FC2ブログ

内田篤人主将、良い方向に持って行くのが自分ら年齢が上の選手の仕事

大岩監督退任についてコメントした内田篤人主将である。
「ドイツから戻る時には剛さんから電話をもらって、戻ります!と即答した。起用してもらって結果を出せなかったのは申し訳ない。このチームはタイトルを取らないといけないのは分かっている。そんな中で少しでも長くと強く思っていたが……」と語る。
特別な感情があることが伝わる。
渡独前は選手であった大岩監督とDFラインを組み多くのものを共有した。
その大岩監督から直接の言葉があり帰参したが、リーグタイトルを得ることはかなわなかった。
これは無念としか言いようがなかろう。
そして、「良い方向に持って行くのが自分ら年齢が上の選手の仕事。剛さんの最後に天皇杯で優勝して、胴上げしたい」と言う。
チームを花道のために結束させ、必ずやタイトルを。
篤人の奮闘を期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

天皇杯で大岩監督花道を…鹿島・内田の決意「剛さんを胴上げしたい」
[ 2019年12月12日 17:40 ]

 鹿島は12日、茨城県鹿嶋市内で公開練習を行った。前日に大岩剛監督(47)の今季限りの退任を発表。今季ここまで無冠の常勝軍団は、タイトル獲得を目指し、4強入りしている天皇杯の長崎戦を21日に戦う。
 欧州の最前線でプレーしてきた元日本代表DF内田篤人(31)にとって、指揮官の交代は特別なことではない。ただ、今回の件については「ドイツに行って、半年とは1年に1回とか監督が代わっているし慣れている方だと思う」としながらも、少し寂しげだった。

 選手同士、そして選手と監督として鹿島の屋台骨を担ってきた。「ドイツから戻る時には剛さんから電話をもらって、戻ります!と即答した。起用してもらって結果を出せなかったのは申し訳ない。このチームはタイトルを取らないといけないのは分かっている。そんな中で少しでも長くと強く思っていたが……」。端々に無念さをにじませた。

 18年のキャンプ中、同年を最後に現役を引退した元日本代表の小笠原満男氏とともに大岩監督からかけられた言葉がある。「俺たちが知っている鹿島の空気を下に伝えないといけない」。常に優勝を義務づけられているクラブだからこそ、偉大な先達から脈々と受け継がれてきたものをしっかりと継承しなければいけない。勝利への重圧とともに、指揮官は鹿島を鹿島たらしめる雰囲気を次代に残すことを一つの使命としていた。

 今季、無冠のままでは終われない。内田は胸中を明かした。「良い方向に持って行くのが自分ら年齢が上の選手の仕事。剛さんの最後に天皇杯で優勝して、胴上げしたい」。有終の美、なんて表現では物足りない。強い決意と思いを胸に、天皇杯で頂点まで駆け上がっていく。

町田、平戸太貴と契約更新

町田と契約を更新した平戸太貴である。
夏の移籍時には半年契約であったということであろうか。
来季はJ1昇格に向けて平戸の力が必須となろう。
その為に年俸のアップもあったと思われる。
更に活躍してくれよう。
来季の平戸に注目である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

契約更新選手のお知らせ(12日14時現在)
2019.12.12

日頃よりFC町田ゼルビアをご支援いただきまして誠にありがとうございます。

2020シーズンに向け、背番号10・MF平戸太貴選手と契約更新で合意しましたのでお知らせ致します。

デポルティボ・柴崎岳、練習中に負傷

練習中に負傷したデポルティボの柴崎岳である。
スタメン組に入っておっただけに無念であろう。
どの程度の負傷なのであろうか。
長期に渡らぬことを祈っておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

柴崎岳が練習中に左足を負傷…リーグ戦ここ7試合で出場は1試合のみ
デポルティボに所属する日本代表MF柴崎岳が左足を負傷した。スペイン『EFE通信』などが報じている。

柴崎は11日の練習中に左足を負傷。それによって、14日に行われるリーグ戦第20節ポンフェラディーナ戦を欠場することが濃厚になった。11日の練習ではスタメン組に入っていた柴崎だけに、デポルティボにとっては痛手となりそうだ。

今季からデポルティボでプレーする柴崎だが、チームの不調もあり、ここ数試合は出場機会が激減。ここ7試合でわずか1試合の出場にとどまっている。

チームは19試合を終えて勝ち点12の最下位。10月には指揮官交代を行うなど厳しい状況に追い込まれているが、苦境から抜け出すことはできるのだろうか。

高崎寛之、松本山雅を契約満了にて退団

契約満了にて松本山雅を退団する高崎寛之である。
J2降格の余波がこういうところに現れた。
高崎は「サッカーを続ける炎が消えていないので、もう少し頑張っていきたいと思います」と現役続行の意思を強く語る。
J2では無双する選手であるので、手を挙げるクラブはあるのではなかろうか。
高崎の次なる挑戦に注目である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

高崎寛之選手 契約満了のお知らせ
2019/12/11

このたび、松本山雅FCでは、 高崎寛之選手との契約満了に伴い、来季の契約を結ばないこととなりましたのでお知らせいたします。

■高崎寛之選手のコメント
「4年間ありがとうございました。山雅のために全力を尽くしてきました。
サッカーを続ける炎が消えていないので、もう少し頑張っていきたいと思います」

高崎 寛之(Hiroyuki TAKASAKI)
【ポジション】 FW
【生年月日】 1986年3月17日(33歳)
【出身】 茨城県
【身長/体重】 188cm / 78kg
【経歴】 結城サッカースポーツ少年団 - 八千代第一中 - 古河第三高 - 駒澤大 - 浦和レッズ - 水戸ホーリーホック - 浦和レッズ - ヴァンフォーレ甲府 - 徳島ヴォルティス - 鹿島アントラーズ - モンテディオ山形 - 鹿島アントラーズ - 松本山雅FC

犬飼智也、剛さんと一緒にやれてよかった

大岩監督退任についてコメントを発した犬飼智也である。
「センターバックとして、剛さんと一緒にやれてよかった。最後に一緒にタイトルを取りたい」と語る。
CB育成については、大岩監督以上の実績を残した指導者は少ないのではなかろうか。
昌子源、植田直通をW杯に送り出すほどの選手に育て上げ、犬飼の成長も著しい。
今季のブエノも見違えるほどの頼もしさであった。
町田や関川もこれから出てくるであろう。
この大岩監督の花道を天皇杯優勝で飾りたい。
犬飼の堅守で二試合完封して掴み取るのだ。
期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

鹿島犬飼、大岩監督勇退花道へ「最後にタイトルを」
[2019年12月12日6時48分]

鹿島アントラーズの大岩剛監督(47)が今季限りで退任することが11日、発表された。4強入りしている天皇杯終了までは指揮を執る。後任は未定。今季リーグ戦を3位で終えて3年連続のV逸が決まり「2位、3位じゃダメなクラブなので、その責任は受け止めたい」と受け入れた。

17年途中にコーチから監督に就任。18年は鹿島を初のアジア王者へ導き、アジア最優秀監督にも輝いた。しかし「4冠」を目指した今季は、小笠原氏の引退に加えて主力が欧州に渡った。過密日程でけが人が続出するなど、指揮官だけの力では解決できない困難も立ちはだかった。

21日の天皇杯長崎戦(カシマ)に勝てば、元日の決勝で勇退への花道を用意できる。大岩監督のもと頭角を現したDF犬飼智也(26)は「センターバックとして、剛さんと一緒にやれてよかった。最後に一緒にタイトルを取りたい」と力に変えた。

鈴木満フットボールダイレクター、補強ポイントは「すべてのポジション」

来季の補強について鈴木満フットボールダイレクターを取材した報知新聞の内田記者である。
満さんは、補強ポイントについて「すべてのポジション」と即答したとのこと。
内田記者は、取材する中でその言葉に真実を見いだしておるとのこと。
また、内田記者の補強優先順位はSB-FW-CB-2列目-ボランチとtweetする。
クォン・スンテとの契約更新が成り、山田大樹くんがトップ昇格するGKは補強ポイントから除外されることがわかる。
また、2列の序列が低いことから、セルジーニョの残留には手応えを感じておるように思える。
そうであれば嬉しい。
ボランチも、三竿が海外移籍したとしても、レオ・シルバ、永木、小泉慶、名古、白崎、荒木遼太郎くんとコマが揃うことから補強ポイントではない様子。
そして、第一ポイントのSBには仙台に永戸が報じられており動いておる。
センターFWにはどのような選手が来るのであろうか。
注目である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

来季の監督はブラジル人を中心に人選

大岩監督の退任についてTweetした報知新聞の内田記者である。
今回の退任については広島戦をドローに終え優勝がほぼなくなった時点で大岩監督側から申し出があり、2週間後(リーグ終了後か)に話し合いが行われたとのこと。
やはり、リーグタイトル逸が起因と考えて良さそうである。
また、後任監督については黒崎ヘッドコーチの昇格ではなくブラジル人を中心に考えておる様子。
来季の開幕は東京五輪の関係で早いため迅速な対応が迫られる。
どのような人選になるのであろうか。
楽しみに待ちたい。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

バスコ・ダ・ガマ、セルジーニョをリストアップ

セルジーニョをリストアップしたバスコ・ダ・ガマである。
これは怖い報。
セルジーニョは娘さんが産まれたばかりということもあり、ブラジルでのプレイを望むやもしれぬ。
ここは鹿島フロントが良い仕事をするところ。
セルジーニョの流出を避け、慰留し、良い契約をまとめて欲しい。
来季も共に戦うセルジーニョを期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

Reforços do Vasco da Gama: Clube quer Serginho e atacantes Andy Polar e Ezequiel Barco são oferecidos
Gigante da Colina segue em busca de reforços

por
Equipe Carioca
Publicado há 2 horas
Atualizado em 11 de dezembro de 2019


O Vasco da Gama já iniciou seu planejamento para 2020 e as ofertas por reforços de diversas partes começam a chegar à diretoria cruzmaltina.

O primeiro jogador oferecido ao clube foi o paraguaio Brian Montenegro, que não chegou a empolgar a comissão técnica. O atleta é um dos destaques do Olimpia, do Paraguai, mas não pretende seguir na equipe.

- Publicidade -
Além de Brian, mais dois estrangeiros foram oferecidos. ambos atacantes. Segundo a imprensa peruana, Andy Polar, do do Deportivo Binacional, do Peru, quer jogar no Brasil e foi oferecido ao Gigante da Colina. O jogador tem 22 anos, é considerado uma joia do futebol peruano, e na última temporada marcou 8 gols e deu 8 assistências em 31 joogos.

Outro jogador oferecido ao Vasco é argentino Ezequiel Barco, que ficou conhecido no Brasil ao se destacar pelo Estudiantes e por infernizar a defesa do Fllamengo na final da Copa Sul Americana.

Barco está insatisfeito no Atlanta, dos Estados Unidos e pretende voltar ao futebol Sul Americano. O jogador chegaria por empréstimo com opção de compra.

Para o meio de campo, o clube de São Januário trabalha com o nome do meia Serginho, ex-Santos, que atualmente joga pelo Kashima Antlers.

Aos 24 anos, Serginho tem passagens por Vitória, Santo André e América Mineiro. O jogador foi revelado pelo Santos e é considerado um bom nome para o elenco vascaíno.

アトレティコのFS、プロ入り700試合達成

プロキャリア700試合を達成したアトレティコのファビオ・サントスである。
これは偉業。
鹿島在籍時はまだ若かったが、あれから13年積み上げた実績は素晴らしい。
セレソンにも呼ばれた。
素晴らしい選手であった。
まだまだキャリアを積み重ねていって欲しい。
活躍の報を待っておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

Titular absoluto do Atlético, Fábio Santos completa 700 jogos na carreira
Jogador foi o autor do gol do triunfo por 2 a 1 sobre o Corinthians

Redação /Superesportes
postado em 02/12/2019 15:16 / atualizado em 02/12/2019 15:49


Lateral-esquerdo soma 203 partidas com a camisa alvinegra (Foto: Bruno Cantini/Atlético)

Autor do gol da vitória do Atlético sobre o Corinthians por 2 a 1, nesse domingo, o lateral-esquerdo Fábio Santos alcançou uma marca importante na sua carreira. No duelo contra os paulistas, o camisa 6 completou 700 jogos como jogador profissional.

Formado nas categorias de base do São Paulo, Fábio Santos fez sua estreia na equipe principal em 2003. No Tricolor Paulista, o lateral-esquerdo ficou até 2005 e foi campeão do Campeonato Paulista, da Copa Libertadores e do Mundial de Clubes.

O jogador ainda passou por Kashima Antlers, do Japão, Cruzeiro, Mônaco, da França, Santos, Grêmio, Corinthians e Cruz Azul, do México.



Em maio de 2016, Fábio Santos chegou ao Atlético. Pelo clube mineiro, o lateral-esquerdo atuou em 203 partidas, marcou 18 gols e conquistouo Campeonato Mineiro de 2017. Ele tem contrato até o fim de 2020.

A duas partidas do fim desta temporada, Fábio Santos é o segundo atleta que mais atuou pelo Alvinegro. O lateral-esquerdo disputou 60 jogos, três a menos que o zagueiro Igor Rabello. No ano, foram sete gols marcados.

Números do Fábio Santos pelo Atlético:

2016: 20 jogos e 0 gols
2017: 64 jogos e 5 gols
2018: 52 jogos e 6 gols
2019: 60 jogos e 7 gols

尚志高校・染野唯月くん、登録メンバー外

今冬の全国高校サッカー選手権にて渡鹿メンバー外となった尚志高校の染野唯月くんである。
「怪我を悪化させたくないという意思と、出られない自分がメンバーに入ることよりも、他の3年生に全国を経験してもらいたいという思いからメンバーを外れることを決めた」とのこと。
これは残念。
もっと苦しいのはこの決断を下した染野くん自身である。
治癒に努め来季からのプロ生活に備えるのだ。
今週末から鹿島にてリハビリを開始するとのこと。
プロでの復活と活躍を祈っておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

1年前“衝撃ハット”の尚志FW染野唯月は選手権登録メンバー外に。将来のため、仲間のために自身で決断
19/12/11 19:54


11日、尚志高FW染野唯月は制服姿で仲村浩二監督らとともに各所への全国大会出場挨拶に参加。その後欠場理由を明かした

 “半端ないストライカー”が、選手権を欠場する――。前回大会の全国高校サッカー選手権得点王・尚志高(福島)FW染野唯月(3年、鹿島内定)は、腰椎分離症(腰の疲労骨折)のため、12月30日に開幕する今回の選手権登録メンバー30名から外れることを選択。将来のため、仲間のため、最終的に本人がメンバーから外れることを決めたという。すでに登録期限を終えており、これまで染野が着用してきた「9」は期待の2年生FW阿部要門が背負う。

「登録に入ってみんなを鼓舞したり、FW陣にアドバイスして欲しかった」という仲村浩二監督やチームメートは、登録メンバー入りすることを希望したのだという。例え怪我でピッチに立てなくても、彼が登録メンバー入りすることを反対する選手はいない。だが、仮に登録されると、試合に出てチームを助けたくなってしまう。個人としても2年連続の得点王、選手権日本一という夢があった。染野は悩み抜いた末、プロ入り前に全治数か月とも言われる怪我を悪化させたくないという意思と、出られない自分がメンバーに入ることよりも、他の3年生に全国を経験してもらいたいという思いからメンバーを外れることを決めた。

「ギリギリまで(チームメートたちと)話をして決断したという感じです。(最後は)自分の中で決めました。今後も考えた時にここで無理をしてしまったら影響してしまう。(また)自分の心の中で、(他の)3年生にちょっとでも経験をさせてあげたいという気持ちがあったので、決断をして外れました」。
 
 染野は昨年度の選手権準決勝・青森山田高戦で“衝撃”のハットトリックを達成するなど同大会得点王。今年もプレミアリーグEASTで得点王争いを演じ、日本高校選抜やU-18日本代表に選出された。そして、争奪戦の末に鹿島入り。怪我も多い1年だったが、“半端ないストライカー”“大迫2世”“ヘリコプターヘッド”などの代名詞を持つ染野は、その得点力や万能性の高さを見せつけてきた。

 その染野は11月17日の選手権福島県予選決勝で決勝点。鮮やかな左足ループシュートを決めて尚志を全国へ導いた。だが、その翌日、鹿島で診察を受けた際に腰椎分離症が判明。11月上旬にはU-18日本代表としてAFC U-19選手権予選に出場したが、当時から状態は芳しくなく、直後の選手権予選も出場時間を制限されていた。それだけに、覚悟もしていたという染野は「(診断を聞いて)感情的にはならなかったです」

 注目エースとともに全国制覇を目指してきたチームのショックは大きかった。万全でなくても県予選決勝で違いを見せていたことは確か。そのエースが欠場することによって、チーム全体の目標である全国制覇がより難しいものになるかもしれない。ただし、選手たちはそのアクシデントを力に変えようとしている。登録外になる意思を染野から直接聞いたというFW山内大空主将(3年)は、「アイツの気持ちも分かります。『メンバー入ったら出たくなってしまう。気持ちの整理がつかない』と言っていたんですよね。そこは自分たちがしっかりと結果で応えようと思っています」とエースの気持ちを理解していた。

 今年の尚志は染野が不在となる期間が多く、彼がいなくても勝てるチームを目指してきた。実際に彼がベストコンディションでなかったインターハイは、染野のサポートを受ける形で山内や2年生FW阿部が躍動し、3位に入っている。それだけに今回もチームメートは発奮。GK鈴木康洋(3年)は「(最初聞いた時は)マジかって。でも、このチームならば一体感もあるし、みんなを信じるしかないですね」と語り、山内は「(染野の欠場が決まり、)吹っ切れたと言うか。『アイツがいないんだから、俺らで全国制覇するしかない』と、より一層雰囲気は良くなりました。この1か月レベルアップできるようにしたい」と誓った。

 染野は「怪我して出れないのは悔しいですけれども、それ以上に今後のためというのがあったので、自分の決断に悔いはないです」とコメント。自身が出場しない選手権について、「想像はしたくてもできないと思うんですけれども、サポートできる部分はあると思うので。ピッチ外で応援できれば良い」と前を向いた。

 染野の決断を尊重した仲村監督は、「(彼の)将来のためと、みんな納得している。だからこそ、覚悟を持ってプロの世界に飛び込んで欲しい」とエール。染野も「(尚志の仲間のためにも)プロに入ってからは絶対に活躍しなければいけない。責任を持ってプロに行かなくちゃいけないのかなと思います」と語り、尚志の仲間や恩師たちのためにもプロの世界で活躍する意気込みでいる。染野は今週末にも一旦尚志を離れ、暫く鹿島でリハビリを実施する予定。その後、再び尚志に合流し、“最後の選手権”はピッチ外から仲間たちの日本一を全力でサポートする。

(取材・文 吉田太郎)
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク