FC2ブログ

マチの飛躍に期待

練習風景の一コマである。
曽ケ端とマチの姿が写る。
ベテランGKの存在は非常に重要である。
その価値は今季は特に感じさせられよう。
また、そこから若きCBは学ぶことも多い。
左利きで高身長、昨季は左SBとしてプレイの幅を広げた。
今季は指揮官も替わり感じるものも多かろう。
町田浩樹の更なる飛躍を期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

グループトレーニング


グループに分かれ、時間別にトレーニングを実施しました。

Jリーグ、「3ブロック」案を検討

J1を「3ブロック」に分けて再開日程を編成する案を検討するJリーグである。
移動のリスクを軽減する施策である。
鹿島は、「北海道コンサドーレ札幌、ベガルタ仙台、浦和レッズ、柏レイソル、FC東京」のブロックになる模様。
スタジアムに向かえる近郊クラブになってしまうことは残念ではあるが、これも致し方のないところ。
Jリーグは今、日程くんを駆使し、新たなる日程を組んでおることであろう。
どのような対戦になるのであろうか。
楽しみに発表を待っておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

J1が地域別3ブロックで再開検討 移動リスク軽減
[2020年5月26日8時0分]

2月下旬から中断中のJリーグが、J1を「3ブロック」に分けて再開日程を編成する案を検討していることが25日、分かった。

「北海道コンサドーレ札幌、ベガルタ仙台、鹿島アントラーズ、浦和レッズ、柏レイソル、FC東京」「川崎フロンターレ、横浜F・マリノス、横浜FC、湘南ベルマーレ、清水エスパルス、名古屋グランパス」「ガンバ大阪、セレッソ大阪、ヴィッセル神戸、サンフレッチェ広島、サガン鳥栖、大分トリニータ」と地域別にまとめ、再開後当面のカードはそのブロック内で組んでいく方式。再開日程を決める予定の29日の臨時実行委員会までに各クラブに提案し、協議を重ねていく運びだ。

再開後のポイントの1つとなる「移動時のリスク」軽減の1手になりうる。22日の臨時の実行委員会後、村井チェアマンは「感染が完全に収束していればいいが、危険と並走しながら試合を開催するタイミングでは、なるべく隣接する地域のマッチメークを多くする考慮をしたい」との意向を示していた。この日、首都圏の1都3県と北海道の緊急事態宣言が解除。感染拡大は沈静化してきたもののリスクはゼロとはいえず、県またぎの移動は危険が潜む。3ブロック案は最小限の移動で試合を開催でき、クラブの安全性をより高めることが可能になる。

Jリーグは7月上旬の無観客試合での再開を視野に、29日に向けて協議を重ねている。全都道府県で緊急事態宣言が解除されたことで、遅くても6月第1週には全クラブが全体練習を再開する状況が整う。再開までの準備に要する各クラブの全体練習期間と想定する「4~5週間」を経て、待望の時を迎えることになる。

セレソン3ショット

鹿島アントラーズ公式Instagramについて伝えるFootball ZONE web編集部である。
ジーコ・レオナルド・ジョルジーニョの3ショットについて大きく取り上げられておる。
非常に懐かしい。
この豪華な写真は鹿島アントラーズだからこそ実現したもの。
日本サッカーを牽引するクラブが鹿島町に存在する。
素晴らしいことである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

鹿島の元ブラジル代表“レジェンド”3人も集結 90年代の秘蔵ショット10枚公開に大反響
2020.05.26


ブラジル代表時代の(左から)レオナルド、ジーコ、ジョルジーニョ【写真:Getty Images】

鹿島公式インスタグラムで95~97年に行われたブラジルキャンプの貴重ショット10枚をアップ

 新型コロナウイルスの感染拡大により、Jリーグは2月下旬から公式戦を中断している。各クラブや選手たちは連日、SNS上で自宅でのトレーニング風景や過去の貴重写真などを投稿しているが、J1鹿島アントラーズは公式インスタグラム上で1995年~97年に行われたブラジルキャンプの秘蔵ショット10枚をアップ。クラブのレジェンドである元ブラジル代表MFジーコ氏、同MFレオナルド氏、同DFジョルジーニョ氏が並ぶ貴重な3ショットもあり、ファンからは「懐かしすぎる」「やばっ」などの声が上がっている。

 現在中断中のJリーグは6月27日、または7月4日を再開日の候補として最終調整を進める見通しと報じられており、政府による緊急事態宣言が解除された地域のクラブから、厳重な感染予防の下、トレーニングを再開。鹿島も茨城県の緊急事態宣言の解除と、県内の休業要請や外出自粛が段階的に緩和されたことを受け、18日からグループトレーニングを開始している。

 そうしたなか、クラブは公式インスタグラムに10枚の写真をアップ。「今日は1995年、1996年、1997年に行われたブラジルキャンプより、秘蔵画像をお届けします!」と綴られた投稿には、J開幕当初に前線を牽引した元日本代表FW黒崎久志氏、同FW長谷川祥之氏をはじめ、ともに97年に加入し、2000年のJリーグ初となる三冠獲得に貢献した元ブラジル代表MFビスマルク氏、元日本代表DF名良橋晃氏ら、懐かしの面々がキャンプに参加した際の写真が収められている。

 10枚の写真のうち、とりわけ目を引くのがジーコ、レオナルド、ジョルジーニョの元ブラジル代表トリオによる3ショットだ。「サッカーの神様」と称され、セレソンの10番を背負ったジーコ、1994年アメリカ・ワールドカップ優勝経験者のレオナルド、ジョルジーニョと、レジェンド3人が揃い踏みとなった写真は、滅多に目にできない貴重なもの。コメント欄では「懐かしすぎる」「やばっ、この3人」「ジョルジ様、レオ様帰って来て!!」「ブラジル代表チームですか?」といった声が上がっており、古くからクラブをサポートするファンの心をしっかりとつかんでいた。


2000年シーズン、三冠の思い出

2000年シーズンの鹿島の三冠について記すJリーグ公式サイトである。
この年は、リーグタイトルの加え、ナビスコ杯、天皇杯を獲り史上初の三冠を達成した。
これはJリーグ史に残る偉業と言えよう。
しかしながら、年間勝ち点という意味では鹿島に後れを取り、ナビスコ杯の決勝は当時エレベータークラブであった川崎が相手であり、天皇杯も延長戦までもつれ込んだ薄氷を踏むタイトルであった。
こう振り返って、三冠は運の要素も大きいと感じさせられる。
とはいえ、歴史に名を刻んだことは紛れもない事実である。
シーズン途中でレンタルから復帰した鈴木隆行の大ブレイクが今でも思い出される。
ただ、相馬直樹が天皇杯準決勝にて左膝外側半月板損傷の重傷を負った痛手は、後のシーズンに暗い影を落としたことも忘れられぬ。
この年は、Jリーグに鹿島ありと名を上げたシーズンであった。
思い出である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

“黄金世代”が台頭した鹿島が、史上最多三度目の王者に! 史上初の三冠も達成【Jリーグヒストリー:2000年】

鹿島が、史上最多となる三度目の優勝を達成。この年、ナビスコカップ、天皇杯も制して、史上初となる三冠も成し遂げた

2000年代最初のシーズンは、各チームの力が拮抗し、1stステージ、2ndステージともに、最後まで優勝チームが読めない展開となった。

1stステージを制したのは横浜FMだ。オズワルド アルディレス監督の下、アグレッシブな戦いを展開すると、中村 俊輔、柳 想鐵ら攻撃陣が躍動。9節にG大阪を破り首位に立つと、その後も着実に勝点を積み重ねた。しかし、同じく優勝を争うC大阪との直接対決に敗れ、最終節を前に首位から陥落。そして迎えた運命の最終節。C大阪が川崎FにⅤゴールで敗れたのに対し、横浜FMは市原に快勝。土壇場で再逆転し、ステージ優勝を成し遂げた。

しかし2ndステージに入ると、横浜FMは突如低迷。代わって勢いを見せたのは1stステージで8位に終わった鹿島だった。トニーニョ セレーゾ監督を迎えたこのシーズン。小笠原 満男、中田 浩二、本山 雅志と“黄金世代”の若手が主軸へと成長。秋田 豊、ビスマルクらベテランもハイパフォーマンスを保ち、安定した戦いを続けた。

開幕6連勝とスタートダッシュに成功し、その後は4戦勝ちなしと勢いを失いかけたが、シドニー五輪中断明けの11節から再び調子を取り戻し、4連勝と加速した。そして首位で迎えた最終節、勝点1差で迫る柏との直接対決をスコアレスドローで乗り切り、そのままステージ優勝を果たした。

チャンピオンシップでも際立ったのは、鹿島の勝負強さだった。アウェイでの第1戦をスコアレスドローとすると、国立競技場で行われた第2戦では、横浜FMを圧倒。24分に鈴木 隆行、39分に名良橋 晃、44分に中田 浩二がゴールを奪い、前半のうちに勝負を決めた。

2戦合計3-0とした鹿島が、史上最多となる三度目の優勝を達成。この年鹿島は、ナビスコカップ、天皇杯も制して、史上初となる三冠も成し遂げている。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク