fc2ブログ

鹿島アントラーズつくばジュニアユース・布袋田結太くん、JFAエリートプログラムU-13日韓交流トレーニングキャンプメンバー選出

JFAエリートプログラムU-13に選出された鹿島アントラーズつくばジュニアユースの布袋田結太くんである。
これは嬉しい報。
このキャンプにて爪痕を残し、いずれ年代別代表へと進んで欲しい。
注目である。

JFAエリートプログラムU-13日韓交流トレーニングキャンプ(2023.11.14-11.19@大阪・J-GREEN堺)メンバー・スケジュール

昌子源、まだまだ若いチームだな

今季のチームについて発信した昌子源である。
2023年シーズンが無冠に終えたことについて記す。
まず自身のことも反省しつつ、俯瞰にてチームを冷静に見てのコメントが並ぶ。
「まだまだ若いチームだな」と感じ、結果「ターニングポイントの試合において、ことごとく勝利を掴むことができませんでした」との言う。
これは昨季、それ以前から続く現状を強く表しておる。
その理由として、「試合の展開に応じたゲーム運びがうまくない」と分析する。
まさに経験不足と言って良かろう。
ここは監督も手の施しようがない部分とも言える。
外から観ておって、小笠原満男の穴の大きさばかりを感じさせられる。
事実、満男引退後は一つもタイトルを取れておらぬ。
これを危惧してOBを呼び戻しておることには納得せざるを得ない。
若く走れるチームは勢いがあっても状況のコントロールには長けておらなんだ。
それを来季には改善してタイトルを目指したい。
その兆しをのこり3試合で見せて貰おうではないか。
3連勝すればACLの可能性はある。
強い気持ちこそ今求められておるもの。
それが発揮出来るのか否かを確認するため3試合ともスタジアムに向かう。
重要である。

無冠のシーズン。

ユニオン・サン・ジロワーズの町田浩樹、ベスト11選出



ベルギー ジュピラーリーグの週間ベスト11を選出したRTBF Sport編集部である。
CBの一角にユニオン・サン・ジロワーズの町田浩樹の名がある。
これは嬉しい。
遠く欧州の地にて活躍しておることが伝わってくる。
この調子であれば、明日発表される日本代表メンバーにも名を連ねるのではなかろうか。
板倉が負傷しておるこの状況であれば召集される可能性が高い。
ベルギーにて、そして日本代表にて実績を残し、ステップアップ移籍を叶えよ。
注目しておる。

ずらり並んでジーコに深々とお辞儀で挨拶



「社長、おつかれさまです!」ずらり並んでジーコに深々とお辞儀で挨拶「安西の悪いカオ」「王に対する正しい接し方」など反響

鹿島アントラーズの面々から見送られる動画を発信したジーコ公式Xアカウントである。
安西のふざけ気味の高い声がかんらからと響く。
これもまたチームの姿と興味深い。
今回のジーコCA来日以来一つも勝利しておらぬ。
これこそ由々しきこと。
どうにかチーム状態を上向きにし、ジーコに笑顔を届けたいもの。
次節・柏戦ではおよそ2ヶ月ぶりの歓喜に沸きたい。
懇願である。

長良高校・江崎直也くん、藤井智也に背中を押されて

長良高校の江崎直也くんについて記すサッカーダイジェストの安藤隆人氏である。
江崎直也くんは名古屋グランパスU-15に所属しておったが、U-18に昇格出来ず、強豪校への内定もあったが、長良高校を選んだとのこと。
その裏に藤井智也の経歴があったとのこと。
長良高校出身の藤井の歩みに触発され、"勝たせられる"選手を目指すべく進路を決めた。
プロになった選手は多くの人に影響を与えることがよくわかる。
より成功を収め上を目指すこともプロ選手には求められる。
藤井だけでなく全てのプロ選手が高みを目指して日々修練しておることであろう。
それに対してクラブは後押ししていく存在となる。
それも含めてのサッカー界である。

鹿島MF藤井智也に背中を押されて――県内屈指の進学校でプロを目ざす江崎直也の覚悟「勝たせられる選手になりたい」
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
10 | 2023/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク