FC2ブログ

U-23日本代表・上田綺世、逆にチャンスに変えたい

今夜のシリア戦に先発が予想されるU-23日本代表の上田綺世である。
取材陣からの「やれる自信は?」という問いに対して、
「もちろん」
と力強く答える。
頼もしい。
これでこそ1TOPを担うセンターFWである。
必ずやゴールを奪い、日本の救世主となるのだ。
期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

U-23代表FW上田綺世、“背水の陣”シリア戦で先発濃厚 「逆にチャンスに変えたい」
2020.01.12


FW上田綺世が先発出場でチームを勝利に導けるか(写真はE-1選手権のもの)【写真:Getty Images】

シリア戦で敗れればグループリーグ敗退が決定…「僕らができないことはない」

 タイで開催中のU-23アジア選手権に参加している森保一監督率いるU-23日本代表は11日、敗れればグループリーグ敗退となるシリア戦(12日)に向けて前日練習を行った。東京五輪イヤーの初陣となったサウジアラビア戦(9日)は、試合終盤に勝ち越し点を許して1-2で敗戦。第2戦となるシリア戦は“崖っぷち”の状態で臨む。先発出場が濃厚なFW上田綺世(鹿島アントラーズ)は、救世主となることを誓った。

 上田は力強かった。サウジアラビア戦では1トップとして途中出場。だが、課題は残った。攻撃陣としては1点を追う後半11分、左サイドでボールを受けたMF食野亮太郎(ハーツ)が仕掛け、中央へ切り込んでからの右足での強烈なシュートがゴールに突き刺さった1点のみ。終盤に最終ラインでのバックパスのミスからPKを献上し、勝ち越し点を許してしまった。守備陣のミスは目立ったが、チャンスメイクしながらも決め切ることができず、攻撃陣としても悔しい結果となった。

 シリア戦に敗れれば、グループリーグ敗退が決まる。先発出場の可能性が高い上田は、サイズのある中東の難敵に対して「やれる自信は?」と聞かれて短く答えた。

「もちろん」

 会場はサウジアラビア戦と同じタマサートスタジアム。芝が長く、ピッチも柔らかい。アジアならではの条件に最初は苦労した。だが、それさえも逆手に取るつもりだ。

「やりやすくはないですけど、もちろん。でも、それは相手も一緒かなと思う。ボールの転がりも悪いですし、下が柔らかかったりとか、疲労が溜まるピッチでもある。でも悪条件は相手も感じていることなので、僕らができないことはないと思いますし、逆にチャンスに変えたい」

 1トップに期待されることは“ゴール”。ここで決めれば、東京五輪本番へのアピールにも成功する。今こそ、この舞台で上田が輝く時だ。

セルジーニョ、中国2部リーグ移籍か

セルジーニョが中国の長春亜泰に移籍すると報じるWild East Football.である。
文責のJames Reeve氏は、契約は2020年1月末までとのことで0円移籍であることを伝える。
このメディアの信憑性はどこまでなのかは分からぬが、セルジーニョほどの助っ人をフリーで放出してしまうことになるのは非常に勿体ない話である。
代理人であるセルジーニョの父親にこのような動きをされてしまったことが悲しい。
また、別のメディアによると、もう1年契約があるという情報もある。
であれば、移籍金は発生することとなろう。
何が真実なのであろうか。
公式発表時には、事の真相を明かして欲しい。
続報を待っておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

Changchun Yatai linked with Brazilian forward Serginho
by James Reeve
11/01/2020

Almost two weeks have passed since the start of the winter transfer window and Changchun Yatai have yet to announce any signings.

Despite this perceived lack of activity, the club continues to be linked with some interesting import players.

With Adam Taggart previously being mentioned and reports out of Rwanda believing a deal for Michael Sarpong is done, the club has now been linked with versatile Brazilian forward Serginho.

The 24-year-old, who plays best as an attacking midfielder or second striker, has had a successful two-and-a-half-year spell in the J-League with Kashima Antlers.

In 76 total appearances for the Japanese club, Serginho has scored an impressive 31 goals and has been a provider for a further ten, something that will undoubtedly attract a club such as Changchun Yatai.

Serginho has experienced success in cup competitions during his spell in Japan, helping the club to lift the 2018 AFC Champions League while falling short against Vissel Kobe in the Emperor’s Cup final on January 1st 2020.

Kashima have finished third in each of the seasons that Serginho has played for the club, so a rumoured move to China’s second-tier seems like quite a surprise move.

Serginho’s contract is set to expire at the end of January, with no new contract seemingly forthcoming, with Changchun Chengfeng (the club’s version of Ultras) seemingly believing that the club could be bringing the Brazilian in.

Samvel Babayan appears to be taking his time to truly assess what he has and needs in his squad, with the futures of Tan Long and now, most recently, Yu Rui seemingly still undecided, potentially affecting his transfer plans moving forward.

Landing a player of Serginho’s proven quality would be a huge sign of intent from the club, providing Richario Zivkovic with a superbly talented supporting partner, capable of sitting back and being a provider as well as having the drive to push forward and score goals regularly.

2020 is a crucial year for the club, who should have secured promotion in 2019, and making serious upgrades are necessary if Babayan hopes to guide the club back into the top tier of Chinese football.

Bringing in Serginho could certainly go a long way to helping the club work towards that goal.

ザーゴ監督に関する現地紙コラム

ザーゴ監督に関するブラジル現地紙のコラムである。
Iberê Riveras氏は同監督に対して様々なことを記す。
注目はブラガンティーノの4倍の年俸を提示されて鹿島の指揮を執るという部分であろうか。
現地記者の推測も入るため、数字に信憑性はない。
とはいえ、高額年俸を提示したことは事実であろう。
鹿島側はそれだけの評価をこの指揮官にしたということである。
それに見合う結果を出してくれると信じる。
攻撃的サッカーでJリーグを席巻して貰おう。
そしてタイトルを得るのだ。
期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

Iberê Riveras | A delicada saída de Antônio Carlos Zago do Red Bull Bragantino
Jovem treinador tinha a faca e o queijo na mão para fazer história no revolucionário clube-empresa; optou pelo Japão, e deixou um rastro

Por Iberê Riveras
em 10:32 de 11/01/20


Crédito: Divulgação

As decisões profissionais de cada indivíduo só dizem respeito a ele, isto é inegável, mas “nesse mundão de meu Deus”, ainda mais quando o assunto é futebol, o que não falta é opinião. Como microcosmo das relações humanas, o futebol permite ampla discussão sobre conceitos complexos que permeiam o nosso comportamento, a nossa sociedade. A ética é um deles.

No dia 24 de dezembro, uma “bomba” estourou no interior paulista. De maneira pra lá de surpreendente, Antônio Carlos Zago deixou o comando do Red Bull Bragantino, a nova sensação do futebol brasileiro. O destino do ex-zagueiro da Seleção Brasileira seria o Kashima Antlers, clube japonês no qual Zico fez história no final de sua carreira, e que agora atua como diretor técnico. Com o acesso do clube de Bragança Paulista para a Série A do Brasileiro, o contrato com o treinador foi automaticamente estendido até o final de 2021. O valor e o pagamento da multa rescisória, que pareciam ser detalhes burocráticos, viraram um pandemônio.

A notícia ganhou forte repercussão porque o clube-empresa controlado pela multinacional austríaca de energéticos era um dos assuntos mais comentados do “mercado da bola”, quando o jogo sai das quatro linhas e vai para o balcão de negócios. Com poder de fogo de R$ 200 milhões para queimar e uma política de contratação diferenciada, o Red Bull Bragantino começava a desafiar os maiores clubes do país investindo apenas em jovens valores, uns mais promissores, outros já renomados. Zago participou da escolha da maioria deles.

O técnico de 50 anos de idade era peça importantíssima na enxuta engrenagem da mais nova aventura esportiva da Red Bull, multinacional de de energéticos que detém, entre outros, os clubes que lideram os campeonatos alemão e austríaco. Ao lado de seu superior, o CEO Thiago Scuro, Zago formava uma dupla de carecas entrosada que prometia ir longe. O relacionamento entre os dois, baseado em alto nível de profissionalismo, funcionava bem e tudo leva a crer que não foi um dos motivos da abrupta saída do treinador. A semana entre o Natal e o Ano Novo, que prometia ser de empolgação na Terra da Linguiça, foi tensa. Até mesmo o anúncio oficial do novo nome e escudo da equipe, no primeiro dia do ano, acabou ofuscado.



Um dos pontos que embaralha o entendimento da decisão de Zago é que há tempos ele manifesta em entrevistas o sonho de voltar a trabalhar na Europa, agora como treinador. O auge de sua carreira como jogador foi o período na Roma, entre 1998 e 2002. Não é difícil imaginar que a sequência de seu ótimo trabalho à frente do clube do RB Bragantino, agora na elite do futebol nacional, poderia escancarar as portas do Velho Mundo para o seu projeto pessoal. O repórter da Rádio 102.1 FM, Diego Perez, acrescenta um dado que reforça a ideia. “Instabilidade do técnico com o clube não teve até porque o clube tinha acabado de mandar o Zago para a Europa, um período de experiências no Leipzig e no Salzburg, que são outros clubes controlados pela Red Bull”.

Curiosamente, foi neste “inverno europeu” bancado pela Red Bull que as conversas entre Zago e Zico, representando o Kashima Antlers, se intensificaram. Na volta ao Brasil, a opção pelo Japão foi comunicada ao clube. Que um contrato seria rompido e uma multa rescisória teria de ser paga, já se sabia. Que estes valores poderiam ser diferentes e os advogados das duas partes tivessem que trabalhar num acordo, era possível. Que a percepção da realidade e do justo fossem tão avessas, não se supunha. Que se cegasse a ponto de atravessar o samba, atropelar as datas, os prazos, detonar planejamentos, quase impensável. Uma irracionalidade.

No dia 2 de janeiro, o Kashima Antlers anunciou de forma oficial a contratação de Antônio Carlos Zago, o que provocou no Red Bull Bragantino uma reação imediata. Em nota oficial, o clube ratificou que Zago possuía contrato até dezembro de 2021 e que, sabedor da proposta do clube japonês e do interesse manifesto do treinador, negociava o pagamento da multa rescisória. No entanto, o acerto ainda não havia sido finalizado. “Para nossa surpresa, porém, recebemos o anúncio oficial do Kashima Antlers, em suas mídias sociais, de Zago como novo contratado do clube, com frases ditas pelo próprio técnico. Entendemos tal ato como um pedido público de demissão por parte do treinador. Assim, adotaremos todas as medidas necessárias para que as cláusulas rescisórias do contrato sejam cumpridas.”

No dia seguinte, o troco de João Henrique Chiminazzo, advogado do treinador. “É com extrema surpresa que recebemos o comunicado […] referente ao desligamento de nosso cliente. […] Existem várias conversas entre as partes, via WhatsApp, desde o dia 23 de dezembro, ou seja, antes da publicação oficial do time japonês, forma pela qual o Red Bull alega ter sido informado. […] O encerramento do vínculo contratual, que terminaria em 31 de dezembro de 2020, já foi requerido judicialmente, em 27 de dezembro de 2019, sendo esta informação já transmitida ao Red Bull Bragantino, com o pagamento da multa constante no Contrato de Trabalho firmado entre as partes. […] A atitude tomada pelo Red Bull é uma forma de manchar a belíssima história construída por Antônio Carlos no clube, criando um desgaste desnecessário e alterando a verdade dos fatos.”

Dias depois, em entrevista coletiva, Thiago Scuro deu o seu parecer. “O assunto agora está entre o nosso jurídico e o advogado dele. De fato, o contrato previa a prorrogação de mais um ano em caso de acesso, essa cláusula foi inclusive um pedido do Antônio no processo de negociação. Nós anunciamos esse aditivo de mais um ano assim que o acesso foi concluído. Pra nós não tem muita dúvida no aspecto moral, no aspecto do que foi acordado. A gente lamenta que o episódio tenha se tornado mais jurídico do que negocial.” O clube lamenta, mas compreende a saída do treinador, que passará a receber no Japão quatro vezes mais do que os R$ 250 mil que recebia aqui. O que se condena é o procedimento.


Antônio Carlos Zago e Thiago Scuro foram as “mentes brilhantes” do título da Série B

A opinião do experiente radialista Luís Carlos Quartarollo nos ajuda na reflexão. “Eu conheço o Antônio Carlos Zago desde que ele começou a carreira como jogador lá no São Paulo. Era um zagueiro de muita qualidade, um dos melhores que vi jogar, inclusive. Como personalidade, sempre foi um cara muito centrado em objetivos dele mesmo. Foi pensando em crescer na carreira, fazer uma carreira internacional, quando precisava fazer um negócio, ele fazia. Toma umas decisões fortes, às vezes abruptas, como no início de carreira como técnico quando foi para o Palmeiras. Ele mesmo sabe que fez uma coisa errada naquela ocasião, em termos de escolha. Pelo que eu sei, quanto às suas finanças, sempre foi muito ponderado e se tornou um homem riquíssimo. Eu achava que ele ia continuar no Red Bull mesmo com qualquer proposta do exterior, pela proposta, o projeto. Onde a Red Bull tem colocado a mão, ou as suas asas, vamos colocar assim, tem dado muito certo. Se ele quisesse voltar para a Europa como técnico, por exemplo, esse seria um bom caminho. Não consegui entender até agora o que aconteceu. Será que não aprovou o projeto? Será que viu alguma coisa que não gostou? Só o dinheiro acho que não iria decidir, embora seja uma diferença muito grande. Com todo o respeito ao Zico, ao Kashima, mas ele sai do futebol de primeiro mundo, que poderia levar até a Europa com a Red Bull, e vai no campeonato japonês, que com todo o respeito é o quarto, quinto mundo do futebol. Mas, cada cabeça é uma cabeça. Acho que agente, gerente, empresário, não tem nada a ver. O Antônio Carlos funciona com a sua cabeça. Quem sabe um dia ele consiga contar pra gente.”

A diferença entre o valor cobrado pelo Red Bull Bragantino e o que Zago está disposto a pagar ultrapassa impressionantes R$ 2 milhões. Esta enorme discrepância se deu por um único motivo: o clube de Bragança Paulista considerou que o seu profissional, o mesmo que até um mês atrás vibrava com o sucesso do projeto, gravava entrevistas falando sobre a renovação automática do contrato até 2021, que era uma de suas caras neste difícil processo de autoafirmação, seria grato e minimamente sensato em caso de separação – por exemplo, considerando a palavra tão importante quanto o papel.

静岡学園・松村優太くん、落ち着いて試合に臨めたことが良かった

自身のゴールにてチームを決勝に導いた静岡学園の松村優太くんである。
PK戦突入かと思われたアディショナルタイムに松村くんがPKを得、自らが決めて勝利を掴み取った。
素晴らしい。
持ってる男と言えよう。
こういった試合にて決めきるのは強いメンタルと才能を併せ持った選手である証しである。
次は決勝戦、大迫も岳も関川も成し遂げられなかった優勝の文字が目の前にある。
是非とも活躍して欲しい。
期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

[MOM3144]静岡学園MF松村優太(3年)_「外したら負ける」ラストプレーの劇的PKで“有言実行”初ゴール
20/1/11 18:56


後半アディショナルタイム4分、静岡学園MF松村優太がPKを決める(写真協力=高校サッカー年鑑)

[高校サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ]
[1.11 選手権準決勝 静岡学園高 1-0 矢板中央高 埼玉]

 2万9747人の大観衆が固唾を呑んで見守る中、背番号10はゆっくりと助走に入った。0-0のまま迎えた後半アディショナルタイム4分につかんだPKのチャンス。静岡学園高(静岡)のMF松村優太(3年、鹿島内定)は右足で冷静にゴール右へ流し込んだ。

 直後に静岡学園の24年ぶり決勝進出を告げるホイッスル。劇的な“サヨナラPK”を決めた松村は「これを外したら負けるぞというぐらいの気持ちで臨んだ。落ち着いて決めることができた。自分の信じた方向に蹴るだけだった。GKは全然見ていない」と胸を張る。これが今大会初ゴール。大舞台で勝負を決める大仕事をやってのけるのがエースのエースたるゆえんだ。

 卒業後は鹿島入団が内定している50m走5秒8の高速ドリブラーは毎試合、厳しいマークに遭ってきた。それでも、松村に相手の警戒が集まることで周囲が空き、チームとしては準々決勝までの4試合で計15ゴール。ところが、この日対戦した矢板中央(栃木)は松村一人をマークするのではなく、2トップを含めたフィールド選手全員が自陣まで引いてゴール前に分厚い壁をつくってきた。

「相手のストロング(守備)が堅くて、攻めあぐねている時間もあった。それでも後半の最後は崩せている場面もあったし、90分以内で決めないと(PK戦で)やられるという気持ちで最後まで攻め続けた」。PK戦になれば精神面でも相手が優位に立ちかねない。「そうなると(PK戦になると)相手の思うつぼ」と、終盤は怒涛の攻撃に出た。

 後半44分、松村がPA内右からマイナスに折り返すもMF浅倉廉(3年)のトラップが流れ、FW加納大(2年)も押し込めなかった。後半アディショナルタイム2分にはDF田邉秀斗(2年)のクロス性のシュートが右ポストを直撃。それでも、PK戦突入かと思われた同3分にMF小山尚紀(3年)とのパス交換でPA内に切れ込んだ松村が相手に倒され、PKを獲得した。

「(PKは)取った人が蹴ることになっているし、(キッカーを)譲る気はなかった」。重圧のかかる場面で自らキッカーを務めた背番号10のひと振り。今大会はここまで無得点が続いていたが、「今日は(点を)取れる予感もしていた」という。

 静岡県予選でも当初は無得点が続いたが、準決勝の浜松開誠館戦(○2-0)でチームを勝利に導く2ゴールを決め、決勝の富士市立戦(○6-1)は開始18秒の先制点でゴールラッシュの口火を切った。全国大会の1回戦・岡山学芸館戦(○6-0)後には「県予選も最初は点を取ってなかったけど、準決勝、決勝で取った。そんなに焦りはない」とも話していた。

「ここまで点を取れていなかったけど、焦りなく、落ち着いて試合に臨めたことが良かった」。大舞台で発揮する勝負強さ。準々決勝の徳島市立戦(○4-0)後にも「次はしっかり取れるようにしたい。周りからも『テレビに映ったら強いね』と言われる。次は大きいスタジアムですし、また楽しんでやっていきたい」と自信を見せていたが、まさに有言実行の決勝点となった。

 13日の決勝では、24年ぶり2度目の優勝、単独では初優勝を懸けて青森山田(青森)と対戦する。「青森山田は攻守ともにレベルが高い。高体連では一番強いと思う」。相手の10番は浦和内定のMF武田英寿(3年)。“10番対決”も注目される中、松村は「あんまり会ったことはないけど、これからプロの世界でも勝負していく選手。ライバル意識は持っているし、チームが勝てるように、自分のプレーで結果につなげたい」と意気込んだ。

(取材・文 西山紘平)

「高体連の中でもトップレベルで…」静岡学園のエース・松村優太は決勝の相手、青森山田をどう見る?【選手権】
手塚集斗(サッカーダイジェストWeb)
2020年01月11日

24年ぶりの優勝を懸け、決勝で青森山田と激突!


果敢に仕掛けて得点を狙った静岡学園の松村。終了間際に劇的な決勝点を奪った。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

 1月11日、第98回全国高校サッカー選手権大会・準決勝、静岡学園(静岡)対矢板中央(栃木)の一戦が埼玉スタジアム2002で行なわれ、終了間際の劇的な決勝点によって静岡学園が1-0でファイナルへ駒を進めた。

 試合は立ち上がりから静岡学園が主導権を握るも、堅守が武器の矢板中央を相手に攻めあぐねる展開が続く、U-18日本代表で鹿島への入団が内定しているドリブラー・松村優太(3年)が右サイドから果敢に敵陣深くへボールを運びシュートを放つも、なかなか枠に飛ばない。

 スコアレスのまま90分が経過し、PK戦突入かと思われた後半45+4分、松村がペナルティエリア内にドリブルで仕掛けると、相手DFに倒されPKを獲得。この絶好のチャンスを自らしっかりと決め、静岡学園の勝利が確定した。

 PKのキッカーを務めたこと対して「全然譲る気はなかった」と、自信を持って蹴ったと話す松村は、試合を振り返り、喜びを語った。

「相手のストロングは堅い守備で、なかなか自分たちが攻めあぐねていた時間帯が長かった。でも後半の最後の方なんかは、崩して結構惜しい場面もあったので、ここで90分以内に決めないとやられるぐらいの気持ちで攻め続けた結果が、こういう形になったのかなと思います。この決勝が懸かっている舞台で、しっかり自分の得点で勝利を手繰り寄せることができて、なかなか(得点が)取れてなかったので、ここで取れて嬉しいです」

 今大会、ここまで無得点だった松村。しかし、準決勝では、ゴール前への鋭い切り込みと、6本のシュートを放ち、違いを見せた。静岡学園にとって24年ぶりの優勝を懸けた決勝の相手は、高円宮杯プレミアリーグ王者の青森山田だ。

「青森山田は攻守ともに、すごくレベルが高くて、高体連の中でもトップレベルで一番強いチームだと思う。自分たちは徳島市立(準々決勝)、矢板中央と両方守備がストロングのチームに勝ってきているので、次もしっかりスタイルを変えずに、こじ開けて点を取れるようにしていきたいなと思います」

 前回大会覇者の壁を超えられるか――。50メートル5秒8の俊足サイドアタッカーは、持ち前の高速ドリブルでチームを高校日本一へと導けるか。観客を魅了する“和製アザール”の妙技に注目だ。

取材・文●手塚集斗(サッカーダイジェストWeb編集部)

静岡学園・松村が初G「自分の大会に」決勝進出導く
[2020年1月11日22時3分]


静岡学園対矢板中央 後半終了間際、PKで決勝点を挙げる静岡学園MF松村(撮影・加藤諒)


静岡学園対矢板中央 後半終了間際、PKで決勝ゴールを決め、ベンチに向かって駆け出すMF松村(右端)ら静岡学園イレブン(撮影・加藤諒)


J1鹿島入り内定の静岡学園MF松村優太(3年)が、後半ロスタイムに自身が得たPKを、右隅に決めて今大会初ゴール。矢板中央(栃木)に24本のシュートを浴びせた一戦に決着をつけ、24大会ぶりの決勝進出を導いた。決勝は13日に埼玉スタジアム(午後2時5分)で行われる。

   ◇   ◇   ◇

劇的な決勝点だった。PK戦に突入間際、松村が決めた。後半ロスタイム、右サイドから仕掛ける。パス交換でエリア内に進入すると、相手に倒されPKを獲得。自らキッカーを志願し、右足で確実に決めた。「外したら負けるぐらいの気持ちで蹴った。GKは見ずに、自分の決断を信じた」。直後に試合終了のホイッスル。仲間たちと歓喜に酔いしれた。

矢板中央の堅守に攻めあぐねた。相手のシュート数2本に対して、チームは実に24本。打てでも打てどもGKにセーブされた。松村自身も5本止められたが、集中力は失わない。「PK戦になったら、相手の思うつぼ。90分で決めるつもりだった」。攻めの姿勢を貫き、ゴール前を固めた相手の守備網を土壇場でこじ開けた。

今大会は相手の徹底マークを受け、準々決勝まで無得点。もどかしい状況が続いたが、冷静だった。静岡県大会でも準々決勝まで無得点も、準決勝と決勝の2試合で3得点。「自分はスロースターター。県大会と同じだったので、そろそろ取れると」。予感を的中させ、大舞台での強さを証明した。

入学当初は、50メートル5秒8の俊足頼みの無名選手。それが川口監督から「点を取ることで選手としての価値が何十倍にもなる」と鼓舞され、意識を変えた。本格練習前にある個人技に特化した約20分間のボールコントロールのメニュー。毎日より真剣に集中して取り組んだ。「足の速さに頼る部分が多かったが、高校で足元の技術が伸びた」。日々の積み重ねもあり、速さとうまさを兼ねたドリブラーに変身した。

鹿島への入団が内定しているが、将来的には欧州挑戦を夢見ている。「自分の大会にするぐらいの欲があってもいい」。24年ぶりの全国制覇で、サッカー王国の復権を実現し、プロの世界に飛び込む。【古地真隆】

静学・松村、ロスタイムに劇的PK弾!個人技重視のスタイル貫き24大会ぶり頂点へ/高校サッカー

終了間際にPKで決勝点を挙げた静岡学園の松村(左)

 第98回全国高校選手権準決勝(11日、埼玉スタジアム)準決勝が行われ、静岡学園は矢板中央(栃木)に1-0で競り勝った。試合終了間際にMF松村優太(3年)がPKを決め、これが決勝点。青森山田はFW田中翔太(3年)の先制点などで、帝京長岡(新潟)を2-1で下した。青森山田は2大会連続3度目、静岡学園は24大会ぶり2度目の頂点を目指し、13日午後2時5分から埼玉スタジアムで対戦する。

 日の沈みかけた埼玉スタジアムに歓喜の声が響いた。アディショナルタイム3分、最後のワンプレーで静岡学園の松村が仕掛けてPK獲得。自らゴール右に蹴り込むと、ベンチの仲間のもとへ飛び込んだ。

 「試合終了の笛が聞こえないほど興奮した。外したら負けるくらいの気持ちで蹴りました」

 引いて守る矢板中央ゴールをこじ開けた。50メートル5秒8の快速を生かして右サイドを何度も突破していたドリブラーは、ここぞの場面で縦ではなく中へ侵入するドリブルを選択。これが相手DFの足を出させて、実にチーム24本目のシュートとなったPKを得た。


後半、PKを決める静岡学園・松村優太=埼玉スタジアム(撮影・土谷創造)

 J1鹿島入団が決まっている逸材。今大会ここまで無得点だったが、焦りはなかった。「大舞台に強いとはこういうことだと証明できた」。県予選準決勝、決勝で得点を挙げており、この準決勝でも決定力を見せつけた。J1の舞台で“対決”の可能性もあるOBのカズことFW三浦知良(横浜FC)に「いい報告がしたい」と、照れたような表情を浮かべた。

 チームは5戦16得点無失点と圧倒的な強さで、24大会ぶりの決勝進出。相手の青森山田について川口修監督(46)は「守備が固く、隙のない絶対王者」。それでも、ドリブルなど個人技を重視する「静学スタイル」を曲げるつもりはない。

 「決勝は失点覚悟でリスクをかける。普通のパスワークでは崩せないので、ドリブルで突破できれば」と指揮官。24大会前の決勝は鹿児島実との両校優勝だった。単独優勝となれば初めて。令和初の大舞台で新たな歴史を刻む。 (邨田直人)


静岡学園-矢板中央 後半終了間際、ファウルを受け、決勝点となるPKを得る静岡学園・松村=埼玉スタジアム

松村 優太(まつむら・ゆうた)

 2001(平成13)年4月13日生まれ、18歳。大阪・東淀川区出身。大阪東淀川FCから静岡学園高へ入学し、2年春からレギュラー。U-18(18歳以下)日本代表。卒業後はJ1鹿島への入団が内定。50メートル5秒8。173センチ、63キロ。背番号10。


静岡学園-矢板中央 後半終了間際、決勝のPKを決める静岡学園・松村=埼玉スタジアム

静岡学園-矢板中央 後半終了間際、決勝のPKを決め喜ぶ松村(中央)ら静岡学園イレブン=埼玉スタジアム

静岡学園-矢板中央 後半終了間際、決勝のPKを決め、雄たけびを上げて喜ぶ松村(右から2人目)ら静岡学園イレブン=埼玉スタジアム


静岡学園、令和初王者に王手 MF松村が“サヨナラPK弾”「自分の信じた方向に蹴った」
[ 2020年1月12日 05:30 ]

第98回全国高校サッカー選手権第6日 準決勝 静岡学園1―0矢板中央 ( 2020年1月11日 埼玉スタジアム )


<矢板中央・静岡学園>後半終了間際、祈るベンチメンバーの前でPKを決める静岡学園の松村(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ


 準決勝2試合が行われた。静岡学園(静岡)は矢板中央(栃木)と対戦。後半終了間際、J1鹿島に内定しているMF松村優太(3年)が得たPKを自ら蹴り“サヨナラ劇弾”で24大会ぶりの決勝進出を決めた。前回王者の青森山田(青森)はFW田中翔太(3年)らのゴールで帝京長岡(新潟)を2―1で撃破し、連覇に王手をかけた。決勝は13日に埼玉スタジアムで行われる。
 最後の最後にドラマが待っていた。後半アディショナルタイム4分、MF松村は中央からドリブルで運びMF小山とワンツー。再びボールを受けた瞬間、相手DFに足をかけられPKを獲得した。

 「外したら負ける、くらいのつもりで。GKは全然見ていない。周りの音はシャットアウトして自分の信じた方向に蹴った」

 エースが蹴り込んだボールがゴール右下に吸い込まれると、試合終了のホイッスルが響き渡った。ここまで4戦無得点だった松村は「今日は点を取れると思っていた。終わりの笛が聞こえないくらい興奮した」とJ1鹿島内定の実力を見せつけた。

 終始ボールを保持した静岡学園に対し、矢板中央は自陣に11人が引いた状態でブロック。「最初から固めてくることは分かっていたけど、攻めあぐねた」と1人に2、3人のDFで対応してくる堅守に苦戦した。それでも「攻める姿勢を貫いて点を取れたのはよかった」と放ったシュートは24本。攻撃の手を緩めず静学スタイルを貫いた姿勢が、最後の最後に勝利を呼び込んだ。

 仲間たちとの再会も大きな力になっていた。松村は昨年12月、U―18日本代表候補の合宿に参加。約6カ月ぶりの代表合流で、帝京長岡FW晴山らとともにプレー。同校とは準々決勝まで宿舎も同じで「がんばろう!」と選手権での活躍を誓い合っていた。

 決勝戦では前回王者の青森山田と対戦する。J1浦和に内定しているMF武田との“10番対決”に、松村は「もちろんプロ内定選手には負けたくない」と鼻息は荒い。「ここまで来たら日本一しか狙っていない。自分たちで歴史をつくれるように」。95年度以来24年ぶりの頂点へ、そして初の単独優勝へ。エースが再びゴールを目指す。

静岡学園がMF松村の終了間際の劇点PK弾で決勝進出
2020年1月11日 18時54分スポーツ報知


後半ロスタイム、決勝点となったPKを決める静岡学園・松村優太(カメラ・矢口 亨)

◆第98回全国高校サッカー選手権大会 ▽準決勝 静岡学園1―0矢板中央(11日、埼玉スタジアム)

 静岡学園(静岡)が矢板中央(栃木)を1―0で破り、決勝進出を決めた。

 矢板中央の徹底的な自陣に引いた守備に対し、なかなか得点を生み出せなかったが、終了間際の後半ロスタイムに鹿島内定のMF松村優太(3年)がPKを右足で冷静に決めた。これがラストプレーとなり、劇的な展開で決着をつけた。

 名門クラブへの内定が決まっている松村は大会前から注目を集めてきた。そんな中での大会初得点を決め、「全ての歓声をシャットアウトして蹴りました。90分以内で試合を決めないと、相手の思うつぼになるから、ここで絶対に決めようと思っていた」と振り返った。

 24大会ぶり2度目の頂点を目指す決勝で対戦する青森山田もJ内定者を擁する。浦和入りが決まっているMF武田英寿(3年)について尋ねられると、「プロに行っても勝負する選手なので、常にライバル意識は持っている。勝てるように準備していきたい」と気合を入れ直した。

静岡学園、松村サヨナラ弾 24大会ぶりVへ王手「カズさんにいい報告ができたらいい」
2020年1月12日 7時0分スポーツ報知


後半ロスタイム、決勝点を決め歓喜する松村(右から2人目)ら静岡学園イレブン


決勝進出チーム比較表


◆第98回全国高校サッカー選手権 第6日 ▽準決勝 静岡学園1―0矢板中央(11日・埼玉スタジアム2002)

 準決勝が行われ、静岡学園(静岡)が24大会ぶり3度目、青森山田(青森)が2大会連続4度目の決勝進出を決めた。静岡学園は後半ロスタイムに鹿島内定のMF松村優太(3年)がPKで決勝点を挙げ、矢板中央(栃木)を1―0で下して2度目の優勝に王手。青森山田は帝京長岡(新潟)との接戦を2―1で制し、2000、01年度の国見(長崎)以来となる連覇まで、あと1勝とした。決勝は13日に埼玉スタジアムで行われる。

 約3万人のファンが固唾(かたず)をのむ中でも、松村は冷静だった。「自分の信じた方向に蹴るだけだった」。後半ロスタイムに獲得したPKを、GKが跳んだ方向とは逆の右へと蹴り込んだ。直後に終了の笛が鳴る“サヨナラ弾”。自身の大会初得点で、静学を24大会ぶりの決勝に導いた。

 矢板中央の守備に手を焼いた。静学は相手の12倍、24本のシュートを放ち、松村も6本のシュートを打ったがネットは揺らせず、「相手に点を取ろうという気持ちを感じなかった。PK戦になったら思うつぼ」と焦った。それでも諦めず、後半ラストワンプレー。50メートル5秒8の俊足でペナルティーエリアにカットイン。たまらず相手DFが倒してPKを獲得した。

 松村は小・中と全国大会の経験はない。「G大阪ジュニアユースは1次試験で落ちた。大阪府外でのプレーなんて考えたことなかった」と、母・桂子さん。東淀川FCに所属した中3時、静学スタッフが視察した試合で熱を出しながらも持ち味のドリブルを披露。名門からの進学の話を聞いた時、松村は「僕でいいんですか?」と聞き返すほどだった。

 中学まではトップ下で、静学で右サイドへの転向を言い渡された。「360度見るトップ下より、サイドはより攻撃に力を置ける」と、突破力とスピードを磨ける環境で才能が開花。一昨年には世代別の日本代表に初選出。昨年は清水、磐田、松本の練習に参加し、最後は鹿島入りを決めた。

 静岡県勢の優勝は、95年度の静学以来ない。当時は鹿児島実と両校Vで、「単独優勝をして、サッカー王国復活につなげられればいい」と松村。試合前の午前11時11分にはOBで横浜CのFW三浦知良がプロ35年目の契約更新を発表。「J1で共演したい。1回戦(岡山学芸館戦)で激励してくれたカズさんにいい報告ができたらいい」。プロ入り前に、カズ先輩へ最高の恩返しをする。(山田 豊)

 ◆松村 優太(まつむら・ゆうた)2001年4月13日、大阪市生まれ。5歳でサッカーを始め、大阪・東淀川FCを経て静岡学園に入学。U―18日本代表。173センチ、68キロ。家族は両親と弟3人。

U-23日本代表・町田浩樹、結果で示せたら

シリア戦に向けて意気込みを語るU-23日本代表の町田浩樹である。
「静かで覇気が足りなかった。自分が入って周りに熱量を伝えられる試合ができれば」と前の試合を振り返りつつ自分に出来ることを口にする
熱い気持ちが溢れ出ておる。
練習でもアップにて先頭を走りその熱量を示しておる。
闘志を見せるマチに期待大である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

U23町田「結果で示せたら」チーム引っ張る覚悟
[2020年1月12日2時10分]


練習前、リフティングする町田(撮影・前田充)

U-23日本代表DF町田浩樹がアップで先頭を走り、チームを引っ張る覚悟を見せた。元日の天皇杯決勝に出場したため、タイにはチームから3日遅れて合流。

初戦はベンチから見届け「静かで覇気が足りなかった。自分が入って周りに熱量を伝えられる試合ができれば」とシリア戦へ意気込んだ。指揮官は初戦からのメンバー変更を示唆しており、町田は「1試合目に出ていないメンバーが出たとしたら、思っていることはたくさんあると思う。結果で示せたら」と必勝を誓った。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク