FC2ブログ

報知新聞 大分戦寸評

報知新聞による大分戦の寸評である。
勝利に筆が走る。
評点が低い選手は無理矢理に思えるほどである。
今回、特筆すべきは「※強化部【7・0】ブエノ放出せず、J2ベンチ外小泉の才能見逃さず、大卒1年目相馬を猛交渉の末獲得し…総括はシーズン終了後だが、この日に関しては感謝感激雨霰」。
遂に強化部にまで採点されるまでになった。
鹿島はクラブ一丸となって勝利を目指しておることが伝わってくる。
岡島記者が、深く鹿島を取材してくれておることもよくわかって嬉しい。
これからも大きく期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

【鹿島】採点&寸評 相馬豪快弾で大分下す!またも新戦力躍動で首位と勝ち点4差に迫る
2019年8月18日 8時3分スポーツ報知



鹿島の先発布陣


◆明治安田生命J1リーグ▽第23節 大分0―1鹿島(17日・昭和電工ドーム大分)

 鹿島は名古屋から期限付き移籍で加入したMF相馬勇紀が決勝点を奪い、1―0で大分を下した。後半26分、DF小池裕太のサイドチェンジを受けた相馬がドリブル開始。大外を回ったDF小泉慶をおとりにカットインを仕掛けると、そのまま左足を豪快に振り抜きネットを揺らした。広島に敗れた首位・F東京との勝ち点差は4に縮まった。

 採点と寸評は以下の通り。

大岩剛監督【7・0】またも新戦力が活躍。選手自身も凄いし強化部も凄いのだが、使いこなす側の凄さも忘れちゃいけない

GK曽ケ端準【6・5】危険クロスは全て包み込む。楢崎氏に続きJ1史上2人目の40代GK出場

DF小泉慶【6・5】決勝点の場面は気迫のランで相馬の外側を駆け抜け、DFを引きつけてサポーターを惹きつけた

DFブエノ【6・5】サイドに釣り出されてもそこで潰せちゃうから問題なし。足は速いし体も強いが、前提として守備がうまい

DF犬飼智也【6・0】飛び込んでこそ、突っ込んでこそのブエノと組むことで、彼の飛び込み癖が制限されてどっしり感が増している

DF小池裕太【6・0】0から1を生み出すサイドチェンジで実質アシスト。好不調に左右されない「キック力」はいつでもどこでも大きな武器

MF三竿健斗【6・5】空は青く、海は広く、政治家は叩かれ、三竿健斗はボールを奪う(引用・伊坂幸太郎)

MF名古新太郎【5・5】前半はプレスの空振り目立つ。向かってこない相手をいかにして潰すかまたは剥がすか。伸びしろ

MFセルジーニョ【6・5】フィフティー・フィフティーはもちろん、サーティー・セブンティーぐらいでもマイボールにできる包容力

MF白崎凌兵【5・5】良さが出る試合展開ではなかった。右がセルジだと左に推進力が欲しくなるのも確か。相馬を刺激に

FW土居聖真【6・0】食らいつかない勇気で貢献度高かった。と思いきや、試合が動き始めるとガツガツ食らいついた。メリハリ

FW伊藤翔【6・0】相手のボランチ以下をバックパスマシーンにしたコース限定プレス。オープン展開になる前のお役ご免は無念も首脳陣の評価は高いはず

MF相馬勇紀【7・0】後半14分IN。仕掛けてナンボの精神は鹿島に足りなかったピース。既に欠かせぬ戦力。MOM

MFレオシルバ【6・0】後半21分IN。復帰戦。ハラハラ感とワクワク感に懐かしさを覚えた

MF永木亮太【―】後半42分IN。三竿も小泉もレオもいるところに永木。たまりません。出場時間短く採点なし

※強化部【7・0】ブエノ放出せず、J2ベンチ外小泉の才能見逃さず、大卒1年目相馬を猛交渉の末獲得し…総括はシーズン終了後だが、この日に関しては感謝感激雨霰

山本雄大主審【6・5】ぜひ一度、色眼鏡なく見てもらいたい。ネット際は苦手かもしれないが、流せる度胸と判断力は高レベルの主審

※平均は5・5~6・0点。MOMはマン・オブ・ザ・マッチ

大分戦報道

相馬勇紀一色の各紙である。
名古屋から期限付き移籍し、出場2試合目で結果を出したことは素晴らしい。
持っておる男と言えよう。
この試合途中出場とはいえ、右MFが出来ることも大きい。
これからACLも含め多いある戦力となってくれよう。
また、三竿の兄弟対決もニュースになっておる。
健斗は意識しなかったことを口にし、試合後に家族で食事に行くことを明らかにした。
兄弟揃って一線にて活躍しておることに両親も嬉しく思っておろう。
兄・雄斗も怪我が治りフル出場するまでになった。
これからもお互いを意識しつつ活躍していって欲しい。
楽しみにしておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

鹿島相馬が移籍後初弾「アントラーズの一員なれた」
[2019年8月17日22時29分]


大分―鹿島 後半、ゴールを決め喜ぶ鹿島・相馬。左は小泉(共同)


大分―鹿島 後半、鹿島・相馬(左)がゴールを決める(共同)


大分―鹿島 後半、ゴールを決め祝福される鹿島・相馬(中央)(共同)


<明治安田生命J1:大分0-1鹿島>◇第23節◇17日◇昭和電ド

名古屋グランパスから期限付き移籍の鹿島アントラーズFW相馬勇紀が、移籍後初ゴールでチームに連勝をもたらした。

後半から途中出場し同26分に左足でゴール左隅へ。移籍後2試合目(ともに途中出場)での1発に「うれしかった。これでアントラーズの一員になれた。名前を知ってもらえるいい機会だった」と白い歯をこぼしていた。首位東京が敗れ、勝ち点差は4となった。

三竿兄弟対決は弟健斗に軍配「これから家族で食事」
[2019年8月17日22時57分]
<明治安田生命J1:鹿島1-0大分>◇第23節◇17日◇昭和電ドーム

大分トリニータDF三竿雄斗(28)が、実弟の鹿島アントラーズMF三竿健斗(23)との「兄弟対決」で敗れた。これまで、同じ鹿島でプレーしたり、湘南時代に1度、ピッチで対決はしていたが「お互いスタメンでの出場は初めて」という。

「まあ少々、特別な一戦ということで、いつもよりは意識してました」

自身は3バックの一員で、弟はボランチ。マッチアップする場面はほとんどなかったが、ちょっぴり悔しい結果となった。

鹿島MF三竿の方は「そこまで意識なかった。個人的な感情がなかったから、いい結果につながったかもしれない」と少々、胸を張った。

それでも試合後は「これから家族で食事をするので」(鹿島MF三竿)と、ピッチ外では普通の兄弟に戻っていた。

鹿島・相馬、移籍初ゴールがV弾

後半、ゴールを決め祝福される鹿島・相馬(中央)=昭和電ドーム

 明治安田J1第23節第1日(17日、大分0-1鹿島、昭和電ド)鹿島はFW相馬の左足一閃で決めた。0-0の後半26分、右サイドから中に切れ込んで相手をかわすと、左足で巻いたシュートを華麗に決めた。7日に名古屋から加入したばかり。移籍後初ゴールに「自分のリズムで仕掛けられた。これでアントラーズの一員として認めてもらえる」と白い歯がこぼれた。敗れた首位のFC東京との勝ち点差を4に詰めた。


大分に勝利し、サポーターと喜ぶ鹿島イレブン=昭和電ドーム

大分―鹿島戦で3シーズンぶり兄弟対決 軍配は弟に
[ 2019年8月18日 00:49 ]


大分に勝利し、喜ぶ三竿健斗(20)ら鹿島イレブン
Photo By 共同


 明治安田生命J1第23節が行われ、大分―鹿島戦で兄弟対決が実現した。鹿島の弟・MF三竿健斗(23)と、大分の兄・DF三竿雄斗(28)が同時先発。誕生日も同じ4月16日の兄弟対決は、兄・雄斗が湘南に在籍していた16年以来3シーズンぶりとなった。
 軍配は健斗に上がり、鹿島が1―0で勝利。キャプテンマークを巻き、中盤で均整の取れた守備をけん引した健斗は、戦う上で兄弟対決は意識していなかったと説明。「チームが勝つためにどうするべきかしか考えていなかった。個人的な感情がなかったからこそ、いい結果につながった」と充実感をにじませた。

 一方で、試合後には兄を思う弟の顔も。兄の雄斗は昨季まで鹿島に在籍していたが、ケガが続いてほとんど試合に出られずチームを去った。新天地でプレーする姿に「家族として、ケガなく元気でサッカーができているのがうれしい。両親も喜んでいる」と笑顔を浮かべた。

鹿島MF相馬 出場2試合目で移籍1号「名前を知ってもらう機会になったかな」
[ 2019年8月18日 05:30 ]

明治安田生命J1第23節 鹿島1-0大分 ( 2019年8月17日 昭和電ド )


<大分―鹿島>後半、ゴールを決め喜ぶ鹿島・相馬。左は小泉
Photo By 共同


 鹿島は名古屋から新加入したMF相馬が、出場2試合目で移籍後初ゴールを決めた。
 途中出場から12分後の後半26分、逆サイドの小池からのロングボールをぴたりと収めると、中に切れ込み、利き足ではない左足で決勝点をマークした。「アントラーズに関わる皆さんに自分の名前を知ってもらう機会になったかな」とはにかんだ。日本人GK史上2人目となる40代でのJ1出場を果たした曽ケ端ら守備陣もシュート2本に抑え込んで完封。首位・FC東京との勝ち点差を4に縮めた。

【鹿島】名古屋から新加入の相馬がV弾…首位・F東京との勝ち点差を4に縮める
2019年8月18日 8時30分スポーツ報知


後半、ゴールを決め祝福される鹿島・相馬(中央)

◆明治安田生命J1リーグ第23節 大分0ー1鹿島(17日・昭和電ド)

 またも新戦力が躍動した鹿島が、首位・F東京との勝ち点差を4に縮めた。後半26分、今夏に名古屋から期限付き移籍で加入した東京五輪世代のMF相馬が右サイドを駆け上がり、そのまま中央へカットイン。豪快な左足シュートを突き刺した。相馬は「仲間にもサポーターにも認められたかな。うれしかった」と1―0の勝利を振り返った。

 前節の横浜M戦では法大から同じく今夏加入の東京五輪世代FW上田が決勝点を挙げ、今節は異例の大卒(早大)1年目途中での移籍を選択した22歳が決勝点。3人が欧州へ移籍した穴を感じさせない選手層の厚さで、ピタリとF東京を追走する。

大分戦コメント

“焦り”について口にする面々である。
DFラインにGKまで加わって攻めることなくボールを回す大分の戦術に、釣られることなく耐えて戦った鹿島のメンバーは素晴らしかった。
わかっていながら観る側はかなりイラついた。
プレイする選手も苦しかったであろう。
その中、一発で相馬勇紀にロングパスを通した小池は、「何回かあの位置で相馬がフリーになっている場面があった」と対角の視野を確保しておったことを語る。
素晴らしい。
相馬勇紀との同級生コンビが確立された。
これからも多くのゴールが生まれるであろう。
楽しみである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

2019明治安田生命J1リーグ 第23節
鹿島アントラーズ:大岩 剛
いろいろな条件があったなかで、非常に良い90分、戦う姿勢を見せることが出来た90分だったと感じている。選手のタフさであったり、戦術的な要素もきっちりやってくれたし、たくさん来てくれるサポーターの皆さんの前での姿勢が見せられたと思う。今日の90分を非常に評価している。

Q. 点を取るために、ハーフタイムで指示したことは?

A. まずは自分たちがボールをもっているときに焦れないこと。あとは、狙うべきところに受け手と出し手がタイミングをあわせること。進入していく立ち位置も指摘した。交代選手も含めて、非常によくやってくれたと思う。

Q. 相馬選手を投入したが、相馬選手に対する指示や期待したことは?

A. 彼の特長であるスピード、パンチのあるシュートを見せてほしいということ。ポジショニングや最初の立ち位置を指示した。しっかりと相手をおびき出しておいてからの進入を期待して送り出した。



【相馬 勇紀】
ゴールのシーンは裕太が自分の特長を分かってくれていて、良いところにパスをくれたし、シュートの場面でも左足を思い切りよく振り抜けたことが良かったと思う。上手く相手の逆をとることが出来た。ゴールを取れたことは嬉しかった。自分のゴールも良かったけど、チーム全体で最後の苦しい時間帯を守りきれたことが一番良かったと思う。

【名古 新太郎】
ボールを握られる時間が多くなるのは分かっていた。そこで焦れずに、コンパクトに守備ができたことは、良かったと思う。試合前から選手同士でしっかりコミュニケーションが取れていたし、試合中も常に顔を合わせて話しながらやることが出来た。

【白崎 凌兵】
大分の試合を見ていて、前からプレスをかけに来るチームに対して、上手くプレスをはがしているシーンが多かった。なので最初はプレスをかけに行って、それで相手にはがされてしまうようであれば、我慢していこうと健斗とも話していた。相手のやりたいようにやられなかったし、相手はボールを回していたが、自分たちからしたら怖さはなかった。今日の試合に関しては、特にやりづらさは感じなかった。

【犬飼 智也】
みんなが焦れることなく、我慢ができた結果だと思う。相手にボールを持たれているというよりかは、持たせているという感覚でやれていた。ピッチの中でも声を出してやれていたし、プレスに行くところもしっかり行けていた。今日の試合は、守り方に関しては良かったと思う。

【小池 裕太】
何回かあの位置で相馬がフリーになっている場面があったので、自分が受けたときに相馬の位置をみるということは意識していた。ゴールのシーンは、相馬がフリーだったので、しっかりあの位置に合わせてボールを蹴るだけだった。

【ブエノ】
大分はボールを回していたが、自分たちもうまく守ってカウンターを狙うことが出来た。ボールを回されていたときは、しっかりスライドをして守備することを意識していた。そこは、わんや健斗などとしっかりコミュニケーションを取りながら出来た。途中から出た相馬が点を取って勝つことが出来て良かった。

【三竿 健斗】
大分は、前線からプレスをかけてこられた方がやりやすいのかなという印象があった。なので、自分たちは距離感を近くして、ラインを高く保ち続けるようにと意識していた。それを長い時間続けることが出来た。相手も、前半は縦パスを全く入れてこなかったので、あまり怖くなかった。焦ってボールを取りに行かないようにということだけ気を付けてやっていた。

明治安田生命J1リーグ 第23節
2019年8月17日(土)19:03KO
昭和電工ドーム大分

[ 大岩 剛監督 ]
いろんな条件があった中で非常に良い90分、戦う姿勢を見せられた90分だったのではないかと感じています。選手のタフさであったり、戦術的な要素もきっちりやってくれましたし、あとはたくさん来てくれるサポーターの皆さんの前での姿勢、そういうものがしっかりと表せたんじゃないかと思います。非常に評価している90分でした。

--ハーフタイムに点を取るためにどのような指示をされたのでしょうか?
まずは焦れないことですね。自分たちがボールを持っているときに焦れないこと。あとは狙うべきところに受け手と出し手がタイミングを合わせるということ。あとは進入していく位置ですね。立ち位置というところも指摘して送り出しました。交代選手も含めて非常によくやってくれたと思います。

--相馬 勇紀選手を後半に投入しましたが、送り出したときの指示や期待したこと、実際のパフォーマンスへの評価をお願いします。
彼の特長であるスピードとパンチのあるシュートをしっかり示してほしい、ということ。あとはポジショニング、最初の立ち位置ですね。しっかりと相手をおびき出しておいての進入、そういうところを指示して、期待して送り出しました。

明治安田生命J1リーグ 第23節
2019年8月17日(土)19:03KO
昭和電工ドーム大分

FW 47
相馬 勇紀
Yuki SOMA

あのゴールは(小池)裕太が僕がスペースで持つと得意というのを分かってくれてほんとに良いパスをくれたので、流し込むというか、あそこで思い切り振れたことは良かったと思います。

--あそこは迷いなく?
僕が縦が得意なぶん、対応していた選手の重心が縦に来ていたし、あまり左足は持ってないだろうなと思われていると思っていたので、うまく逆を取れて良かったです。最初は「どっち行こうかな」と思ったんですけど、自分のリズムで行けたので相手の重心を見て、中を選んで、あとは思い切り振れたこと(が良かった)です。

--決まった瞬間は?
うれしかったです。移籍してきて、前回の試合(前節・横浜FM戦)で結果を出せていなかったので、仲間に認められるためにもそうですし、サポーターからの信頼もそうですし、ほんとにアントラーズに関わるすべての皆さんに、まず自分の名前を知ってもらう機会になったかなと思います。

--すごく良い挨拶になったのでは?
そうですね。でも、僕のゴールはゴールでもちろん良いシーンだったと思うんですけど、やっぱり最後の苦しい時間帯をチーム全体で守り切れたことが、僕はそこが一番良かったかなと思います。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク