FC2ブログ

松村優太、最初は出鼻を挫かれた方がいいと思う

松村優太を取材したサッカーマガジン編集部である。
プロとして練習に加わり、その強度に「何もできなかった」との言葉を発する。
「(鹿島の強度は)全然違います。特に今日は、(昨季は)いつも試合に出ていたメンバーとプレイして、『これが(試合に)出られる強度なんだな』と感じました。この強度に慣れていかなければいけない」と感想を述べ、この強度を体感したことを表現しておる。
これがプロの壁と言えよう。
この壁を乗り越えていった先にピッチに立つ資格が与えられるのだ。
期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ



【鹿島】昨季主力のプレー強度を体感した松村「厳しさは当たり前」
2020-01-19
サッカーマガジン編集部


宮崎県総合運動公園陸上競技場でキャンプを行なっている鹿島は1月19日、2部練習を実施(午後は室内練習)。午前の練習では、前日のトレーニングマッチに出場しなかった土居聖真らがミニゲームなどで汗を流した。

上写真=ミニゲームで白崎凌兵(右)らとともに汗を流す松村(写真◎サッカーマガジン)

「最初は出鼻を挫かれた方がいい」

 1月19日の午前練習は、前日のトレーニングマッチを戦ったメンバーと、出場していないメンバーとで別メニューとなった。後者は主に、元日の天皇杯決勝を戦って始動日(1月8日)よりも後に合流した選手たち。MF土居聖真や三竿健斗ら、昨季の主力の顔がそろった。

 そんな中、1週間前まで静岡学園の一員として全国高校選手権を戦っていたMF松村優太もそのグループに加わった。緑を基調としたユニフォームから、鹿島のトレーニングウェアに身を包んだルーキー。チームに合流してから初めて昨季の主力メンバーとミニゲームなどをこなし、練習後には「何もできなかった」と第一声を発した。

「(鹿島の強度は)全然違います。特に今日は、(昨季は)いつも試合に出ていたメンバーとプレーして、『これが(試合に)出られる強度なんだな』と感じました。この強度に慣れていかなければいけない」

 前日には同期入団のMF荒木遼太郎が、トレーニングマッチでゴールを決めた。多くの新加入選手を迎えた鹿島のキャンプでは、連日のように激しい競争が繰り広げられている。

「これがプロだなと思う。アンダー世代では感じたことのないことばかり。ここに来たからには、そういう厳しさはあって当たり前だと思います。今まで(の実績)は全然関係ないと思っているので、ゼロからのスタートとして頑張っていきたい。同期も僕を含めて4人いるので、切磋琢磨してやっていきたいです」

 Jリーグ最多タイトルを誇るクラブの選手になったからには、厳しい環境と向き合っていく。この日のトレーニングのように「何もできなかった」経験も、松村は自らの成長のために前向きにとらえる。

「最初は出鼻を挫かれた方がいいと思うので、その点は良かったことなのかな」

 年代別代表に選ばれるなど高校年代で名を馳せた同期、そしてタイトル獲得を義務付けられるJリーグ屈指の猛者たちの中で、松村はさらなる成長を期す。

鹿島のトレーニングを行なう静岡学園高校出身の松村(写真◎サッカーマガジン)






ゴールでプロの第一歩を踏み出した荒木遼太郎「ゼロからのスタート」

荒木遼太郎を取材したサッカーマガジン編集部である。
昨日の練習試合のこと、高校選手権敗退、U-17日本代表落選などのことについて荒木の気持ちを引き出しておる。
入団直前の去年末は悔しいことが続いたことが伝わってくる。
それを乗り越え、次はプロとして栄光を掴み取るのだ。
「与えられたポジションで自分の役割をしっかりやっていけるように、常に準備をしていきたい」という言葉に、まずはプロして与えられたポジションにて実績を出すことを目標にしておることが伝わる。
そう考えておれば、公式戦デビューはそう遠くはあるまい。
楽しみに待っておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ



【鹿島】ゴールでプロの第一歩を踏み出した荒木「ゼロからのスタート」
2020-01-19
サッカーマガジン編集部


1月18日、宮崎県総合運動公園陸上競技場でキャンプ中の鹿島がテゲバジャーロ宮崎(JFL)とトレーニングマッチを行なった。東福岡高校から加入したルーキーのMF荒木遼太郎が1得点1アシストの活躍を見せて勝利した。

上写真=今季初の対外試合となったテゲバジャーロ宮崎戦で活躍を見せた高卒ルーキーの荒木(写真◎サッカーマガジン)

■2020年1月18日 宮崎キャンプ・トレーニングマッチ(宮崎県総合運動公園陸上競技場)
鹿島 2-1 テゲバジャーロ宮崎
得点者(鹿島のみ):荒木遼太郎、柳町魁耀(鹿島ユース所属)


「昨年は悔しかったけれど、もう終わったこと」

 鹿島の高卒ルーキーが、ザーゴ監督の前で結果を残した。新体制になってから初めて行なわれたトレーニングマッチ・テゲバジャーロ宮崎戦。指揮官から「ゴールを取るようなプレーをしてほしい」と先発のピッチに送り出され、右のMFでプレーし、33分に先制ゴールをスコア。FWエヴェラウドのシュートがポストに跳ね返ったこぼれ球を拾い、右足で蹴り込んだ。

「得点は一番欲しかったので、常にゴールを意識しながらプレーしていました。あれはほとんどエヴェのゴールだったので、エヴェに『ありがとう』と言いたいです」

 さらに、後半には右サイドバックの広瀬陸斗の縦パスに抜け出し、ユース所属MF柳町魁耀の追加点をアシスト。「あの場面は良い形で点を取れた。練習でやっていた形でゴールまでつなげられた」と満足げに振り返った。

「少し緊張していたけれど、同じ右サイドの陸斗くん(広瀬)がうまく操ってくれたり、周りの選手がうまく手助けてしてくれて、リラックスしながらできたので良かったかなと思います。ただ、守備面はまだまだできていないと思うので、試合に絡んでいくためには、これからもっと徹底してやっていくことが必要になってきます」と、実戦で見えた手応えと課題を口にした。

 鹿島がキャンプを行なう宮崎の隣県・熊本県出身の荒木。「親とか、親戚の人とか、結構見に来ています」と、会場には家族の姿もあったという。「まだ少しの期間ですけれど、良い形で成長を見せられたかなと思います」。支えてくれる家族の前で、プロ選手として堂々とした姿を見せることができた。


宮崎県総合運動公園陸上競技場のスタンドには荒木の横断幕も掲げられた。サポーターからの期待がうかがえる(写真◎サッカーマガジン)

 また、スタンドには「荒木遼太郎」の名が記された横断幕も掲げられていた。

「あの横断幕は、ヒガシ(東福岡高)のときに、鹿島のサポーターの人に作っていただきました。高校選手権(福岡県予選)のときにも出してもらったんです。応援されていると感じるし、すごくうれしいです」

 その高校選手権では、12月に福岡県予選決勝で敗退。全国への切符をつかめず、涙を流した。さらに昨年は、U-17ワールドカップに臨む日本代表メンバーにも選出される可能性があったものの落選。世界のひのき舞台に立つことも叶わなかった。

「昨年のことは、悔しかったけれど、もう終わったことです。ここから、ゼロからのスタートとして、良い形でやっていければいいかなと思っています」

 2019年はいくつもの苦難や試練があったが、現在は鹿島の選手としての自覚を持ち、前を向く。以前から憧れる柴崎岳(デポルティーボ=スペイン)が袖を通した深紅のユニフォームに身を包み、ピッチに立つことを目標とする。

「(鹿島の試合は)高校生のときも見ていたので、(プレーする上で)イメージは結構できていました。柴崎選手のように、いるか、いないか、で、(試合内容や結果が)全然違うものになるくらいの選手になれるように、意識したいと思います。与えられたポジションで自分の役割をしっかりやっていけるように、常に準備をしていきたい」

 高校年代屈指の司令塔が、多くの人々の期待を背負い、プロ選手としての第一歩を踏み出した。

鹿島の高卒ルーキー荒木遼太郎が、才能の片りんを随所に発揮(写真◎サッカーマガジン)







鹿島、AFC Club Ranking 1位

AFC Club Rankingにて1位に位置付ける鹿島である。
これは素晴らしい。
ACLの結果によりランキングされておる様子。
17年ベスト16、18年優勝、19年ベスト8とコンスタントに結果を出しておることが評価に繋がっておることがわかる。
タイトルに手が届かなかったことで自虐的になるサポもおるが、鹿島はアジアでも国内でも結果を残しておる。
今季は、ここにまたACL優勝を飾って1位を守ろうではないか。
来週にはACL POが開幕する。
アジア制覇を期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

AFC Club Ranking 2020
HomeAFC Ranking DatabaseAFC Club Ranking 2020
Last updated : 15 January 2020 04:02:58 CET

Rank Country Club MA Point 20% 2017 2018 2019 2020 Total
1 JPN Kashima Antlers 98.94 19.79 21.00 35.00 25.00 100.79
2 KSA Al Hilal 94.55 18.91 36.00 5.00 38.00 97.91
3 CHN Shanghai SIPG 100.00 20.00 33.00 23.00 20.00 96.00
4 QAT Al Duhail 84.57 16.91 21.00 34.00 16.00 87.91
5 CHN Guangzhou Evergrande 100.00 20.00 23.00 20.00 23.00 86.00
6 IRN Persepolis 81.13 16.23 26.00 33.00 10.00 85.23
7 JPN Urawa Red Diamonds 98.94 19.79 35.00 30.00 84.79
8 KSA Al Ahli 94.55 18.91 23.00 21.00 18.00 80.91
9 QAT Al Sadd 84.57 16.91 2.00 29.00 28.00 75.91
10 IRN Esteghlal 81.13 16.23 22.00 23.00 11.00 1.50 73.73

スポンサー・自治体から激励

スポンサー各社やホームタウンの自治体から激励を受けたチームメンバーである。
犬飼選手会長は、「今年は必ずJリーグを含め、取れるタイトルを全て取る覚悟でいます。ご支援、ご声援をよろしくお願いします」と今季のタイトル奪還への意気込みを語る。
全てを獲りに行こうとするからこそタイトルが見えてくるのだ。
そして、ザーゴ監督は、「ご支援に感謝します。アントラーズは常にタイトル獲得が義務付けられている。私はそれに貢献したい。必ず努力をします」と鹿島というクラブの意図が分かっていることを口にする。
今季を託した。
期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

《2020 鹿島宮崎キャンプ》スポンサーや自治体から激励

ホームタウン自治体から差し入れを受け取るザーゴ監督(中央)

○…鹿島の選手は練習試合後、スポンサー各社やホームタウンの自治体から激励を受けた。

差し入れを贈呈された選手会長の犬飼は「今年は必ずJリーグを含め、取れるタイトルを全て取る覚悟でいます。ご支援、ご声援をよろしくお願いします」とあいさつ。ザーゴ監督は「ご支援に感謝します。アントラーズは常にタイトル獲得が義務付けられている。私はそれに貢献したい。必ず努力をします」と決意を語った。

ザーゴ体制初陣でテゲバジャーロ宮崎に勝利

今季最初の練習試合であるテゲバジャーロ宮崎とのトレーニングマッチを伝えるサッカーマガジン編集部である。
ルーキーの荒木遼太郎が1G1Aと結果を出したことを報じる。
これは嬉しい報。
高校時代はボランチで名を馳せた荒木を右サイドに抜擢したザーゴ監督の慧眼とそれに応えた荒木が素晴らしい。
また、ユースの柳町魁耀も先発ボランチにて結果を出した。
今秋のトップ昇格も見えてくるのではなかろうか。
そして、ザーゴ監督の採用するシステムは4-2-3-1であることが見て取れた。
昨季より所属する選手たちにも馴染みがあり、すぐに機能するように思う。
今季のゲームが見え隠れするトレーニングマッチ。
勝利という結果をポジティブに受け止めたい。
ザーゴ体制の良い船出である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ



【鹿島】ルーキー荒木が1G1A。ザーゴ体制初陣でテゲバジャーロ宮崎に勝利
2020-01-18
サッカーマガジン編集部


注目記事JリーグJ1鹿島アントラーズantlersテゲバジャーロ宮崎キャンプ荒木遼太郎東福岡柳町魁耀
1月18日、宮崎県総合運動公園陸上競技場でキャンプを実施している鹿島が、テゲバジャーロ宮崎(JFL)と45分ハーフのトレーニングマッチを行なった。新加入のFWエヴェラウドやDF奈良竜樹らが先発し2対1で勝利した。

上写真=高卒ルーキーの荒木が1ゴール1アシストの活躍を見せた(写真◎サッカーマガジン)

■2020年1月18日 宮崎キャンプ・トレーニングマッチ(宮崎県総合運動公園陸上競技場)
鹿島 2-1 テゲバジャーロ宮崎
得点者(鹿島のみ):荒木遼太郎、柳町魁耀(鹿島ユース所属)


高卒ルーキー荒木が先制ゴール

 1月1日に天皇杯決勝を戦った鹿島が、1週間後の8日に早くも始動。10日に宮崎へ移動し、トレーニングキャンプを実施している。

 昨季の主力選手が合流する前に、10日のキャンプ初日はDF奈良竜樹(←川崎F)や広瀬陸斗(←横浜FM)、永戸勝也(←仙台)、和泉竜司(←名古屋)ら、新加入選手たちが汗を流した。18日に行なわれたテゲバジャーロ宮崎(JFL)とのトレーニングマッチも、初日からトレーニングをこなした選手を中心に先発メンバーが構成された。


今季の始動後初試合となったテゲバジャーロ宮崎戦に先発した面々(写真◎サッカーマガジン)

 両翼は右サイドバックが広瀬、左サイドバックが永戸、センターバックでは奈良と2年目の関川郁万がコンビを組んだ。中盤では、昨季はサイドバックで出場することも多かった小泉慶がボランチに入り、その相方に鹿島ユース所属の柳町魁耀を抜擢。2列目は東福岡高校から加入したルーキーの荒木遼太郎と和泉が並び、新たなブラジル人のエヴェラウドとファン・アラーノが前線で攻撃をけん引。最後尾にはプロ23年目を迎える曽ヶ端準が立った。

 試合は鹿島がサイドを基点としたボール回しと、相手ボールホルダーへの素早いプレッシングで主導権を握ろうとする。19分には中盤で永戸が奪ったボールをエヴェラウドが柳町につなぎ、シュートに持ち込んだ。22分にも広瀬のタックルで奪ったボールを永戸、アラーノとつなぎ、ゴールを狙う。いずれも得点には至らなかったが、守備から攻撃への素早い切り替えからチャンスを作った。

 スコアが動いたのは33分。2020年の鹿島初ゴールを挙げたのは、ルーキーの荒木だった。左サイドの永戸のクロスからエヴェラウドがシュートを放ち、ポストに跳ね返ったボールを蹴り込んだ。鹿島が先制し、前半を折り返す。

 後半開始から左サイドにDF山本脩斗と佐々木翔悟を入れ、鹿島が追加点を狙う。74分に右サイドの広瀬から前線のスペースに縦パスが送られ、反応した荒木が一度切り返してゴール前へクロス。走り込んだ柳町が倒れ込みながらゴールへと押し込んだ。

 その後、テゲバジャーロ宮崎に1点を返されたが、2-1でタイムアップ。1得点1アシストの活躍を見せた荒木は「結果を出せたのはうれしいこと。今後の練習でも、もっと結果を出せるようにやっていきたい」と、安堵の表情を見せた。

 鹿島は20日まで宮崎市でトレーニングキャンプを実施。1月28日には、カシマスタジアムで今季初の公式戦となるAFCチャンピオンズリーグ・プレーオフ(対戦相手未定)に臨む。

宮崎キャンプ中の鹿島はテゲバジャーロ宮崎とトレーニングマッチを行ない、新加入選手を中心としたメンバーで勝利を収めた(写真◎サッカーマガジン)





プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク