FC2ブログ

トップチーム、グループトレーニング開始へ

5月18日(月)よりグループトレーニングを開始するトップチームである。
茨城県の緊急事態宣言解除に伴うものである。
これは嬉しい。
再開への第一歩と言えよう。
トレーニングの見学こそ出来ぬが、チームが活動しておれば、そのニュースだけでも嬉しいもの。
これからが楽しみである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

トップチームのグループトレーニング開始について
2020.05.15(金)

新型コロナウイルス感染症に対する感染予防対策の一環として、休止中のトップチームのトレーニングについて、茨城を含む39県での緊急事態宣言解除および、県内の休業要請や外出自粛が段階的に緩和されたことを受け、5月18日(月)よりグループトレーニングを開始することになりましたので、お知らせいたします。トレーニングは感染予防対策を徹底したうえ、1グループ最大8名を4つに分け、それぞれクラブハウス滞在時間を区切って実施します。

今後の活動について変更がある場合は、決定次第、あらためてご案内いたします。

なお、引き続き、トップチーム練習見学およびクラブハウス施設への一般立ち入りについては、当面の間、中止とさせていただきます。ファン・サポーターの皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解いただきますようお願いいたします。

ありがとう本山雅志

#Jリーグの日を記念して本山雅志のプレイ集をTweetした鹿島アントラーズ公式Twitterである。
今観直しても惚れ惚れする。
素晴らしすぎる。
まさにクリスタル。
この輝きと共に三冠をそして三連覇を成し遂げた鹿島アントラーズというクラブを誇りに思う。
改めて堪能した。
ありがとう、本山!

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

ジーコの「祝砲」が日本サッカーにもたらした恩恵

1993年Jリーグ開幕戦について記すサッカーダイジェスト誌の小室氏である。
鹿島アントラーズの相手は名古屋グランパスエイトであった。
この試合にてジーコはJリーグ史上初のハットトリックを成し遂げる。
センセーショナルな出来事であった。
周囲の話題は、W杯得点王である名古屋のリネカーが最下位候補であった鹿島相手にどのようなゴールショウを魅せるかであった。
しかしながら、それを覆し、世界のジーコ健在とアピールすることとなった。
このハットトリックにより、日本国内だけでなく世界中に日本にプロサッカーリーグが誕生したことをニュースとして広げることとなった。
ジーコと鹿島が日本サッカーにどれだけの貢献をしたかがこの一つだけでもうかがえるもの。
その試合が、明日、YouTubeにて配信される。
フルバージョンを観る機会はこれまでなかなか無かった。
これを機に、若きファンもジーコを、そして黎明期の鹿島を堪能して欲しい。
また同時に「鹿ライブ」も楽しみたい。
今の時代だからこそ楽しめるものがある。
サッカーは世界の言葉である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

忘れられぬ27年前の“開幕戦ハットトリック“。ジーコの「祝砲」が日本サッカーにもたらした恩恵
小室功
2020.05.15


40歳のジーコが開幕戦で圧巻のプレー。Jリーグ第1号ハットトリックで歴史に名を刻んだ。(C)SOCCER DIGEST

「役者が違う」とは、まさにこういうことをいうのだろう。人々の熱が凝縮されるひのき舞台で、とんでもない伝説を生み出してしまうのだから。

 “Jリーグ”と名付けられた日本サッカー界初のプロリーグの幕開けは、1993年5月15日だった。華やかな演出のなかで、オープニングセレモニーが続き、「Jリーグは今日ここに大きな夢の実現に向かって、その第一歩を踏み出します」と、川淵三郎初代チェアマンが高らかに宣言。早いもので、あれから27年が経つ。

 記念すべき開幕カードは、ヴェルディ川崎(現・東京ヴェルディ)対横浜マリノス(現・横浜F・マリノス)。当時の日本サッカー界を牽引する2強の対決だ。東京・国立競技場に5万9626人の大観衆を集め、19時29分にキックオフされた。

 試合は19分にマイヤーの豪快ミドルが決まり、V川崎が先手を取る。だが、後半の立ち上がり14分間で2得点した横浜Mが逆転。そのままスコアは動かず、開幕戦を飾っている。

 翌16日、残る4試合が各会場で行われた。

 なかでも大きな驚きをもってその結果が国内外に伝えられたのが、鹿島アントラーズ対名古屋グランパスだろう。だれひとりとして予想だにしなかったであろう5-0の大差で、ホームの鹿島が名古屋を粉砕したのだ。

 勝利の立役者は紛れもなくジーコだった。当時、40歳。世界の第一線を退いていたとはいえ、卓越したスキルと戦術眼に衰えなど見られず、情熱と向上心にあふれるリーダーシップも相まってチームを戦う集団へと引き上げていた。

 そんな大御所が耳目を集める開幕戦で、いきなりハットトリックを成し遂げたのだから、鹿島のファンやサポーターが狂喜乱舞しないわけがない。

 どのゴールも称賛に値する素晴らしいものだった。

 1点目は25分。相手選手同士が交錯し、そのこぼれ球にいち早く反応した。ペナルティエリア外からのシュートだったが、鮮やかなドライブがかかり、ゴールネットを揺らした。

 2点目はその5分後だ。伝家の宝刀である直接FKを決めてみせた。固唾を飲んで見守る観客の期待に見事にこたえるあたりが、やはりスーパースターたるゆえんだろう。「ただただ唸るしかない」と、鹿島のチーム関係者は口をそろえていた。

 そして、3点目は63分。相手陣内でいったんタメを作ったジーコは、左サイドを駆け上がるアルシンドに展開。すぐさまゴール前に走り込み、アルシンドからのリターンクロスを左足のインサイドボレーで叩き込んだ。シュートの瞬間は、窮屈そうな体勢になったものの、正確なインパクトでゴールを奪った。

 ジーコの名がJリーグの歴史に刻まれた瞬間でもある。J1では過去235回のハットトリックが記録されているのだが、二番目や三番目ではなく、その一番手。こうした付加価値は何ものにも代えがたい。

 だが、ジーコはどこまでもジーコだった。

「自分のハットトリックよりチームの勝利のほうが重要。いいスタートを切ることができた」と、常に“チームのために”を強調するジーコらしいコメントを残している。

 以前、このような話をしていたのを思い出す。

「自分がハットトリックを決めて一度だけ試合に勝ち、ほかの2試合に負けてしまうくらいなら、1点ずつでいいからチームのためにゴールし、3試合すべてに勝ちたい」

 世界に名の知れたジーコのハットトリックは話題性が抜群だ。テレビや新聞、雑誌など、さまざまなメディアによって大々的に取り上げられた。海外からの目をJリーグに引き付けるきっかけにもなった。

 試合当日のカシマスタジアムには外国人記者が多く、英国のサッカー専門誌である『ワールドサッカー』の編集長も取材に訪れていたと聞く。というもの、1986年のメキシコワールドカップ得点王のリネカー(元イングランド代表)が名古屋に在籍していたからだ。

 ジーコの前に、すっかり引き立て役に回されてしまったものの、実は最初にゴールネットを揺らしたのはリネカーだった。オフサイドの判定によって取り消されたのだが、当時すでにVARが導入されていたら、得点が認められていたかもしれない。そのくらいきわどいシーンではあった。

 とはいえ、勝利に貪欲な鹿島の勢いを最終的に制御できなかったであろうが。

 カリスマ性あるジーコに率いられた鹿島は結果を出し続けることで、その知名度を瞬く間に高めていく。Jリーグ開幕から四半世紀が過ぎ、最多20冠を誇る強豪として君臨しているわけだが、クラブの礎を築いたジーコを抜きに鹿島の歴史と伝統は語れない。

 今、改めて思う。

 強烈なインパクトを残し、珠玉の伝説となったジーコのハットトリックは、日本サッカー界にとって新時代の到来を告げるにふさわしい祝砲でもあったのだ、と。

文●小室功(オフィスプリマベーラ)


Jリーグ、再開に向けた新型コロナウイルスへの対応ガイドライン案公表

リーグ再開に向けた新型コロナウイルスへの対応ガイドライン案を公表したJリーグである。
多くの地域にて緊急事態宣言が解除され、残りの地域も来週には解除される可能性が現実味を帯びてきた。
いよいよ、収束の兆しが見えたと言えよう。
次なるステップに進み、再開への準備を行うところである。
その為には、再観戦拡大が起こらないようにせねばならぬ。
更に我らが気を引き締める必要があろう。
三密は厳禁である。


にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

Jリーグ、通常開催までの8ステップ プロ野球だけじゃない!宣言解除後へ急ピッチ
 Jリーグは14日、リーグ再開に向けた新型コロナウイルスへの対応ガイドライン案を公表した。公式戦は2月下旬から中断する中、クラブの活動は8つのフェーズ(段階)を想定。39県が対象となった「緊急事態宣言の解除」では身体接触を伴う通常のチーム練習が可能となり、一時は難しいとされた6月下旬の再開も見えてきた。

 Jリーグ再開への道筋が示された。ガイドライン案は「3密」の回避など感染予防策や情報開示の基準を明示。練習や試合開催の指針では、個人(在宅)練習から試合の通常開催まで8つのフェーズに分け、身体接触を伴うチーム練習は「緊急事態宣言の解除」を条件とする旨が記載された。

 この日、その緊急事態宣言が39県で解除され、対象の県に本拠地を置くクラブは早速動きを見せた。鳥栖はJ1で初となる全体練習の再開を発表。金明輝監督は「リスクヘッジしながらやりたい」と気を引き締めた。広島は少人数に分かれて練習を再開する方針を決めた。

 リーグは39都道府県にJ1からJ3まで56クラブが広がる。緊急事態宣言が解除されない地域のクラブも多い。しかし、この日は対象外だった8都道府県も、21日にも解除される可能性が出てきた。

 この場合、全クラブが5月中にチーム練習を開始できる。Jリーグと各クラブは準備期間を4週間設けることで一致しており、緊急事態宣言が5月末まで続けばリーグ再開は最短でも7月初旬との見方が大勢だった。しかし、早ければ6月下旬に公式戦が実施できる見込みとなった。

 Jリーグの村井満チェアマン(60)も11日の会見で「次のステップは(緊急事態宣言について評価を聞く)21日の政府専門家会議。宣言がどうなるか」と話していた。

 当初は無観客開催が想定されるがチームの往来は避けられず、感染拡大の懸念が残るなどクリアすべきハードルは低くない。それでも一歩ずつ、開幕へと前進する。

「Antlers Channel」のコンテンツ

「Antlers Channel」第二回配信内容を伝えるサカノワ編集グループである。
篤人の選手評が楽しい。
またこのチャンネルでは、地域放送であるFMかしまでの番組である「アントラーズラウンジ」のサイン放送も聴取出来る。
鹿島の情報が聴けるこの番組に対してコメント、質問などを全国から送ることも出来よう。
メッセージは、こちらから可能である。
https://jcbasimul.com/radio/756/
今後ともこのコンテンツを楽しんでいきたい。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

【鹿島】内田篤人が大迫勇也を斬る「フンテラールのように日本でボールを収められるのは――」
サカノワスタッフ2020年5月14日

音声配信アプリ「stand.fm」のクラブ公式チャンネル、2回目の配信開始。

 J1リーグ鹿島アントラーズが立ち上げた音声配信アプリ「stand.fm(スタンドエフエム)」の『鹿島アントラーズ公式チャンネル』で14日、DF内田篤人がチームメイトを一刀両断する「バッサリいきます!内田篤人のチームメート一言斬り!」の第2回目を配信した。

 初回に続いて中田浩二C.R.O(クラブ・リレーションズ・オフィサー)が司会進行を務め、内田篤人が新旧のチームメートについて、一言ずつネーミングをしつつ、知られざるエピソードを語っていった。

 今回は、日本代表のエースストライカーでもある大迫勇也について、内田が語った。

 内田は大迫を「ボール収めお兄さん」と”命名”して、次のようにその能力の高さを認めた。

「(シャルケ04時代にチームメイトだったオランダ代表FW)フンテラールと一緒にやって、『ボールを収める、ってこういうことだったんだ』と思ったんです。日本でそれができるのは大迫。点を取るだけではなくて、『ボールをもらう、違う選手にあげる、ゴール前へ行く』というプレーをすごくシンプルにできる」

 中田C.R.Oが「(そういったプレーができると)周りの選手は楽だよね。キープすることで時間を作ってくれるから、上りやすい」と頷く。

 内田は「そうです。もちろん、まずシュートが上手いというのはあります。チームの仲間からすると、(前線に大迫が)いてくれるとすごく助かる」と頷き返した。

「ハンパない?(笑)」という中田C.R.Oの問いに、内田は「彼が高校から加入した時、『これは、高校生では止められないな』と感じました。高校選手権でめちゃくちゃ点を取っていますけれど、プロのレベルにあると思いました」と、鹿児島城西高校から加入した段階で、”別格”だと驚いたそうだ。

 ブンデスリーガは5月16日に再開する。内田は「頑張ってほしいなあ。たまに観ているんですけれどね。ドイツだけでなく日本代表としても、頑張ってほしいです」と期待を寄せていた。

 今回の番組内ではさらに、上田綺世、曽ヶ端準、遠藤康、土居聖真についても、ばっさり一刀両断。様々な面白いエピソードを披露している。

 エフエムかしま(FM 76.7)で放送中のクラブ公式ラジオ番組「アントラーズラウンジ」も、このチャンネル内で再放送される。また、番組の視聴は「stand.fm」のアプリまたはWebで可能。アプリから放送へのコメント、選手などへの質問、メッセージも募集中。内田の連載3回目の配信は、5月19日12時を予定している。

[文:サカノワ編集グループ]

デジタル観戦・「鹿ライブ」開催

オンラインイベントを開催する鹿島アントラーズFCである。
明日のJリーグの日に合わせて配信・放映される、1993年開幕戦と2001年CS第2戦に対して「鹿ライブ」と称してクラブOB・現役選手たちと共に観戦して楽しむというもの。
豪華プレゼントと共に参加者はクラブに「投げ銭」として支援を行うことが出来る。
これは素晴らしい。
そして、今季、行われるであろう無観客試合への実験ともなろう。
これまでサッカークラブとして日本の最先端を走っておった鹿島アントラーズFCであるが、デジタル・ITでも先を走っておることがよく分かる。
これもmercari効果であろう。
この先も改革が進むのではなかろうか。
今後もまた楽しみである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

「Jリーグの日」特別企画!「鹿ライブ」開催のお知らせ
2020.05.14(木)

「Jリーグの日」特別企画!「鹿ライブ」開催のお知らせ
〜OB・選手を交えたライブ配信イベント並びにクラブ初の投げ銭企画の実施〜



鹿島アントラーズでは新型コロナウイルス拡散防止策として公式戦が中断されているなか、「#いまできることをみんなで」をテーマに、公式メディアを中心にさまざまな企画を実施しております。

その一環で、5月16日(土)「Jリーグの日」の特別企画として、ファン・サポーターの皆様と一緒に過去のアーカイブ映像観戦を行うオンラインライブイベント「鹿ライブ」を開催することになりましたので、お知らせいたします。

このイベントは、同日Jリーグ公式YouTubeとNHK BS-1で配信・放送される試合にあわせて、スポーツエンターテイメントアプリ「Player!」※ 上で、当時試合に出場していたクラブOBや現役選手たちとともに観戦し、ここだけでしか聞くことができないエピソードなどを交えながら楽しむライブ配信イベントです。

同イベントでは、新たなサッカー観戦のあり方として、クラブとして初めて「Player!」を用いた視聴者参加型の投げ銭による応援企画を実施します。

今後もファンの皆様との新しいコミュニケーションのあり方として、オンラインで楽しめる番組企画を提供してまいります。

※スポーツをリアルタイムで届けるスポーツ専用実況アプリ。試合速報だけでなく、同じ試合を観戦している他のユーザーとクラブへの思いや感情を共有することができます。

【イベント詳細】

■配信時間(予定)
5月16日(土)15:50~21:00

■タイムテーブル(予定)
15:50~16:00 オープニング

16:00~18:00 第1部(名古屋戦解説)
※1993 Jリーグサントリーシリーズ第1節 vs名古屋グランパスエイト
(Jリーグ公式YouTubeチャンネル:http://www.youtube.com/user/jleaguechannel)の映像を観戦しながらお楽しみください。

18:00~19:00 第2部(ファン・サポーター交流イベント)
※豪華ゲストがファン・サポーターの皆さんからの質問にお答えします。

19:00~20:49 第3部(磐田戦解説)
※2001Jリーグ サントリーチャンピオンシップ 第2戦 vsジュビロ磐田(NHK BS-1)の映像を観戦しながらお楽しみください。

20:49~21:00 エンディング

■出演者
・MC:
 名良橋晃氏、中田浩二C.R.O、河村太朗氏(アナウンサー)
・ゲスト:
 第1部 黒崎久志(アカデミーテクニカルコーチ)
 第2部 土居聖真選手
 第3部 曽ケ端準選手、柳沢敦(ユースチームコーチ)

■投げ銭詳細
「鹿ライブ」では、鹿島アントラーズの活動を直接支援できます。番組を楽しんでいただいた方からの支援を元に今後も活動してまいりますので、ぜひ、ご支援をお願いいたします。

ご支援をいただいた方全員に、ジーコTD、小笠原満男T.Aのデジタルサイン入り限定フォトをプレゼントいたします(ダウンロード形式)。

また、抽選でサイン入り 20NIKEレプリカユニフォーム(1st)をプレゼントいたします(5名様)。



■配信ページ
第1試合
16:00〜 1993Jリーグサントリーシリーズ第1節 vs名古屋グランパスエイト
https://web.playerapp.tokyo/live/53377?pr=kashima

第2試合
19:00〜 2001Jリーグ サントリーチャンピオンシップ第2戦 vsジュビロ磐田
https://web.playerapp.tokyo/live/53378?pr=kashima

■配信プラットフォーム:
「Player!(プレイヤー)」
URL:https://web.playerapp.tokyo/



※ブラウザ・アプリどちらでも視聴が可能です。Andoroid端末の場合は、ブラウザでお楽しみください。

鹿島クラブ初の“投げ銭企画”OBらが過去試合解説
[2020年5月14日17時49分]


96年 現役時代の黒崎久志氏

鹿島アントラーズは14日、クラブ初の“投げ銭企画”を行うことを発表した。

16日にJリーグ公式YouTubeチャンネルとNHK-BS1で過去の試合が放送されるのに合わせて実施する。スポーツエンターテインメントアプリ「Player!」上でOBによるライブ解説を配信し、その配信内で投げ銭による応援企画を行うという。テレビやパソコンなどで試合の放送を見ながら、スマホ片手にOBのトークを楽しむというもの。アプリ内で決済情報を登録すれば、好きなタイミングでクラブに対して“投げ銭”ができる。

一連のオンラインイベントを「鹿ライブ」と銘打ち、約5時間ぶっ通しのライブ配信に挑む。午後4時からJリーグ公式YouTubeチャンネルで配信される93年名古屋との開幕戦のライブ解説には、アカデミーテクニカルコーチの黒崎久志氏が出演。午後7時からNHK-BS1で放送される01年チャンピオンシップ磐田戦のライブ解説には、GK曽ケ端準とユースコーチの柳沢敦氏が出演し、当時のエピソードを語る。試合の合間となる午後6時からの配信にはMF土居聖真が出演し、ファンからの質問に答えるという。

4月24日のクラブ決算発表時には、小泉文明社長(39)が「クラウドファンディングや投げ銭などのデジタル施策で収益化を計る、またお客様の感動値をいかにスタジアムと同じようにキープできるかなど、無観客試合であっても入場料収入が0にならないような仕組みを準備したい」と話していた。Jリーグ再開後を見据えた鹿島の施策が、どのような反響を呼ぶのか注目される。

【鹿島】クラブ初“投げ銭”企画実施 配信・放送される過去の名試合で、支援者にはプレゼントも
2020年5月14日 17時0分スポーツ報知

 J1鹿島は14日、OBや選手を交えたライブ配信イベント並びに視聴者参加型の投げ銭企画を実施することを発表した。

 「Jリーグの日」である5月16日に、過去のアーカイブ映像観戦を行うオンラインライブイベント「鹿ライブ」を開催。同日にJリーグ公式YouTubeとNHK BS1で配信・放送される過去の試合にあわせ、スポーツエンターテイメントアプリ「Player!」上で、当時試合に出場していたクラブOBや現役選手とともに観戦し、当時のエピソードなどを交えながら楽しむことができるライブ配信イベントとなる。

 同イベントでは、新たなサッカー観戦のあり方として、クラブとして初めて「Player!」を用いた視聴者参加型の投げ銭による応援企画を実施する。配信は午後3時50分~午後9時の3部構成。

 第1部(午後4時~6時)では、1993年Jリーグサントリーシリーズ第1節名古屋戦をJリーグ公式YouTubeチャンネルで観戦。午後6時~7時の第2部(ファン・サポーター交流イベント)ではFW土居聖真が登場。第3部(午後7時~8時49分)では「2001年Jリーグサントリーチャンピオンシップ第2戦磐田戦(NHK BS‐1)の映像を観戦する。

 MCはクラブOBの名良橋晃氏、中田浩二CRO、河村太朗氏(アナウンサー)。ゲストとして第1部に黒崎久志氏(アカデミーテクニカルコーチ)、第2部にFW土居聖真、第3部にGK曽ケ端準、柳沢敦氏(ユースチームコーチ)が登場する。

 「投げ銭」制度は、クリックで寄付ができる“おひねり”のような仕組み。YouTube内の「視聴者ファンディング」という形で世間に浸透している。クラブは、「ご支援をいただいた方全員に、ジーコTD、小笠原満男TAのデジタルサイン入り限定フォトをプレゼントいたします(ダウンロード形式)。また、抽選でサイン入り 20NIKEレプリカユニフォーム(1st)をプレゼントいたします(5名様)」と発表している。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク