FC2ブログ

日本代表 E-1選手権第1節 中国代表戦

綺世は先発フル出場で先制点の起点、相馬勇紀は代表初出場。

主将を担った内田篤人の苦悩

内田篤人主将について記す朝日新聞の河野氏である。
昨季から今夏にわたり多くの選手がクラブを離れた。
その中で血の継承を担う役割があった。
そのミッションの中でタイトルを逃したことは、キャプテンの苦悩となったことが伝わってくる。
ここは、最後に残っておる天皇杯を獲り、その苦悩を少しでも晴らしたいところ。
残り二試合、守り切って頂点に立つのだ。
主将の力を信じておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

「背中で見せられない」 主将を担った鹿島・内田の苦悩
河野正樹 2019年12月10日18時00分


写真・図版競り合う鹿島の内田②と川崎の小林⑪=伊藤進之介撮影



 「プレーしていないから背中で見せられない。思うようにプレーできないから強くも言えない。難しかった」。引退したMF小笠原満男から鹿島の主将を引き継いだDF内田篤人(31)は天皇杯を残すものの、7日のJ1最終戦後、主将を任されながら3位に終わった初年度を振り返った。

 鹿島は今季、過渡期にあった。2018年の開幕当初のメンバーから昌子源、植田直通、西大伍、金崎夢生が移籍し、今季も夏に鈴木優磨、安部裕葵、安西幸輝の3選手が海外移籍した。いずれも日本代表に選ばれた経験のある選手。鹿島といえども、主力選手をつなぎとめることができないのが現実だ。多くの選手が入れ替わり、薄れていく鹿島の伝統を、若い選手たちに伝える存在が内田だ。

 ところが、昨季はJ1で12試合の出場で、今季も10試合にとどまった。春のキャンプでは、大岩剛監督の許可を得てチーム練習に合流せず、スロー調整をしたにもかかわらず、けがに見舞われた。それでも大事な場面で存在感を示せればよかったが、「(優勝を争った)終盤戦に俺が出ても勝てなかった」。プレーができなくても、「何も言わなくなったら自分がいる意味がない」と時に強い言葉で選手たちを鼓舞したが、自分自身に納得はいっていなかった。

「力強さ戻ってきた」

 11月30日の神戸戦。試合には敗れたが、少し光明が見えた。同じサイドで対面したMF酒井高徳と激しいプレーでぶつかりあった。ともにドイツで日本代表でしのぎを削った仲で、一歩も引かない。日本にいながらドイツの激しい試合をしているかのようだった。「けがをせずに練習し続ける中で、力強さが戻ってきた感じがする。あのプレーが90分間できれば背中で見せられる」と感じた。

 鹿島の今季の成績は、J1は3位で、アジア・チャンピオンズリーグは準々決勝敗退、ルヴァン杯は準決勝敗退。いずれも優勝に近づいたが、タイトルは取れなかった。「いいプレーをしても、優勝できなかったら誰も覚えていない」と内田は断言する。タイトルにこだわったからこそ、鹿島がある。「一つタイトルを取れば、いまの若い選手は変わる」。4強に残っている天皇杯でチームを引っ張るつもりだ。(河野正樹)

山田大樹くん・松村優太くん、U-18日本代表候補メンバー選出

U-18日本代表候補トレーニングキャンプに招集された山田大樹くんと松村優太くんである。
この合宿にて強くアピールし、この年代の主軸となっていくのだ。
期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

U-18日本代表候補トレーニングキャンプ@Jヴィレッジ(12/16-19) メンバー・スケジュール
2019年12月10日

スタッフ
監督:影山 雅永 カゲヤマ マサナガ(日本サッカー協会 ナショナルコーチングスタッフ)
コーチ:冨樫 剛一 トガシ コウイチ(日本サッカー協会 ナショナルコーチングスタッフ)
アシスタントコーチ:廣山 望 ヒロヤマ ノゾム(JFAアカデミー福島)
アシスタントコーチ:蒲原 晶昭 カモハラ マサアキ(佐賀東高)
GKコーチ:高橋 範夫 タカハシ ノリオ(日本サッカー協会 ナショナルコーチングスタッフ)
アシスタントGKコーチ:高桑 大二朗 タカクワ ダイジロウ(日本サッカー協会 ナショナルトレセンコーチ)
コンディショニングコーチ:中馬 健太郎 チュウマン ケンタロウ(日本サッカー協会 ナショナルコーチングスタッフ/ジュビロ磐田)

選手
GK
藤田 和輝 フジタ カズキ(アルビレックス新潟)
小畑 裕馬 オバタ ユウマ(ベガルタ仙台ユース)
山田 大樹 ヤマダ タイキ(鹿島アントラーズユース)
佐々木 雅士 ササキ マサト(柏レイソルU-18)
東 ジョン ヒガシ ジョン(名古屋グランパスU-18)

DF
成瀬 竣平 ナルセ シュンペイ(名古屋グランパス)
田平 起也 タビラ タツヤ(神戸弘陵高)
西尾 隆矢 ニシオ リュウヤ(セレッソ大阪U-18)
三原 秀真 ミハラ シュウマ(愛媛FC U-18)
木村 誠二 キムラ セイジ(FC東京U-18)
林田 魁斗 ハヤシダ カイト(セレッソ大阪U-18)
加藤 聖 カトウ ヒジリ(JFAアカデミー福島U18)
バングーナガンデ 佳史扶 バングーナガンデ カシーフ(FC東京U-18)
半田 陸 ハンダ リク(モンテディオ山形ユース)
畑 大雅 ハタ タイガ(市立船橋高)
鈴木 海音 スズキ カイト(ジュビロ磐田U-18)
中野 伸哉 ナカノ シンヤ(サガン鳥栖U-18)

MF
土肥 航大 ドヒ コウダイ(サンフレッチェ広島F.Cユース)
松村 優太 マツムラ ユウタ(静岡学園高)
川崎 颯太 カワサキ ソウタ(京都サンガF.C. U-18)
小田 裕太郎 オダ ユウタロウ(ヴィッセル神戸U-18)
松本 凪生 マツモト ナギ(セレッソ大阪U-18)
鮎川 峻 アユカワ シュン(サンフレッチェ広島F.Cユース)
榊原 杏太 サカキバラ キョウタ(名古屋グランパスU-18)
石浦 大雅 イシウラ タイガ(東京ヴェルディユース)
山本 理仁 ヤマモト リヒト(東京ヴェルディ)
藤田 譲瑠チマ フジタ ジョエル チマ(東京ヴェルディユース)
田村 蒼生 タムラ ソウキ(柏レイソルU-18)
成岡 輝瑠 ナルオカ ヒカル(清水エスパルスユース)
三戸 舜介 ミト シュンスケ(JFAアカデミー福島U18)

FW
大森 真吾 オオモリ シンゴ(順天堂大)
藤尾 翔太 フジオ ショウタ(セレッソ大阪U-18)
晴山 岬 ハルヤマ ミサキ(帝京長岡高)
櫻川 ソロモン サクラガワ ソロモン(ジェフユナイテッド千葉U-18)
若月 大和 ワカツキ ヤマト(桐生第一高)
唐山 翔自 トウヤマ ショウジ(ガンバ大阪ユース)

スケジュール
12月16日(月) PM トレーニング
12月17日(火) AM/PM トレーニング
12月18日(水) AM/PM トレーニング
12月19日(木) AM トレーニング
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

バルセロナB・安部裕葵、CL招集されず

CLへの帯同メンバーからは外れたバルセロナBの安部裕葵である。
これは残念。
まだそこまでの評価は得られてない様子。
ここからリーガ・セグンダBにて実力をアピールして行って欲しい。
夏には移籍を勝ち取るのだ。
注目しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ


バルサB安部裕葵、CL遠征メンバー入りならず “消化試合”のインテル戦、メッシら温存

2019.12.10


バルセロナBでプレーするMF安部裕葵【写真:Getty Images】

レアルとのクラシコを控え、メッシ、ピケ、S・ロベルトが帯同せず

 バルセロナは現地時間10日に、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)の第6節インテル戦を敵地で戦う。この試合の遠征メンバーから、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、スペイン代表DFジェラール・ピケらが外れた。また、一部報道されたバルセロナBのU-22日本代表MF安部裕葵の招集も見送られている。スペイン紙「AS」が報じた。

 すでにグループFの首位通過を決めているバルセロナは、インテル戦後の15日にレアル・ソシエダ戦、そして18日にレアル・マドリードとの大一番“エル・クラシコ”を控えている。そうした状況でエルネスト・バルベルデ監督は、メッシとピケを今回の遠征メンバーから外す決断を下した。

 メッシは12月に入ってから、強烈なインパクトを放っている。1日に行われたアウェーでのアトレチコ・マドリード戦(1-0)の終盤に決勝点を決めると、2日にはパリで自身6度目となるバロンドールを受賞。さらに7日のマジョルカ戦(5-2)ではハットトリックを達成したが、過密日程を考慮されて消化試合となる今回の遠征メンバーからは外れたようだ。

 他にもピケとスペイン代表MFセルジ・ロベルトがメンバー外に。S・ロベルトはマジョルカ戦で負傷しており、すでにDFネルソン・セメドが戦列を離れている現状を考えると、彼の欠場が長引くことはチームにとって致命傷になりかねない。

 こうしたなか、発表されたミラノへの遠征メンバー20人の中には、ウルグアイ代表FWルイス・スアレス、スペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツら、今回は休養させると見られた選手の名前もある。一方で、U-21スペイン代表FWアンス・ファティ、MFリキ・プッチ、DFダニエル・モレル、DFロナウド・アラウージョ、GKイニャキ・ペーニャといったバルセロナBの選手たちも招集されたが、一部で報じられた安部の招集は見送られている。

(Football ZONE web編集部)

日本代表・上田綺世、普段と変わらない

コメントを発した日本代表の上田綺世である。
「普段と(意識は)変わらない。逆に変えてしまったら僕でなくなってしまう。普段通り僕らしさを出していけたらいい」と大会に挑む心境を語る。
平常心こそが肝要ということがよくわかっておる。
この選手は伸びて行くであろう。
また、「1発目からコンビネーションを出していくのは難しいと思いますけど、それでもできる選手が代表に呼ばれている。やらなきゃいけない」とも言う。
代表に招集される選手のクオリティとはそういうものである。
綺世もそれに違わぬ力を見せつけるのだ。
期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

上田、6月・南米選手権以来のA代表「普段通り僕らしさを出す」
[ 2019年12月10日 05:30 ]

 日本代表の上田は6月の南米選手権以来、2度目のA代表。「普段と(意識は)変わらない。逆に変えてしまったら僕でなくなってしまう。普段通り僕らしさを出していけたらいい」とA代表という意識にとらわれず、平常心で臨むことを強調した。
 実質の戦術練習は1日のみ。連係はほとんど即興になる。「1発目からコンビネーションを出していくのは難しいと思いますけど、それでもできる選手が代表に呼ばれている。やらなきゃいけない」と意気込んだ。

鹿島、仙台・永戸へ正式オファー

仙台の永戸勝也に正式オファーを出した鹿島である。
仙台側からのリークによると永戸へのオファーは鹿島からのみとのこと。
噂のあったFマリノスからは正式オファーはない様子。
これは鹿島への移籍は秒読みではなかろうか。
これは朗報。
次は公式発表を待つこととなろう。
アシスト王の獲得を心待ちにしたい。
楽しみである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

仙台の守護神GKヤクブ・スウォビィクが残留へ
[2019年12月9日23時21分]

J1ベガルタ仙台の守護神GKヤクブ・スウォビィク(28)が残留することが9日、分かった。

この日までに条件面で大筋合意に達した。シーズン途中の7月にベルギーへ移籍したGKシュミット・ダニエル(27)に代わり、ポーランドのシロンスク・ブロツワフから完全移籍で加入したGKスウォビィクは、来日直後の7月20日、C大阪戦で無失点デビュー。日本代表GKが抜けた穴を、補って余りある活躍でチームのJ1残留に貢献した。さらに、今季のアシスト王で不動の左サイドバックDF永戸勝也(24)には、鹿島から獲得のオファーが届いてることも明らかになった。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク