fc2ブログ

U-17日本代表・徳田誉くん、個人としても後がない状況だと思っている

U-17日本代表の徳田誉くんを取材したゲキサカの川端暁彦氏である。
ポーランド戦には先発したもののアルゼンチン戦では出場機会無しに終えた。
この悔しさが伝えられる。
次戦・セネガル戦では大いなるゴールを決めて欲しい。
「相手の武器であるフィジカルのところは自分の武器でもある。どこが相手だろうとそこで負けたくないという気持ちもあるし、自分らしさをそういう相手に対しても出せるようにやっていきたい」と対戦相手に対する気持ちを前面に出す。
ここでフィジカルで勝ち、ボールを引き出したシュートで勝負を決めて貰いたい。
楽しみにしておる。

「個人としても後がない状況だと思っている」。爆発を狙うU-17日本代表の大型FW徳田誉(鹿島ユース)

日本代表 W杯アジア2次予選 ミャンマー戦

佐野海舟上々デビュー。
未来を幹事させるプレーで完封勝利に貢献。

名良橋晃氏、常勝を知るからこそ言わせてもらいます

鹿島アントラーズのタイトル逸について語ったThe Worldの名良橋晃氏である。
選手の欧州流出が激しくなり、以前のように戦力を維持することが出来なくなったことを挙げる。
そしてこの状況を打破するためにプレイモデルの構築こそが大事と言う。
数年前に満さんが語った事と同義である。
その為にザーゴ監督を招聘したことが記憶に蘇る。
そして現在、岩政大樹監督はこのプレイモデル構築で試行錯誤しておるとのこと。
だからこそ「私は以前の鹿島を知っている岩政監督にこのまま任せるべきだと考えています」と意見を述べる。
ザーゴから相馬、レネとコロコロと替えた事でプレイモデルが固まっておらぬと感じた様子。
果たしてそうであろうか。
1年半経っても未だに試行錯誤しているようでは、いつまで経ってもその描くプレイモデルが植え付けられるものではなかろう。
方向性があり、それを達成することが目的となっているのであればこうも選手に迷いが出るはずもない。
それ以上に「鈴木優磨に頼り過ぎている」と記されるように属人的すぎるチームになっていることは明らかでプレイモデル構築とは真逆になっておる。
この様子では構築されたとしても、このプレイモデルに合う選手を探すことの方が難しくなるように思う。
また、「ひとつ強調したいのは、戦術も大事ですが、もっとも重要なのは“絶対に勝つ”という強い気持ち、戦う強い気持ちだということです」という言葉が非常に重い。
上記のようにプレイモデルの構築とその試行錯誤ばかりが全面に出でており、選手の強い気持ちを奮い立たせることが出来ずにおると感じる。
これは指揮官の方向性であり、指導者・教育者としての面ばかりが先行しておるように思う。
鹿島アントラーズの監督はチームを勝たせられる、選手にやる気を出させる指揮官であるべき。
選手は勝つために鹿島に所属しておるのであって良いサッカーがしたいわけではない。
名良橋はこれについて「フロントです。声を大にして言いたいのですが、現場を少し疎かにしていないでしょうか?」とフロントに疑問を呈す。
そのようにOBの目には映っておるのだ。
我らが岩政大樹監督に責任を求める以上に、名良橋はフロントが「勝つために動いて」いないと感じておる様子。
これは鹿島が鹿島ではなくなっておるということであろう。
非常に残念な意見である。
クラブのブレが伝わってくる。
そして、このような記事が出るということは、クラブとして岩政大樹監督の続投を決めており、それを後押しするようメディアに依頼があったと推測する。
これが邪推であって欲しい。
フロントは勝利を目指しており、試行錯誤が続け、勝ち星を落とし続けることを評価していないと信じたい。
不安な気持ちにさせられるシーズン終盤である。

[名良橋晃]鹿島はなぜ無冠が続く? 常勝を知るからこそ言わせてもらいます

佐野海舟、岩政監督推奨のデュエル系ボランチは遠藤航の系譜を継げるのか

佐野海舟について超WORLDサッカー!に寄稿した元川悦子女史である。
佐野海舟を遠藤航の後継者として推す。
まあ端から見るプレースタイルからはそのように映るのは当然であろう。
そしてここまで森保一日本代表監督が招集してきたボランチに遠藤航に被る選手がいなかった。
遠藤航が早生まれのプラチナ世代であることを考慮すれば、後釜を指名するのでは?と考えることに不思議はない。
ただ佐野海舟の最も大きな特徴は判断スピードであることに気付いて欲しいところ。
圧倒的なフィジカルがあるわけでも、刈り取る技術が応手レベルというわけではない。
試合の急所を締め、ボールを取った後の動きを司る判断が他の選手と一線を画しておるのだ。
それを森保一日本代表監督が評価してくれれば、また起用法も変わってくると思う。
この11月の二つの試合に絡むことがあれば嬉しい。
ただ出場機会がなくとも、このグループに名を連ねたことは重要である。
これからも活躍していって貰おうではないか。
楽しみにしておる。

鹿島・岩政監督推奨のデュエル系ボランチ・佐野海舟は遠藤航の系譜を継げるのか?/佐野海舟(鹿島アントラーズ)【新しい景色へ導く期待の選手/vol.26】
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
10 | 2023/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク