FC2ブログ

日本代表・相馬勇紀、中でやれたのが良かった

代表初出場にコメントを発した相馬勇紀である。
短い時間、そして守備的なタイミングでの器用にもポジティブな発言をしておる。
まずは出ること、そして信頼を積み重ねることこそ肝要。
次戦・香港戦ではもっと長い時間起用されるよう練習からアピールしていくのだ。
期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

MF相馬勇紀、6分間のA代表デビューも「中でやれたのが良かった」
19/12/11 20:43


A代表デビューを果たしたMF相馬勇紀(鹿島)

 日本代表MF相馬勇紀(鹿島)がE-1選手権初戦の中国戦で、後半39分にA代表デビューを果たした。「あまりそういうのは考えないタイプ」と感慨はそれほど大きくなかったというが、11日の練習後には「試合に関わって中でやれたのが良かった」と手応えを語った。

 投入直前には森保一監督の下に歩み寄って「攻撃で出ていくこと、守備では締めること」という指示を受けた相馬。攻撃を持ち味とする選手だが、任されたのは右ウイングバック。「対人には自信があるので抜かれないこと」という意識もしつつ、デビュー戦のピッチに向かった。

 出場時間が短かったうえ、投入後にチームが失点したため、守勢ムードで持ち味は発揮できず。それでも「ピッチ内で声がたくさん出ていた」と少ない準備期間での奮闘を前向きに捉え、「1失点した部分はチームとしてなくさないといけないと思うけど、勝てたことがよかった」と振り返った。

 次の試合は14日の香港戦。「中3日なのでコンディションにバラつきがある」と先発起用へアピールを続ける相馬は「僕の特長は攻撃の部分だと思うので、得点だったりアシストだったり結果を求めていくこと。そことチームのために戦うという二つを軸にしてやっていきたい」と意気込んだ。

(取材・文 竹内達也)

大岩監督退任

今季をもって大岩監督が退任する。
これは大きな報である。
誠に残念。
鹿島初のアジア制覇を成し遂げた実績はとても大きなものである。
連覇を挑んだ今季はアウェイゴールに泣いた。
リーグタイトルに手が届かなかったのは、それなりに理由を感じさせられる。
特に今季はFWと両SBが足りなかった。
そして、まだ天皇杯が残っておる。
最後に花道を造ろうではないか。
後二つ勝って、快く送り出したい。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

大岩監督 退任のお知らせ
2019.12.11(水)

大岩 剛監督が契約期間満了に伴い、今シーズンをもって退任することとなりましたのでお知らせいたします。

なお、同監督は天皇杯終了まで引き続き指揮を執ります。

<プロフィール>
■監督名:
大岩 剛(おおいわ・ごう)

■生まれ:
1972年6月23日、静岡県出身

■選手歴:
清水市立商業高校-筑波大学-名古屋グランパスエイト(1995)-ジュビロ磐田(2000)-鹿島アントラーズ(2003~2010)

■指導歴:
2011~ 鹿島アントラーズトップチームコーチ
2017.6~ 鹿島アントラーズ監督

■公式戦通算成績
J1リーグ通算 90試合 50勝20分20敗
リーグカップ通算 10試合 3勝4分3敗
天皇杯通算(準々決勝まで) 13試合 11勝2敗
AFCチャンピオンズリーグ 25試合 12勝8分5敗
FIFAクラブワールドカップ 3試合 1勝2敗

公式戦通算成績: 141試合 77勝32分32敗

■大岩監督コメント:
「2017年途中から監督として初めて指揮を執ることになり、ここまでともに戦ってくれた選手、スタッフ、フロント、そしていつも私たちを支えてくれるファン、サポーター、スポンサーの方々には、感謝の気持ちしかありません。鹿島アントラーズは、タイトルを義務付けられたクラブです。その中で今年、Jリーグ、ルヴァンカップ、連覇を目指したACLを獲れなかったことは自分の力不足であり、本当に申し訳なく感じています。
今シーズンはあと2試合、天皇杯のタイトルが残っています。アントラーズファミリー全員で、喜びを共有できるチャンスがあります。私の最後の仕事は、選手たちとともにその頂点に立ち、皆さんに最高の歓喜を与えること、それだけです。すべては勝利のために、一丸となって戦えるよう、最後まで後押しをしてもらえればうれしいです」

増田誓志引退

増田誓志が引退。
まだまだ出来るとやれると思ってっただけに、これには少々驚いた。
とはいえ、これは誓志本人が決めたこと、尊重するところである。
誓志は鹿島でのデビュー戦にてゴールをするなど、持っておる選手であった。
一時は本山をFWに満男をボランチに追いやってレギュラーに据えられておったことが記憶に残っておる。
これからのセカンドキャリアはどのようなことをするのであろうか。
お疲れさまでした。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

増田 誓志選手 現役引退のお知らせ
2019.12.11

このたび、ソウルイーランドFC(韓国)に期限付き移籍しておりました増田誓志選手が、2019シーズン限りで現役を引退することとなりましたので、お知らせいたします。

増田 誓志 (Chikashi MASUDA) MF

【出身地】
宮崎県

【生年月日】   
1985年6月19日

【身長/体重】   
179cm/75kg

【選手歴】   
木花少年団 - 宮崎市立木花中学校 - 鵬翔高校
- 鹿島アントラーズ(2004) - モンテディオ山形(2010※期限付き移籍) 
- 鹿島アントラーズ(2011) - 蔚山現代FC(2013) - 大宮アルディージャ(2014※期限付き移籍) 
- 蔚山現代FC(2015) - アル・シャルジャSCC(2017) - 清水エスパルス(2017.8月) 
- ソウルイーランドFC(2019※期限付き移籍)

【 代 表 歴 】   
U-18、U-19、U-20、U-21、U-22日本代表、日本代表

【今季成績】   
K2リーグ(12試合/0得点)

【通算成績】   
J1リーグ(204試合/15得点)、リーグカップ(51試合/5得点)、天皇杯(23試合/7得点)、
ACL(15試合/0得点)、Kリーグ(98試合/7得点)、K2リーグ(12試合/0得点)、
UAEリーグ1部(11試合/1得点)

【コメント】   
『ファン、サポーターの皆様、クラブ関係者の方々、パートナー企業の皆様へ。私は今シーズンをもちまして16年間のプロサッカー選手人生を引退する事に決めました。16年間というキャリアは、自分が想像していた選手生活よりも長くサッカー選手として、何一つ悔い無く出し切って終われる事が出来たと思います。また、ここまでやってこられたのは皆様の支えがあったからこそだと心から感謝しております。人に恵まれて、またクラブに恵まれて、皆様のお陰で本当に沢山の貴重な経験をさせて頂きました。
鹿島アントラーズ、モンテディオ山形、大宮アルディージャ、清水エスパルス、Ulsan Hyundai FC、Seoul ElandFC、Sharjah SCC、これら素晴らしい全てのクラブでサッカーをさせて頂いた事、皆さんと過ごした時間は私の誇りであり、一生の宝物です。これから先は1人のサッカーファンとしてサッカーを楽しませて頂き、皆さんを応援していきたいと思います。本当にありがとうございました』

来季ACL組み合わせ決定

来季のACL対戦組み合わせが発表になった。
リーグ戦を3位で終えたため、POからの参戦となる。
試合日は1月28日、かなり早い時期と言えよう。
ただ、まだ鹿島は天皇杯を勝ち上がっており、この大会にて優勝すれば、ACLストレートインとなる。
そうなれば、2月11日開幕であり、日程的にかなり余裕が出る。
ここは、是が非でも天皇杯を獲る必要があろう。
次戦、準決勝・長崎戦、そして決勝戦は必勝である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

AFCチャンピオンズリーグ2020のグループステージ組み合わせ決定のお知らせ
2019.12.10(火)

AFCチャンピオンズリーグ2020のグループステージ組み合わせが決定しました。

鹿島アントラーズはプレーオフの出場権を獲得しており、また、天皇杯 JFA第99回全日本サッカー選手権大会で優勝した場合は、グループステージからの出場となります。

東地区プレーオフ4:鹿島アントラーズ

対戦相手:
メルボルン・ビクトリー(オーストラリア)対[タンピネス・ローバーズFC(シンガポール)対 バリ・ユナイテッドFC(インドネシア)]の勝者

試合日程:
2020年1月28日(火) 

詳細は確定次第、お知らせいたします。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク