー)、ウォルバーハンプトン(イングランド)も名を連ねる。

 遠征中、小笠原は子どもたちのプレーだけでなく、ピッチに立つまでの過程にも目を配っている。遠征に持参する荷物、ビュッフェ形式の食事、ホテルでの時間の過ごし方、そして試合への準備。

 たとえ、荷物の中身が整理整頓されていなくても、そこに明確な理由があれば、小笠原は目を細める。

「(自分も)遠征の準備は、必要最低限。あとは、あるものでなんとかする。俺にとっての準備はそんなところだから」

「自分のことは自分で」

 21年にわたりプロ生活を続けた小笠原は言う。

「トップの選手がまさにそうなんだけど、自分のことを自分でできない選手はたいていつぶれる。それはこれまで見てきた経験から、僕だから言えること。今のアカデミーにいる子どもたちの親御さんたちにも知ってほしい」

 子どもの自立心を育む。育児において、目指すべきところだろう。それは、サッカーの指導においても同じと、小笠原は強調する。それも、プロを目指す選手にとっては、特に。

「あ、自分で準備をしてきたな」

 荷物の準備も然り。必要と思うなら持っていけばいいし、いらないなら持っていかないという選択を自ら行う。アントラーズアカデミーでは、スクールからユースまで、年間で数多くの遠征を実施している。海外遠征だけで直近3年で32回。カテゴリーに関係なく、国内外を行ったり来たりする日々だ。

「リーグ戦、ACL、クラブW杯、日本代表戦、W杯。これまで何度も遠征に行ったけど、パンツを何枚持っていくのか、靴下を何足持っていくのか。そんなの決まりはない。朝、起きられなければ目覚まし時計を持っていく。天気予報を見て、雨が降りそうだったら、多めに着るものを持っていく。寒そうだったら何を持っていかないといけないのか。上質な睡眠のためにマットレスを持っていく選手もいる。俺は持っていったことがないけど、それも自分次第。自分に必要なものは何かを考えて、準備を進めていくもの」

 遠征のとき、子どもたちの荷物を見ればすぐに分かるという。

「きっちり親にやってもらったなっていう子もいれば、ぐちゃぐちゃだけど、“あ、自分で準備をしてきたな”っていう子もいる。忘れ物をしたっていいんだよ。自分でできるようになるのが正解なんだから」

「親離れ、子離れしないといけない」

 能動的に行動することは、成功または失敗に向けたスタートラインに立つことを意味する。まず挑戦しなければ、成功も失敗もない。挑戦なしには成長もない。だからこそ、親が口出ししないでほしいと願う。

「“水筒の中身はちゃんと入ってる?”。出発の際によく聞く言葉だけど、それは自分でやらせてほしい。“親が過保護だと、子どももダメになりますよ”っていうのは強く言いたい。失敗をしても、忘れ物をしても、本人の成長のためだと思って。

 子どもは親離れしないといけないし、親も子離れしないといけない。親がベタベタして、何かを渡したりとかしているのを見ると、俺は『離れろ』と言いたくなってしまうんです。子どもがかわいいというのは、気持ちとしてよく分かるんだけどさ。俺自身、子を持つ親として」

プロサッカー選手になるための自立。

 準備に正解はない。それぞれに合ったものを、自分で考えることが必要と、小笠原は説く。自立することで日常の生活が変わり、ピッチでの表現にもつながるからだ。

「何をどれだけ食べなさい、何時に寝なさい、何時に起きなさいなんて言われないから。自分でできるようにならないといけない。いろんなやり方はあるだろうし、合う・合わないがあるだろうから、自分のベストの方法を見つけていくことが大事だよね。俺にとっての正解は、他の人にとっての正解ではないから。何事も自分で判断できるようにならないといけない。その判断力は、ピッチ上にも表れるものだから」

 子ども自身が考え自立するために。今、小笠原は、プロサッカー選手につながる過程に向き合い続けている。

栃木戦コメント・報道

有馬幸太郎の評価について問われ、「彼の練習への取り組み方や日頃のトレーニングへの意識の高さ」と口にする指揮官である。
このあたり指導者として目を光らせておることがよくわかる。
有馬自身も、「試合に出たときに点を取ってやるって気持ちでずっと練習してきた」と語る。
“ご褒美”というのもなんではあるが、結果が伴ったことは素晴らしい。
また、ニッカンスポーツの杉山記者は曽ケ端の温冷交代浴について伝える。
ルーティーンは持たぬというが、重要なことを続けることの大事さがよくわかる。
これがプロ意識の表れであろう。
また、篤人とユキの復帰についても報じておる。
二人ともクロスでスタジアムを沸かせ、本職右SBの味を魅せた。
レオ・シルバ、チョン・スンヒョンも含め怪我人が復帰し、選手層が一気に分厚くなった。
8月後半にはACL・広州恒大戦が控え、そこに向けて明るい兆しである。
チーム一丸となって、天皇杯、リーグ戦、ルヴァン杯、そしてACLを戴冠しようではないか。
期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

天皇杯 JFA 第99回全日本サッカー選手権大会 3回戦
鹿島アントラーズ:大岩 剛
天皇杯という非常に難しいゲームをしっかり勝ち切ることが出来た。選手たちもしっかり戦ってくれた。そして、栃木まで駆けつけてくれた多くのサポーターの皆さんの声援が非常に力になった。これらすべてを含めて、チームとしてともに戦った結果が勝利につながって、非常に嬉しく思う。次は、Jリーグの試合。しっかり勝つために準備をしていこうと選手たちに話した。

Q.復帰戦となった伊東選手の評価は?

A.彼の意気込みは、自分自身も理解していた。自信をもって送り出した。非常にアグレッシブで、彼の良さが出た試合だった。このコンディションとパフォーマンスを続けていくことが重要になってくる。

Q.デビュー戦でゴールを決めた有馬選手のプレーの評価は?

A.今日のプレーというよりも、彼の練習への取り組み方や日頃のトレーニングへの意識の高さが、そのご褒美として、あのような形で得点することが出来たと思う。まだまだ、チームメイトに求められるものが多くある。取り組みを今後も続けてくれることを願っている。もっとレベルアップをして、チームの戦力になってくれることができれば、非常に嬉しく思う。

Q.リーグ戦とは違うメンバーで戦ったが、今日出場したメンバーへの評価は?

A.今日は、経験のある選手が数多くいた。連係の部分では少し苦労したが、後半に入ってからは、スムーズにいくようになった。チームとして、スムーズに動くことが出来たという部分は、非常に評価できる。我々は、たくさんのコンペティションを戦っていかなければいけない。それぞれのコンディションや、チームとしてのやるべきことを含めて、質やレベルを上げていくことが、今後、必要になってくる。今日の選手たちのパフォーマンスは非常に満足しているし、評価している。



【有馬 幸太郎】
試合に出場した時には絶対に点を取ってやると思って、ずっと練習を積み重ねてきた。アップの時から、イメージして準備をしていた。それが良い結果につながったと思う。1本目のチャンスを決めきることが出来なかったので、次のチャンスに決めることが出来て良かった。

【小田 逸稀】
立ち上がりからボランチとサイドバックに激しくプレスをかけられ、最初は苦しんだ。ただ、後半は修正して落ち着いてプレーすることが出来たと思う。

【町田 浩樹】
天皇杯は、難しさが絶対ある。立ち上がりは苦しんだが、しっかりと修正して試合を進めていくことが出来た。相手を引かせて、相手陣内でボールを保持することが出来て、チャンスも作ることが出来た。そこに至るまで、ビルドアップの部分で難しいところはあったが、押し込むことが出来たので良かったと思う。

【永木 亮太】
立ち上がりは押される時間が多かった。相手の勢いがあった中で、それを耐えることが出来たことが大きかった。立ち上がりからあそこまで勢いを持ってきていたので、バテてくるのは分かっていた。前半の途中から前線で収まるようになってからは、自分たちのリズムで試合を進めていくことが出来た。いいタイミングで点も取れたし、全体的にミスも少なく出来たことは良かったと思う。

【内田 篤人】
自分たちのホームではないけど、ホームのようなサポーターの多さで応援をしてもらっていた。簡単な試合ではなかったが、雰囲気作りからしてくれたことは大きかったと思う。自分が出たときは、点差もあったので、上手くパスを散らしていきながら、相手をいなしていきながらとやっていた。

【伊東 幸敏】
普段試合に出れていない選手などが出ていた中、誰が出てもアントラーズであるという証明は出来た試合だったと思う。アントラーズは結果がすべて。結果だけ見れば、悪くない数字。もちろん、内容ももっと突き詰めていかなければいけない。最低限のノルマは、達成出来たと思う。

天皇杯 3回戦
2019年8月14日(水)19:00KO
栃木県グリーンスタジアム

[ 大岩 剛監督 ]
天皇杯という非常に難しいゲームをしっかり勝ち切ってくれたこと、選手がしっかり戦ってくれたこと、あとはこの栃木の地まで多くのサポーターの皆さんが来てくれて非常に力になったこと、そういうのも含めてチームとしてクラブとして一緒に戦った結果が勝利につながって非常にうれしく思います。次の試合、Jリーグですけれどもしっかり準備をして、同じようにいつもどおり勝つための準備をしていこう、という話を選手にしてきました。

--1年ぶりの出場となった伊東 幸敏選手の今日の評価をお願いします。
非常にこの試合に向けての彼の意気込みというのは手に取るように私自身も理解していましたし、当然自信を持って送り出したんですけれども、彼の意識、気持ちというのが非常によく出ていた、非常にアグレッシブで彼の良さが出たんじゃないかと思います。ただ、彼自身も当然理解していると思うんですけど、これを続けていくこと。このパフォーマンスを続けていくことが重要なんではないか、チームにとって必要なんではないかと感じました。

--有馬 幸太郎選手がデビュー戦でゴールを決めました。有馬選手のプレーについてコメントをお願いします。
今日のプレーというよりも、彼の練習への取り組み方、日頃のトレーニングの彼の意識の高さ、そういうものが、言い方は悪いかもしれませんがご褒美として、ああいう得点ができた、と。まだまだほかのチームメートに求められるものが多くありますけれども、そのしっかりとした取り組み方を今後も続けてくれることを願っていますし、もっともっとレベルアップをしてチームの戦力になってくれれば非常にうれしく思います。

天皇杯 3回戦
2019年8月14日(水)19:00KO
栃木県グリーンスタジアム

FW 34
有馬 幸太郎
Kotaro ARIMA

試合に出たときに点を取ってやるって気持ちでずっと練習してきたし、今日のアップのときもそれをイメージして練習していたので、それが良い結果につながったと思います。

1本目のチャンスがあって、そこを決め切れなくて、でも「あと1本チャンスがあるかな」と思っていたので良かったです。後半で相手も足が止まってきて、こっちのペースというのもあったので、すごくやりやすい環境の中で自分はプレーすることができて、余裕を少しは持てたかなと思います。ボールを受けたときに仕掛けようと思って、1人抜けた段階で迷わずシュートまでもっていけたので良かったです。

40歳迎えた曽ケ端、温冷交代浴で22年戦い続ける
[2019年8月14日20時41分]


鹿島の栃木戦スタメン(撮影・杉山理紗)

<天皇杯:鹿島-栃木>◇3回戦◇14日◇栃木グ

天皇杯最多出場記録をもつ鹿島アントラーズGK曽ケ端準(40)が、40歳初戦でほえた。

球際の激しい栃木に苦戦し、ファウルでプレーが途切れるたびに「やるよ、やるよ!」と最後尾からチームを鼓舞した。流れを引き寄せたのは、酸いも甘いも知り尽くしたチーム最年長だ。

プロ生活22年目。特別なルーティーンやこだわりは持たない。ずっと続けているのは、毎日の温冷交代浴だけ。海外遠征中も欠かさず、長いときは読書をしながら1時間ほど入る。時間をかけて単純作業を繰り返し、コンディションを整える。02年W杯日韓大会16強など輝かしい経歴を誇るMF小笠原、MF本山、DF中田ら「黄金世代」の同期と比較して常に注目される立場ではないながら、22年間J1の舞台で戦い続けてきた、曽ケ端の生きざまそのものだ。

序盤こそ苦戦したが次第に主導権を握り、前半のうちに2点差をつけた。勝利のためにやることをやるだけ。チームに活を入れた守護神は、涼しい顔でゴールマウスを守り抜いた。

鹿島内田復帰「お金払って見せる技術」プロ意識語る
[2019年8月14日22時7分]


栃木対鹿島 後半、クロスを上げる鹿島DF内田篤人(撮影・杉山理紗)


4カ月半ぶりに復帰した鹿島DF内田篤人(撮影・杉山理紗)


<天皇杯:鹿島4-0栃木>◇3回戦◇14日◇栃木グ

鹿島アントラーズDF内田篤人(31)が3月30日のリーグ磐田戦以来、4カ月半ぶりに復帰した。

後半39分にDF伊東と代わり右サイドバックでプレー。「1回試合に出ると、体的にも気分的にも楽になる」と柔らかな表情を浮かべた。10分足らずの出場ながら、内田らしいピンポイントクロスで会場を沸かせた場面も。「あれ1本のためにお金を払ってくれている人もいる。そういう質、お金を払って見せるべき技術というのは、これからもっとやらないといけない」と高いプロ意識を口にした。

右サイドバックで先発したDF伊東もこの日、1年ぶりに復帰した。ACLを戦うチームには、厳しい連戦が待ち受ける。常勝軍団を率いる内田主将は「夏明けはけが人が戻ってくる。選手として(チームを)助けなきゃいけない。キャプテンマーク巻いているぶん、ちゃんとやらないといけない」と言い聞かせるように話した。【杉山理紗】

鹿島ユース出身有馬がデビュー戦弾「忘れません」
[2019年8月14日22時22分]


試合後、サポーターにあいさつする鹿島FW有馬幸太郎(撮影・杉山理紗)


デビュー戦でゴールを決め喜ぶ鹿島FW有馬幸太郎(撮影・杉山理紗)


<天皇杯:鹿島4-0栃木>◇3回戦◇14日◇栃木グ

鹿島アントラーズのユース出身ルーキーFW有馬幸太郎はデビュー戦でゴールを決めた。

出場わずか25分後の後半43分、右サイドからドリブルで中央に切り込み左足で打ち抜いた。交代直前にDF内田から言われたとおり、得点後は毎日のシュート練習に付き合ってくれている黒崎コーチのもとへ全力ダッシュ。茨城から両親や姉も見に来ていたといい、「あの雰囲気は忘れません」と初ゴールの喜びをかみしめた。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク