fc2ブログ

U-22日本代表・松村優太、ピッチ内外で高まる存在感

U-22日本代表の松村優太を取材したサッカーマガジンの飯尾篤史氏である。
チームでのムードメーカーとして大岩監督の憶えが良いことを綴る。
初招集の福田師王に話しかけチームに溶け込ませたエピソードが伝えられた。
これは自身の経験から起こした行動とのこと。
「僕が最初に代表に選ばれたのが18歳くらい。Jユースの人たちはみんな顔見知りで、高体連の自分はこういう性格でも(溶け込むのが)難しかった経験があるので。師王も難しいだろうと。師王は鹿島の練習に1回来ているんで、そのときに喋ったこともあったし、彼も高体連で選手権に出ているから多少は共通点がある。そういったことをちょくちょく喋ったりしていました」とユース組ではない高体連からの選出時は、溶け込むことに苦労したことから共通の話題で和ませたことを語る。
やはり松村は頭が良くそして気が利く。
プレー以外でのこうした部分は日本人社会では非常に重要となる。
この世代別メンバーにとっても大きな武器であろう。
また鹿島アントラーズでも貴重な存在であることも確か。
退治に扱い、偉大な選手に育て上げたい。
応援すべきプレーヤーである。

【U22日本代表】ピッチ内外で高まる松村優太の存在感。大岩監督も評価する「初招集選手を融合させる」力

モトフェス報道

本山雅志ASの引退試合の様子を報じる各紙である。
本山の気持ち、来てくれた仲間たちの様子などが伝えられる。
サッカーは楽しいものということが改めてわかるイベントであった。
現在は蛇蝎が如く嫌われる選手もかつての仲間として来てくれることの嬉しさ、喜びを感じ、また過去ののメンバーが素晴らしく、それはタイトルを積み重ねたことも当然と思い起こしたりもした。
結局は選手の質だなと改めて思う。
引退試合を行うような選手が揃ってこそのタイトルであった。
『新しい鹿島をつくる』などとの言葉で戦術的に新たなものを植え付けようという試みをして結果に結びついておらぬ理由はここであろう。
鹿島に合うクオリティの高い選手を"有機的"につば下テコそのチームであり、それを行う部分に変な行為はいらぬ。
このモトフェスのメンバーの多くは鈴木満さんの縁ばかりで有り、後を引き継いだ吉岡FDは自分お色を出したいのではないかと強く感じた。
ここはその思いを改めて振り返り"血の継承"として欲しい。
鹿島が鹿島である為にはまずは吉岡FDが鹿島アントラーズとはなんなるかをお思い出すことと思う。
このイベントを見て強く感じた。
改めて鹿島のクオリティである。

元日本代表MF本山雅志氏、“ライバル”小野伸二&小笠原満男に捧げる感謝の言葉 「沢山のことを教えてくれた」

「サッカーをやってきて良かった」鹿島のレジェンド本山雅志、引退試合で最後に何を語った?「みんな“2世”を探してと言いますけど…」

「1つを選ぶのは難しいですが...」本山雅志が18年過ごした鹿島で1番印象に残っているシーンは?

本山雅志氏、引退試合でハットトリック締め ジーコ氏がアカデミースカウトの第2の人生にエール

【鹿島】本山雅志氏「本山2世はすぐ見つかる。すぐ超えていく」悔いは「W杯出てみたかった」

本山雅志氏引退試合、リーグ優勝目前の神戸FW大迫の来場に感謝し「優勝してほしい」とエール

本山雅志さんが引退試合 J1鹿島で活躍

J1鹿島で活躍した本山雅志さんが引退試合 小野伸二やジーコさんも

元日本代表MF本山氏が引退試合で有終ハット 「サッカーをやってきて良かった」

元日本代表MF本山氏の引退試合でジーコ氏がエール 「鹿島を支えてくれることを期待」

元日本代表・本山氏 引退試合で有終ハット「多くの人に支えられた」 豪華メンバーが集結

レオ・シルバ、Moto Clubにて職を得る

古巣であるMoto Clubにて職を得たレオ・シルバである。
クラブをサポートする立場とのこと。
詳細については触れられておらぬが、スポンサーの獲得や選手の編成などをアドバイスするのではなかろうか。
いずれによブラジルにて尽力するレオ・シルバを応援しておる。

Maranhense: Moto Club aclama novo presidente e terá apoio de ex-jogador do Kashima Antlers
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
10 | 2023/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク