FC2ブログ

U-22日本代表 練習試合 サンフレッチェ広島戦

サンフレッチェ広島と練習試合を行ったU-22日本代表である。
上田綺世は2本目に出場し、コメントを残す。
試合に敗れたが、お互いのコンビネーションの確認など得るものがあったことが伝わる。
明後日の親善マッチではゴールという結果を出して欲しい。
期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

U-22日本代表 サンフレッチェ広島との練習試合で連携を深める ~キリンチャレンジカップ2019~
2019年11月15日

U-22日本代表は11月14日(木)、広島市内でサンフレッチェ広島と練習試合(35分ハーフ)を戦いました。前半をスコアレスで折り返したものの、後半にサンフレッチェ広島にゴールを許し、0-1という結果に終わりました。

U-22日本代表のスターティングメンバーはGKに谷晃生選手(ガンバ大阪)、3人を並べたバックラインは右からDF岩田智輝選手(大分トリニータ)、DF立田悠悟選手(清水エスパルス)、DF瀬古歩夢選手(セレッソ大阪)、ダブルボランチにMF中山雄太選手(PECズヴォレ)とMF原輝綺選手(サガン鳥栖)がコンビを組みます。サイドのポジションは右にMF長沼洋一選手(愛媛FC)、左にMF菅大輝(北海道コンサドーレ札幌)、2列目のシャドーストライカーポジションにはMF食野亮太郎選手(ハート・オブ・ミドロシアンFC)とMF鈴木冬一選手(湘南ベルマーレ)を並べ、1トップにはFW小川航基選手(水戸ホーリーホック)が入り、3-4-2-1の布陣で臨みました。

両チームともにボールが落ち着かない立ち上がりの3分、小川選手の直接FKで試合のファーストチャンスが生まれましたが、その後U-22日本代表は最終ラインからのビルドアップを意識するものの、相手はJ1強豪のサンフレッチェ広島ということで、思い通りにさせてくれません。流れに乗れないまま、11分には広島にシュートまで持ち込まれますがGK谷選手の素早い反応で難を逃れます。すると、徐々に食野選手、鈴木選手にボールが収まり始めます。17分には瀬古選手が左サイドを駆け上がると、小川選手へのロングパスが相手の背後を突いてGKとの1対1の場面を迎えますが、広島GKのセーブに阻まれます。18分には瀬古選手の縦パスを受けた鈴木選手の落としを受けた食野選手がミドルレンジのシュートを放ち、さらに24分には鈴木選手が食野選手との連携からシュートを放ちますが、得点を奪うには至りません。28分には岩田選手に代えてMF高宇洋選手(レノファ山口)をボランチに投入し、原選手が最終ラインの右の位置に移ります。このまま一進一退の攻防が続き、お互い得点を奪えないまま前半を終えます。

後半開始からU-22日本代表は5人を変更。システムは変えず、GKに大迫敬介選手(サンフレッチェ広島)、バックラインは右から原選手、DF板倉滉選手(FCフローニンゲン)、瀬古選手、ボランチに高選手とMF田中駿汰選手(大阪体育大)を並べます。アウトサイドは右に長沼選手、左に鈴木選手が入り、2列目に食野選手とMF三好康児選手(ロイヤル・アントワープFC)、1トップにはFW上田綺世選手(鹿島アントラーズ)が入りました。板倉選手が「背後を狙っていこう、相手のプレスをかわしていこう」とチームメイトと話して後半に入りました。スコアレスのまま迎えた46分、長沼選手に代わってMF菅原由勢(AZアルクマール)が右アウトサイドに入ります。直後の48分には広島FWにシュートを枠内に飛ばされますが、大迫選手のセーブでゴールを守ります。しかし、そのプレーで与えたCKの流れから、最後は広島選手に先制を許します。

1点を先制されたU-22日本ですが、攻撃の勢いは衰えません。51分に高選手のスルーパスに反応した上田選手がシュートを放つも、ゴール左に外れます。さらに52分には瀬古選手の縦パスを受けた三好選手が、広島GKがやや前に出ていたのを見逃さず、ループシュートを狙いますがボールはクロスバーを叩き、外れます。54分には食野選手に代えてFW前田大然選手(CSマリティモ)、三好選手に代えてMF久保建英選手(RCDマジョルカ)、56分には原選手に代えてMF橋岡大樹選手(浦和レッズ)を投入します。63分には田中選手の縦パスを受けた久保選手がターンで相手をかわし前を向いてスルーパス。抜け出した上田選手が右足で狙うも、シュートはゴール右へと外れ、その後もゴールは生まれずに0-1のまま試合は終了しました。

監督代行・選手コメント
横内昭展 U-22日本代表監督代行
コンディションにかなりバラつきがあるので、選手の状況を見ながらの試合となりました。堂安に関しては、ゲームに使うまでのコンディションが整っていないという判断です。
慣れないポジションでプレーした選手もいましたが、そういう中でもチームとして見失わずに、どれだけできるか。トライはしてくれたと思います。
コロンビア戦に向けて、コンディションを含めて上げていかなければいけない点が多くありました。ボールへの圧力をかけて時間を与えない守備であったり、攻撃面では縦にボールが入ったときのクオリティを上げ、ボールを動かすためにもっと動かなければいけません。我々のプレースタイルは引き続き意識していきたいと思います

GK 大迫敬介 選手(サンフレッチェ広島)
今日は所属クラブとの対戦で少しやり辛さは感じましたが、それでもミスを恐れず挑戦することを心がけました。それでも失点をして、負けてしまったので悔しさも残ります。
ここからコロンビア戦、その先にある東京オリンピックで結果を出せるよう一日一日を無駄にせず、練習から色々なことに挑戦を続けたいと思います。

DF 瀬古歩夢 選手(セレッソ大阪)
追加招集という形でこのチームに加わりましたので、とにかく今後も呼んで貰えるようアピールをしたいと思って今日の練習試合に臨みました。やれた部分もありますが、相手にもっと強く寄せるべき場面であったり、負けてしまったという事実はとても残念に思います。
東京オリンピックに出場するには全員がライバルですし、選考されるよう自分は死にものぐるいで努力を続けていきたいと思います。

MF 橋岡大樹選手(浦和レッズ)
今日の練習試合は0-1で負けてしまいましたが、チームとして良い部分もありましたが、それ以上に課題も多く見つかった試合でした。個人的には、3バックの右に入りましたが、負けている中でもっと攻撃参加できればよかったとも感じています。明日以降の練習でチームとしても個人としてもしっかり悪かった部分は改善できるようにし、コロンビア戦で良い結果を出せるよう頑張りたいです。
今回の合宿と試合はこのチームにとっては初めて国内で行われるということで注目度が高いですし、良いプレーをして、最終的には東京オリンピックに出場して金メダルをとれるよう、このチームでも所属クラブでも結果を出していきたいと思います。

FW 上田綺世 選手(鹿島アントラーズ)
サンフレッチェ広島との試合は負けてしまいましたが、選手それぞれが違ったコンディションの中でポジティブに捉える部分も多くあったと思います。自身は身体も動いていますし、シュートチャンスの場面では外してしまいましたが、あのポジションまで行けているということは前向きに捉えたいと思います。
コロンビア戦は100%の力を出して、ファン・サポーターに対して良いプレーを出したいと思います。SAMURAI BLUE(日本代表)で選出経験のある選手たちは技術もアイデアも優れたものがあるので、一緒にプレーすることは自分にとっても刺激になります。

町田浩樹、次世代の左SBレギュラー候補

日本代表の次世代左サイドバックについて記すFootball ZONE web編集部の小田氏である。
若手を幾人かをリストアップする中に鹿島の町田浩樹の名も挙がる。
東京五輪世代として次世代の選手としての地位を確立しておることが伝わってくる。
現在は、山本脩斗の負傷や小池の不調にて担っておる左SBのポジションであるが、将来を見越して本格的に取り組んでも良いのではなかろうか。
来季の構想としてそうなってくれたら、鹿島としても次世代の日本代表しても幸せになるのではなかろうか。
注目である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

“ポスト長友”を探せ! 次世代の左SBレギュラー候補3人を厳選、最右翼の有望株は?
2019.11.15

長友が“ターゲット”にされてキルギス戦に苦戦 後継者の一番手は湘南DF杉岡

 森保一監督率いる日本代表は、14日に行われた敵地でのカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選でキルギスに2-0で勝利した。DF長友佑都(ガラタサライ)は歴代2位のA代表通算122試合目の出場を果たした一方で、相手にロングボールから背後のスペースを狙われ、何度もピンチを招いた。長年レギュラーに君臨してきたダイナモも33歳。長友を脅かす存在が台頭しておらず、左SBの人材不足が改めて浮き彫りとなっている。

 森保監督は、キルギスDFバレリー・キチンのロングフィードを起点にサイドから攻め込む形を警戒。左サイドハーフに10番のMF中島翔哉(ポルト)ではなく、攻守に奔走できる経験豊富なMF原口元気(ハノーファー)を起用したが、それでもキチン→DFビクトル・マイヤーのラインで長友の背後を使われ、あわや失点の場面を作られた。

 長友が相手シャドーのMFファルハト・ムサベコフをケアすべく中に絞ったため、サイドに張るマイヤーへの対応が後手に回った結果だが、ファインセーブでチームを救ったGK権田修一(ポルティモネンセ)は「あの数的不利は難しい」と説明する。

「(相手に)クロスを上げられる場面はあったけど、完全に抜かれてではなく(コースを)限定している。(長友が)あれだけ不利ななかでできるのは、それだけの試合数に出ていることもあるし、普段からレアル(・マドリード)などと高いレベルでやっているだけのことはあると思います」

 キチンへのプレスがハマらなかったこと、2ボランチのMF柴崎岳(デポルティボ・ラ・コルーニャ)とMF遠藤航(シュツットガルト)にミスが多かったこともあり、一概に苦戦の要因を長友だけに限定するのはフェアではない。それでも、“長友時代”が続いてきた左サイドバックに後継者が待ち望まれる状況がより顕著になったのもまた事実だろう。

 “ポスト長友”の筆頭は、東京五輪世代のDF杉岡大暉(湘南ベルマーレ)だ。身長182センチの体格を生かした1対1の強さが武器。さらに左足から正確なクロスや強烈なミドルシュートも繰り出す。今年6月のコパ・アメリカ(南米選手権)ですでにA代表デビュー済みで、全3試合にフル出場を果たしている。チリやウルグアイといった南米の強豪相手に守備で苦しめられた点は今後の課題だが、ポテンシャルの高さは候補者でも指折りなのは間違いない。

右を主戦場とする菅原の“左抜擢”もありか リオ五輪世代の小川も左足が大きな武器

 同じ東京五輪世代では、DF菅原由勢(AZ)も候補者の1人か。厳密に言えば、菅原は今夏に移籍したオランダ1部AZで右サイドバック、あるいは右ウイングでプレーし、左サイドが主戦場ではない。それでもU-17日本代表時代には左SBも経験しており、GK以外はどのポジションでもこなすユーティリティー性は魅力。対人の強さとダイナミックな攻撃参加を磨けば、面白い存在だ。

 FC東京のDF小川諒也(FC東京)も、飛躍が期待される逸材だ。これまで代表経験はほとんどなく、リオデジャネイロ五輪前にU-23代表候補合宿に招集されたのみ。それでも今季は、強気なドリブルと左足の正確なクロスで首位を走るチームを支えてきた。怪我が多いのは玉に瑕だが、“対世界”を見据えたうえでは身長183センチのサイズもアピールポイントの一つだろう。

 今回、3月以来の代表復帰を果たしたDF佐々木翔(サンフレッチェ広島)はすでに30歳。9月から継続招集されている24歳のDF安西幸輝(ポルティモネンセ)もバックアッパーの域を抜け出せていない。

 前述の3人に加え、コパ・アメリカでA代表に初選出されたMF菅大輝(北海道コンサドーレ札幌)、190センチの長身を誇るDF町田浩樹(鹿島アントラーズ)、最終ラインならどこでもこなすDF古賀太陽(柏レイソル)ら東京五輪世代の突き上げに期待したいところだ。

(Football ZONE web編集部・小田智史 / Tomofumi Oda)

静岡学園・松村優太くん、静岡大会決勝進出

全国高校サッカー選手権静岡県大会決勝に進出した静岡学園の松村優太くんである。
是非とも勝利し、全国大会への切符を手に入れて欲しい。
また、松村くんのポジションは4-1-4-1の右とのこと。
右サイドのアタッカーは、今の鹿島にとって喉から手が出るほどに欲しい人材。
来季はルーキーながら早い段階にて出番があるやもしれぬ
楽しみな逸材である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

全国高校サッカー選手権静岡県大会決勝 技巧派同士、16日激突
(2019/11/15 08:00)


両校の布陣(準決勝時)

 第98回全国高校サッカー選手権静岡県大会(県サッカー協会、県高体連、静岡新聞社など主催)は16日午後1時半から、エコパスタジアムで静岡学園-富士市立の決勝を行う。静岡学園は5年ぶり、富士市立は東部勢として初の全国切符が懸かる。
 ドリブルや細かいパスワークを武器にする技巧派チーム同士が真っ向から激突する。ともにプリンスリーグでしのぎを削り、4月の対戦はスコアレスドロー、8月は静岡学園が4-3で打ち合いを制している。静岡学園は現在11勝3分け1敗で2位、富士市立は5勝3分け7敗で7位。
 新人戦、県総体ともに準優勝の静岡学園は3試合7得点無失点で勝ち上がってきた。チームの生命線はタイプの異なる中盤両サイド。右はJ1鹿島入りが内定したスピード自慢の松村、左は緩急を使って局面を打開する小山が担う。大会前に負傷離脱したトップ下の藤井の穴は浅倉が埋める。左右に球を散らし自ら中央突破も図る。
 富士市立は初戦からの3試合で8得点無失点。1トップの主将勝亦が最前線で体を張り、2列目が次々にサポートに入る。攻撃陣がどこからでも仕掛けるドリブル突破に注目だ。望月や芦沢らがボールを回収し、素早く前線につなぐ。準決勝は4バックと3バックを状況に応じて使い分け、選手の位置も流動的に変えた。
 下馬評ではスピードとフィジカルで上回る静岡学園が優位。富士市立が相手の強力なサイド攻撃にどう対応し、攻撃のリズムをつくるか。自慢のテクニックを生かした両チームの見応えある攻防が期待できる。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク