FC2ブログ

町田・小田逸稀、東福岡コンビ結成

町田にてかつてのチームメイトと顔を合わせた小田逸稀である。
小学校時代からの顔見知りであり、共に東福岡高校に進んだ仲である。
逸稀は、「もう一回プレーできることは嬉しい。あいつのスタイルは知っている。3年のブランク?問題ないと思います。出来ればこのまま町田でJ1に昇格して、J1で一緒にプレー出来れば最高ですね」と語る。
気心の知れたコンビでJ2を席巻するのだ。
悲願のJ1昇格を成し遂げ、そしてJ1でも躍動せよ。
楽しみにしておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

町田に新風吹かせる!“東福岡コンビ”が決意表明「このままJ1で一緒にプレー出来れば最高」
20/1/15 18:41


MF高江麗央(左)とDF小田逸稀

 “東福岡出身コンビ”が共闘を誓った。

 FC町田ゼルビアは今季の新戦力として、ガンバ大阪からMF高江麗央と鹿島アントラーズからDF小田逸稀を獲得。21歳と同い年の2人は、高校サッカーの名門である東福岡高出身だ。

 トレセンで一緒になるなど、小学校の時から顔見知りだったという2人は、卒業後にJ1の強豪に進んだというキャリアも同じ。そしてプロで3年を過ごしたこのタイミングで、再び一緒のチームでプレーすることを決断した。

 ただ町田移籍に関しての申し合わせはなく、一緒にプレーすることになったのは「たまたま」だという。昨年夏から町田に声をかけられていたという高江は、早い段階で町田への武者修行を決断。ほどなくして小田も町田への移籍を決断したが、お互いに影響があったかについては否定する。

 しかし互いにプロ入り後初めての移籍。知っている選手がいることは心強いはずだ。

 小田は「もう一回プレーできることは嬉しい。あいつのスタイルは知っている。3年のブランク?問題ないと思います。出来ればこのまま町田でJ1に昇格して、J1で一緒にプレー出来れば最高ですね」と決意表明。

 高江も「J1昇格にはこだわっていますし、貢献したい。ガンバという日本トップレベルでやれたことを自分の財産にしてやっていきたい。目に見える数字というところで、アシスト、ゴールにこだわっていきたいと思います」と力を込めた。

(取材・文 児玉幸洋)

鹿島、eスポーツチーム設立

eスポーツチームを設立した鹿島である。
新たな事業として世界一を目指すとのこと。
素晴らしい。
その第一歩としてFマリノスよりスタープレイヤーを引き抜いた。
新たな世界にて鹿島の名が売れていくことを強く望む。
楽しみである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

eスポーツチーム設立およびナスリ選手加入のお知らせ
2020.01.15(水)

このたび、鹿島アントラーズは年々成長を続けるeスポーツにおいて世界一のクラブを目指すため、eスポーツチームを設立いたしましたので、お知らせします。

所属選手には、国際サッカー連盟(FIFA)公認のサッカーゲーム、FIFAシリーズで世界を舞台に戦うナスリ選手の加入が決定し、今週末1月17日(金)からアメリカ・アトランタで開催されるFIFA 20の世界大会「FUT Champions Cup」に唯一のアジア枠出場選手として参戦します。



【eスポーツチーム設立の背景と目的】
eスポーツ市場は国内、海外共に年々成長を続けています。海外では、ドイツプロサッカーリーグが2012年から開催している「バーチャル・ブンデスリーガ」や、UEFAが主催しナスリ選手も昨年出場した「UEFAeチャンピオンズリーグ」、そしてFIFAが主催する「FIFA eワールドカップ」など、この数年でサッカーゲームでのeスポーツ産業が盛り上がりを見せており、eスポーツチームを所有、運営するプロサッカークラブも増えてきています。

国内では、過去2年開催されているeJリーグや、今年5月開催の国別対抗の世界大会「eネーションズカップ」に向けてeサッカー日本代表の結成が予定されるなど、サッカーゲーム関連の取り組みが盛んになってきています。また、2020年春から次世代ネットワーク「5G」が開始し、エンターテイメントとしてのeスポーツがますます発展する見込みです。

こうした状況のなかで鹿島アントラーズは、eスポーツを新たな事業として取り組み、世界一のクラブを目指すため、数々の世界大会に挑戦するナスリ選手の加入を決定いたしました。「すべては勝利のために」というミッションのもと、鹿島アントラーズに関わる全ての方々に勝利を通じて夢と感動をお届けできるよう、eスポーツの領域でも世界で活躍するチームを目指して、取り組んで参ります。

【選手プロフィール】
■選手名:
Web Nasri(ウェブ・ナスリ)

■生まれ:
神奈川県出身 20歳

■Twitterアカウント
https://twitter.com/nasri121017

■Youtubeアカウント
https://www.youtube.com/channel/UC9nLVb0N11XSYKTfz4CEB1Q

■主な成績:
<2017-2018シーズン>
明治安田生命eJ.LEAGUE(国内大会):ベスト4
Global Series Playoffs (世界大会):ベスト4
FIFA eWorld Cup Grand Final 2018(世界大会):グループステージ敗退

<2018-2019シーズン>
ソニーコンチネンタルカップ2018(世界大会):ベスト8
FIFA eClub World Cup 2019(世界大会):グループステージ敗退
Gfinity Licensed Qualifier Event March 2019(世界大会):準優勝
UEFA eChampions League(世界大会):グループステージ敗退
Global Series Playoffs (世界大会):ベスト16
世界ランキング(シーズン終了時):24位

<2019-2020シーズン>
inゼリー esports WORLD CHALLENGE CUP2019:優勝
FUT Champions Cup(世界大会):出場予定(1月17日〜19日開催)

■ナスリ選手コメント:
「この度、鹿島アントラーズeスポーツチームの所属選手になりましたナスリです。伝統あるアントラーズの一員に、eスポーツ選手としてなれたことを嬉しく思います。早速アントラーズのユニフォームを着て、今週末に開催される世界大会に出場します。eスポーツの世界でもアントラーズが注目されるよう、優勝目指して頑張りますので、応援よろしくお願いします」



【FIFA20世界大会「FUT Champions Cup」】
FIFA20でシーズン中6回、世界各地で開催される大会。今回ナスリ選手が出場するアトランタ大会は3回目の開催となります。各大陸の予選を勝ち抜いた32選手が集まり、3日間の日程で行われます。

静岡学園・松村優太くん、次に向けて切り替えていきたい

地元静岡市に優勝報告を行った清水学園のメンバーである。
500人あまりの市民に対して松村優太くんは、「たくさんの方々に迎えられて大きなことを達成したんだなと実感した。こういう景色を次の世代の後輩たちにも見せてほしい!」と語った。
王国の復権となるのであろうか。
また松村優太くんは、今日より鹿島のキャンプに合流する。
気持ちを切り替え、プロとしてプレイしていくのだ。
「まだ先がある。最高の形で終わることができたので次に向けて切り替えていきたい」と松村くんは言う。
今日からは鹿島の松村優太として躍動して貰おうではないか。
楽しみにしておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

静岡学園、喜びの凱旋 MF松村、15日に鹿島へ合流「切り替える」
[ 2020年1月15日 05:30 ]


約500人の市民から出迎えを受ける静岡学園イレブン
Photo By スポニチ


 全国高校サッカー選手権で24大会ぶり2度目の優勝を果たした静岡学園イレブンが14日、大逆転勝利を収めた決勝から一夜明け、地元・静岡市で凱旋報告会を行った。
 午後4時からの報告会は、静岡市役所に集まった約500人の市民がお出迎え。J1鹿島に内定しているエースMF松村は「たくさんの方々に迎えられて大きなことを達成したんだなと実感した。こういう景色を次の世代の後輩たちにも見せてほしい!」と連覇を目指す後輩たちへエールを送った。15日には鹿島に合流する。「まだ先がある。最高の形で終わることができたので次に向けて切り替えていきたい」と優勝を置き土産にプロの舞台での飛躍を誓った。

静岡学園、地元でV報告…鹿島入り内定の松村は15日には宮崎合宿へ
2020年1月15日 6時0分スポーツ報知


優勝から一夜明け、全員で「かめはめ波」のポーズを取る静岡学園イレブン

 全国高校サッカー選手権で優勝、単独では初の頂点に立った静岡学園の選手と川口修監督(46)が14日、静岡市役所に集まった約500人のファンの前で優勝報告会を行った。早朝に日本テレビ系の情報番組「ZIP!」に出演し、J1鹿島内定の松村優太(3年)は、「午前3時起きだったので2~3時間しか寝てない」と疲れ気味。15日には鹿島の宮崎合宿に向かうという。

 OBでJ1横浜CのFW三浦知良(52)が優勝プレゼントにグアム旅行招待を予告しているが、川口監督は「行かせない。練習して」と、冗談めかした。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク