FC2ブログ

練習試合 VONDS市原戦

VONDS市原と練習試合を行った鹿島である。
山口一真、相馬勇紀、有馬幸太郎、佐々木翔悟のゴールにて4-0にて勝利した。
中断期間に良い調整が出来た。
そして出場機会の少ない選手のアピールにも繋がっておる。
この勢いをリーグ戦に持ち込みたい。
楽しみである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

練習試合


VONDS市原と練習試合を行い、4-0と勝利しました。

メルカリの経営参画が「鹿島アントラーズ」にもたらした変化

メルカリとのシナジー効果について記すForbes JAPAN 編集部の新川氏である。
様々な試みが進んでおることが伝わる。
また地元密着に取り組んでおることも素晴らしい。
Jリーグの理念に基づいた鹿島アントラーズFCがメルカリと共に発展していく。
素晴らしいことである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

チームにスラックを導入。メルカリの経営参画が「鹿島アントラーズ」にもたらした変化とは?
Forbes JAPAN 編集部 FORBES JAPAN
世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版



メルカリ取締役会長兼鹿島アントラーズ代表取締役社長の小泉文明氏 メルカリ提供

スポーツ観戦に行くと、必ずと言って遭遇するのが長蛇の列。飲み物や食べ物を買うのに、数十分待つのは当たり前。それは人気のお店に人が集中することもあるが、現金での会計が中心のため時間がかかり、回転率が悪くなっている現状もある。こうした課題を解決するため、スタジアムやアリーナのキャッシュレス化を進める動きは国内外で進んでいる。

その動きは茨城県鹿島市にある鹿島アントラーズの本拠地「カシマスタジアム」でも起こっていた。メルカリは11月1日の浦和レッズとの一戦で冠試合「アントラーズ・ファミリー・デー・ウィズ・メルカリ」を開催し、同社の子会社が提供するスマートフォン決済サービス「メルペイ」がスタジアム内でどのように使われているかを披露した。

現在、メルペイ はカシマスタジアムの名物「もつ煮」などが販売されるカシマスタジアム飲食売店全店舗で導入されており、試合の当日限定でスタジアムを含む鹿嶋地域でのコード決済加盟店での20%還元キャンペーンを実施した。


コード決済加盟店での20%還元キャンペーンの様子。筆者撮影

奇しくも当日は、2018年からJリーグがファン層拡大に向け、金曜の夜にサッカー観戦をしながら飲み会やデートを提案する取り組み「フライデーナイトJリーグ」の一戦で、メルペイの導入は老若男女が長蛇の列に並ばず、友人や家族との時間を観客席からより楽しむことを目指すための仕掛けでもあった。

スタジアムのキャッシュレス化はメルカリが目指すアントラーズを中心とした新たな街づくりのごく一部。メルカリの鹿島アントラーズ経営権取得にはどんなビジョンがあり、どんな変化がすでに生まれているのだろうか。

メルカリの経営参画がアントラーズにもたらす新たな文化

メルカリ取締役会長兼鹿島アントラーズ代表取締役社長の小泉文明氏は浦和レッズ戦を前にメディアに対して株式譲渡によりアントラーズをグループ会社化した意図や思いなどを語った。

「アントラーズの伝統と歴史を非常に大事にしつつ、テクノロジーを使った改革で更に価値を上げていきたい。そういった思いで、スタートしています」

メルカリはアントラーズの株式を約61%強取得し、8月に完全子会社化。そして経営権を持つこととなった今回の買収には大きく3つの目的がある、と小泉氏はいう。

1つはアントラーズのサポーターとメルカリのユーザーが支えられているファン層の掛け合わせだ。アントラーズは30〜40代の男性を中心に支えられ、一方メルカリは20〜30代の女性が中心となっている。相互に得意とする対象が異なっているのでそれぞれのユーザーやサポーターが行き来するような形になれば大きなメリットがあるのではないかという。

そして2つ目としてはアントラーズが持つブランド力にある。立ち上げからまだ6年と若いベンチャー企業であるメルカリにとってはJリーグを代表するアントラーズのアセットは非常に魅力的だった。「今後メルカリが日本を代表する会社、そして世界へ出ていくためにアントラーズが持つ大きなアセットを活用していきたい」と小泉氏は加える。

最後に挙げたのが新たなビジネスの創出だ。サッカーを中心としたエンターテイメントとテクノロジーの相性の良さ。今後通信システムが5Gとなっていく過程でファンの様々なスマートデバイスを活用した観戦方法やエンターテイメントを楽しみ方の可能性が広がっていく。加えて地域とテクノロジーの融合もビジネスの創出を生み出すことになる。


Getty Images

高齢化などの課題が各地域に出てきているが、その課題解決にテクノロジーが大きな役割を担っていくことになる。解決策を「鹿島モデル」の成功例として日本全国に出していく。「この地域と自治体の方々と実証実験するような場として新しいライフタイルを提供する街づくりへの貢献をしていきたい」と小泉氏はいう。

アントラーズ愛は鹿嶋の街に「メルペイ」文化を構築できるか

11月1日の浦和レッズとの一戦を前にカシマスタジアム周辺の住人や地方から来るアウェイサポーターが集まる宿泊施設や飲食店にも立ち寄った。

スタジアムから車で約13分先にある宿泊施設MARBLE B&Bでも「メルペイ」を始めとするキャッシュレス化が進んでいた。

4部屋だけの小さな宿泊施設の中はアントラーズ愛に溢れており、選手達、その家族も利用したことのある場所には過去に在籍していた選手の背番号にちなんだ部屋もある。サポーターにとっては堪らない空間だ。アントラーズがACL(アジアチャンピオンズリーグ)に出場し、海外チームと対戦する際には外国人の宿泊客も多い。

この施設で「メルペイ」を導入した経緯について代表取締役の鈴木綾子さんは「メルカリさんが鹿島アントラーズを買ったということでホームタウンとしてはメルペイを使えないとまずいなと思い、いち早く手続きをして導入させていただきました」という。

メルカリがアントラーズの株式取得の数日後には申し込みを行った。海外からの宿泊客に対応するためにクレジットカードやQRコード決済は以前から導入。アントラーズへの愛からメルペイもいち早く取り入れたことで宿泊客への使い方をサポートし、その便利さやおトク感を伝える、いわばメルペイの伝道師になっている。

鹿島スタジアムから車で約10分離れた場所で飲食店ダイニングおおさきを営む大崎直寿オーナーも「アントラーズを応援すること、それがすなわちメルカリを応援することになる」と語り、サポーターであるからこそ導入を決めたことを明かしてくれた。

様々なテクノロジーが私達の生活を便利にしているが、そのデジタルの恩恵を受けられる層と受けることが出来ない格差という社会課題も存在する。メルカリはその社会課題にも今後モバイルキャリアの店舗やショッピングセンターと組んで「メルカリ教室」を開き、実際にメルカリ出店を初体験する場を展開していく構想も持つ。

スタジアムもそのプラットフォームとして、キャッシュレス化に向けたリアルな接点の場にしていく。

メルカリがアントラーズにもたらした働き方の変化

メルカリが変えているのは「鹿嶋」という街だけでなく、常勝軍団アントラーズにも「働き方」において新しい変化を組織にもたらしている。まずは業務の効率性。これまで時間が掛かっていた情報共有という面でチーム内のコミュニケーションツールSlackを取り入れ、スピードあるチームへと進化させている。

他には組織内でのペーパーレス化。色んなものが紙や古い仕組みで残っていることから効率性の悪さがスポーツ業界には残っている。職員がスポーツチームで働くことに対してよりプライドを持てる文化を作りたい。そのためには組織内での働き方改革をして生産性を上げて新たな時間を生み出すことで、さらにサポーターに喜んでもらえる付加価値の高い施策へと繋げていける。

リアルなビジネスの現場を瞬時に変えていくのは難しいが、変化を加えた新たな働き方ですでに来シーズンに向けた準備が今からも始まっている。


メルカリ取締役会長兼鹿島アントラーズ代表取締役社長の小泉文明氏 メルカリ提供

メルペイを通じて、約870万円の強化費がアントラーズに

メルカリのスポンサーデーに合わせて行った、もう1つの仕掛けがKASHIMAチャレンジだ。新規ユーザーが「メルペイ」を初めて使用するときにKASHIMAというコードを打つと、その特典として1000ポイントが与えられるキャンペーン。

その1000ポイントにちなんで「メルペイ」からは鹿島アントラーズに強化費が1000円分支援される、サポーターと一体型のメルペイ入会促進の取り組みになっている。

結果的には8655人が新たにメルペイ を使い始め、約870万円の強化費がアントラーズにもたらされた。宿泊施設MARBLE B&Bを利用したアントラーズサポーターズもこのKASHIMAチャレンジの企画に伴い、メルペイを率先して活用していた。

新興企業にわが街のスポーツクラブを買収されるとサポーターは移転やこれまで培ってきたチームの文化が失われることに不安を抱く。だがメルカリにはこれまでのアントラーズカルチャーを脅かす意志は一切ない。強化支援と売上創出の正の循環を作っていくことでアントラーズのミッションである「全ては勝利のために」を維持、発展していくことを目指す。

世界を狙うメルカリと鹿嶋という地域に根付いたアントラーズの掛け合わせは一見ミスマッチにも見える。だが実際にこの街を訪れ、サポーター達のクラブへの愛がメルカリへの愛にもなり、新たな生活スタイルへと繋がっている。今後この鹿嶋でどんな「実証実験」が繰り広げられていくのか非常に楽しみだ。

文=新川諒

静岡学園・松村優太くん、自分が勝利へ導いて笑って終わりたい

全国高校サッカー選手権静岡県大会決勝に向けて意気込みを語る静岡学園の松村優太くんである。
「小中学校で一度も全国に立っていない。自分たちのプレイをしたい」ち語る。
全国大会への切符を賭けてピッチに立つ。
また、松村くんは、鹿島の内定を得て意識が変わったことが伝えられる。
川口修監督は「プロ入り後から先を見据え、自覚が出てきた。プレイも整理できている」とコメントする。
この年代の選手はきっかけ一つで大きく成長する。
それが松村くんにとってはプロ入りであった様子。
是非ともこの決勝戦にてその成長ぶりを魅せるのだ。
「負けてばかりなので次は勝たないといけない。自分が勝利へ導いて、笑って終わりたい」という言葉を実践せよ。
期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

静岡学園・松村、人生初の大舞台へ闘志…16日に全国高校サッカー静岡決勝VS富士市立
2019年11月16日 6時0分スポーツ報知


静学の背番号10として、勝利に導く活躍を期すMF松村

 きょう16日(午後1時半、エコパスタジアム)、全国高校サッカー選手権県大会決勝で、静岡学園と富士市立が対戦する。J1鹿島内定のスピードスター静学MF松村優太(3年)は、サッカー人生初の全国大会進出に闘志を燃やす。対する富士市立はDF杉山朋哉(3年)が松村封じを宣言。日本サッカー界のレジェンド・杉山隆一氏(78)を祖父に持つ守備の要が、東部勢初の優勝に導く。

 静学・松村が悲願の全国大会をつかむ。「小中学校で一度も全国に立っていない。自分たちのプレーをしたい」と話した。相手の富士市立は同じ個人技重視。プリンスリーグでは1勝1分けだけに「かなり攻撃的なスタイル。でも負けてはいけない。僕らの方が経験があるから」と闘志を燃やした。

 選手権は2年連続決勝で敗退。最上級生になった今年も新人戦、県総体とも決勝で敗れ、自らも無得点。大一番で結果を出せなかった背番号10を、浅野利紀コーチ(29)は「パッとしなかった。あれでJリーグ行くの? という感じだった」とプレーに迷いがあったと指摘した。

 だが、先月10日に鹿島と仮契約を結ぶと、意識が変わった。50メートル5秒8の快足を存分に発揮し、動き出しやドリブルを思い切って仕掛けた。選手権準決勝・浜松開誠館戦(9日)で2得点。先制弾はドリブル突破から、相手GKと交錯し体勢を崩しながらも右足で押し込んだ。「総体の後からマークがきつくなることは予想していた」という中で力を証明してみせた。

 川口修監督(46)は「プロ入り後から先を見据え、自覚が出てきた。プレーも整理できている」と目を細めた。シルバーコレクター返上と初の全国切符をつかむための決勝。「負けてばかりなので次は勝たないといけない。自分が勝利へ導いて、笑って終わりたい」。自らのゴールで5年ぶりの優勝を決める。(山田 豊)

静岡学園・松村優太くん、「こんなドリブルをする選手がいるんだ」

鹿島の高卒ルーキーについて記すNumberWebの安藤氏である。
ユース教授の目に鹿島のスカウトがどのように映るか良く伝わってくる。
鹿島は、来季の新人として高体連から3人、ユースから1人の4人を獲得した。
これはプラチナ世代の2011年まで遡る。
その前は、満男や本山の1998年となる。
どれだけ来季が重要かがわかる事態である。
その中で静岡学園の松村優太くんについて特筆しておる。
ヘッドアップしたドリブルが武器とのこと。
これは面白い。
周囲が見えておる選手は使い出があるというもの。
この選手権にて更に名を上げて欲しい。
全国大会出場を期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

「こんなドリブルをする選手が」
鹿島スカウトも驚く18歳の技と視野。

posted2019/11/15 20:00


浜松開誠館戦の勝利に貢献した静岡学園MF松村優太。目標の選手権出場まであとひとつだ。

text by
安藤隆人
Takahito Ando

photograph by
Takahito Ando


「勝負の年代」にラストピースが加わった。

 来季に向けて、鹿島アントラーズが高卒選手4人を獲得した。

 鹿島ユースからトップ昇格となるGK山田大樹、U-18代表でも活躍するFW染野唯月(尚志高)、東福岡高校で10番を背負うMF荒木遼太郎と注目選手の内定を続々と発表。そして最後に加わったのが、静岡学園高校のMF松村優太だ。

 鹿島が4人の高卒選手を一挙にクラブに招き入れたのは、2016年以来となる。だが、今回のように高体連出身選手を多く獲得したのは9年前までさかのぼらなければならない。

 その2011年シーズン入団組といえば、柴崎岳(青森山田高、現・デポルティーボ・ラ・コルーニャ/スペイン)、昌子源(米子北高、現・トゥールーズ/フランス)、梅鉢貴秀(関西大学第一高、現・ツエーゲン金沢)、そしてユースからトップ昇格を果たした土居聖真と、錚々たるメンバー。

 さらにもっと遡れば、本山雅志(東福岡高、現・ギラヴァンツ北九州)、小笠原満男(大船渡高)、中田浩二(帝京高)、山口武士(大津高)、中村祥朗(奈良育英高)、そして下部組織から昇格したGK曽ヶ端準が加わった1998年シーズンが代表的だ。

鹿島がこだわる高卒選手の育成。

 歴史を振り返ってみても、鹿島という伝統あるクラブに貢献した実力者たちばかり。鹿島のスカウト・鈴木修人氏はこう語る。

「鹿島といえば、生え抜きの選手が主軸になる。そう考えると今は生え抜きが少ない状況にあると思います。鹿島の魅力は高卒選手を生え抜きで育てて、世代交代をしっかりとやっていくこと。椎本(邦一スカウト担当部長)さんを始め、クラブの伝統の1つとして、ずっと大事にしてきました。

 日本代表を多く育てて、日本のサッカーに貢献することこそが鹿島の魅力だと思っていますので、高卒の生え抜きにはかなりこだわらないといけないクラブの精神だと思っています」

 鹿島では、これまで数多くの高卒選手を獲得し、日本代表、海外へと羽ばたかせていった実績がある。今回の4人にも大きな期待を寄せているのだろう。だが、近年は海外移籍の若年化が加速しており、現に2017年に瀬戸内高校から加入し、今季から10番を背負っていたMF安部裕葵は、夏にFCバルセロナB(スペイン)へ渡っている。

 こういった時代の流れも肌で感じていた鹿島フロントとは、早くから選手獲得に動き出していた。

松村優太の武器は「ドリブル」。

 今回の4人の中で驚きだったのは松村だろう。鹿島ユースの山田、荒木は高校1年時から、染野は昨年の大ブレイクで一気にその名を轟かせていた。この3人に比べると、松村のネームバリューはやや劣る。

 しかし、彼のプレーを一度見たことがある人は、鹿島が獲得に動いた理由がすぐに分かるかもしれない。松村には明確な「武器」がある。

 彼の持ち味はずばりドリブル。それを得意とする選手は数多くいるが、松村の繰り出すリズムは一味違う。ドリブラーの悪癖として、ボールばかりを追う「ヘッドダウン」が指摘されるが、松村は常に顔が上がっている。仕掛けている最中でも周囲の状況をしっかりと確認。瞬時にドリブルコースを見極め、足のあらゆる箇所を使ってボールタッチを繰り返し、パスへ変える判断も早い。ボールを受ける前から2手、3手先の情報まで察知するだけでなく、50mを5秒8で駆け抜ける爆発的なスプリント力、そしてボディーバランスも併せ持っているのだ。

鹿島スカウトが受けた衝撃。

 椎本、鈴木の両スカウトも彼のドリブルの質の高さに驚愕し、獲得への意欲を一気に高めていた。

「今年3月のヤングサッカーフェスティバルで染野唯月(当時、日本高校選抜)を見に行ったら、対戦相手の静岡県ユース選抜に松村がいて、そこで初めて見たんです。椎本さんと2人で『こんなドリブルをする選手がいるんだ』と衝撃を受けましたね。

 ドリブルをしながら周りが見えているからこそ、行ける時は行くし、シンプルにクロスを上げることもする。まずああいうタイプが今の鹿島にはいない。ドリブルであれだけ仕掛けられるのは今時珍しいと思っていて、素走りも速いし、彼はちょっと違った。これで追いかけようと思った」(鈴木)

 それゆえ、オファーを出したのも松村が最後だったという。

因縁の相手から奪ったゴール。

 第98回全国高校サッカー選手権静岡県大会。選手権出場をかけた県予選で、松村は圧巻のプレーを見せた。

 準決勝の相手は昨年度王者の浜松開誠館高校。ここ2年連続で決勝で敗れ、選手権出場を果たせていない静岡学園高校にとって、因縁の相手だった。

 4-1-4-1の右サイドハーフで出場をした松村は、開始早々から質の高さを見せつける。7分、中央でボールを持った松村は飛び込んできた相手DFをファーストタッチで交わすと、一気に加速。「いい形で1枚目をはがせたので、このまま行けば突破できるんじゃないかと思った」と、食いついてきたもう1枚のDFを右アウトサイドでかわし、ゴール方面にさらにスピードアップ。自らにスルーパスするような大きなタッチで抜け出すと、気付けばGKと1対1。GKと交錯したが、その際もボールの場所を見逃さず、倒れ込んだ状態から右足を振り抜いて無人のゴールに突き刺した。

 後半に入ってもその威力は増すばかり。42分、右サイドでDFの間をこじ開け、ペナルティーエリアに侵入すると、鋭い切り返しで一気に4人抜き。「GKが飛び出してくるのが見えたので、かわせるなと思った」と、最後の砦まで抜きにかかると、相手GKもたまらず、松村の足に手をかけた。自ら獲得したPKを落ち着いて決め、リードを2点に広げた。

DFの間をすり抜ける松村。

 ただ、圧巻だったのはPKを決めた直後のプレーだった。

 松村は右サイド深くでボールを受けると、相手DF2人がマークに来ているのを視野に捉える。1人を自分のゾーンに引き入れるべく、一度右にボールを持ち出して食いつかせると、そのまま一気にターン。カバーに切り替えたもう1人との間にドリブルで割って入った。その際、ボールが自分の足元深くに入ったため、右足を前に踏み込み、左足のインサイドでボールを擦り上げるように回転をかけてDFの股の間を通す。そのまま左足を前に踏み出して、2人の間をすり抜けていったのだ。

 そこから、ペナルティーエリア内深くまでドリブルすると、ニアサイドのスペースに走りこんだ味方へクロス。シュートは相手のブロックに阻まれたが、この一連の松村のプレーには、才能と魅力が凝縮されていた。

スラスラと解説する18歳。

 2-0での勝利に貢献し、昨年のリベンジを果たして3年連続の決勝進出を果たした。その直後、彼にこのプレーの狙いを聞いてみた。

「右サイドを駆け上がったときに、一度止まってみたら、相手のDF2枚がガッと僕の方に食いついてきていたんです。よく相手を見ると、2人の間が空いていた。よく海外の選手なんかもゆっくり持ち出してからアウトサイドでカッと間に入っていくプレーをよくするので、そういうイメージを持っていました。

 ただ、間に割って入ったときに、最後は左のアウトサイドでボールを触って前に運ぼうと思ったのですが、ボールが自分の左後ろにあったので、左足インサイドの方が相手の股を通せると思ったんです。感覚の部分が大きいと思います」

 スラスラと言葉が出てきた。それだけ意図的にプレーしているという証拠である。ここから話は彼のドリブルへの哲学に及んだ。

「相手の出方を見てしっかりと判断できるように、ボールと自分のタッチの関係性を意識してやっています。1人目をかわして、2人目で取られてしまったら意味がない。何人来ても抜いていけるようなドリブルを心がけています。そのためにボールタッチの角度など、細かい部分にも意識しています」

染野、荒木らと切磋琢磨して――。

 今、彼の視線の先には自身初となる高校選手権出場がある。16日に控える富士市立高との決勝戦しか映っていないだろう。だが、さらにその先には名門クラブでの切磋琢磨の日々が待っている。

「染野選手と荒木選手にはそれぞれ良さがあると思います。でも、それと同じように僕には2人にはない良さがあると思います。なので、自分が一番武器にしている良さを存分に出していくことができれば、やっていける。そこは自信を持ってやりたいと思います」

 山田はユース出身として期待が集まるGK、今季途中に法政大から加入したFW上田綺世と染野は世代を代表するストライカー、荒木はFWからボランチまでこなせるセントラルプレーヤー。そんな「勝負の年代」のラストピースとして、サイドアタッカーの松村が加わった。

 この先、彼らはどんな成長を見せてくれるのか。鹿島の「本気」が伝わる彼らのプレーをぜひ一度見てほしい。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク